「不惑」が40の年を指す理由って?詳しい意味・由来にあたる論語を解説!

不惑の意味とは ビジネス用語

「不惑」(ふわく)には、「迷わず自分の道を進めるようになったこと」と「40歳という年齢そのもの」の2つの意味があります。

儒教の創始者である孔子の言葉をまとめた書物『論語』(ろんご)に由来しています。

この記事では、「不惑」の意味、使い方や「不惑」以外の年齢の表し方、類語、英語表現を詳しく解説します。

1.「不惑」の意味と使い方

考えに惑わされないこと

不惑

読み:ふわく

  1. 迷わず自分の道を進めるようになった
  2. 40歳

端的に言うと、「あれこれ迷うことがなくなった」という意味です。

これからの人生をどう生きていくかが自分のなかで決まり、迷いがなくなった状態を「不惑」と呼びます。

例文

「不惑」の境地に至ることを目指して、これからは生きていきたい。

  • スポンサーリンク

  • 40歳の年

    「不惑」という言葉は、中国の春秋時代に活躍した思想家、孔子の言葉をまとめた『論語』から来ています。

    孔子が「不惑」の状態に達したのが40歳であったため、「不惑」という言葉が40歳そのものを指すようになりました。

    正確に言うと、中国では生まれた年が1歳とされるため、数え年40歳が「不惑」にあたる年齢になります。

    しかし、一般的に日本では、数え年ではなく、実際に40歳になったときや40歳ちょうどを指して使われています。

    例文

    昨日、誕生日を迎えて、私も不惑になりました。

    2.「不惑」の由来

  • スポンサーリンク

  • 孔子の『論語』

    「不惑」という言葉は、中国の思想家である孔子の言葉をまとめた『論語』に由来しています。

    『論語』のなかに、孔子が年齢とその年齢ごとに至った境地について書かれた部分があり、「四十にして惑わず」とあったことから、40歳イコール「不惑」の境地に達する年齢を意味するようになりました。

    『論語』は、紀元前5世紀ごろに孔子の弟子たちによりまとめられました。

    中国ではのちに科挙の試験科目となるなど、儒教や道徳を学ぶ上で重要な書物とされてきました。

    また、日本では、江戸時代に多くの寺子屋で道徳の授業の一環として『論語』が取り上げられていました。

    「不或」だった説もある

    孔子が残した言葉は「不惑」ではなく「不或」(ふいき)だと考える人もいます。

    『論語』が書かれた当時、「不惑」の「惑」という字は存在せず、「不或」の「或」という字が使われていたためというのが、その根拠となっています。

    「或」には、「区切りをつける」「枠を設ける」という意味があります。

    そのため、「不或」の意味は、「自分の能力をここまでと決めず、さらに高みを目指して精進しよう」となります

  • スポンサーリンク

  • 3.「不惑」以外の年齢の呼び方

    孔子は『論語』のなかで、「不惑」以外の年齢についても触れています。

    例えば、「15歳で学問を志す」というように、各年齢で、何をしたか、どんな生き方ができるようになったかということが述べられています。

    『論語』のなかに書かれているそれぞれの年齢と意味を表にまとめたので、参考にしてください。

    年齢 年齢の呼び方 意味
    15歳 志学(しがく) 学問を志した
    30歳 而立(じりつ) 自分なりの考え方をもてるようになった
    40歳 不惑(ふわく) 迷わず自分の道を進めるようになった
    50歳 知名(ちめい) 自分の使命が分かった
    60歳 耳順(じじゅん) 人の話が聞けるようになった
    70歳 従心(じゅうしん) 心のままに動いても人としての道を外れることがなくなった

     

    4.「不惑」の意味「40歳」の類語

    不惑の類語

    『論語』の「四十にして惑わず」を語源とする「不惑」ですが、「迷わず自分の道を進めるようになった」という意味のほかに、「40歳」という年齢を表す言葉としても使われています。

    「不惑」以外で「40歳」を表す言葉を2つ紹介します。

  • スポンサーリンク

  • 四十路

    「十路」(そじ)は、人の年齢で10年を一つの区切りとして数える呼び方です。

    四十路(よそじ)で40歳ちょうどを表します。

    四十路のほかにも、「二十路」(ふたそじ)、「三十路」(みそじ)、「五十路」(いそじ)、「六十路」(むそじ)「七十時」(ななそじ)「八十路」(やそじ)「九十時」(ここのそじ)という呼び方があります。

    いずれも「四十路」と同じく「20歳」「30歳」「50歳」「60歳」「70歳」「80歳」「90歳」ちょうどを表しています。

    例文

    プロ野球選手で四十路といったら、そろそろ引退を考えてもいい年齢だ。

    初老

    「初老」には、「老年期の始まり」という意味のほかに、「40歳の別の呼び方」という意味もあります。

    日本には昔から還暦(かんれき)や古稀(こき)、喜寿(きじゅ)、米寿(べいじゅ)などを、おめでたい年齢になったとして「長寿の祝い」として祝う風習があります。

    元々は「長寿の祝い」で最初に祝われる年齢が、40歳であり「初老」と呼ばれていたことに由来します。

    40歳で「初老」と聞くと現在に生きる私たちの感覚ではとても早い気がしてしまいますが、元をたどれば「長寿の祝い」の風習は中国から来たとされ、室町時代から続く風習です。

    室町時代の平均寿命は15歳だったとされており、40歳まで生きることも難しいことであったため、お祝いの対象となる年齢でした。

  • スポンサーリンク

  • 5.「不惑」の英語表現

    不惑の英語表現

    英語圏で暮らす人々には「不惑」という言葉が普及しておらず、2つの意味を一言で表現する手段がないため、40歳を表現する場合と「迷わなくなった」という意味を表す場合とに分けて解説します。

    年齢を表現するなら「forty  years old」

    「40歳」を意味する表現は、「forty years old」「forty-year-old」です。

    ハイフンを入れると40歳の○○という風に形容詞として使えます。

    たとえば、「a forty-year-old man」と言ったら、「40歳の男性」という意味になります。

    例文

    She looks so beautiful even despite the fact that she is already forty years old.

    彼女は不惑の年であるのにもかかわらず、とても美人だ。

    意味を表現するなら「a mind of tranquility」

    「tranquility」は「静寂」を意味する名詞です。

    「a mind of tranquility」で「平穏な心持ち」を意味します。

    迷いがあると、なんとなく心がざわざわして平穏な心持ちにはなれないものです。

    一方、静かな気持ちには迷いがなく、まっすぐ進んでいけそうな感じさえします。

    そのため、「a mind of tranquility」と表現することで、迷わずに自分の道を進むことを示しています。

    例文

    I want to have a mind of tranquility though I find it’s very difficult.

    とても難しいことだと分かっているけれど、不惑の境地に至りたい。

    まとめ

    「不惑」(ふわく)には、迷わず自分の道を進めるようになったということと、40歳という年齢そのものの2つの意味があります。

    その由来は、孔子の言葉をまとめた『論語』のなかに「四十にして惑わず」という一文があることから来ています。

    また、「不惑」ではなく「不或」(ふいき)が正しいという説もあります。

    「不或」の「或」には、「区切りをつける」「枠を設ける」という意味があるため、「不或」は「自分の能力をここまでと決めず、さらに高みを目指して精進しよう」という意味になります。

    「不惑」の意味や由来を学ぶことで、自身の表現の幅をさらに広げていきましょう。

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%