「所謂(いわゆる)」の意味とは?読み方から使い方まで徹底解説!

所謂の意味とは ビジネス用語

「所謂(いわゆる)」は「 世にいわれている、世間でいう」を意味があります。

本記事では「所謂」の使い方や漢字の由来、加えて類語や英語表現について解説していきます。

「所謂」の由来を知ることで、ビジネスの場でも正しく使いこなすことができますよ。

1.「所謂」の意味

1-1.世間一般ではという意味

所謂

読み:いわゆる

意味:世にいわれている、世間でいう。

「所謂」の意味「世にいわれている」は 「一般的な」常識を表現する言葉です。

つまり「あの時のイベントって所謂コミケだよね?」が「あの時のイベントって一般的にコミケだよね?」に変わり、「世間的にはあのイベントはコミケって呼びますよね?」といった表現が可能なのです。

「世にいわれている」の意味だけに「独善的な主張ではなく、世間の人が主張している」という細やかな意思表示もできます。

  • スポンサーリンク

  • 2.「いわゆる」と読む由来は?

    2-1.漢文が元々の由来

    「いわゆる」とひらがな表記で正しい意味に気が付くことがあっても、「所謂」と漢字表記となると、読み方を間違えることも多く混乱します。

    それはなぜかというと、「所謂」は日本人になじみが少ない「漢文」が由来の言葉だからです。

    漢文では「所謂」は「謂う所の」と読み、ここでいう「謂う」の意味が「みんながいうところの」を指すのです。

    そして「所謂」が「みんなのいうところ」と変化し、移り変わって「いわゆる」が現在の意味の形になっていきました。

    「いわゆる」そのものについて

    「いわゆる」そのものの読み方ですが、奈良時代ごろに使われていた受け身の助動詞「ゆ」の連体形「ゆる」が、「いう」に繋がり「いわゆる」なった経緯があります。

    つまり「いわゆる」そのものは昔から存在していた、ということです。

  • スポンサーリンク

  • 3.「所謂」の使い方と例文

    3-1.「所謂」+「名詞」を組み合わせて使う

    例えば下記のように、「所謂」+「名詞」を組み合わせて使います。

    • 所謂天才ゲーマー ⇒ 世間でいわれている天才ゲーマー
    • 所謂アーティスト ⇒ 世にいわれているアーティスト
    • 所謂ひきこもり ⇒ 世間でいうひきこもり

    「所謂」を「世間でいわれている」等に置き換えると解りやすいでしょう。

    「説明」+「所謂」+「短くまとめた文章」の場合もあります。

  • スポンサーリンク

  • 3-2.例文

    例文

    仕事せずとも生活できるだけの所謂、独立財産がある。
    ⇒ 仕事せずとも生活できるだけの世間でいわれている、独立財産がある。

    専門教育受けていないのにイラストが巧い彼女は、所謂天性のクリエーターだ。
    ⇒ 専門教育受けていないのにイラストが巧い彼女は、世間でいう天性のクリエーターだ。

    Aさんはとても美人で成績も優秀で、所謂才色兼備な女性である
    ⇒Aさんはとても美人で成績も優秀で、世にいわれる才色兼備な女性である

    3−3.「所謂」を使うときの注意点

    「所謂」を使うときの注意点ですが、 「所謂です」という使い方はしません。

    「所謂です」だと「世にいわれているです」に解釈されてしまい、かなり意味不明な言葉になります。

    また、「所謂」はやろうと思えば多用できるかなり使い易い言葉です。

    ただ、使いやすいからといって多用し過ぎると、小生意気な印象や妙な上から目線の印象を与えてしまいかえって逆効果になってしいます。

    以下は間違った使い方の文例です。

    所謂あのお店の所謂チーズケーキは、所謂インスタ映えを所謂意識しているよ。

    多用すると違和感が出ますよね。

    ビジネスシーンでの「所謂」の多用は信用を下げかねないので、「所謂」を使う際は要注意です。

  • スポンサーリンク

  • 4.「所謂」の類語

    所謂の類語

    本記事ではこの2つの類語をご紹介します。

    この2つの類語を個々に解説していきます。

    類語1.俗にいう

    「俗にいう」の意味は「一般的にいう」「世間的にいう」があり、「所謂」とほぼ同じ意味に使われます。

    ただ「俗」の漢字に良い意味がなく、「俗にいう」は主に 下世話な意味を含む表現に適しています。

    「風俗」の「俗」といえば解りやすいでしょう。

    「俗にいう」と「所謂」は意味が同じでも使い方が違うのです。

    以下は「俗にいう」の例文です。

    例文

    • あの廃墟が俗にいう「幽霊屋敷」と噂がある建物です。
      ⇒ あの廃墟が所謂「幽霊屋敷」と噂がある建物です。
    • 思い返すとあの瞬間が俗にいう 修羅場だったのか?
      ⇒ 思い返すとあの瞬間が所謂 修羅場だったのか?
    • これが俗にいう、接待ゴルフというものでは?
      ⇒ これが所謂、接待ゴルフというものでは?

    意味が同じなので「俗にいう」と「所謂」と置き換えても違和感がないのが解ります。

    類語2.言わば

    「言わば」の意味は「(たとえて)いってみれば」です。

    「所謂」が「世間でいわれている」に対し、「言わば」は具体的なものに例える時に使われます。

    「たとえて」の対象が具体的なものを指すことで、言わばの意味「いってみれば」を強調するのです。

    「言わば」を「所謂」に置き換えると以下のようになります。

    例文

    • 彼女とは言わば家族のような関係を続けている。
      ⇒ 彼女とは所謂家族のような関係を続けている。
    • 彼はまだ中学生であり、言わばひとりで暮すには無謀すぎる。
      ⇒ 彼はまだ中学生であり、所謂ひとりで暮すとは無謀すぎる。
    • あの会社は、言わば業界のレジェンドだ。
      ⇒ あの会社は、所謂業界のレジェンドだ。

    「言わば」の文章を「所謂」に置き換えると少し変ですよね。

    なので、「所謂」は「言わば」に置き換えることは可能であっても、逆は不可能のも有り得るのでシーンによって使い分けも必要なのです。

    5.「所謂」の英語表現

    所謂の英語表現

    ここからは「所謂」の英語表現を解説していきます。

    本記事ではこの2つの英語表現をご紹介します。

    よく使われる「so-called」は表現する際は注意が必要です。

    5-1.so-called

    「so-called」の意味としては「(本当かどうかが疑わしいが)いわゆる」です。

    「所謂」の英語表現でよく使われますが、実は侮蔑的で微妙な意味合いを含みます。

    逆に、そのような意味にしたい時はむしろ最適な表現方法ですよ。

    以下は「so-called」の例文です。

    例文

    • so‐called high society
      ⇒(実際かどうか疑問だが)いわゆる上流社会。
    • so‐called naturalism
      ⇒(本当かどうかがいかがわしいが)いわゆる自然主義。
    • He was a so-called rich aristocrat by birth.
      ⇒彼の生まれは(本当かどうか怪しげだが)いわゆる金持ち貴族だった。

    5-2.what is called 

    「so-called」の意味としては「 〜と呼んでいるもの」です。

    しかし便宜的に「いわゆる」と訳される場合があります。

    「so-called」を避け、賞賛の意味や無難にまとめたいならこの表現がおすすめです。

    ちなみに「what we called」は「我々が〜と呼んでいるもの」を意味します。

    以下は「what is called」の例文です。

    例文

    • My boyfriend is what is called a grown-up baby.
      ⇒ 私の彼氏はいわゆる大人の赤ちゃんです。
    • That place is what is called an Otaku’s Holy Land.
      ⇒ その場所はいわゆるオタクの聖地だ。
  • スポンサーリンク

  • まとめ

    「所謂(いわゆる)」とは「 世にいわれている、よくいう」を意味する言葉です。

    ビジネスや日常でも、「しょせん」と読み間違えやすい言葉でもあります。

    もちろん「いわゆる」と「しょせん」では意味が違うので、間違えずに使うことが必要です。

    正しい意味と読み方を把握し、社会人として少しでもスマートに立ち振る舞いましょう。

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%