「ご理解のほど」の意味とは?ビジネスシーンでよく使う文例も紹介!

ご理解のほどの正しい使い方と意味 ビジネス用語

「ご理解のほど」は 「理解してもらえるよう」という意味で、相手にこちらの事情をくみ取ってもらえるように、お願いする場合に使う言葉です。

ビジネスシーンでも、上司や取引先、または顧客などのに向けてのメールや文書などでよく使われる言葉です。

本記事では「ご理解のほど」の意味や使い方を例文付きで分かりやすく、そして間違った使い方や、英語表現、類義語や対義語など、関連する事柄を細かく解説していきます。

「ご理解のほど」を間違いなく、自信を持って使えるように、一緒に確認していきましょう。

1.「ご理解のほど」の意味とは

1-1.「ご理解のほど」は「理解してもらえますように」

「ご理解のほど」の意味は以下の通りです。

ご理解のほど

読み:ごりかいのほど

意味:理解してもらえますよう

「ご理解のほど」の意味を分解して考えてみましょう。

「ご」は「尊敬の気持ちを表す接頭語」「理解」は「内容をのみこむ、相手の立場を良く知る」という意味です。

「~のほど」は、「理解して欲しいという表現を和らげる働きをする言葉」として使われています。

そのため「ご理解のほど」は、 相手に対して「理解して欲しい」をやわらかく表現した「理解してもらえますよう」という意味になるのです。

  • スポンサーリンク

  • 2.「ご理解のほどよろしくお願いいたします」の使い方

    ご理解のほどよろしくおねがいしますの使い方

    先ほど説明した「ご理解のほど」の後に、「よろしくお願いいたします」という言葉を付け加える事によって、 「こちら側の事情を相手にやわらかく汲み取ってもらえるようにお願いする」表現になるのです。

    しかし、使う時には注意が必要な点もあるので、「ご理解のほどよろしくお願いいたします」の使い方について、以下の2つを解説していきます。

    「ご理解のほどよろしくお願いいたします」を使う上でとても大切な部分なのでしっかり頭に入れましょう。

    2-1.取引先や顧客に対しては使わない

    「ご理解のほどよろしくお願いいたします」をそのまま使うのは、取引先や顧客に対しては使わないようにしましょう。

    「一方的に、相手に理解を強いる」ニュアンスが強調されてしまうからです。

    以下間違った使い方を例文で確認してみましょう。

    <間違った使い方>

    急遽ではございますが、明日の会議にはご参加いただけますよう、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

    一見すると、丁寧言い回しのようですが、このような表現では、相手側に「こちらの事情は関係なく、一方的な要求なのか」と思わせてしまいかねません。

    したがって、「ご理解のほどよろしくお願いいたします」だけを使った表現を、会社の大切な取引先や顧客に対して使うのは避けましょう。

    2-2.「クッション言葉」を使う

    取引先や顧客に対して「ご理解のほどよろしくお願いいたします」を使う場合は、「クッション言葉」を使いましょう。

    「ご理解のほどよろしくお願いいたします」は、それだけでも丁寧な言い回しです。

    しかし、更に「クッション言葉」を使う事で、より表現を和らげて、相手に対しての配慮を伝える事が出来ます。

    2-1.で使った例文にクッション言葉を付けると以下のような使い方が可能です。

    <取引先や顧客により失礼にあたらない表現>

    急遽ではございますが、明日の会議にはご参加いただけますよう、何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。

    このように、「何卒」を付ける事によって、更にやわらかい表現になり、こちら側の、相手への思いやりや配慮の気持ちを伝えることができます。

    「クッション言葉」は、相手に失礼な印象を与えずに、伝えることができる便利な言葉なので、ぜひ覚えておきましょう。

    3.「ご理解のほど」の類語と使い分け方

    ご理解のほどの類語

    「ご理解のほど」と同じような表現で、「こちら側の都合を相手に理解して欲しい」という意味で使われる言葉がいくつかあります。

    以下の2つが「ご理解のほど」と似た言葉です。

    それぞれ、見ていきましょう。

    3-1.「ご了承(りょうしょう)のほど」

    「ご了承のほど」は、「まだ始まっていない事や、これから始める事を、相手側に事前に知って理解して欲しい」という時に使われる言葉です。

    例文で確認してみましょう。

    <例文>

    • 誠に勝手ながら、当店は3月末で閉店することになりました。何卒、ご了承のほど、よろしくお願いいたします。
    • 急な連絡で大変恐縮ではございますが、当社は8月10日より夏季休業に入らせて頂きます。何卒、ご了承のほど、よろしくお願いいたします。

    このように「ご了承のほど」を使うポイントは、「これから起こる事柄を、相手側に理解してもらう」という意味で使われる事です。

    また、この「ご了承」には「こちら側の事情は動かせないので、理解してください」というような、「ご理解」よりも、すこし強制的なニュアンスで使われる言葉なので、使い方には注意しましょう。

    3-2.「ご容赦(ようしゃ)のほど」

    ご容赦のほど」は「こちら側に不手際があったことを、相手に謝りながら理解を求める」時に使います。

    以下のように使われます。

    <例文>

    • 今回はこちらの不手際で、お客に大変ご迷惑をおかけしましたこと、何卒、ご容赦のほどよろしくお願いいたします。
    • 万が一、本状と行き違いに、ご発送頂きました節は、何卒、ご容赦のほどよろしく願いいたします。

    「ご理解」が「こちら側の事情が変わってしまったことを知らせて、理解を得る」という意味で使われるのに対して、「ご容赦」は「こちら側の明らかな不手際で、相手に迷惑をかけてしまう場合」に使われます。

  • スポンサーリンク

  • 4.「ご理解のほどよろしくお願いいたします」の英語表現

    ご理解のほどよろしくお願いしますの英語表現

    英語表現にも「ご理解のほどよろしくお願いいたします」と同じ意味で使われる文があります。

    以下の2つを紹介しましょう。

    それぞれ、見ていきます。

    4-1.「Thank you for your understanding」

    「Thank you for your understanding」は、日本語と同じように、相手に迷惑をかけてしまうかもしれない物事を依頼した時に、事前に感謝を伝える時に使う英語表現です。

    <例文>

    • Thank you in advance for your understanding.

       (事前にご理解いただきまして、ありがとうございます。)

       (私はあなたの理解に感謝申し上げます。)

    これは、英語でビジネス文章を作成する時に、頻繁に使う言い回しなので、覚えておくと大変便利です。

    4-2.「I hope you understand.」

    「I hope you understand.」も、こちら側の事情を相手に理解してもらいたい時に使う英語表現です。

    <例文>

    • I thank you for the effort, and I hope you understand our situation. 

       (彼の努力に感謝すると共に、私達のこの状況を皆さんに理解して頂きたいと思います。)

    • I hope you understand that we also have our rules.

       (理解してほしいんですが 私たちにもルールがあるんです。)

    この英語表現には「こちら側の事情を、あまり厳しく追及しないで下さい」というニュアンスが含まれます。

    これも、英語でのビジネス文書を作る時に重宝する表現なので、覚えておくと便利です。

    まとめ

    「ご理解のほど」は 「理解してもらえるよう」という意味で、相手にこちらの事情をくみ取ってもらえるように、お願いする場合に使う言葉です。

    この表現は、ビジネスシーンでも、上司や取引先、または顧客などのに向けてのメールや文書などでよく使われる言葉なので、しっかりと理解しましょう。

    また「ご了承」や「ご容赦」の使い分けや、英語表現なども覚えておくと、いざという時に役立ちます。

    これらをしっかりと使いこなして、素敵なビジネスマンを目指しましょう。

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%
  • 自分に最適な転職サイトを探すなら

    新着記事