「業が深い(ごうがふかい)」の意味と由来とは?例文や類義語を徹底解説

業が深いの意味とは ビジネス用語

「業が深い(ごうがふかい)」には、 「欲深い」「運が悪い」という意味があります。

欲深い・運が悪いという意味で使う為、通常良い場面や状況では使わない言葉です。

そこで、今回は「業が深い」の正しい意味や使い方、類語・英語表現まで詳しく解説していきます。

1.「業が深い」の意味と語源

欲が深い・運が悪い

業が深い

読み:ごうがふかい

欲深い・運が悪い

「業が深い」は欲深い・運が悪いの意味で使います。

この「業が深い」は、「前世の欲深さによる罪深い行いにより、多くの報いを受けているさま」というのが本来の意味です。

現在は「欲深さによる罪深い行いの部分」と「多くの報いを受けている」という部分が転じて、 「欲深い」「運が悪い」と言う意味で用いられます。

  • スポンサーリンク

  • 前世が関係している?「業が深い」の語源

    「業が深い」の語源は、仏教用語の「業(カルマ)」です。

    「業(カルマ)」とは、「前世で行った悪行の報い」を意味します。

    つまり、「業が深い」とは、「前世で多くの罪深い事をして、その悪行の報いを現世で多く背負っている」というのが正しい意味です。

    2.「業が深い」の使い方と例文

    業が深いの使い方
  • スポンサーリンク

  • ネガティブな意味合いで使われる

    「業が深い」は、「欲深い」「運が悪い」の意味で使う為、ネガティブな意味合いで用いられる言葉です。

    基本的には、 「〇〇は業が深い」の形で使い、〇〇の中には人物を入れます。

    「業が深い」の例文を見ていきましょう。

    1. 彼女は、業の深さが顔に現れている。

    2. 人間とは、業の深い生き物である。

    使う対象は基本的に人物に対して使いますが、①の例文の様に、「業が深い顔つきをしている」など表情に対しても使う事があります。

    また、個人ではなく、②の例文の様に、哲学的に「人間」全体を主語として使う事も多いのが特徴です。

    3.「業が深い」と言われる人の特徴

    業が深い人の特徴

    「業が深い」と言われる人には、特徴があります。

    男性と女性の場合、それぞれの特徴を見ていきましょう。

  • スポンサーリンク

  • 3-1.男性の場合

    男性で「業が深い」と言われる人の特徴として挙げられるのが、 「威張る人」や「お金に執着する人」です。

    「威張る人」は自己顕示欲が強く、「お金に執着する人」は金銭欲が強い人と言う印象を周囲に与えます。

    「自分を強く見せたい欲望」や「お金持ちになりたい欲望」が滲み出る事で、「業が深い人」という印象を持たれるのです。

    3-2.女性の場合

    女性で「業が深い」と言われる人の特徴として挙げられるのが、 「嫉妬深い人」や「ブランド品に執着する人」です。

    「嫉妬深い人」は独占欲が強く、「ブランド品に執着する人」は物欲が強い人という印象を周囲に与えます。

    「すぐに恋愛トークをする人」や「ブランド品を自慢する人」は、「業が深い」と周囲に思われている可能性が高いです。

  • スポンサーリンク

  • 4.「業が深い」の類義語とは

    業が深いの類義語

    「業が深い」は、普段使われる事が少ない難しい表現である為、相手によっては伝わらない可能性がある言葉です。

    余計な誤解を生まない為にも、正しい表現は覚えておくのが良いでしょう。

    ここでは、「業が深い」と合わせて覚えておきたい類義語を解説していきます。

    「業が深い」の類義語は、以下の2つです。

    それぞれの類語について、例文と一緒に意味を解説していきます。

    4-1.罰が当たる

    「罰が当たる」は、 悪事に対する報いを被ると言う意味です。

    悪い事ばかりしていると、罰があたるぞ

    「罰が当たる」は、「業が深い」の「前世で多くの罪深い事をして、その悪行の報いを多く背負っている」に近い意味を持っています。

    両者の違いは、「業が深い」は運が悪いという意味合いで使われるのに対して、「罰が当たる」は本人の意思で悪事を行っているという点です。

    本人の言動が原因で報いを受けている時には、罰が当たるを使うようにしましょう。

  • スポンサーリンク

  • 4-2.強欲な

    「強欲な」は、 あくどいほど欲が張っている事を意味する言葉です。

    彼は気が強くて強欲な男だ。

    「強欲な」は、「業が深い」と比べるとストレートな表現です。

    単に欲深いだけでなく「あくどい」と言う形容詞が付いている為、「業が深い」よりも強い表現でもあります。

    欲深さを強調したい際には、「業が深い」よりも「強欲な」を使うのが適切です。

    5.「業が深い」の英語表現もチェック

    業が深いの英語表現

    Sinful(業が深い・罪深い)・karma (業・カルマ)

    「業が深い」は仏教用語なので、世界共通で使われています。

    英語での表現は以下の通りです。

    1. Sinful(業が深い・罪深い)
    2. karma (業・カルマ)

    ⓛsinfulは、形容詞で「業が深い・罪深い」と言う意味を持つ言葉です。

    「be sinful」の形で用いて、「〇〇は業が深い」と表現します。

    • He is deeply sinful(彼は業が深い)

    karmaだけでは「業が深い」は表現しきれない為、「〇〇は業が深い」と表現したい場合は、sinfulを使うのが適切です。

    ②karmaは、名詞で「業(カルマ)」の英語表記です。

    英語においても、日本語のカルマと同じ意味を持ちます。

    • Man must live carrying the burden of his karma(人間は業の深さを背負って生きて行かねばならない)

    例文の様に、「his karma」や「human karma」など「karma」の前に、名詞や代名詞を用いて「〇〇の業(カルマ)」と表現するのが一般的です。

    まとめ

    「業が深い(ごうがふかい)」は、 「欲深い」「運が悪い」という意味を持つ言葉です。

    「前世の罪深さにより、多くの報いを受けているさま」と言う、本来の意味から転じる形で用いられています。

    ネガティブな意味を持つ言葉なので、使う場合には正しい使い方をするように心がけましょう。

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%