「含蓄」の意味・読み方とは?「含蓄のある」の使い方や類語を解説!

含蓄の意味とは ビジネス用語

「含蓄」は、「内に深い意味や内容が含まれている」を意味します。

「含蓄」の読み方は「がんちく」であり、読み方が似ている「蘊蓄(うんちく)」と混同してしまう人も多い言葉です。

「含蓄」と「蘊蓄」は全く別の言葉ですので、うっかり間違えてしまうと恥をかいてしまいますよ。

そこで今回は、「含蓄」の意味・読み方・由来を説明し、「含蓄のある」といった使い方や類語も解説していきます。

ぜひ、参考にしてください。

1.「含蓄」の意味:内に深い意味や内容が含まれていること

含蓄

読み:がんちく

意味:内に深い意味や内容が含まれていること。

「含蓄」は、「内に深い意味や内容が含まれていること」を意味する言葉です。

「含蓄」の対象になるのは肯定的な意味・内容だけであり、否定的な意味・内容に使用することはできません。

1-1.「含蓄」の由来・語源は「中国語」

「含」と「蓄」には、それぞれ以下の語源があります。

  1. 「含」は、「モノをすっぽりおおいこむ」「口にふくむ」
  2. 「蓄」は、「けものの頭に紐をつける」「たくわえる」

「含蓄」の漢字は上の意味で成り立っていますが、厳密な由来は中国語から来たとされています。

具体的に言うと、「他说话很含蓄」という中国語があり、「彼の話は含蓄に富んでいる」を意味するのです。

日本語で「含蓄」と使う時も、中国の意味と同じように使用することができます。

  • スポンサーリンク

  • 2.「含蓄」の使い方と例文

    含蓄の使い方

    「含蓄」の意味を確認しましたが、普段使わない言葉のため、具体的な使い方は想像がつかないですよね。

    「含蓄」は肯定的な文脈で使われるため、 誉め言葉の一つとして覚えておくと、社会人としてコミュニケーションのレベルが上がりますよ。

    「含蓄」を使った表現は、以下の3つです。

    それぞれの使い方について、例文と一緒に解説していきます。

    2-1.「含蓄のある」

    「含蓄」は、「含蓄のある」と使用することができます。

    「含蓄がある」でも間違いではありませんが、「含蓄のある」と表現するのが一般的です。

    <例文>

    • 含蓄のある考えに触れ、自分も挑戦してみようと思い立った。
    • 戦争経験者の講演会では、皆含蓄のある話に耳を傾けていた。

    2-2.「含蓄に富む」

    「含蓄」は、「含蓄に富む」と使用することができます。

    「富む(とむ)」は「たくさんもっている」という意味ですので、「含蓄に富む」は「深い内容や意味がたくさんある」を指す言葉です。

    <例文>

    • 地球温暖化に関する講演会において、彼は含蓄に富む考えを披露した。
    • あの小説家は、含蓄に富む話を書くことができる。

    2-3.「含蓄の深い」

    「含蓄」は、「含蓄の深い」と使用することができます。

    「深い」は「全体にゆきわたっている」という意味ですので、「含蓄が深い」は「深い内容や意味が全体にゆきわたっている」を指す言葉です。

    <例文>

    • 含蓄の深い小説は、読めば読むほど新しい発見がある。
    • あの映画は、含蓄の深いシーンがあることで有名だ。

    3.「含蓄」と「蘊蓄」の違い

    「畜」を使った言葉に、「含蓄(がんちく)」と「蘊蓄(うんちく)」がありますが、意味を混同していないでしょうか。

    「含蓄」だけでなく「蘊蓄」の意味も説明しますので、この機会にしっかり使い分けてみましょう。

    「含蓄」と「蘊蓄」の違いは、以下の通りです。

    1. 「含蓄(がんちく)」は、内に深い意味や内容が含まれているの意。
    2. 「蘊蓄(うんちく)」は、しっかり研究して蓄えた知識の意。

    「含蓄」は「含まれている」が強調されるのに対し、「蘊蓄」は「蓄えている(たくわえている)」が強調されるのです。

    また、「蘊蓄」は「薀蓄」と表記しても間違いではありませんが、「蘊蓄」の方が現代文字のため、特別な理由がない場合は「蘊蓄」を使用してください。

    <例文>

    私は全くその分野に興味がないのだが、彼の蘊蓄が止まることはなかった。

  • スポンサーリンク

  • 4.「含蓄」の類語と例文

    含蓄の類語

    「含蓄」は難しい漢字のため、相手によっては意味が伝わらないかもしれません。

    その時のために、言い換え言葉として類語を覚えておけば、 相手とのコミュニケーションをスムーズに進めることができますよ。

    「含蓄」の類語は以下の通りです。

    次に、よく使われる類語の意味と例文をご紹介しますので、参考にしてください

    4-1.「深意(しんい)」

    深意

    読み:しんい

    意味:内に秘められている深い意味。

    「深意」は、「内に隠されている深い意味」を意味する言葉です。

    「含蓄」と同じように、「深意のある話」「深意のある考え」などの使い方できます。

    また、「深意」には同じ読み方をする「真意」という言葉ありますが、以下のように異なるので注意してください。

    1. 「深意」は、内に秘められている深い意味。
    2. 「真意」は、本当の気持ちまた意味。

    <例文>

    明確に表現されない深意をくみ取らなければ、この物語の価値を理解できないだろう。

    4-2.「根源(こんげん)」

    根源

    読み:こんげん

    意味:物事の大元になっていること。

    「根源」は、「物事のはじまり」を意味する言葉です。

    「含蓄」をさらに突き詰めた物事を「根源」と呼び、「根源的な話」「根源的な考え」などと使われます。

    また、「根源」と同じ読み方・意味を持つ「根元」がありますが、「根元」は訓読みで「ねもと」と読めることの他に、違いはありません。

    <例文>

    うわべだけの話は辞めて、根源的な話をしっかり議論しよう。

    続いては、「含蓄」の対義語について紹介していきます。

    5.「含蓄」の対義語と例文

    含蓄の対義語

    「含蓄」の対義語を、漢字の意味から想像するのは難しいですよね。

    「含蓄のない」でも通じますが、相手によりよく印象を伝えるために、しっかり対応する言葉も覚えましょう。

    「含蓄」の対義語は、次にあげる2つがあります。

    それぞれの対義語について、例文と一緒に意味を解説していきます。

    5-1.「浅はか(あさはか)」

    浅はか

    読み:あさはか

    意味:思慮にかけ、考えが浅いこと。

    「浅はか」は、「思慮や考えが浅いことや深みがないさま」を意味する言葉です。

    「浅はか」の使い方は「浅はかな人」「浅はかな話」など、人・物事に対してそのまま使用することができます。

    <例文>

    浅はかな行動によって、彼は会社に大きな損害をもたらした。

    5-2.「表層的(ひょうそうてき)」

    表層的

    読み:ひょうそうてき

    意味:外側から見える部分、うわべだけのこと。

    「表層的」は、「物事の本質ではなく、うわべだけのこと」を意味する言葉です。

    「表層的な話」「表層的な考え」と使う時は、「考え方が浅く、うわべだけに注目している」という否定的な意味で使われます。

    <例文>

    表層的な対処を続けていては、後々大きな問題が起きてしまうだろう。

  • スポンサーリンク

  • 6.「含蓄」の英語表現と例文

    含蓄の英語表現

    日本語の「含蓄」にそのまま当てはまる英語はないため、以下のような「重要性・内包」といった意味に言い換えて表現されます。

    1. significance (重要性、趣旨、意義)
    2. connotation(内包、包摂、暗示)

    ビジネス用語としてよく使用される表現ですので、今のうちに覚えておきましょう。

    それぞれについて、例文と合わせて解説していきます。

    6-1.「significance」

    「significance」は、「重要性、趣旨、意義」を意味する英語です。

    「a matter of great significance」と表現することで、「とても重要な問題」を意味する英文を指しますので、相手に使われた時は注意して話を聞きましょう。

    <例文>

    Our company had been facing a matter of great significance .(私たちの会社は、とても重要な問題に直面している)

    6-2.「connotation」

    「connotation」は、「内包、包摂、暗示」を意味する英語です。

    「connotation」を「含蓄」の英語として使用する際は、以下の点に注意してください。

    1. 「含蓄」は、肯定的な内容を含んでいる際に使用される。
    2. 「connotation」は、肯定的・否定的な内容を問わず使用される。

    <例文>

    This novel has a connotation of social issue.(この小説は、社会問題を内包した物語である)

    まとめ

    「含蓄」は、「内に深い意味や内容が含まれている」を意味する言葉です。

    「含蓄のある」の他に、「含蓄に富んだ」「含蓄の深い」などの表現を使うことで、さらに「含蓄」の持つ意味合いを強調することが出来るので、覚えておきましょう。

    また、「含蓄」と「蘊蓄(うんちく)」は全く別の言葉ですので、読み間違えないように注意してください。

     

  • 1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス

    4. 現在の年齢は?

    5. こだわり条件

    最適度0%