「ご愁傷様(ごしゅうしょうさま)」の意味と使い方!類語表現も解説

ご愁傷様の意味とは ビジネス用語

ご愁傷様は 「ごしゅうしょうさま」と読みます。

遺族にかけるお悔やみの言葉として、葬儀のときに使うのが一般的です。

悲しんでいる遺族に対してかける言葉はデリケートな問題な上、葬儀のマナーは馴染みがないので分からないことが多いですよね。

この記事では葬儀で使われる「ご愁傷様」という言葉の意味、使い方、言い換え表現、葬儀全般のマナーについて解説します。

1.「ご愁傷様」の意味

「相手を気の毒に思うさま。身内を失った人に対するお悔やみの語」という意味

そのほか、皮肉やからかいを込めて使うことがあります。

【ご愁傷様(ごしゅうしょうさま):形容動詞】

①相手を気の毒に思うさま。身内を失った人に対するお悔やみの語。

②気の毒に思う気持ちを、皮肉やからかいを込めていう語

「ご愁傷様」の漢字を1文字ずつ確認していきましょう。

:敬語

:愁(うれ)える=悲しく思う(元の意味は人の死)

:心の傷=悲しみ

:敬語

  • スポンサーリンク

  • お悔やみの言葉

    「ご愁傷様」は葬儀の際のお悔やみの言葉として使います。

    不幸があった人に「お気の毒さまです」という意味を込めて使うのが一般的です。

    例:(葬儀の際に身内に対して)この度はご愁傷様でした。

    皮肉、からかいの言葉

    「ご愁傷様です」は、 皮肉やからかいの言葉として使われることもあります

    例)

    A:「今日で3日連続残業だよ。」

    B:「それはご愁傷様。」

    というような使い方です。

    葬儀の際に使われる「ご愁傷様」と同じく「お気の毒」「残念」と言う意味を含んでいますが、同じ言葉でも意味はだいぶ違います。

    「ご愁傷様」はからかいとしても使われることが増えたので、 使う相手や場面によっては「嫌味」だと受け取られることもあるので注意しましょう。

  • スポンサーリンク

  • 「ご愁傷様」の語源

    「ご愁傷様」は「ご」「愁」「傷」「様」に分けられます。

    :敬語

    :愁(うれ)える=悲しく思う(元の意味は人の死)

    :心の傷=悲しみ

    :敬語

    「ご(御)」と「様」はどちらも敬語です。

    「愁傷」の「愁」はもともとは 「人の死」を意味しています。

    「愁」は音読みでは「しゅう」、訓読みは「愁(うれ)える=嘆き悲しむ」です。

    「傷」がつくと「 心の傷を愁える」となり、相手に使う場合は「気の毒に思う」という意味があります。

    「ご愁傷様」は人の死に際して遺族にかかる慰めの言葉なので、 弔問(ちょうもん・葬儀に参列する)とお悔やみ状(通夜、葬儀に参列できないときに出すお悔やみの手紙)以外では使いません

    意味がわかったところで、次は「ご愁傷様」の使い方を見てきましょう。

    2.「ご愁傷様」の使い方

    ここでは、「ご愁傷様」はビジネスでも使えるか、使うタイミングはいつか、お悔やみメールで使ってもいいのかを解説します。

    ポイントは以下の4つです。

    1. ビジネスシーンでも使える
    2. 身内以外に使う
    3. 弔問の受付のタイミングで使う
    4. メールでは「お悔やみ申し上げます」を使う

    では、詳しい使い方を1つずつチェックしていきます。

  • スポンサーリンク

  • 2-1.ビジネスシーンでも使える

    「ご愁傷様」はビジネスシーンでは、 上司、取引先、同僚など身分に関係なく使うことができます。

    葬儀で気の利いた一言をかけるのは、かなり難しいものです。

    そんな時、「ご愁傷様」なら過不足なく、他意もなく悲しみの気持ちを伝えることができます。

    会社や取引先などの関係者で不幸があったときは「ご愁傷様」の一言で十分です。

    2-2.身内以外に使う

    「ご愁傷様」は身内以外に使います。

    親戚や親族に「ご愁傷様」を使うのは悲しんでいない、適当な印象を与えてしまう可能性があるので、注意しましょう。

  • スポンサーリンク

  • 2-3.弔問の受付のタイミングで使う

    「ご愁傷様」を言うタイミングは 弔問(ちょうもん)の受付の時が一番多いです。

    記帳をしてお香典を収めるとき、受付の方に「この度はご愁傷様です」と丁寧に述べます。

    例:この度はご愁傷様です。(香典を袱紗から取り出して)お気持ちばかりですが、御仏前にお供えください。

    受付の方ではなく遺族に声をかけたいかもしれませんが、 遺族は葬儀で慌ただしいので話す機会がないならわざわざ遺族の所まで行って「ご愁傷様」と言う必要はありません

    むしろ葬儀の進行の妨げになってしまい、迷惑になるのでやめておきましょう。

    どうしても声をかけたい場合は、後日葬儀がひと段落してから伝えてください。

    2-4.メールでは「お悔やみ申し上げます」を使う

    通夜や葬儀に参列できなかった場合、 お悔やみメールを打つときは「ご愁傷様」ではなく「お悔やみ申し上げます」を使いましょう。

    意味はどちらも「お気の毒さま」ですが、「ご愁傷様」は話し言葉で、「お悔やみ申し上げます」は書き言葉だからです。

    ・ご愁傷様です:話し言葉

    ・お悔やみ申し上げます:書き言葉(メールの場合も)

    お悔やみの言葉は本来直接会って伝えるものですが、以下のような関係や状況ならメールで伝えても問題ありません。

    ①メールで訃報連絡を受けた+送り主が友人・知人などの親しい間柄

    ②メールで訃報連絡を受けた+送り主が取引先の担当者・会社の上司・同僚などビジネス関係の間柄

    ただし、 お悔やみメールは略式なのであくまで急ぎで送るものと考えておいてください。

    メールを送る際のマナーと注意点は以下の通りです。

    ・件名は簡潔に、用件がわかるように書く

    ・個人で送る場合:(自分の名前)よりお悔やみ申し上げます

    ・取引先の場合は所属を記載する:(会社名)(名前)よりお悔やみ申し上げます

    ・時候の挨拶(前置き)は不要:相手に時間を取らせないように

    言葉遣いは丁寧に:弔意を示すためにも、普段より丁寧な言葉遣いを心がける

    相手に送るメールの文面の例を見ていきます。

    取引先などビジネス相手へのメールは、できるだけシンプルな文面にしましょう。

    忙しい遺族に長い文面を読ませるのは負担になるからです。

    「ちょっとシンプルすぎるかな?」と思うくらいでも、訃報のメールを受け取ってすぐに返信すればそれだけでも気持ちは伝わります。

    例:取引先などビジネス相手へのメール

    ◯◯様の突然の訃報に驚いております。

    都合によりご葬儀に伺うことができず、大変申し訳ありません

    略儀ながらメールにてお悔やみ申し上げます

    心よりご冥福をお祈り申し上げます。

    (仕事関係の話を続けたい場合は、「恐縮ながら◯◯の件に関しましてご連絡させていただきます。」など前置きをしてから本題に入る)

    次は「ご愁傷様」を使った例文を見ていきます。

  • スポンサーリンク

  • 2-5.「ご愁傷様」の例文

    「ご愁傷様」だけでもお悔やみの言葉として失礼なく使うことができますが、相手と関係が近い場合はもう一言付け加えたほうがいいです。

    例えば 「言葉がありません」「何かお役に立てることがあれば〜」などを付け加えると、「ご愁傷様」だけよりも相手の気持ちを汲み取っている印象を与えることができます。

    例)

    ・誠にご愁傷様でございます。突然のことで、なんと申し上げればいいのか言葉がございません

    ・このたびはご愁傷様でございます。私でも何かお役に立てることがあればお申し付けください

    3.「ご愁傷様」の別の言い方

    ここ紹介する5つの表現は「ご愁傷様」と同じ意味で使うことが可能です。

      目上の人 使う場面
    ご愁傷様です 口頭
    ①お悔やみ申し上げます 口頭、メール、手紙、弔電
    ②心中お察しします △(上から目線) 口頭
    ③お気の毒様でございます △(距離感を感じさせる) 口頭、トラブル時
    ④哀悼の意を表します  メール、手紙、弔電
    ⑤ご冥福をお祈りします 口頭、メール、手紙、、弔電(宗教や宗派によっては×)

    3-1.お悔やみ申し上げます

    お悔やみ申し上げますはメールなど、文書で使うことが多い言葉です。

    「ご愁傷様」よりも丁寧で柔らかい印象を与えることができます。

    「お悔やみ申し上げます」の「お悔やみ」は、 人の死を惜しみ、残された人に慰めの言葉をかける意味があり、「ご愁傷様」と同じく、通夜や葬儀の場面で使う言葉です。

    例)

    ・(弔電の文面)突然の悲報に接し、謹んで悔やみ申し上げます

    ・(口頭で)この度は心からお悔やみ申し上げます

    3-2.心中お察しします

    「心中お察しします」は「遺族の辛さや悲しみの気持ちを推し量り、思いやる」意味があります。

    目上の人には使いません。

    上司や目上の人に使うと、「あなたの気持ちはわかっていますよ(上から目線)」→「お前に私の何がわかるんだ」と受け取られてしまう恐れがあるからです。

    例)

    ・◯◯様のご心中をお察しするだけで、胸が痛みます。

    ・突然の不幸に遭われたとのこと、心中お察しします

    3-3.お気の毒様でございます

    お気の毒様は「ご愁傷様」に比べて仰々しいニュアンスで、 ある程度距離のある間柄で用いられることが多い言葉です。

    ビジネス関係で親しい間柄の人に対して「お気の毒様でございます」を使うと、他人行儀な冷たい印象を与えてしまうので、 親しい間柄では「ご愁傷様」や「お悔やみ申し上げます」などを使った方がいいでしょう。

    ちなみに、「お気の毒様」は葬儀だけではなくビジネス上でトラブルやアクシデントが起きた時にも使われる敬語表現です。

    例)

    ・この度のこと、大変お気の毒様でございます

    ・○○さまがお亡くなりになったと聞いて、大変お気の毒様でございます

    3-4.哀悼の意を表します

    哀悼の意を表します(あいとうのいをひょうします)は「亡くなった方のことを思うと悲しくて心を痛めています」という意味です。

    「哀悼の意を表します」は書き言葉なので、メールや手紙、弔電で使うのが一般的です。

    例)

    ・(弔電で)謹んで哀悼の意を表します

    ・当社員一同、謹んで哀悼の意を表します

    3-5.ご冥福をお祈りします

    マナーとして、「ご冥福(めいふく)をお祈りします」は 「死後の幸福をお祈りします」という意味です。

    以下の宗教や宗派には「冥福(死後の世界)」という考え方がないので、使いません。

    • 浄土真宗(じょうどしんしゅう)
    • 神道(しんとう)
    • キリスト教

    故人の宗教や宗派がわからない場合は、「ご愁傷様です」や「お悔やみ申し上げます」といったどの宗教、宗派でも使える言葉を使った方がいいでしょう。

    亡くなった方 (故人)に対して使う言葉なので、遺族に対しては使わず、故人への手紙で使うのが一般的です。

    使うときは「(故人の名前)のご冥福をお祈りします」と必ず 最初に故人の名前を付けて使います。

    例)

    ・同僚の(自分の名前)でございます。この度は、誠にご愁傷様でございます。(故人の名前)様のご冥福をお祈りいたします

    ・(メール)(故人の名前)様の突然の訃報に驚いています。都合によりご葬儀に伺うことができず、申し訳ございません。

    略儀ながらメールにてお悔やみ申し上げます。心より(故人の名前)様のご冥福をお祈り申し上げます

    3-6.「ご愁傷様」の英語表現

    最も定番なのが、「I’m so sorry your loss.」です。

    「sorry」には「気の毒、残念に思う」という意味があり、お悔やみを意を伝えるときによく使われます。

    sorryと同じく 「condolence」も「お悔やみ、哀悼の意」の意味があり、不幸があったときに用いられる表現です。

    例)

    ・I’m so sorry for your loss.(ご愁傷様です。)

    ・I’m very sorry to hear that.(ご愁傷様です。)

    ・Please accept our sincere condolences.(このたびは誠にご愁傷様でした。)

    「sorry」と「condolence」は身内にも、ビジネス関連の知り合いや目上の人にも使うことができます。

    ついでに他のお悔やみの英語表現も覚えておきましょう。

    例)

    ・Please convey my sincerest condolences.(謹んでお悔やみ申し上げます。)

    ・I extend to you my heartfelt condolences.(心から哀悼の意を表します。)

    ・In my deepest sympathy.(ご冥福をお祈りいたします)

    ・I’m sorry to hear about ○○’s passing.(〇〇さんが亡くなったと聞いて残念です)

    ・My condolences to you and your family.(ご家族の皆様に、お悔やみ申し上げます。)

    ・If there’s anything I can do, please let me know.(もし私にできることがあれば、何なりと言ってください。)

    ちなみに、TwitterやFacebookなどではお悔やみの言葉として 「R.I.P」が使われることがあります。

    「Rest In Place」の略で「安らかに眠れ」という意味で、亡くなった方自身に対するメッセージです。

    これに対して、「ご愁傷様」は遺族や関係者など生きている方に使う言葉なので、ニュアンスが異なります。

    ネットで使われる俗語(ネットスラング)として使われることが多いので、 ビジネス関係では使わないのが無難です。

    もし葬儀や通夜、お悔やみメールで使う場合は、「ご愁傷様」や「お悔やみ申し上げます」などを使うようにしましょう。

    4.「ご愁傷様」への返事の仕方

    「ご愁傷様」に対する遺族の返事の仕方で定番なのは以下の言葉です。

    1. 恐れ入ります
    2. お心遣いありがとうございます
    3. ご丁寧にありがとうございます
    4. 痛み入ります
    5. 生前はお世話になりました

    4-1.恐れ入ります

    「恐れ入ります」は最も無難な返事です。

    「恐縮です」という意味合いがあるので、上司や目上の人に対して使うことができます。

    例)

    ・ご丁寧に恐れ入ります

    ・本日はお忙しい中、遠方よりお越しいただきまして恐れいります

    4-2.お心遣いありがとうございます

    お心遣いありがとうございます」は相手が自分に対して気を配ってくれたことに感謝するときに使います。

    「ご愁傷様」に対する返事だけではなく、香典を受け取ったときやお悔やみ状へでも使うことが可能です。

    例)

    ・恐れ入ります。お心遣いありがとうございます

    お心遣いありがとうございます。故人もさぞかし喜んでいることかと存じます

    4-3.ご丁寧にありがとうございます

    「ありがとうございます」だけだと言葉が足りない場合は、「ご丁寧にありがとうございます」を使いましょう。

    目上の人や上司、ビジネス関係の人への返事は「ありがとうございます」だけより、「ご丁寧に」をつけたほうが敬意を表せます。

    例)

    ご丁寧にありがとうございます。(故人の名前)が、生前に大変お世話になりました。

    ご丁寧にありがとうございます。本日はご多用のところ◯◯様にお越しいただき、故人もさぞ感謝していることと存じます。

    4-4.痛み入ります

    「痛み入ります」は「相手の親切や好意に恐縮する」という意味です。

    「恐れ入ります」と似た表現ですが、 「痛み入ります」の方が堅く畏まった印象を与えるので相手と関係が近い場合は恐れ入りますの方が適しています。

    例)

    ・ご丁寧に痛み入ります

    ・◯◯様のお心遣い、誠に痛み入ります

    4-5.生前はお世話になりました

    故人が生前お世話になった人に対して、 遺族が感謝を伝える際に使われる言葉です。

    「ご愁傷様です」に対する返事として単独では使わず、先に「恐れ入ります」「お心遣いありがとうございます」と述べてから「生前はお世話になりました」と続けます。

    例)

    ・恐れ入ります。生前は故人がお世話になりました

    ・お心遣いありがとうございます。生前は故人が大変お世話になりました

    5.「ご愁傷様」と一緒に覚えておきたいお悔やみのマナー

    お悔やみのマナーを知らないと、遺族に余計な負担をかけてしまったり、不信感を抱かれてしまう恐れがあります。

    印象を悪くしないためにも、ここで紹介する5つのお悔やみのマナーを覚えておきましょう。

    1. 死因を詳しく尋ねない
    2. 安易に励ましの言葉をかけない
    3. 重ね言葉は使わない
    4. 忌み言葉は使わない
    5. 宗教や宗派によって相応しくない言葉は使わない

    5-1.死因を詳しく尋ねない

    遺族側が言い出さない限り、 故人の死因について詳しく尋ねるのはやめましょう。

    どうして亡くなったのか気になるかもしれませんが、傷心の遺族に対してお悔やみの言葉とともに聞くのは相応しくありません。

    5-2.安易に励ましの言葉をかけない

    「励ましの言葉」も安易にかけないようにしましょう。

    安易な励ましは逆に遺族を傷つけてしまう可能性があるからです。

    「元気を出してください」「いつまでも悲しまないでください」など言われても、気持ちの整理がつくわけではないので、安易に励まさないように注意してくださいね。

    5-3.重ね言葉は使わない

    「重(かさ)ね言葉」は不幸が続くイメージがあるので葬儀では避けるべきと考えられています。

    重ね重ね」や「ますます」などの同じ言葉を重ねる言葉、「繰り返しを意味する言葉」を使いたい場合は別な言い方に直しましょう。

    ・「くれぐれも」→「十分に」「よく」

    ・「重ね重ね」→「加えて」「深く」

    ・「ますます」→「さらに」

    ・「次々に」→「たくさん」

    ・「再三」「何度も」→「頻繁に」「大変多く」

    ・「再び」→「今一度」

    ・「また」→「さらに」「改めて」

    5-4.忌み言葉は使わない

    重ね言葉以外の忌み言葉には 「不幸を直接的に表す言葉」があります。

    「死ぬ」「ご生前」など不幸を連想させる言葉は使わないか、言い換えるようにしましょう。

    ・「死ぬ」→「亡くなる」「ご逝去する」

    ・「死亡」→「ご逝去」「他界」

    ・「ご生前」→「お元気でいらしたころ」

    ・「最後に」→「結びに」

    ・「薄い」→「厚くない」

    ・「〜になってしまった」→「〜になり」

    ちなみに、忌み言葉は言葉が霊力を持つという「言霊(ことだま)信仰」から作られたものです。

    口にするとその言葉に引かれて不幸が訪れるから使ってはいけないという考えで、今では信仰というよりも冠婚葬祭のマナーとして定着しています。

    5-5.宗教や宗派によって相応しくない言葉は使わない

    宗教や宗派によって相応しくない言葉もあります。

    「ご愁傷様」はどの宗教、宗派に対しても使える言葉なので、 迷った時は「ご愁傷様」を使いましょう。

    気をつけたいのが言い換え表現でも紹介した 「ご冥福をお祈りします」です。

    例えば冥福を祈るの「冥福」は「死後の世界」という意味があります。

    キリスト教の一部では死後、必ず天国へ行けるとされているので冥福を祈る必要はありません。

    また、浄土真宗(じょうどしんしゅう)では阿弥陀如来(あみだにょらい)によって極楽浄土に導かれるとされています。

    「ご冥福をお祈りします」だと信仰不足ということになるので不適切です。

    そのほか、その宗教や宗派でしか使わないお悔やみの言葉は以下のようなものがあります。

    ・御霊(みたま)のご平安をお祈り申し上げます(神道)

    ・ご昇天をお祈り申し上げます(キリスト教)

    故人の宗教や宗派を事前に調べておくと安心ですが、できない場合は宗教や宗派、身分に関係なく使える「ご愁傷様」を使いましょう。

    まとめ

    「ご愁傷様」は「相手を気の毒に思うさま。身内を失った人に対するお悔やみの語」です。

    通夜や葬儀のお悔やみの際の言葉として使われたり、お悔やみ状でも使うことができます。

    上司や目上の人、取引先などビジネス関係者にも幅広く使うことができるので、お悔やみの言葉に迷ったら「ご愁傷様」を使いましょう。

  • 1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス

    4. 現在の年齢は?

    5. こだわり条件

    最適度0%