「範疇」の意味・使い方とは?「範囲」との違い・類語・英語を解説

範疇の意味とは ビジネス用語

「範疇」は「似た特徴を持つものが属する範囲」「分類された一般的な概念」という意味です。

「はんちゅう」と読み、「○○の範疇だ」「範疇を超えている」などの使い方があります。

この記事では「範疇」の意味や使い方、「範囲」との違い、類語や英語表現を解説していきます。

1.「範疇」の意味

範疇

読み方:はんちゅう

  1. 似た特徴を持つものが属する範囲
  2. 分類された一般的な概念

①と②のどちらを意味するかは、使うシーンによって異なります。

意味①:「似た特徴を持つものが属する範囲」

「範疇」の1つ目の意味は、似た特徴を持つものが属する範囲です。

範囲の中でも、特定の広がりのうち同じ性質を集めたカテゴリーを指す言葉ですね。

ある物事が同じ範囲に含まれる場合は「範疇だ」と表し、含まれない場合は「範疇にない」「範疇を超える」などと表現します。

例文

  • 彼は植物についての知識が豊富で、あの知識量は趣味の範疇を超えている。
  • 算数しか習っていない小学生には難しい。なぜなら、その問題は数学の範疇だからだ。
  • ダラダラと話して働く者もいるが、無駄話は仕事の範疇にないと思う。
  • スポンサーリンク

  • 意味②:「分類された一般的な概念」

    「範疇」には、分類された一般的な概念という意味もあります。

    概念とは、「同類のものに対していだく意味や内容」のことですが、簡単に言えば「同じような物事から、共通部分を抜き出したイメージのようなもの」を指します。

    これは、哲学の基本概念の一つで、哲学者によって項目数や内容も異なります。

    • アリストテレス:実体・性質・量・関係・能動・受動・場所・時間・姿勢・所有(10項目)
    • カント:量(単一性・数多性・全体性)、質(実在性・否定性・制限性)、関係(実体・原因性・相互性)、様相(可能性・現存性・必然性)4項目

    由来は『書経』の「洪範九疇(こうはんきゅうちゅう)」

    「範疇」の由来は、『書経』の洪範編にある政治道徳の九原則である「洪範九疇」という言葉です。

    そこから「範」と「疇」の2文字を取って「範疇」ができました。

    また、この九つの原則とは「五行・五事・八政・五紀・皇極・三徳・稽疑・庶徴・五福」を表します。

    「範」は「模範」や「決まった区切り」を表し、「疇」は「同類」という意味を持つため、「似た特徴を持つものが属する範囲」を意味することがわかりますね。

  • スポンサーリンク

  • 2.「範疇」と「範囲」の違い

    「範疇」の類語のひとつに「範囲」があります。

    「範疇」と「範囲」は、どちらも「ある特定の広がり(枠組み)」を表すため、非常によく似た言葉ですね。

    ただし、「範疇」には「カテゴリー」の意味も含まれているという違いがあります。

    1. 「範囲」は、ある特定の広がり
    2. 「範疇」は、特定の広がりのうち(範囲のなかで)同じ性質を集めたカテゴリー

    このように 「範囲」は「ある特定の広がり」のみを表すと覚えておくと良いでしょう。

    例文

    • 人は自分の経験の範囲内でしか、物事を想像できない。
    • 他の業務もあるが、できる範囲で協力します。

    3.「範疇」の使い方と例文

    範疇の使い方

    「範疇」の正しい使い方と例文を見ていきましょう。

    「範疇」は、以下のように使うことが多い言葉です。

    以下の記事では、それぞれの使い方について解説していきます。

  • スポンサーリンク

  • ○○の範疇だ・範疇である

    「○○の範疇だ」「範疇である」は、「○○がその範囲に属する」と表すときに使用されます。

    範疇の前には、次のような言葉を使うことができます。

    例文

    • 始業前の清掃や就業後の業務整理も業務の範疇だ。
    • 事前に参加者の名前を覚えてくるのは、私にとって常識の範疇である。
    • こっそり2人で出かけるとは、浮気の範疇だと言われても仕方がない。

    範疇を超えている

    「範疇を超えている」は、「範囲や概念以上である」という意味で使うことができます

    例文

    親と毎日長電話をしているなんて、親子関係の範疇を超えている

  • スポンサーリンク

  • 範疇にない

    「範疇にない」は、「範囲にない・該当しない」と伝えるときに使用されます。

    範疇の前に、ある範囲やカテゴリーを示して使うことができます。

    例文

    彼の意味不明な行動や言動は、私の理解の範疇にない

    範疇外

    「範疇外」は、「範疇にない」と同じく「範囲にない・該当しない」という意味で使うことができます

    「〇〇の範疇外」のように、範疇の前に範囲やカテゴリーを持ってきましょう。

    例文

    忙しいときに限って、自分の範疇外の仕事を依頼される気がする。

  • スポンサーリンク

  • 4.「範疇」の類語と例文

    範疇の類語

    「範疇」の類語はいくつかあります。

    「範疇」との使い分けやニュアンスの違いなど、詳しく解説していきます。

    類語1.種別

    種別

    読み方:しゅべつ

    意味:種類・種目によって区別すること

    「種別」は、 「種類・種目によって区別すること」を意味します

    また、その区別そのものを表す場合もあります。

    「分類されているもの」という意味では「範疇」と同じですが、「種別」は「範囲」という意味合いが強くはありません。

    そのため「種別を超えている」「私の種別だ」などと表すことはできないので注意しましょう。

    例文

    何から手を付けてよいか分からないときは、自分の業務を種別できていないことが多い。

    類語2.分類

    分類

    読み方:ぶんるい

    意味:物事をその種類・性質・系統などに従って分けること

    「分類」は、 「物事をその種類・性質・系統などに従って分けること」を表します

    「範疇」と同じく「似た特徴を持つもので分ける」など、特徴を基準として行う行為ではありますが、「範疇」と「分類」では、ニュアンスが異なります。

    「範疇」は分類したあとの「範囲・概念」を指すのに対し、「分類」は「分ける行為」の意味を含みます。

    例文

    届いた製品をアルファベット順に分類する。

    5.「範疇」の英語表現と例文

    範疇の英語表現

    英語で「範疇」を表現する場合、以下の英語を使います。

    • category:カテゴリー、種類、範疇
    • class:分野、類、部類、種類
    • sort:種類、性質、分類

    「範疇」の英語表現は、範疇を表す単語を使う場合や、別の表現で伝えることも可能です。

    一般的には「category」を使う

    「category」は 「カテゴリー、種類、範疇」という意味です

    「商品カテゴリー」など、よくカタカナでも目にする単語ですよね。

    例のように「category」を使って「範疇」を表すことができます。

    例文

    The work is out of my category.
    (その仕事は私の範疇外だ。)

    また、英語表現では「category」などの範疇を表す単語を使用せずに伝えることも可能です。

    例文

    The work is not mine.
    (その仕事は私のものではない。)

    「class」「sort」は「種類」のニュアンスが強い

    「category」の他にも、「class」「sort」を使うことも出来ます。

    ただし、「category」に比べて、この2つの単語は「種類」や「種別」などの意味合いが強くなります。

    使いたい場面や意味に合わせて、どの単語を使用するか考えて使い分けましょう。

    例文

    • For him, football is classed the kind of hobby.
      (彼にとって、サッカーは趣味の範疇だ。)
    • For him, his home is sorted into his work place.
      (彼にとって、自宅は職場の範疇だ。)

    まとめ

    「範疇」は「はんちゅう」と読み、「似た特徴を持つものが属する範囲」「分類された一般的な概念」という意味です。

    「○○の範疇だ」「範疇を超えている」と使うことができ、「種別」「分類」などの類語もありますね。

    英語で「範疇」を表す場合は「category」を使用することができます。

  • 1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス

    4. 現在の年齢は?

    5. こだわり条件

    最適度0%