「ご一報下さい」は正しい敬語か?意味・使い方・類語を徹底解説!

ご一報の意味とは ビジネス用語

「ご一報」は、「簡単に一度知らせること」を意味する敬語表現です。

一方で、「ご一報下さい」はやや命令調の印象を与えてしまう可能性があります。

そのため、「ご一報」を用いた多様な言い回しを覚えておくと、後々困らずに済みますよ。

そこで今回は、「ご一報」の意味・正しい使い方を説明し、「ご一報」を使った言い回しや類語も紹介していきます。

どれもビジネスメールで使える表現ですので、この機会に一度目を通してみてください。

1.「ご一報」の意味

1-1.簡単に一度知らせること

ご一報

読み:ごいっぽう

意味:簡単に一度知らせること。

「ご一報」は「簡単に一度知らせること」を意味し、メール・手紙で使用される敬語表現です。

とりあえず目を通したことを報告してほしい時に、「ご一報ください」と末尾に使用します。

また、「ご一報」は漢字で「御一報」と表記され、「御」は「他者に対して尊敬・丁寧」を表わす言葉です。

  • スポンサーリンク

  • 1-2.「ご一報下さい」は正しい「敬語」

    「ご一報ください」は正しい敬語であり、目上の人に対しても使用できる丁寧語です。

    一方で、「~してください」という表現は、言い切りの命令形と同じ使い方ですので、人によっては不快に感じるケースもあります。

    その時は、末尾を「お願いします」「していただく」などの敬語表現に変えるとよいでしょう。

    2.「ご一報」の使い方と例文

    「ご一報下さい」は命令系と同じ表現のため、相手によっては失礼と受け取られる可能性があります。

    そのため、「ご一報」の多様な言い回しを使って、相手に意図をしっかり伝えられるようになりましょう。

    「ご一報」の例文を、以下の4つのシーンに分けて説明していきます。

    それぞれの例文を紹介し、使い方を解説していきます。

  • スポンサーリンク

  • 2-1.ご一報下さい

    「ご一報下さい」は、「ご一報」に丁寧語である「下さい」を付けた敬語表現です。

    また、「下さい」を「下さいますようお願い申し上げます」と変換することで、さらに敬語調を強めることができます。

    <例文>

    以前お話していた式典の日程が決定しましたので、ご一報下さいますようお願い申しあげます

    2-2.ご一報まで

    「ご一報まで」は「簡単に一度知らせるだけ」の意で、「ご一報までよろしくお願いします」と使用することができます

    「ご一報」のみで「簡単に一度知らせる」の意がありますが、「まで」を付けることで「それだけで良いこと」といった意味合いを付け加えた言葉です。

    <例文>

    参加、不参加を決める前に、まずご一報までよろしくお願いします

  • スポンサーリンク

  • 2-3.ご一報差し上げます

    「ご一報差し上げます」は、「ご一報」に謙譲語の「差し上げるを付けた敬語表現です。

    また、「ご一報させていただきます」も同様に、「いただく」が謙譲語として使用されています。

    謙譲語なので、「自分から相手に連絡をする」際に使用される言葉です。

    <例文>

    計画の詳細が明らかになり次第、こちらからご一報差し上げます

    2-4.まずはご一報

    「まずはご一報」は「とりあえず簡単に知らせる」の意で、「まずはご一報よろしくお願いします」と使用することができます。

    「まず」は漢字で「先ず」と表記され、「最初にやってほしいこと」の意味を指す言葉です。

    <例文>

    長々とご説明させていただきましたが、まずはご一報の程よろしくお願いします。

    続いては、「ご一報」の類語について紹介していきます。

  • スポンサーリンク

  • 3.「ご一報」の類語と例文

    「ご一報」は、「御」「一報」など日常生活で使わない漢字のため、相手に堅苦しい印象を与えてしまいます。

    そこで、敬語表現でありながら、日常生活でも使いやすい「ご一報」の類語を紹介しますので、参考にしてみてください。

    「御一報」の類語は、以下の通りです。

    それぞれ類語の意味と例文をご紹介しますので、参考にしてください。

    類語1.ご連絡(ごれんらく)

    ご連絡」は、「情報などを知らせること」を意味する「連絡」の敬語表現です。

    「ご一報」はビジネスシーンで使用されることが多いですが、「ご連絡」は目上の方へ一般的に使用されます。

    <例文>

    お忙しい所申し訳ありませんが、明日までにご連絡いただけますでしょうか。

  • スポンサーリンク

  • 類語2.ご返事(ごへんじ)

    「ご返事」は、「呼びかけに対して答えること」を意味する「返事」の敬語表現です。

    「ご一報」と異なり、「ご返事」は「呼びかけた内容について答えをもらうこと」ですので、ただ「目を通す」だけの文章とは一緒に使いません。

    <例文>

    次回の懇談会について、出席・欠席のご返事お待ちしております

    類語3.ご意見(ごいけん)

    「ご意見」は、「ある問題に対する主張や考え」を意味する「意見」の敬語表現です。

    アンケート・レビューなどで、「ご意見・ご要望」とセットでよく用いられています。

    <例文>

    下記のメールアドレスで、ご意見・ご要望の方お待ちしております。

    類語4.ご対応(ごたいおう)

    「ご対応」は、「物事に応じて行動する」を意味する「対応」の敬語表現です。

    「ご一報」と異なり、「ご対応」は「具体的な行動を相手に要求」していますので、しっかり本文の内容を読む必要があります。

    <例文>

    以上のように予定が変更されましたので、ご対応のほどよろしくお願いします。

    類語5.ご善処(ごぜんしょ)

    「ご善処」は、「適切に処理をする」を意味する「善処」の敬語表現です。

    「ご一報」と異なり、「ご善処」は「相手に努力・改善を要求」していますので、相手に間違いがある場合に限定して使用するとよいでしょう。

    <例文>

    提出された書類に不備が見つかりましたので、ご善処の方よろしくお願いします。

    4.「ご一報」の英語表現と例文

    「ご一報ください」という表現は 、万国共通でメール・手紙などで使用されます。

    そのため、内容が厳密に分からなくとも、返信が必要かどうか確かめるために、ぜひ英語表現を確認しておきましょう。

    「ご一報」の英語は、以下の2つです。

    それぞれについて、例文と合わせて解説していきます。

    英語1.「let me know」

    「let me know」は「お知らせください」を意味し、英語の敬語表現です。

    日本語の「ご一報」と同様に、文末に定型文として使用することができます。

    <例文>

    Please let me know when you recive it.
    (受け取ったらご一報お願いします。)

    英語2.「inform」

    「inform」は「知らせる」を意味し、フォーマルな意味合いを持つ言葉です。

    「inform us」と使用することで、「私たちに知らせてください」と表現することができます。

    <例文>

    Please inform us as soon as you get this message.
    (メッセージを受け取ったら、すぐに知らせてください。)

    【補足】「ご一報ください」に対する返事の仕方

    「ご一報」を使うメディアは、メール・手紙・留守番電話など様々な方法が考えられます。

    返信する場合は一般的に同じメディアを使用しますが、「ご一報」を相手が使用した時はその限りではありません。

    そのため、「ご一報」に対応する返信マナーも一緒に確認していきましょう。

    5-1.メールか電話でする

    相手に「ご一報」を使用された際は、「メールか電話」で応対するのが基本的なマナーです。

    「ご一報」は「簡単にしらせること」を意味するので、「なるべく早く返信する」のが良いとされています。

    したがって、手紙では時間がかかるため「メールか電話」を利用しましょう。

    まとめ

    「ご一報」は、「簡単に一度知らせること」を意味する敬語表現です。

    「ご一報下さい」は、受け取る人によって命令調の印象を与える可能性があるので、「お多忙のところ」のように、接頭文を導入するとよいでしょう。

    また、相手に「ご一報」を使用された際は、すぐに返信することを心がけて下さい。

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%
  • 自分に最適な転職サイトを探すなら

    新着記事