「ご容赦」の意味とは?「ご容赦ください」の例文や類語も紹介

ご容赦の意味とは ビジネス用語

「ご容赦」は「ごようしゃ」と読み、 相手に受け入れてもらう・許してもらうという意味の言葉です。

ビジネスメールなどで、「ご容赦ください」というフレーズをよく見かけるのでないでしょうか。

ここでは、そんな「ご容赦」の詳しい意味や使い方などを詳しく解説していきます。

記事を読めば、「ご容赦」を使いこなせるようになるので、ぜひ参考にしてくださいね。

1. 「ご容赦」の意味:受け入れてもらう・許してもらう

ご容赦

読み:ごようしゃ

  1. 受け入れてもらう
  2. 許してもらう
  3. 大目に見てもらう

相手に、受け入れてもらう・許してもらう・大目に見てもらうという意味の言葉です。

自分自身に対して使うことはできません。

「ご容赦」とは、「御(ご)」+「容赦」の2つの漢字から成り立っています。

  • 「御(ご)」…尊敬語
  • 「容赦」…許す・手加減する

つまり「ご容赦」は、「許す」の敬語です。

そして「ご容赦」のあとにどんな語が続くかで、「尊敬語」か「謙譲語」かが決まります。

2. 「ご容赦」の使い方と例文

ご容赦の使い方

「ご容赦」は、次のようなフレーズで使います。

1つずつ見ていきましょう。

1. ご容赦ください

ご容赦ください」は、こちらの事情を相手に通したい場合に使います。

「ご容赦」は「申し訳ない」というニュアンスを持っているので、ただ単に「了承してください」「受け入れてください」と伝えるよりも、礼儀をわきまえている表現です。

そのため、はっきり伝えると失礼になってしまうときに、「ご容赦ください」を使います。

 <例文>

  • 商品の到着まで数日かかってしまいますが、ご容赦ください
    (商品の到着まで数日かかってしまうことを、相手に事前に知らせることで受け入れてもらう)
  • 何卒、ご容赦ください

2. ご容赦くださいますよう

「ご容赦くださいますよう」も、こちらの事情を相手に通したい場合に使います。

「ご容赦くださいますよう」のあとに続くフレーズは、「よろしくお願いいたします」「お願い申し上げます」などです。

「ご容赦ください」よりも、丁寧な表現になります。

 <例文>

  • ご容赦くださいますよう、お願いいたします。
  • ご容赦くださいますよう、お願い申し上げます。

3. ご容赦くださいませ

「ご容赦くださいませ」も、こちらの事情を相手に通したい場合に使います。

「ご容赦ください」よりも、「ご容赦くださいませ」の方が優しい口調です。

そのため、「ください」に抵抗がある方は「くださいませ」の表現を使ってみてください。

 <例文>

  • 土日祝日は休業日となっているので、あらかじめご容赦くださいませ
  • お忙しいところ不便をおかけしますが、ご容赦くださいませ

4. ご容赦いただきありがとうございます

「ご容赦いただきありがとうございます」は、相手がこちらのお願いを受け入れてくれたとき・許してくれたとき に、感謝を伝えために使います。

この場合は、「申し訳ない」という気持ちはなくありがとう」という気持ちが強いです。

「ご容赦いただき恐縮です」や「ご容赦いただき感謝を申し上げます」と言い換えることもできます。

<例文>

  • 無理なお願いをご容赦いただきありがとうございます
  • ご容赦いただき恐縮です。
  • ご容赦いただき感謝申し上げます

5. ご容赦願います

「ご容赦願います」も、相手に受け入れてもらいたい・許してもらいたい場合に使います。

「ご容赦」のあとに続く単語が「願います」なので、「ご容赦ください」に比べて、お願いしている印象が強いです。

<例文>

弊社のサービスに不具合が生じ、その改善のために時間を取らせていただきます。
ご不便をおかけしますが、ご容赦願います

6. 平(ひら)にご容赦ください

「平に」は「ひらに」と読み、「どうか」という意味があります。

つまり「平(ひら)にご容赦ください」は、「どうか、許してください」という意味です。

「平(ひら)にご容赦ください」は、「ご容赦ください」と同じで相手に許し・了承を求める場合に使いますが、より切実な気持ち を込めた表現です。

<例文>

今後このような失敗を繰り返さないよう尽力いたしますので、平にご容赦ください

続いて、「ご容赦」を使うときの注意点を解説していきます。

  • スポンサーリンク

  • 3. 「ご容赦」を使うときの注意点

    ここでは、「ご容赦」を使うときの注意点を紹介していきます。

    3-1. 「ご容赦」の多用は厳禁

    一つの文章内で「ご容赦」を何度も使うのは、説得力を欠いてしまうので、よくありません。

    こちらからの要望をすべて伝えてから、最後の言葉として「ご容赦」を使いましょう。

  • スポンサーリンク

  • 3-2. 自分の過失が大きい場合は「申し訳ございません」を使う

    「ご容赦ください」は相手に許しを求める表現なので、 自分の非を認める印象が弱いです。

    そのため、相手に多大な迷惑をかけているとき、損害を与えてしまったときには、きちんとした謝罪の意味を持っている「申し訳ございません」「申し訳ありません」という言葉を使いましょう。

    「ご容赦」は、「申し訳ないというニュアンスを含んでいるだけ」ということを覚えておいてくださいね。

    4. 「ご容赦」の類語と例文

    ご容赦の類語

    ここでは、「ご容赦」の類語と例文を紹介していきます。

    それぞれ少しニュアンスが異なりますので、1つずつ見ていきましょう。

    類語1. お許し

    「お許し」は、誰かに謝罪をするときに使う言葉です。

    しかし「ご容赦」に比べると軽い表現になるので、文章やメールでは不適切です。

    メールや文書などでは、「ご容赦ください」を使いましょう。

    類語2. ご了承

    「ご了承」は、相手に了承を求める・納得してもらうときに使う表現です。

    また、「ご容赦」には「申し訳ない」というニュアンスがありますが、「ご了承」にはありません。

    そのため「ご了承」は、謝罪文で使うことはできません。

    <例文>

    • 先日お話させていただいた件について、ご了承いただけますか。
      (ご了承いただけるか・いただけないかを聞いている)
    • 購入者が多数に渡り商品が売り切れてしまった場合には、あらかじめご了承ください。
      (事前にお知らせしているので、受け入れてください)

    類語3. ご理解

    「ご理解」は、きちんと知り納得してもらうときに使う言葉です。

    「ご理解」にも、謝罪のニュアンスはありません。

    そのことから、こちらに非があるときは相手に対して「ご理解ください」を使うことができないので、気をつけてください。

    <例文>

    • メールの内容をご理解いただいた上で、スケジュール調整をお願いします。
    • 利用規約をご理解いただけなければ、それによって起きる損害の責任は負いません。

    類語4. ご勘弁

    「ご勘弁」は、自分の失敗や過失を許してもらうときの言葉であり、相手に対するお願いを強調する言葉です。

    相手が許してくれることを前提とした言葉が「勘弁」なので、謝罪の場では不適切です。

    <例文>

    • 商品の値引きに関してはご勘弁を願います。
      (値引きは、しません)
    • 本日は外せない用事があるため、飲み会はご勘弁をお願いします。
      (飲み会に出れないことを許してください・受け入れてください)

    続いて、「ご容赦」の英語表現と例文を紹介していきます。

  • スポンサーリンク

  • 5. 「ご容赦」の英語表現と例文

    ご容赦の英語表現

    「容赦」は、英語で表現すると「Pardon」です。

    「平にご容赦願います」は、「I humbly beg your pardon.」と表現します。

    「humbly」は「謹んで」、「beg」は「頼みます」という意味です。

    <例文>

    • I humbly beg your pardon.
      (平にご容赦願います。)
    • Please forgive me.
      (私を許してください。)
    • I hope you will understand.
      (ご理解いただけると幸いです。)

    まとめ

    「ご容赦」は、 相手に受け入れてもらう・許してもらうという意味の言葉です。

    類語には「お許し」「ご了承」「ご理解」「ご勘弁」があります。

    また、「ご容赦」は「申し訳ない」というニュアンスを含んでいるだけですので、相手に多大な迷惑をかけている場合は、きちんとした謝罪の意味を持っている「申し訳ございません」「申し訳ありません」という言葉を使いましょう。

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%