「辟易(へきえき)」の意味と使い方は?類語と英語表現も紹介!

辟易の意味とは ビジネス用語

「辟易」は、 「嫌気がさしてうんざりすること」「相手の勢いに圧倒されてたじろぐこと」という意味です。

心情を表現する言葉であり、物事を形容する際に使用できません。

この記事では「辟易」の正しい意味と語源にや使い方、言い換え表現を解説していきます。

1.「辟易」の意味

1-1.「うんざりすること」「たじろぐこと」

まず最初に、「辟易」の意味について解説していきます。

辟易

読み:へきえき

  1. 嫌気がさして、うんざりすること。
  2. 相手の勢いに圧倒されて、たじろぐこと。

「辟易」は、 「うんざりすること」「たじろぐこと」という、否定的な意味合いを持つ言葉です。

また、「辟易」は心情・気持ちを表現する言葉ですので、 「物事」に対して使用することはできません。

  • スポンサーリンク

  • 1-2.「辟易」の語源

    「辟」と「易」には、それぞれ以下の語源があります。

    • 僻:「避ける」「刑罰」
    • 易:「変える」「トカゲ」

    元々は、中国の歴史書「史記」にある「道を避けて、場所を変える」が由来になっています。

    転じて、「道を避けたい」「場所を変えたい」ほどに、 「うんざりする」「たじろぐ」という意味合いを持つようになったのです。

    2.「辟易」の使い方と例文

    それでは、「辟易」の使い方を、以下の3つの表現に分けて説明していきます。

    1. 辟易する
    2. 辟易させられる
    3. 辟易している
  • スポンサーリンク

  • 2-1.辟易する:うんざりする

    「辟易する」には「うんざりする」の意味があるので、 「同じことを繰り返す相手・物事」と一緒に使用されることが多いです。

    また、「辟易」は自分の心情表現ですので、「辟易して~できなくなる」といったように、後に具体的な「行動」を指示することによって、より自分の状態を文章で伝えることが出来ます。

    例えば、「辟易」の後に「動けなくなる」「考えられなくなる」「言葉を失ってしまう」などを使用することができるでしょう。

    <例文>

    • 会うたびに同じ話を繰り返す父親に、辟易する
    • ものすごい剣幕でまくしたてられ、辟易して動けなくなってしまった。

    2-2.辟易させられる:うんざりさせられる

    「辟易させられる」は、 「うんざりさせられた物事」を強調する受動態の表現になります。

    一方で、「辟易させる」といった命令・使役の使い方は、「他者の心情がうんざりしている」と決めつけてしまう可能性があるため、一般的に使用されません。

    <例文>

    • 路上でのキャッチセールスには、いつも辟易させられる。
    • 些細なことで癇癪を起こす上司に、毎日辟易させられてしまう
  • スポンサーリンク

  • 2-3.辟易している:うんざりしている様子

    「辟易している」は、 「周囲がうんざりしている様子」を説明する際に使われます。

    「辟易」は心情を表現する言葉ですが、「辟易する+居る(いる)」を組み合わせることによって、「周囲の様子」を説明することが出来るのです。

    <例文>

    • 数分おきに起こる余震に、皆辟易している
    • 単純作業を長時間続けているため、全員辟易しているようだ。

    3.「辟易」の注意点

    具体的な使い方と例文を確認したので、ここからは「辟易」の注意点について解説していきます。

  • スポンサーリンク

  • 3-1.「辟易」は副詞、形容詞として使用できない

    「辟易」を使う際の注意点は、以下の2つです。

    • 「辟易と」「辟易な」は誤用表現
    • 「辟易」は物事を対象に取ることはできない

    「辟易」は、「辟易と~する」「辟易な~」といった様に、 副詞・形容詞として使用することはできません。

    そのため、「辟易」を使用して「様子・状況」を説明する際には、「辟易する+居る」といった様に、動詞を重ねて使用する必要があります。

    また、「辟易」の意味である「うんざりする」「たじろぐ」は心情表現ですので、「辟易する道」など、物事を形容する使い方は間違いです。

    この場合は、「急な坂道に、辟易する」というように、心情表現として言い換えましょう。

    4.「辟易」の類語と例文

    「辟易」の類語は、以下の3つです。

    1. 飽(あ)きる
    2. 閉口(へいこう)する
    3. 尻込(しりご)みする

    それぞれの類義語について、例文と一緒に意味を解説していきます。

  • スポンサーリンク

  • 類語1.飽(あ)きる

    「飽きる」には、 「もう十分で、嫌になる」という意味があります。

    「飽きる」の繰り返し表現である「飽き飽きする」は、「嫌になる」を強調しているため、「うんざりしていること」を表現することが出来るのです。

    <例文>

    入院中の質素な食事に、飽き飽きする

    類語2.閉口(へいこう)する

    「閉口する」は、 「手に負えなくて困ること」「圧倒され言葉に詰まること」を意味する言葉です。

    「辟易」は「うんざりする」ですが、「閉口する」は「困る」といったニュアンスがあるので、シチュエーションに分けて使い分ける必要あるでしょう。

    <例文>

    彼の食事のマナーの悪さには、閉口せざるを得ない。

    類語3.尻込(しりご)みする

    「尻込みする」は、 「おじけてあとずさりすること」「気後れしてためらうこと」の意味があります。

    「尻込みする」には、「恐怖を感じる」といったニュアンスが強く、文章の前後には「恐ろしい物事」を挙げて使用されることが多いです。

    <例文>

    街灯のない暗い路地裏を通ると聞き、尻込みしてしまった。

    5.「辟易」の英語表現

    最後に、「辟易」の英語表現を紹介していきます。

    「辟易」の英単語は、以下の2つがあります。

    1. 「flinch」
    2. 「bored」

    それぞれについて、例文と合わせて詳しく解説していきます。

    英語1.flinch

    「flinch」には、直訳で 「たじろぐ」「ひるむ」といった意味があります。

    英文として用いる場合は、 「flinch from~」と表現することで、何に対して「辟易」としているか説明することが出来るのです。

    <例文>

    Everybody flinches from the difficulties.
    (だれもがその困難にたじろいだ。)

    英語2.bored

    「bored」には、直訳で「 退屈した」「うんざりした」といった意味があります。

    英文として用いる場合は、 「be bored by~」と表現することによって、何に対して「辟易」としているか説明することが出来るのです。

    <例文>

    I was bored by his long speech.
    (彼の長話にうんざりした。)

    まとめ

    「辟易」は、 「嫌気がさしてうんざりすること」「相手の勢いに圧倒されてたじろぐこと」を意味する言葉です。

    「辟易と」「辟易な」というように、副詞や形容詞としては使えないので注意しましょう。

    周りの「状況・様子」を説明する際には、「辟易している」といった表現を使用しましょう。

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%