「一年の計は元旦にあり」の由来は?類語や正しい使い方をご紹介!

一年の計は元旦にありの意味とは ビジネス用語

「一年の計は元旦にあり」は、言葉通りに「元旦に一年の計画を立てるべき」という意味です。

さらに「どんなことでも、やり遂げるためにはきちんと計画を立ててから始めなさい」という戒めの意味もあります。

新年になると「一年の計は元旦にあり」と意気込んで計画を立てたけれど、いつの間にか計画倒れに、というのはよく聞く話です。

そこで今回は「一年の計は元旦にあり」の由来とともに、その使い方や類語についてご紹介します。

1.「一年の計は元旦にあり」の意味

1-1.物事をやり遂げるためにはきちんと計画を立ててからはじめるべきである

一年の計は元旦にあり

読み方:いちねんのけいはがんたんにあり

意味:一年の計画は、年の初めである元旦に立てるべきだということから、物事を成し遂げるためには、最初に計画を立ててからはじめるべきであるという戒め。

一年の計画を立てるのは、何も元旦と決まっているわけではありません。

実はこの言葉には続きがあり、その全文を読むとこの言葉が、いくつも積み重なってできた言葉であることが伝わってきます。

  • スポンサーリンク

  • 1-2.「一年の計は元旦にあり」には続きがある

    「一年の計は元旦にあり」には、続きがあります。

    それが 「一年の計は元旦にあり、一生の計は勤にあり、一家の計は身にあり」という言葉です。

    意味は「一年の計画は元旦に立てるべきだが、その積み重ねで勤勉に努めることで一生は決まり、さらに一家を支えるためにはその体が健康であるかどうかで決まる」です。

    また「身」については、その人自身(人となり)とする説もあります。

    次は「一年の計は元旦にあり」ができた由来について、詳しくご紹介します。

    2.「一年の計は元旦にあり」の由来

    「一年の計は元旦にあり」には、中国と日本、2つの由来があると考えられています。

    どういった由来なのか、詳しく見ていきましょう。

  • スポンサーリンク

  • 由来1.憑慶京(ひょうおうきょう)の『月令広義(げつりょうこうぎ)』

    由来の一つと考えられているのは、中国の明(みん)の官僚であり、学者でもあった憑慶京が著した『月令広義』です。

    『月令広義』は、中国の年中行事や儀式、しきたりについて解説した本で、古書から多くの引用がされています。

    日本でおなじみの『七夕伝説』や『花咲か爺』の説話など、日本で身近なことわざや説話はこの本が出典になっていると考えられているのです。

    この『月令広義』の項に、「四計」というのがあり、これが「一年の計は元旦にあり」の由来になっていると考えられています。

    「一年の計は元旦にあり」の続きとして、「一年の計は元旦にあり、一生の計は勤にあり、一家の計は身にあり」とさきほどご紹介しましたが、「四計」では以下の言葉となります

    <四計>

    • 一日(いちじつ)の計は晨(あした)にあり
      意味:1月1日の計は朝立てるべき。一日(いちじつ)とはいちにちではなく、1月の1日のこと。「晨(あした)」とは「朝」という意味で、「生気に満ちた早朝」や「鶏がときを告げること」も表しています。
    • 一年の計は春にあり
      意味:「春」となっていますが、中国では「春」は新しい年のこと。一年の計画は新しい年に立てるべきという意味です。
    • 一生の計は勤にあり
      意味:一生は仕事で決まるということ。
    • 一家の計は身にあり
      意味:一家を支えるためには、健康であることが必要であるということ。

    「一日(いちじつ)の計は晨(あした)にあり、一年の計は春にあり」は言葉は違いますが、同じ「元旦」のことを表しています。

    このことから、「一年の計は元旦にあり」という言葉ができたと考えられています。

    由来2.毛利元就(もうりもとなり)の言葉

    由来として考えられているもう一つの説が、戦国時代の武将、毛利元就が書き残した手紙の一文です。

    毛利元就はとても頭のいい大将として知られ、中国地方をほぼ手中に入れたことでも有名ですよね。

    また毛利元就は手紙を書くことが好きで、息子たちに多くの書状を書き送りました。

    有名な「三本の矢」も書状に書かれた言葉の一つです。

    その中で、長男の毛利隆元(もうりたかもと)に宛てて送った書状に、以下の一節があります。

    • 一年の計は春にあり
      意味:一年の計画は新しい年に立てるべきである。
    • 一月の計は朔(ついたち)にあり
      意味:一月の計画は月初めに立てるべきである。
    • 一日の計は鶏鳴(けいめい)にあり
      一日の計画は一番鶏が鳴く朝に立てるべきである。

    この毛利元就の手紙は、1558年に送られたものと考えられています。

    一方「月令広義」は作者の憑慶京が明の万歴(ばんれき)年間である1573年から1620年の間に書かれたと考えられているのですが、憑慶京の生年が不明なため、はっきりしません。

    どちらかの言葉がどちらかに影響したと考えるよりも、中国と日本それぞれで、同じことを考えた人が存在したと考えたほうが面白いかもしれませんね。

  • スポンサーリンク

  • 3.「一年の計は元旦にあり」の使い方

    「一年の計は元旦にあり」は、どういった場合に使うのが正しいのでしょうか。

    間違った使い方をしないためにも、間違いやすい意味と、使い方を例文でご紹介します。

    3-1.「元旦に起きたことで吉凶を占う」のは間違い

    「一年の計は元旦にあり」は、「何事もまず始める前にきちんと計画を立てなさい」という戒めの言葉です。

    「一年の計は元旦にあり」を、「元旦に起きたことで吉凶を占う」という意味で使っている人がいますが、これは間違いです。

    また「元旦に一年の計画を立てることができなかったから、この一年はもうダメだ」、という人もいますがこちらも間違いです。

    元旦でなくても、始めようと思ったその日がこそが「元旦」と考えましょう。

  • スポンサーリンク

  • 3-2.「一年の計は元旦にあり」を使った例文

    それでは ビジネスの場などで、実際に「一年の計は元旦にあり」を使う場合の例文をご紹介します

    <例文>

    • 一年の計は元旦にあり」という言葉がある。まず計画をしっかり立てよう。
    • 思い立ったら吉日というが、走り出す前に計画を立てよう。「一年の計は元旦にあり」を忘れてはいけない。
    • 一年の計は元旦にあり」ということで、みんなの今年の年間目標を作ってもらうことにした。

    4.「一年の計は元旦にあり」の類語

    「一年の計は元旦にあり」と同じ意味を持つ類語は2つあります。

    1. 一年の計は朝にあり
    2. 一生の計は少壮(しょうそう)にあり

    それぞれの意味と、使い方をご紹介します。

  • スポンサーリンク

  • 類語1.「一日の計は朝にあり」

    一日の計は朝にあり

    読み方:いちにちのけいはあさにあり

    意味:その日の朝早いうちに、その日すべきことを計画を立て備えるべきだ。

    「一年の計は元旦にあり」の由来である「四計」の「一日(いちじつ)の計は晨(あした)にあり」や毛利元就の「一日の計は鶏鳴(けいめい)にあり」を元に作られた言葉です。

    ビジネスの場でも、成果を上げるためにまずすべき行動の一つとして、「朝一番にその日の計画を立てるべき」とよく言われています。

    「一年の計は元旦にあり」と同じく、何事も成し遂げるためには計画を立てることが大切だという戒めの言葉です。

    例文を見てみましょう。

    <例文>

    一日の計は朝にあり」という言葉を実践するために、朝1時間早く起きることにした。

    類語2.「一生の計は少壮にあり」

    一生の計は少壮(しょうそう)にあり

    読み方:いっしょうのけいはしょうそうにあり

    意味:豊かな人生のためには、若い時に将来の夢をきちんと持つことが大切である。

    「一生の計は少壮にあり」は、若い時に将来の夢を持ち、計画を立てることが大切だという意味です。

    「少壮」とは、若くて元気のいいこと、またその年代のことです。

    人生は長いものですが、時間には限りがあり、目的や夢がなければあちこち寄り道をしてしまうことも少なくありません。

    「一年の計は元旦にあり」で積み重ねることで豊かな人生を送ることができる、という意味と同じく、若いときにこそ夢や目的を持つことが大切だという意味です。

    例文を見てみましょう。

    <例文>

    「一日の計は朝にあり、一年の計は元旦にあり、一生の計は少壮にあり」といいます。人生の目的を持って充実した毎日を送りましょう。

    5.「一年の計は元旦にあり」の英語表現

    「一年の計は元旦にあり」を英語で説明する場合には、どう言えばいいでしょうか。

    直訳した場合には、以下のようになります。

    <例文>

    New Year’s Day is the day for planning the cominng year.

    (一年の計は元旦にあり)

    英語で「一年の計は元旦にあり」と同じような意味を持つ言葉には、以下の表現もあります。

    <例文>

    • New Year’s Day is the key of the year.
      (新年はその年の鍵である)
    • The first hour of the morning is the key of the day.
      (朝の最初の1時間は、一日の鍵です)

    英語でも「物事は最初が肝心」という意味の表現が使われます。

    どちらも同じような意味なので、「日本ではこういったことわざがあります」と説明するときには、最初の直訳の方を使うといいでしょう。

    まとめ

    「一年の計は元旦にあり」は、「物事をやり遂げるためには、まずしっかりと計画を立ててから始めるべき」という意味です。

    新年になると、「元旦に計画を立てないとこの一年上手くいかない」と嘆く人もいますが、この場合の元旦は「最初の日」という意味であり、1月1日に計画を立てなさいということではありません。

    人生において、何事もやり遂げるためにはきちんと計画を立て、積み上げることが大切だという戒めなので、間違った使い方をすることのないよう注意しましょう。

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%
  • 自分に最適な転職サイトを探すなら

    新着記事