「イデオロギー」の意味とは?使い方・例文をわかりやすく解説!

イデオロギーの意味とは ビジネス用語

「イデオロギー」は、社会科を勉強しているときによく聞く言葉です。

しかし、「イデオロギー」本来の意味を知っている人は少ないでしょう。

「イデオロギー」は「社会的・政治的な自分の意見」を意味します。

本記事では「イデオロギー」の意味や、使い方を例文付き解説するとともに、「イデオロギー」の英語表現も紹介します。

この記事を読むことで「イデオロギー」の意味をしっかり理解して、より単語の理解も深めることができるはずです。

1.「イデオロギー」の意味:社会的立場を反映した思想の体系

イデオロギー

  1. 社会的・政治的な自分の意見。
  2. 特定の政治的立場のものの考え方。

「イデオロギー」は社会的・政治的な自分の意見を意味します。

つまり「イデオロギー」とは「その時代に生きる人々や政治家などの集団による、行動・思想に対する社会的な制約」という見方もできます。

社会的・政治的な考えを指す「資本主義・社会主義・共産主義」の3つを理解すれば、「イデオロギー」の理解が深まるでしょう。

  1. 資本主義(経営者が労働者を雇って利益を獲得する考え)=働いた分だけ給料がもらえる
  2. 社会主義(土地や給料は国が管理し、平等に国民へ分ける考え)=どれだけ働いても給料は平等に分けられる
  3. 共産主義(国や国民という区別を無くし、平等の極みを求める考え)=必要なときにのみお金を受け取れる

上記の3つの思想を自分の立場から考えることを「イデオロギー」といいます。

1-1.「イデオロギー」の由来はドイツ語「Ideologie」

「イデオロギー」の由来は、ドイツ語「Ideologie」からきた言葉です。

フランス革命の数年後、1798年にフランスの思想家アントワーヌ・デステュット・ド・トラシーが造語しました。

日本では「マルクス主義」とともに「イデオロギー」という言葉が入ってきました。

「マルクス主義」とは、19世紀ドイツの経済学者マルクスが、社会主義の実現を説いた考え方です。

  • スポンサーリンク

  • 2.「イデオロギー」の使い方と例文紹介  

    ここからは「イデオロギー」を使用した使い方をご紹介します。

    「イデオロギー」は、主に社会や政治について使われる言葉です。

    以下で具体的な「イデオロギー」の使用例文を確認していきましょう。

    2-1.「イデオロギー的に」  

    「イデオロギー的」とは自分の立場に基づいた物の見方・考え方と言えるでしょう。

    偏った考え方を「イデオロギー的」と表現します。

    <例文>

    • それはイデオロギー的な考え方だ。
  • スポンサーリンク

  • 2-2.「イデオロギー闘争」  

    「イデオロギー闘争」とは、それぞれの意見の違いをめぐる対立と闘争を意味します。

    例えば「資本主義」と「社会主義」の立場の違いからくる争いを「イデオロギー闘争」と言います。

    <例文>

    • 階級間でイデオロギー闘争が勃発している。

    2-3.「イデオロギー対立」  

    「イデオロギー対立」とは、それぞれの正しさをめぐり、激しい論争が繰り返されることです。

    よく、政治家が意見の違いで対立している際に「イデオロギー対立」と表現することができます。

    <例文>

    • イデオロギー対立は、妥協がほとんど不可能である。
  • スポンサーリンク

  • 2-4.「イデオロギー分析」

    「イデオロギー分析」とは、存在している政治的な考え方を分析することです。

    様々な考え方がある中で、それらを分析していくことを言います。

    <例文>

    • 日本の政策をイデオロギー分析をする。

    3.「イデオロギー」の類語表現  

    「イデオロギー」と似たような言葉は複数あります。

    類語の意味も把握できれば、より「イデオロギー」を深く理解できるでしょう

    • 理論体系
    • ドグマ

    以下で具体的な類語表現をご紹介します。

  • スポンサーリンク

  • 3-1.「理論体系」  

    理論体系

    読み:りろんたいけい

    その人が信じる考え方の体系のこと。

    「理論体系」は、その人が信じる考え方の全体像のことを意味します。

    「政治的・社会的立場の意見を指す「イデオロギー」とほぼ同義語と言えるでしょう。

    <例文>

    • 彼は、その実験についての理論体系を説明した。

    3-2.「ドグマ」

    ドグマ

    1. 宗教上の教え。
    2. (否定的に)独断的な説。

    「ドグマ」は独断・偏見的な説や意見のことです。

    「行動が独断的なこと」を指す「イデオロギー」と近い言葉です。

    <例文>

    • その村で伝わる宗教のドグマを知った。
  • スポンサーリンク

  • 4.「イデオロギー」の対義語表現  

    「イデオロギー」は歴史的・社会的立場からの思想体系を表す言葉なので、対義語は個人的な思想を示す「個人主義的」です。

    4-1.「個人主義的」

    個人主義的

    読み:こじんしゅぎてき

    個人の意義や価値を重視する立場のこと。

    「個人主義的」とは、社会の権威に対して個人の権利と自由を尊重する立場のことです。

    「個人の立場を重視する考え方」を指す「イデオロギー」とは反対の意味を持ちます。

    <例文>

    • 彼は単独で行動する個人主義的な人物だ。

    5.「イデオロギー」の英語表現

    Ideology

    読み:アイディオロジー

    最後に「イデオロギー」の英語表現を例文で紹介します。

    <例文>

    • Marxist ideology.
      (マルクス主義的イデオロギー。)
    • The ideology of gender roles.
      イデオロギーの中の、ジェンダー的役割。)

    まとめ

    「イデオロギー」は「社会的・政治的な自分の意見」を意味します。

    また、「イデオロギー」は特定の政治的立場のものの考え方のこともいいます。

    難しい言葉と思われがちですが、「資本主義・社会主義・共産主義」による考え方を理解すれば、「イデオロギー」の理解も深まるでしょう。

    「イデオロギー」の意味をしっかり理解し、ぜひ活用してみてくださいね。

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%