「ほっこり」のいろいろな意味と使い方!方言や英語についても解説!

ほっこりの意味とは ビジネス用語

「ほっこり」は、一般的に「心が安らぐ」や「癒される」といった意味で使われます。

雑誌などではよく見かける言葉ですが、自分ではあまり使いませんね。

具体的に、どういった場面で「ほっこり」を使えばいいのか、迷うことでしょう。

本記事では、「ほっこり」の意味や語源、方言における使われ方、英語表現について紹介します。

これを読めば、いろいろな意味を持つ「ほっこり」の使い方、「はんなり」や「まったり」との違いなどを知ることができますよ。

1.「ほっこり」の意味と使い方

「ほっこり」は、「心が安らぐ」や「癒される」という意味で使われることがほとんです。

ただし、辞書では、いろいろな意味が取り上げられています。

まずは、辞書で多く取り上げられている「ほっこり」の意味を紹介しましょう。

意味①心が安らぐ、癒される

「ほっこり」は、一般的に「心が安らぐ」や「癒される」といった意味を持つ言葉です。

物事に触れ、気持ちがやわらいだり、思わず微笑んだりした時、私たちは「ほっこり」します。

例文

  • ほっこりとする話だ。
  • 温泉に入ってほっこりした。

意味②ほかほかと暖かな様

「ほっこり」は、「ほかほかと暖かな様」を意味することもあります。

例文

  • ほっこりとしたふかし芋。
  • 部屋の中がほっこり暖かい。

また、「心がほっこりする」というように、「心が温まる」状況で使えば、意味①と同じ意味になります。

意味③ふくよかな様、艶があって鮮やかな様

「ほっこり」には、「ふくよかな様」や「艶があって鮮やかな様」という意味があります。

ただし、この意味は、現在ではまず使われません。

江戸時代の作品の中に、用例を見つけることができます。

例文

  • 庭の紅葉さへほっこりとした色がないわい(庭の紅葉すら、鮮やかに染まっていないのだよ)/本居宣長『古今集遠鏡』

意味④うんざりする様、もてあまして疲れた様

「ほっこり」には、「うんざりする様」や「もてあまして疲れた様」という意味もあります。

ただし、一般的にはまず使われません。

標準語としての例文を探すと、江戸時代にまで遡ります。

例文

  • イヤモ世話なもので、ほっこり致しました(いやもう厄介なもので、ほとほと疲れました)/福隅軒蛙井『諸芸独自慢』

この福隅軒蛙井という人は、上方(関西地方)に住んでいたようです。

後ほど紹介する、「適度な疲労感」を表す方言の「ほっこり」につながる使われ方だと考えられます。

「ほっこり」は、物を焼く「火凝る」が変化した語

「ほっこり」の語源ははっきしりませんが、 一説には物を焼く言葉「火凝る」だとされています

「ほこる」が「ほっこり」に変化したと考えられているようです。

火をおこすと、場が暖まりますよね。

この説が正しければ、意味②の「ほかほかと暖かな様」から、「心が温まる」という意味が生まれ、意味①の「心が安らぐ」「癒される」という使われ方をするようになったのだと推測できます。

  • スポンサーリンク

  • 2.方言における「ほっこり」の意味

    「ほっこり」は方言でも使われます。

    方言は、私たちが知っている「ほっこり」とは、まったく違う意味にもなるんです。

    ここでは、「適度な疲労感」と「まったく、本当に」という2つの意味を紹介します。

    言葉は、時が経つにつれ、使われ方が変化していくものです。

    また、地域によって伝わり方も違います。

    「ほっこり」の多様性から、言葉の面白さを感じることができますよ。

    適度な疲労感(京都府など)

    京都府などでは、 「ほっこり」を「体は疲れているが、心は満たされている」時に使います

    適度な疲労感を表すのです。

    忙しくしている間の、ほんのちょっとした息抜きの時などに、「ほっこり」と言います。

    例文

    • 今日はほっこりしたわぁ。
    • あ~、ほっこりほっこり
  • スポンサーリンク

  • まったく、本当に(石川県・福井県・滋賀県など)

    石川県や福井県、滋賀県などでは、 「ほっこり」を「まったく、本当に」という意味で使います

    例文

    • ほっこり嫌になった。
    • ほっこりすまんこっちゃ。

    3.「ほっこり」と「はんなり」や「まったり」との違い

    「ほっこり」に似た言葉についた紹介します。

    「はんなり」も「まったり」も京都に縁のある言葉です。

    それぞれ説明しますね。

  • スポンサーリンク

  • はんなり

    「はんなり」は、京都を中心に使われる言葉です。

    「落ち着いた華やかさがあり、上品で明るく陽気な様」を表します。

    伝統と華やかさを併せ持つ京都の町並みに、ぴったりの言葉ですね。

    語源は「花あり」または「花なり」だとされています。

    例文

    • はんなりしてて可愛らしい人やなあ。
    • はんなりとしたお味です。

    「まったり」が暖かな様を表す言葉であるのに対して、「はんなり」は華やかさや上品さを表しています。

    まったり

    「まったり」は、上方(京都・大阪)を中心に、味覚を表す擬態語として使われていた言葉です。

    本来は、「やわらかさの中にコクがある味」「奥行きのある味」という意味で使われます。

    それが「ゆったりとした様」「のんびりと落ち着いた様子」という意味になり、全国的に用いられるようになりました。

    例文

    • まったりとした出汁の風味。
    • 今日は部屋でまったりしよう。
  • スポンサーリンク

  • 4.「ほっこり」の類語

    ほっこりの類語

    「ほっこり」には、次の類語があります。

    それぞれ説明しますね。

    安堵する

    「ほっこり」の類語に「安堵する」があります。

    「安堵する」とは、 「気がかりなことがなくなって、安心すること」「ほっとすること」です。

    例文

    • 無事の報せを受けて安堵した
    • 安堵のため息をつく。
  • スポンサーリンク

  • 胸を撫で下ろす

    「ほっこり」の類語に「胸を撫で下ろす」があります。

    「心配事が解決してほっとする、安心する」といった意味です。

    例文

    • トラブルが解決してほっと胸を撫で下ろした

    一息つく

    「ほっこり」の類語に「一息つく」があります。

    「作業の手を止めて一休みする」という意味です。

    例文

    • ここらで一息つこう

    5.「ほっこり」の英語表現

    ほっこりの英語表現

    「ほっこり」を意味する英語には、次の2つがあります。

    それぞれについて、例文を交えながら説明していきますね。

    英語1.「warm and fuzzy」

    「ほっこり」は、 「warm(暖かい)」と「fuzzy(ふわふわとした、曖昧な)」とを組み合わせた英語で表現できます。

    例文

    • I feel warm and fuzzy watching the film.(私はその映画を観るとほっこりします)
    • A cat gives me a warm and fuzzy feeling.(ネコは私をほっこりとした気持ちにさせてくれます)

    英語2.「feel comfortable」

    「ほっこり」は、 「comfortable(快適な、気持ちいい)」という英語を使って表現できます。

    例文

    • I feel comfortable in a Japanese‐style garden. (日本庭園にいるとほっこりする)

    まとめ

    「ほっこり」は、一般的に「心が安らぐ」や「癒される」といった意味で使われます。

    しかし、方言では、適度な疲労感を表したり、「まったく、本当に」といった使われ方をしたりと、多様な意味を持つことがわかりましたね。

    「ほっこり」には、いろいろな意味があり、地域によっても使われ方が違います。

    そのことを理解し、場面に合わせて使いましょう。

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%
  • 自分に最適な転職サイトを探すなら

    新着記事