汎用性(はんようせい)とはどういう意味?正しい使い方と例文を徹底解説

汎用性の意味とは ビジネス用語

汎用性(はんようせい)とは、 ひとつの用途だけでなく、さまざまな事に広く利用できる事を意味する言葉です。

言葉だけは見聞きした事がある方も少なくないのではないでしょうか。

この記事では、汎用性の意味や正しい使い方について解説していきます。

また、「間違いやすい凡庸性との違い」と「言い換え表現として覚えておきたい類義語」も紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね。

1.汎用性の意味

1-1.ひとつの用途だけでなく、様々な事に広く利用できる事

汎用性

読み:はんようせい

ひとつの用途だけでなく、さまざまな事に広く利用できる事

「汎用性のある素材」や「汎用性の高い資格」などの形で、目にした事がありますよね。

汎用性は、効率化や合理化が求められるビジネスシーンでは、広く用います。

なお、汎用性という言葉を 使う対象はモノだけでなく、人物に対しても使う事が可能です。

例えば、「彼は営業も事務も、両方出来る汎用性の高い人材」という形で使う事が出来るので、覚えておきましょう。

  • スポンサーリンク

  • 2.汎用性の使い方・例文

    汎用性を使う際は、基本的に「汎用性がある(ない)」と「汎用性が高い(低い)」の形で用いられます。

    それぞれの使い方と例文を、チェックしていきましょう。

    2-1.汎用性がある(ない)

    「汎用性がある(ない)」は、汎用性が備わっているか(いないか)を表す表現です。

    対象となるモノや人物に、 さまざまな事に広く利用できる「性質」や「技能・経験」などが備わっているかを問う場合に用います。

    具体的な使い方を、例文で見ていきましょう。

    <例文>

    • 経費削減の為にも、汎用性のある素材で新製品を開発して欲しい。
    • 私の考えでは、汎用性がない商品は売れないと思います。

    例文の様に「汎用性がある(ない)○○」の形で使うのが一般的です。

  • スポンサーリンク

  • 2-2.汎用性が高い(低い)

    「汎用性が高い(低い)」は、 汎用性の程度を表す際に用いる表現です。

    汎用性が高いとは、「幅広い用途で使えること」「利便性が高いこと」を意味します。

    具体的な使い方を、例文で見ていきましょう。

    <例>

    • ビジネスとプライベートどちらでも使える、汎用性の高いジャケットが欲しい。
    • 汎用性の低い資格を取っても、就職活動には活かせない。

    使い方は「汎用性がある(ない)」と同じく、「汎用性が高い(低い)○○」の形で使います。

    汎用性の高さは、効率化や合理化が求められるビジネスシーンにおいては、特に重要な言葉です。

    続いて「汎用性と凡庸性の違い」を解説します。

    3.汎用性と凡庸性の違い

  • スポンサーリンク

  • 3-1.凡庸性とはありふているという意味

    汎用性(はんようせい)と似た言葉に凡庸性(ぼんようせい)があります。

    見た目や読み方が似ている言葉ですが、意味は大きく異なるので注意してください。

    汎用性は「ひとつの用途だけでなく、さまざまな事に広く利用できる」という意味です。

    それに対して、 凡庸性の意味は「ありふれている、平凡な」という意味で用います。

    汎用性と凡庸性を間違えて使うと、相手に対して失礼になるケースもあるので注意してください。

    4.汎用性の類語

    汎用性の類語

    汎用性は「ひとつの用途だけでなく、さまざまな事に広く利用できる」という意味を持つ言葉です。

    ここでは、汎用性の類義語を3つ紹介します。

    それでは、詳しく解説していきます。

    4-1.万能:全てに優れている事

    万能の意味は、 全てに優れている事、何にでも役立つ事です。

    <例>

    彼はスポーツ万能なので、あらゆる競技で活躍している。

    汎用性の意味にある、さまざまな事に利用できるに近い意味を持ちます。

    万能は汎用性があるだけでなく、更に優れていると言うニュアンスが含まれる表現です。

    その為、 汎用性よりも強い表現として使う事が出来ます

    4-2.多様:いろいろな種類や傾向のものがある事

    多様の意味は、いろいろな種類や傾向のものがある事です。

    <例>

    会議において、意見の多様性を尊重することは重要です。

    汎用性は、特定のモノや人物に対して使いますが、 多様は漠然としたジャンルや考え方に対して使われます

    多様は、人種や生物、価値観などの言葉と組み合わせて使う事が多く、「生物多様性」や「多様な価値観」などの形で用いる事が多い言葉です。

    4-3.オールラウンド:どんな事でもこなせる事

    オールラウンドは、 どんな事でもまんべんなくこなせる事を意味します。

    汎用性の「ひとつの用途だけでなく、さまざまな事に広く利用できる」という意味と、非常に近いニュアンスを持つ言葉です。

    「オールラウンドに使える商品」や「オールラウンドにこなせる人材」の形で用います。

    <例>

    彼は社内の仕事を、オールラウンドにこなせる人材です。

    オールラウンドを使う場合、「高い・低い」など程度を表現する事が出来ない点が、汎用性との違いです。

    程度も合わせて表現する際は、汎用性を使いましょう。

    合わせて覚えておくと便利な「汎用性の対義語」を解説します。

  • スポンサーリンク

  • 5.汎用性の対義語

    5-1.専門性:特定の対象に対して、高度な知識や経験を持つ事

    汎用性の対義語は専門性です。

    専門性は、 特定の目的や特定の対象に対して、高度な知識や経験を持つ事を意味します。

    さまざまな事に広く利用できるという意味を持つ汎用性とは、反対の意味を持つ言葉です。

    専門性と汎用性はどちらが優れているという事は無く、目的や状況によって使い分けられます。

    ビジネスシーンでは、専門性と汎用性は共に用いる事が多い表現なので覚えておきましょう。

  • スポンサーリンク

  • まとめ

    汎用性(はんようせい)は、 ひとつの用途だけでなく、さまざまな事に広く利用できる事を意味する言葉です。

    モノや人物に対して使い、「汎用性がある(ない)」「汎用性が高い(低い)」の形で用います。

    効率化や合理化が求められるビジネスシーンでは、広く使う表現なので覚えておきましょう。

  • 1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス

    4. 現在の年齢は?

    5. こだわり条件

    最適度0%
  • 自分に最適な転職サイトを探すなら

    新着記事