「ご連絡」の正しい使い方とは?間違えやすい敬語表現も解説!

ご連絡の意味と正しい使い方 ビジネス用語

「ご連絡」は 相手に対し、連絡を確認した旨を丁寧に伝える言葉です。

メールで返信をする際に「ご連絡ありがとうございます」「ご連絡いたします」などと使う機会も多いかと思います。

「ご連絡」の正しい使い方や間違った使い方、例文をご紹介していきたいと思います。

1.ご連絡の意味とは

相手に対し、連絡を確認した旨を丁寧に伝える言葉

ご連絡

読み:ごれんらく

相手に対し、連絡を確認した旨を丁寧に伝える言葉

ご連絡とは、 目上の人に対して情報を伝えることを丁寧に言い回した言葉です。

ビジネスシーンでは「連絡くれてありがとね!」「メールを確認しましたよ」というニュアンスで使われることが多いです。

  • スポンサーリンク

  • 謙譲語は「ご連絡いたします/申し上げます」

    取引先など、丁寧な対応が必要な相手には、連絡するの謙譲表現である「ご連絡いたします」や「ご連絡申し上げます」を使いましょう。

    なぜなら、 謙譲表現は自分の立場を下にして相手を立てる言葉なので、礼をわきまえた印象を与えるからです。

    ただし、「ご連絡いたします」を「ご連絡致します」と漢字で書いてしまうと、二重敬語(一つの語に対して2回敬語を使っている)表現になってしまいます。

     ご連絡(連絡の謙譲語)+致す(するの謙譲語)→二重敬語で間違い

    二重敬語は 天皇のような御方に使う、最大級の敬語表現なので、ビジネスメールなどでは「ご連絡いたします」もしくは「ご連絡申し上げます」を使いましょう。

    丁寧語は「ご連絡します」

    丁寧語では「する」を「します」に変換して使います。

    「連絡します」でも正しいですが、ビジネスシーンでは「ご連絡します」と言ったほうがいいでしょう。

    ただ、 目上の人や取引先などには丁寧語より謙譲語のほうが望ましいです

  • スポンサーリンク

  • 尊敬語は「ご連絡される/なさる」

    謙譲語、丁寧語の他には尊敬語があります。

    相手の動作に敬意を示す表現であり、目上の人が連絡して来た場合に使います。

    目上の人が連絡してきて、そのことを他の人に伝える場合は「ご連絡される/なさる」が正しい表現です。

    2.ご連絡の使い方

    ご連絡の使い方

    「ご連絡」は「相手に対して情報を知らせる」という意味を持っています。

    では、「ご連絡」は実際どういった場面で使われることが多いのでしょうか。

    代表的な場面はこちらです。

    • 取引先からメールが来た時
    • お客から問い合わせのメール/電話があったとき
    • 折返し連絡をするとき

    他にも使う場面はありますが、ひとまずこちらだけを覚えておけば大丈夫です

    次にご連絡の例文をご紹介したいと思います。

  • スポンサーリンク

  • 2-1.ご連絡の例文

    ご連絡の例文は以下の通りです。

    「ご連絡」で返信する場合は上記のような感じで書くといいでしょう。

    「連絡ありがとうございます」や「こちらから連絡します」だと、相手方も不快に思ってしまうので注意してください。

    さて、メールや文書を打つ時に「連絡」と「ご連絡」どちらを使えばいいか分からなくなったこと、ありますよね。

    「連絡」と「ご連絡」一体何が違うのでしょうか。

    2-2.「連絡」と「ご連絡」の違い

    「連絡」と「ご連絡」の違いは、「相手に敬意を現しているかどうか」です。

    「連絡」は単なる動作を表す言葉ですが、 「ご連絡」の場合は「動作+相手への敬意」を現しています。

    ですので上司や取引先、お客様から問い合わせをされた場合は、「ご連絡」を使うようにしましょう。

    「連絡ありがとうございます」は文章的には間違っていませんが、上司やお客様に使ってしまうと不快に思われてしまう場合もありますので、なるべく使用は避けましょう。

  • スポンサーリンク

  • 2-3.「ご連絡」と「ご報告」の違い

    では「ご連絡」と「ご報告」の違いはどういったものなのでしょうか。

    ご報告

    読み:ごほうこく

    業務の結果を丁寧に伝えること。

    ご報告は 「上司に対して業務の結果を丁寧に伝えること」という意味です。

    ご報告はあくまで自分→相手(目上の人)限定ですが、ご連絡の場合は誰に対しても(自分も含め)使うことができます。

    • ご連絡いたします(自分→相手)
    • ご連絡ありがとうございます(相手→自分)
    • ご報告いたします(自分→相手)

    似たような言葉のため間違いやすいですが、正しい意味を知っていれば使いこなすことができます。

    「ご連絡」と「ご報告」、似て非なる言葉なので間違えないように注意してくださいね。

    次にご連絡の間違った使い方をご紹介します。

    3.【要注意】ご連絡の間違った使い方

    よくビジネスシーンで使われることが多い「ご連絡」。

    実は以下のような表現は、相手によっては失礼にあたる可能性もあります。

    では順に解説していきます。

    3-1.ご連絡ください

    「ご連絡ください」は、「ください」と断定しているため、相手に対してやや強引な印象を与えてしまう可能性があります。

    上司や取引先など目上の人に使う場合は「ご連絡お待ちしております」というのが正しいです。

    上司や取引先、お客様とやり取りをしているとき、ついつい「では、何かありましたらご連絡ください」と言ってしまったことはありませんか?

    一見敬語のように聞こえますが、実は間違いです。

    メールや電話などで言う場合は間違えないようにしましょうね。

    3-2.ご連絡させていただきます

    「ご連絡させていただきます」も間違った使い方として有名です。

    「ご連絡」と「いただきます」、 どちらも謙譲語のためこの場合だと二重敬語になってしまいます。

    二重敬語は相手によって不快に感じてしまう場合もあるので、間違って使わないようにしましょう。

  • スポンサーリンク

  • 4.ビジネスメールでの「ご連絡」の使い方

    ここでは、ビジネスメールでの「ご連絡」の使い方をご紹介します。

    例文で確認してみましょう。

    • 入荷時期が決定次第、あらためてご連絡いたします/差し上げます。
    • ご連絡が遅くなりまして申し訳ありません。
    • メールで詳細をご連絡させていただいてもよろしいでしょうか
    • (相手から連絡が欲しい場合)恐れ入りますが、ご連絡をいただいてもよろしいでしょうか?
    • ご連絡いただければ幸いです

    メールは電話や対面と違い、 言葉のニュアンスの違いで相手方への印象が変わってきます。

    正しい使い方をすれば、相手も「きちんとした人なんだな」と誠意に対応してくれますので、しっかり覚えておきましょう。

    5.「ご連絡」の英語表現

    ご連絡の英語表現

    海外の企業と取引をする際、「ご連絡」を英語で表現するには一体どうすればいいのでしょうか?

    「ご連絡」は直訳にすると 「contacting」という英語になります。

    これは「~と連絡を取る」という意味なので、「ご連絡ありがとうございます」なの英語表記として使えます。

    似たようなもので「Get in touch with~」という英語もありますが、こちらはどちらかというとカジュアルな表現になってしまうので、ビジネスシーンで使う際は「contacting」を使用するといいでしょう。

    下記で「ご連絡」を英語表記にしましたので、参考にしてみてください。

    5-1.ご連絡ありがとうございます

    Thank you for contacting me.

    (ご連絡ありがとうございます。)

    この英文を直訳すると 「私と連絡を取ってくれてありがとうございます」となります

    それを日本語に正しく訳すと「ご連絡ありがとうございます」になるのです。

    先方に対して英語でメールを送る際は間違えないよう気をつけましょう。

    5-2.ご連絡お待ちしております

    I hope to hear from you soon.

    (ご連絡お待ちしております。)

    この英文を直訳すると 当方は貴殿のご返答をお待ちしております」となります。

    相手の連絡を求める時によく使う表現なので、ぜひ覚えておいてください。

    6.ご連絡の類語

    ご連絡の類語

    「ご連絡」の類語は以下の通りです。

    1. ご照会…照らし合わせて確認すること
    2. ご質問…疑わしい点について問いただすこと
    3. お問合せ…尋ねて確かめること

    主に 顧客とのやり取りで使われるときでの類語です。

    どれも「ご連絡」とほぼ似た意味として使うことができます。

    まとめ

    「ご連絡」は 相手に対し、連絡を確認した旨を丁寧に伝える言葉です。

    謙譲語なので、他の言葉と組み合わせて使う際は二重敬語にならないよう注意してください。

    また、「ご連絡ください」などは場合によって無礼な人だと思われてしまうので、「ご連絡お待ちしております」などやんわりとした表現を使っていくといいでしょう。

    ついつい間違えてしまいがちですが、意味を理解していれば大丈夫です。

    言葉を正しく使えば上司や取引先からも信頼される可能性が高くなりますので、ぜひ覚えておいてくださいね。

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%