【例文あり】「至らない点」の意味は?挨拶や謝罪の際の使い方も解説

至らない点の意味とは ビジネス用語

「至らない点」は十分行き届いていない点・到達していない点」という意味です。

正しい使い方をすることで、フォーマルシーンでも相手に良い印象を与えることができます。

今回は「いらない点」の意味だけでなく、場面ごとの使い方、類語表現や英語表現まで詳しく解説していきますので、ぜひ参考にしてみましょう。

1.「至らない点」の意味

1-1.十分行き届いていない点・到達していない点

至らない点

読み:いたらないてん

  1. 十分行き届いていない点、注意不足
  2. 到達していない点、未熟

「至らない点」は 「至る」の謙譲語に否定の「ない」がついた言葉で、この「至る」の意味は以下の通りです。

【至る】⇒ある地点に到達する

つまり「到達する」ことができていないので、「至らない点」は「注意不足」や「未熟」といった意味になります。

  • スポンサーリンク

  • 1-2.「至らない点」は「至らぬ点」と同じ

    「至らぬ点」も「至る」に否定の「ぬ」がついた言葉です。

    そのため、どちらが丁寧な表現などということはなく 両方同じ意味で、同じ使い方ができます

    自分の使いやすい方を使いましょう。

    1-3.「至らない点もあるかと思いますが」とは

    「至らない点」は「至らない点もあるかと思いますが」というフレーズで多用されます。

    これは多くの場合 「到達していない、まだ未熟である」という意味で使われており、以下の意味があります。

    【至らない点もあるかと思いますが】

    まだ未熟な部分がありご迷惑をお掛けすることもあると思いますが

    実際に「迷惑をかけるつもり」でいるわけではなく、相手を敬って謙遜を表した表現です。

    単純に「これからも宜しくお願いします」などと挨拶を伝えるのではなく、謙遜の言葉をつけるだけで相手への印象が良くなります。

  • スポンサーリンク

  • 1-4.目上の人には「至らない点もあるかと存じますが」

    目上の人などに使う際には「思います」の部分を「存じます」に変えましょう。

    「存じます」は謙譲表現で、自分をへりくだらせて相手を持ち上げる表現です。

    そのため単に「思います」と丁寧語を使うよりも、相手への配慮や相手に対する敬った気持ちを表すことができます。

    2.【例文あり】「至らない点」の使い方

    「至らない点」はフォーマルシーンにおいて多用される表現で、以下のような場面で使われます。

    では、それぞれの場面ごとの「至らぬ点」の使い方を解説します。

    2-1.挨拶

    「至らない点」は 年賀状、新しい役職への就任、入社などの挨拶フレーズとして使います。

    年賀状での挨拶の場合は、上司などのビジネス関係の相手に対して使います。

    この場合、昨年の反省を指す時は「昨年は昨年は至らない点が多く、ご迷惑をおかけしましたが」と言います。

    新しい年に向けた挨拶で使う場合は「至らない点もあるかと思いますが」です。

    新しい役職に就任した際に聞く「至らない点もあるかと思いますが」は、実際に未熟であるわけではなく自分を謙遜した挨拶です。

    一方、入社の際に使われる場合は、謙遜表現以外にも「実際に経験がなく未熟で迷惑をかけることもあると思いますが」という意味が含まれています。

    では挨拶シーンにおける例文を、以下で見ていきましょう。

    <例文>

    • 至らない点も多々あるかと存じますが、今後とも(これから)ご指導のほどよろしくお願いいたします。
    • 至らぬ点もあるかと思いますが、これからも邁進していく所存ですので、どうぞ宜しくお願いします。

    2-2.お礼や感謝

    お礼や感謝として「至らない点」を使う際は、 退職や部長引退などの場面です。

    「こんなに未熟な自分が仕事を最後まで達成できたのは、みなさんのおかげです」という意味で、謙遜を込めて使います。

    自分の達成感や功績を直接見せることなく、「支えてくれてありがとう」という感謝の気持ちが丁寧に伝わります。

    ではお礼や感謝のシーンでの例文を見ていきましょう。

    <例文>

    • 至らぬ点も多々あったと思いますが、みなさんのおかげでやり遂げることができました。ありがとうございました。
    • 至らない点の多い私でしたが、いつも支えてくださってありがとうございました。

    2-3.謝罪やお詫び

    謝罪やお詫びの際は 「未熟」の他にも「注意不足、十分に行き届いていない」という意味で用いられます。

    例えば自分の不注意のせいで相手に迷惑をかけてしまった場合のフレーズは「至らない点(注意不足な点)があり、ご迷惑をおかけしました」です。

    謝罪やお詫びを伝える際は「至らない点が多く、ご迷惑をおかけしました」の後に、必ず謝罪のフレーズも付け足すようにしましょう。

    お詫びの際は、以下の例文のように「至らない点」を使ってみましょう。

    <例文>

  • スポンサーリンク

  • 3.「至らない点」の類語表現

    至らない点の類語

    「至らない点」の類語表現には以下の言葉があります。

    ①は「未熟な点」という意味での「至らない点」の類語で、②は「注意不足」という意味の類語です。

    3-1.若輩(じゃくはい)

    「若輩」の意味は、 「経験が浅く未熟であること」です。

    「未熟な者、経験が浅い者」という意味で「若輩者」という言葉が使われることもあります。

    「至らない点があると思いますが」というフレーズを「若輩ですが」と言い換えることができます。

    ただし「若輩ですが」は、実際に未熟で経験が足りないということではなく、ある程度の経験がある人が謙遜の意を込めて使う言葉です。

    そのため入社の挨拶などでは使わない方が良いです。

    では以下の例文で「若輩」の使い方を見てみましょう。

    <例文>

    • 若輩ですが、今後ともどうぞご指導のほどよろしくお願いします。
    • まだまだ若輩でご迷惑をおかけすることもあるかと思いますが、精一杯努力してまいります。

    3-2.配慮不足

    「配慮不足」の意味は 「不注意で気遣いに欠ける様子」です。

    「至らない点」における「注意不足」の意味の類語なので、使う場面は謝罪やお詫びのシーンです。

    ただし「至らない点」と「配慮不足」には以下の違いがあります。

      至らない点 配慮不足
    意味 未熟・注意不足 不注意で気遣いに欠ける様子
    原因 注意不足または未熟であること 単純に不注意であること

    このように「至らない点」は「注意不足」と同時に「未熟」な故、引き起こしてしまった失敗にも使えます。

    一方「配慮不足」を使う際は、単純に不注意であったが故に迷惑をかけてしまったことに対してです。

    では「配慮不足」を使った例文を以下で見ていきましょう。

    <例文>

    • 今回は私の配慮不足で、多大なるご迷惑をおかけしました。申し訳ありませんでした。
    • 配慮不足のために、ご迷惑をおかけしたこと、陳謝いたします。

    4.「至らない点」の英語表現

    至らない点の英語表現
  • スポンサーリンク

  • 4-1.imperfect・inexperienced・one’s fault

    「至らない点」の英語表現には、以下の単語が使えます。

    1. imperfect(完璧ではない、行き届かない)
    2. inexperienced(経験不足な)
    3. one’s fault(○○の責任、至らないところ)

    ①の imperfect や②の inexperienced は「至らない点」の「到達していない点、未熟な点」の意味です。

    ③のone’s fault は「注意不足」のニュアンスです。

    ただし英語表現での謙遜は、あまり頻繁に使いません。

    例えば日本では「まだまだ未熟で」と言えば、謙遜表現として捉えられますが、英語では時に 「本当に経験がなく頼りない」と勘違いされることもあります

    では以下で、それぞれの単語を用いた例文を確認してみましょう。

    <例文>

    • I am still imperfect, but I’ll do my best.
      至らない点もありますが、全力で頑張ります。)
    • She is inexperienced in this field, but she will catch up soon.
      (彼女はまだ未熟で至らない点もあるかと思いますが、すぐに慣れてくれるはずです。)
    • I am deeply sorry about this time. That was my fault.
      (今回の件は、私の至らない点が原因です。大変申し訳ありませんでした。)

    まとめ

    「至らない点」は 「到達していない点、未熟」「十分行き届いていない点、注意不足」という意味です。

    「至らない点もあると思いますが」と挨拶などを続ける場合は、謙譲表現で控え目な態度を表す言葉です。

    一方「至らない点がありご迷惑おかけしました」のように謝罪で使う際は、自分の「注意不足」や「未熟さ」を反省するニュアンスになります。

    正しい意味や使い方を理解して、相手に不快感を与えないビジネスマナーを心がけましょう。

    ▼こんな記事もよく読まれています▼

    比較してわかった!おすすめの転職エージェントと120%使い倒す活用術

    2019.04.13
  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%
  • 自分に最適な転職サイトを探すなら

    新着記事