「俯瞰(ふかん)」の意味は?「俯瞰図」「俯瞰力」の使い方も紹介!

俯瞰の意味とは ビジネス用語

「俯瞰」は、 「高いところから見下ろすこと」「広い視野で物事を見ること」「客観的に物事の全体像を捉えること」を意味する言葉になります。

「俯瞰」で使われている漢字は難しいため、意味をイメージしにくい言葉ですよね。

そこでこの記事では、「俯瞰」の意味と語源を説明しながら、具体的な例文を通して使い方を解説していきます。

また、「俯瞰」に関係する誤用表現や類義語も紹介しますので、ぜひ最後までご覧になってください。

1.「俯瞰」の意味と語源

「高いところから見下ろすこと」「客観的に物事の全体像を捉えること」

俯瞰

読み:ふかん

  1. 高いところから見下ろすこと。
  2. 広い視野で物事を見ること。
  3. 客観的に物事の全体像を捉えること。

「俯瞰」には、「ビルから街並みを俯瞰する」のように、 「(物理的に)高いところから見下ろすこと」を意味する言葉です。

転じて、物理的に高いところではなくても、「(客観的に)全体像を捉えること」を比喩的に意味することになりました。

したがって、物事の解釈やアプローチの方法を改めて考える際に、「俯瞰して考えてみる」と表現することが出来るのです。

  • スポンサーリンク

  • 「俯瞰」の語源

    「俯」と「瞰」には、それぞれ以下の意味があります。

    • 「俯」は、「うつむく」「下を向く」を意味する。
    • 「瞰」は、「のぞむ」「見下ろす」を意味する。

    「俯」は訓読みで「うつむ(く)」、「瞰」は訓読みで「のぞ(む)」という読み方になります。

    そのため、「俯瞰」は構成されている漢字の意味通り、 「全体像を見下ろすこと」という意味があるのです。

    2.「俯瞰」の使い方と例文

    俯瞰の使い方

    「俯瞰」の意味について確認したので、次からは具体的な使い方と例文を紹介していきます。

  • スポンサーリンク

  • 2-1.「俯瞰」の使い方

    「俯瞰」の主な使い方は、 「俯瞰する」「俯瞰的に」などが挙げられます。

    「俯瞰」には「全体像を捉える」という意味があるので、「部分的な物事への集中」が問題になっているシーンにおいて、使用されることが多いです。

    「俯瞰する」という言葉を使うことで、「落ち着いて客観的に物事を眺めること」を、相手側に伝えることができます。

    2-2.「俯瞰」の例文

    「俯瞰」の例文を、以下の3つの表現に分けて説明していきます。

    それぞれの例文を紹介し、使い方を解説していきます。

    「俯瞰する」

    「俯瞰する」は、 「(物理的に)高いところから見下ろす」「(客観的に)全体像を捉えること」どちらの意味でも使用することが出来ます。

    ただし、「俯瞰する」は 「(物理的に)高いところから見下ろす」として使用するケースが多いです。

    <例文>

    1. 山の上から俯瞰する景色は素晴らしい。
    2. プロジェクトの概要を俯瞰した上で、自分の職務に取り組む。

    「俯瞰的に~する」

    「俯瞰的に~する」は、後ろに 「見る」「眺める」「考える」などの動詞形と一緒に使用されます。

    「~的」にという表現は、「~のように」という比喩表現ですので、この場合の「俯瞰」は「(客観的に)全体像を捉えること」という意味で用いられるのです。

    <例文> 

    1. 原因不明のトラブルが発生したので、俯瞰的に考えて解決しよう。
    2. 東京周辺の地下鉄路線図は、俯瞰的に眺めて整理する必要がある。

    「俯瞰図・俯瞰力」

    「俯瞰」は、 「俯瞰図」「俯瞰力」などの名詞系で表現することが出来ます。

    「俯瞰図」は 「パノラマ図」と言い換えることができ、「上空から斜めに見下ろす図」を意味するため、観光案内の際に使用される言葉です。

    日常的なシーンでは、「俯瞰的なイラスト」「俯瞰的な風景」などがよく使われます。

    一方で、「俯瞰力」は「物事を客観的に見る力」を意味するため、学業やビジネスシーンで要求される力になります。

    <例文>

    1. 俯瞰図をみれば、山の起伏や登山コースをイメージすることが出来る。
    2. 彼は俯瞰力があるため、お店が混雑している状況を見て、すぐ待合席を準備した。
  • スポンサーリンク

  • 3.「俯瞰的に見る」は間違い?

    「俯瞰」には二重表現となる使い方があります。

    その使い方は以下の2つです。

    1. 「俯瞰的に見る」
    2. 「客観的に俯瞰する」

    まず、「俯瞰的に見る」は、「俯瞰」に「見渡す、見下ろす」という意味が含まれていますので、後ろに「見る」を加えるのは二重表現です。

    しかし、 「俯瞰的に見る」は間違った使い方ではありません

    なぜなら、「俯瞰」は比喩表現として使用することが出来るので、後ろに二重表現として「見る」を使用しても大丈夫だからです。

    一方で、 「客観的に俯瞰する」は間違いになります

    なぜなら、「客観」は「第三者の視点」を意味しますが、「俯瞰」は「自分でも第三者でもない全体的な視点」を意味するので、「客観的に俯瞰する」は矛盾した意味を持ってしまうからです。

    以上の注意点がありますので、「俯瞰」の使い方に迷った際は、素直に「俯瞰する」と表現した方がよいでしょう。

    4.「俯瞰」の類語

    俯瞰の類語

    「俯瞰」の類語は、以下の3つです。

    それぞれの類語について、例文と一緒に意味を解説していきます。

    「鳥瞰(ちょうかん)」

    「鳥瞰」は、 「高いところから見下ろし眺めること」を意味する言葉です。

    「鳥瞰」は「俯瞰」と同じ意味合いのため、「全体を大きく眺め渡すこと」の意味も含まれます。

    <例文>

    ヘリコプターから京都の街並みを鳥瞰する。

    「展望(てんぼう)」

    「展望」は、 「遠くの方まで見渡すこと」を意味する言葉です。

    転じて、「展望」には「これから先の物事を考える」という意味合いがあり、「俯瞰」の「全体を見渡す」とは異なるので注意して使用してください。

    <例文>

    今後の展望については、一度留学し、海外の文化に生で触れたいと思っています。

    「達観(たっかん)」

    達観」は、 「全体の情勢や将来をよく見通すこと」「道理や真理を見抜き、何事にも動じないこと」を意味する言葉です。

    一般的に、「達観した人・様子」と表現する場合は、「道理や真理を見抜き、何事にも動じないこと」を意味し、「俯瞰」とは異なる意味合いで使用されます。

    <例文>

    お客からの不当なクレームに対して、達観した表情で店員は対処していた。

  • スポンサーリンク

  • 5.「俯瞰」の対義語

    俯瞰の対義語

    「俯瞰」の対義語は、以下の3つです。

    それぞれの対義語について、例文と一緒に意味を解説していきます。

    「仰視(ぎょうし)」

    「仰視」は、 「仰ぎ見ること」を意味する言葉です。

    「俯瞰」に使われている「俯く(うつむく)」と、「仰視」に使われている「仰ぐ(あおぐ)」は、漢字そのものが対義語になっていますので、セットにして覚えましょう。

    <例文>

    不徳を追求され、彼は仰視できなかった。

    「近視眼的(きんしがんてき)」

    「近視眼的」とは、 「最終的な結果を見通せず、目先のことだけにとらわれていること」を意味する言葉です。

    そのため、「近視眼的」を文章中で使用する際には、「長期的に悪い物事や選択」を具体的に挙げるとよいでしょう。

    <例文>

    制服のデザインで進学先を選ぶのは、近視眼的な考え方だ。

    「偏狭(へんきょう)」

    「偏狭」は、 「自分だけの狭い考えにとらわれ、度量が小さいこと」「土地などがせまいこと」を意味する言葉です。

    「偏狭な人間・性格」という表現は、「視野が狭く、主観的である」という意味を持つため、「俯瞰」と反対の意味合い持つ表現になります。

    <例文>

    彼は偏狭な性格をしているため、いつも人の話に耳を貸さない。

    6.「俯瞰」の英語表現

    俯瞰の英語表現

    最後に、「俯瞰」の英語表現を紹介していきます。

    「俯瞰」の英単語は、以下の2つがあります。

    1. overlook
    2. objectively

    それぞれについて、例文と合わせて解説していきます。

    「overlook」

    「overlook」は、 「見渡す」「見晴らす」「見下ろす」「見過ごす」を意味する言葉です。

    「overlook」には「俯瞰する」に近い意味がありますが、同時に「見過ごす」という真逆の意味を持つので、読解の際には注意してください。

    <例文>

    We can overlook the sea from here.

    (ここから海を見渡せます。)

    「objectively」

    「objectively」には、 「客観的に」を意味する英単語です。

    「look objectively」は、直訳で「客観的に見る」となりますが、意訳的に「俯瞰」を表現することができます。

    <例文>

    We should look at the facts objectively.

    (われわれは物事を俯瞰すべきだ。)

  • スポンサーリンク

  • まとめ

    「俯瞰」は、「高いところから見下ろすこと」を意味し、転じて 「広い視野で物事を見ること」「客観的に物事の全体像を捉えること」として使用される言葉です。

    また、「俯瞰」の使い方として、「客観的に俯瞰する」などは、厳密に言うと誤用表現であり、注意が必要です。

    物事を冷静かつ客観的に捉える際に「俯瞰する」と表現できるので、難しい問題に直面した時に使用してみてください。

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%
  • 自分に最適な転職サイトを探すなら

    新着記事