「ご承知おきください」は目上の人にNG?正しい意味や使い方を解説

ご承知おきくださいの意味とは ビジネス用語

会社の内外に関わらず、仕事の報告などを目上の方に覚えてもらいたい場合があります。

「知っておいてくれませんか」や「覚えておいてください」では丁寧さにかけ、他の表現が思いつかないでしょう。

そんな場合に「ご承知おきください」を使用することができます。

しかし、「ご承知おきください」には気をつけなければならないことがあるため、注意しなければなりません。

今回は、「ご承知おきください」の使い方を例文や英語表現などを交えながら解説します。

1.「ご承知おきください」の意味

「ご承知おきください」は、「承知」と「ください」を合わせて丁寧にした謙譲表現になります。

「知っておいてください」や「覚えておいてください」といった意味になり、相手の方に何かを覚えてもらう場合に使用することが多いです。

会話などの口頭で使用するだけでなく、注意事項が記載された書類や取扱説明書といった何かを知らせるための書類・資料などにも多く使用されているのも特徴になります。

また、「ご承知ください」と短縮することや「ご承認いただきたい」と言い換えるも可能です。

2.「ご承知おきください」を使用した例文

ここでは、「ご承知おきください」を使用した例文を紹介します。

そのままビジネスの場面で使えるものを揃えたので、ぜひ覚えておきましょう。

  • スポンサーリンク

  • 例文1.「こちらの内容をご承知おきください」

    一般的な使い方をする場合には、この表現を覚えておきましょう。

    相手の方に何かを知っておいてもらいたい場合に使用します。

    主にプレゼンや勉強会などで教える立場になった場合に使用することが多いです。

    場合によっては、「可能であれば」「絶対に」「ぜひ」などをつけることもできます。

    どれくらい重要な内容なのかで文頭につける言葉を組み合わせるのも良いでしょう。

    例文2.「〇〇と申します。ご承知おきを」

    自己紹介をするときに使用することができる表現になります。

    自分のことを覚えてもらいたい場合に使用することが多いです。

    「お見知り置きを」と似たような感覚で使用することが可能であり、似たような意味になります。

    ただし、通常であれば「お見知り置きを」を使うことが多いため、意味が通じない場合もあります。

    こういった表現もできることは覚えておくと良いでしょう。

  • スポンサーリンク

  • 例文3.「ご承知おきいただけますか?」

    自分のことやしたいこと、伝えたいことなどを知ってもらう・覚えてもらえるかどうかをお願いする場合に使用します。

    「お許しいただけますか」や「よろしいでしょうか」に似た使い方が可能です。

    「ご承知いただけますか」のように短縮して表現するのもありでしょう。

    また、「ご承知おきいただけると幸いです」や「ご承知いただきますようお願いいたします」のように

    強制的な意味をつけることも可能ですが、強制さを失礼に思う方もいるため注意が必要です。

    3.「ご承知おきください」は目上の方には使用できない

    「ご承知おきください」

    一見丁寧そうな表現ですが、実は目上の方には失礼な表現になってしまいます。

    「承知」は「分る」や「知る」を謙譲表現したもので、それに「〜おいてください」を付け加えています。

    これによって、「承知」する、へりくだるのが目上の方になってしまい、失礼な表現になってしまうのです。

    さらに言えば「承る」には強い強制のイメージがあるため、使用は避けたいところです。

    そのため、目上の方には別の表現を使用する必要があります。

  • スポンサーリンク

  • 4.「ご承知おきください」の別の表現

    目上の方には「ご承知ください」が使用できないことが分かりました。

    実際には他に変わる表現を使用しなければなりません。

    ここでは、目上の方にも使用できる表現をいくつか紹介します。

    失礼な思いをさせないためにも、これらの表現を覚えておきましょう。

    表現1.「お含み置きください」

    「覚えておいてください」を丁寧な表現で表した言い方になります。

    「ご承知おきください」とは違い、目上の方に使用することが可能です。

    なぜなら、「お含み置きください」は尊敬語であり、目上の方を上げることになるからです。

    「含み置く」には、物事を理解して了承するといった意味合いがあります。

    ビジネスシーンで上層部の方などにはこちらの表現の使用が適していると言えるでしょう。

  • スポンサーリンク

  • 表現2.「ご認識ください」

    何かを知っておいて欲しい場合に使用されます。

    もっともシンプルで使いやすいので、身内の上司などに使用してください。

    しかし、社外や目上の方へはやはり「お含み置きください」の方が丁寧であり適していると言えます。

    公の場面などでの使用は控えるようにしましょう。

    表現3.「目を通していただければ幸いです」

    主にプレゼンなどで使用する表現になります。

    資料が用意されている場合、全てを説明することは不可能です。

    そのため、「後で目を通していただければ幸いです」を使用することで、 説明の時間を省くことができます。

    「幸いです」よりも強制の意味を強めたい場合には、「目を通していただきたいと存じ上げます」や「目をお通しください」などに言い換えが可能です。

  • スポンサーリンク

  • 5.【注意】使い方に気をつける表現

    その他、似た意味を持つ表現がありますが、使用するのに気をつけたいものがあります。

    これから紹介する表現は、ビジネスシーンでの使用には向いていません。

    なので、間違って使用しないようにしてください。

    表現1.「ご承認ください」

    何かを承認・認めてもらう場合に使用する表現になります。

    似たような表現ですが、「承知」と「承認」では意味が変わってきてしまうため、「ご承認ください」を「ご承知おきください」の代わりに使用することはできません。

    また、この表現をより丁寧に使用する場合には、「ご承認をいただきたく存じます」などを使用するようにしましょう。

    表現2.「知っておいてください」

    「ご承認おきください」を一番シンプルに表現すると、「知っておいてください」になります。

    ただし、何かを知って欲しい場合には「覚えておいてください」の方が分かりやすく使いやすいです。

    また、丁寧さも高くはないため、ビジネスシーンでの使用も避けたいところです。

    何より表現が幼稚であるため、お客の前では決して使用しないでください。

    6.「ご承知おきください」の英語表現

    「ご承知おきください」の英語表現は

    Please be advised.

    となります

    相手の方は日本人だけとは限りません。

    海外の方とのコミュニケーションが取れると、社内での評価が上がるため、ぜひ覚えておきましょう。

    他にも、

    Please note that〜 (〜についてご承知おきください)

    といった英文表現もあります。

    that以降に英文を繋げることで、それらを覚えておいてくださいといった意味になります。

    また、この文には「注意してください」といった意味もあるため覚えておくと良いでしょう。

    7.まとめ

    今回の内容で覚えて欲しいことは、以下の5つです。

    • 「ご承知おきください」は、相手の方に覚えて欲しいことがある場合に使用する
    • ただし、「ご承知おきください」目上の方には使用できない
    • 目上の方には「お含み置きください」を使用するのがベスト
    • 「ご認識ください」や「ご承認ください」などの表現はなるべく避ける。「知っておいてください」は幼稚な表現なので絶対に使用してはならない
    • 「ご承知おきください」の英語表現は「Please be advised〜」になる

    「ご承知おきください」を使用する場合には、これらを意識するようにしましょう。

  • 1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス

    4. 現在の年齢は?

    5. こだわり条件

    最適度0%
  • 自分に最適な転職サイトを探すなら

    新着記事