「褒める」「誉める」「賞める」の違いと使い分け!例文付きで解説

褒めるの意味とは ビジネス用語

「褒める」は、その人の優れている部分を良く言うという意味です。

同じ読み方の漢字として「誉める」、「賞める」があり、それぞれ用途や場面に応じて使い分ける必要があります。

この記事では、褒めるの意味と使い方、同じ読みの「誉める」「賞める」との違いと使い分け方を解説します。

1.「褒める」の意味

その人の優れている部分を良く言うこと

褒める

読み:ほめる

意味:その人の優れている部分を良く言うこと

「褒める」の意味は、 子供や目下の人に対して、その人の行いが優れているときに、良いと評価することです。

「褒める」が使われる場面は、偉業や大成功などではなく、ほんのちょっとした日常の一コマです。

上司などの目上の人に対して使うと、その人を評価することになり失礼にあたるので、注意が必要です。

また、「褒める」は常用漢字です。公式の文書では、「誉める」や「賞める」ではなく、「褒める」が使われます。

重要なポイントは、「褒める」は一個人の評価であるという点です。

ほかの人が良しとしないことも、あなたが優れていると思えば「褒める」ことができます。

例文

  • 食事のあと自ら進んでテーブルを拭いてくれたので、息子を褒めた
  • 部下の提出したレポートが素晴らしい出来だったので、褒めて労った。
  • 父親が自分の子供を褒める様子は、見ていて微笑ましい。
  • スポンサーリンク

  • 2.「褒める」と「誉める」「賞める」の違いと使い分け

    「ほめる」の漢字には、「褒める」のほかに「誉める」や「賞める」といった漢字が使われることもあります。

    それぞれの違いを、以下の表にまとめましたので参考にしてください。

      褒める 誉める 賞める
    意味 相手の良い行いや物事を高く評価する 受賞や勝利など、偉業を成し遂げたことをみんなでたたえる 優れた点を評価し、報酬を与える
    常用漢字 × ×
    誰から誰に 個人から個人 周囲から個人  個人から個人
    目上の人への使用 × ×

    「誉める」は、難しいことを成し遂げたときに

    「誉める」の「誉」は「ほまれ」と読みます。「ほまれ」の意味は、ほめたたえることです。

    このことからも分かるように、「誉める」は 成し遂げることが難しいことを行った人を、高く評価するときに使います。

    例えば、大きな事業に成功した場合や、世間に注目されるような偉業を達成した場合に用いられることが多いです。

    一人だけでなく、多くの人がその素晴らしさを認めるような内容の事柄に対して「誉める」が使われます。

    「褒める」が一個人の意見として使えたのに対し、「誉める」はあなた一人が優れていると思うだけでは、使うことができないという違いがあります。

    また、「褒める」は目上の人には使えませんでしたが、「誉める」は、目上の人、目下の人、どちらにも使っても失礼にはならないとされています。

    しかし、そもそも「ほめる」という行為を、上司や先生など目上の人にすること自体が、失礼だとする考え方もありますので、使用する際は注意が必要です。

    例文

    • 駅伝に3年連続で優勝したので、チームのメンバーを誉めた
    • 二代目社長が事業を軌道に乗せたことを、誉めたい
    • 30年も市長という重責を務めたことは、誉めるに値する。
  • スポンサーリンク

  • 「賞める」は、優れた点を評価して報酬を与えるときに

    「賞める」は「賞与」の「賞」でも使われます。

    そのため、「賞める」は、 優れた点を評価するのに加えて、その成果に対し報酬を与えるときに使われます。

    ほめるときに、報酬が発生する点が、「褒める」との大きな違いです。

    報酬は、賞金などお金である場合もあれば、賞品などの景品である場合もあります。

    「賞める」は、何かを与えるという意味合いを持つため、目上の人が目下の人に使うケースが多いです。

    目上の人が目下の人に使うという点は、「褒める」と同じです。

    「賞める」も「褒める」と同じように、みんなの意見が一致していなくても、一個人の評価で使うことができます。

    例文

    • 彼の成し遂げた功績が素晴らしかったので、大いに賞めた
    • それは素晴らしい、早速賞めてやらなくては。
    • 社長に賞められるためには、相当の努力が必要だ。

    3.「褒める」の類語と例文

    褒めるの類語

     

    「褒める」の類語には「称賛」、「賞賛」、「礼賛」といったものがあります。それぞれの意味と例文を見ていきましょう。

  • スポンサーリンク

  • 類語1.称賛

    「称賛」(しょうさん)は、優れた行いをした人を良く言うときに使います

    抱いた思いを、心を込めて言葉で褒めるという意味合いが強い表現です。

    一方、お金や物を伴って褒めるときには、「賞賛」という漢字が当てられます。

    「誉める」と同じく、 成し遂げることが難しいことを実行した人を良く評価するときに使われます。

    そのため、日常のちょっとしたことをほめる場面で「称賛」を使うと、大げさな感じに聞こえてしまいます。

    例えば、子供の行動を良いものとして評価するときには、「褒める」を使用します。

    例文

    • 地震のときに彼がとった行動は、多くの人から称賛された。
    • ノーベル賞受賞は、世間から称賛される素晴らしいニュースだ。

    類語2.賛美

    「賛美」(さんび)は、「賛美歌」という言葉があるように、 宗教的な色の濃い言葉です

    「称賛」と同じく、優れた行いをした対象を良いものとして評価するときに使われます。

    しかし、その対象は人ではなく、神聖なものである場合が多いです。

    崇拝する対象に対して使われるので、人や日常的に起こる事柄に使うと、不自然な印象を与えてしまいます。

    例文

    • 神を賛美する。
    • 自然を賛美する。
  • スポンサーリンク

  • 類語3.礼賛

    「礼賛」(らいさん)の意味は、素晴らしいものとして敬意を払い、ほめ称えることです

    三法(仏、法、僧の3つ)を礼拝してほめたたえるという意味の 仏教用語が由来となっています。

    神聖なものに対し、感謝の気持ちをもって、ほめ称えるときに主に使われます。

    しかし、神聖なものに限らず、神聖なものと同等に素晴らしいと評価された事柄に対しても、「礼賛」は用いられることがあります。

    例文

    • 母なる地球を礼賛する。
    • 彼の成した偉業は礼賛に値する。

    4.「褒める」の英語表記と例文

    褒めるの英語表現
  • スポンサーリンク

  • praise

    英語で、「褒める」は「praise」と表現されます。

    「praise」の語源は、「Price」(価値があるもの)から来ています。

    価値のあるものを、価値があると評価すること、すなわち、褒める、となりました。

    「praise」の意味をまとめると、以下のようになります。

    • ~をほめる
    • ~をほめたたえる
    • ~(神を)称える
    • ~を褒めて持ち上げる

    この「praise」を動詞として使った例文を紹介します。

    例文

    He was highly praised for the great invention.

    (彼は、その優れた発明を高く称賛された。)

    「praise」は、上記で紹介した動詞のほかに名詞としても使われます。

    「Praise」の名詞の意味は、以下の通りです。

    • 称賛
    • ほめること
    • 賛美

    「praise」を名詞として使った例文を紹介します。

    例文

    The singer earned praise from all over the world.

    (その歌手は世界中から称賛を得た。)

    その他の「褒める」の英語

    英語で「褒める」という意味になる褒め言葉は、ほかにも「admire」や「commend」、「rave」、「flatter」などがあります

    「admire」や「commend」は、「褒める」という意味です。

    「rave」は、「べた褒めする」という意味で、高く評価して褒めるときに使われます。

    「flatter」は、人に気にいられるために、本心からではなく人を「褒める」ときに用いられる単語です。

    まとめ

    「褒める」は、子供や部下など目下の人に対し、優れた部分を良く言うときに使われます。

    一方、「誉める」は、世間を驚かす偉業など、難しいことを成し遂げたときに使われる漢字です。

    また、「賞める」は、 優れた点を評価するとともに、その成果に対し報酬を与えるときに用いられる漢字です。

    一個人で使えるものは「褒める」と「賞める」であり、周囲の意見も一致しているときに使うものは「誉める」という漢字が当てられます。

    「褒める」という言葉の漢字ごとの意味の違いを知って、上手に使い分けていきましょう。

    ▼あなたへのおすすめ▼

  • 1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス

    4. 現在の年齢は?

    5. こだわり条件

    最適度0%
  • 自分に最適な転職サイトを探すなら

    新着記事