【1分でわかる】「懐疑的」の正しい意味と用法を徹底解説!

懐疑的の意味とは ビジネス用語

「懐疑的」という言葉の正確な意味や、用法をお調べですね。

テレビやニュースなどでよく目にする機会が多いですが、難解な言葉ですので、正確な意味がわからないと思います。

「懐疑的」とは、 物事の意味や価値に対して、否定的な考えを持っている状態を指す言葉です。

本記事では、そんな「懐疑的」の詳しい意味や使い方について、例文を踏まえながらわかりやすく解説していきます。

ビジネス文章表現、プレゼンテーションなどの場面で使われることも多いので、この機会に使いこなせるようしてしまいましょう。

「懐疑的」
一覧表

忙しい人のために「懐疑的」の一覧表を用意しました。

▼各項目をクリックすると詳しい解説を読むことができます。

意味 ①物事に対して疑いを抱くこと
十分な根拠がないため、判断を注視していること
正しい用法 主に、物事に否定的な時に使われる
表現例 ・懐疑的な人
・懐疑的な見方
・懐疑的思考  など
類語 ・疑い深い
・用心深い
・邪推深い
・猜疑的  など
反対語 ・盲信的
・妄信的
・確信的
英語表現 sceptical など

1.「懐疑的」の正確な意味

懐疑的の意味

「懐疑的」の懐疑とは二つの意味があります。

1.物事に対して疑いを抱くこと

2.十分な根拠がないため、判断を注視していること

つまり、「懐疑的」とは 「相手の発言や物事に対して、怪しいと疑っている状態」を意味する言葉になります。

用語解説の一覧表に戻る

2.「懐疑的」の正しい用法

「懐疑的」は、疑いを持っている状態と説明しました。

疑っているということは、言い換えれば否定的な意見を持っている、とも捉える事が出来ます。

そのため、「懐疑的」は物事に否定的な時に使われることが多 です。

たとえば「懐疑的」以下のような使い方ができます。

例1)
相当な人気があるようですが、私は○○選手の実力には甚だ懐疑的です。

例2)
ずいぶんと販売好調のようですが、私はこのA商品の機能、コスパ、使いやすさなどについて懐疑的な見方をしています。

例3) 
新薬であるB薬の効能は認めますが、「副作用がほとんどない」ということに関してはいささか懐疑的です。

何かポジティブな事実(人気がある、販売好調、効能がある)に対して、「ちょっと待てよ」「このあたりはどうなの?」という見方から疑いを持つこと、これが「懐疑的」の意味です。

文章の前後の意味合いを理解し、「懐疑的」を使用することが重要です。

用語解説の一覧表に戻る

  • スポンサーリンク

  • 3.「懐疑的」を使った表現の例

    懐疑的の表現の例

    「懐疑的」は以下のような表現で使われることが多いです。

    これらは「懐疑的」とセットで使われることが多いので、使い方を確認しておくと良いでしょう。

    では、順番に確認していきます。

    3 -1. 「懐疑的な人」とは?

    「懐疑的な人」とはどのような人でしょうか?

    以下のような性格の方が「懐疑的な人」です。

    • 警戒心が強い
    • 疑り深い、すぐに人や物事を信用しない
    • 自分に自信があり、こうと思ったことを曲げない

    つまり「懐疑的な人」とは、 慎重に物事を考えられる人とのこと を指しています。

  • スポンサーリンク

  • 3 -2. 「懐疑的な見方」とは?

    新聞紙上などで「○○氏はこの件について懐疑的な見方をしている」というコメントを目にします。

    例) 「オープン戦の成績からは、○○選手の公式戦の活躍には懐疑的な見方をしている」

    現在の事実からすると、 期待されたことに対して額面通り受け取れるか疑わしい方向にある、という意味です。

    3 -3. 「懐疑的思考」とは?

    「懐疑的思考」とは、 ある事象に対して、裏付けを取る、定量化する、見方が偏っていないか振り返ってみる、反証出来る可能性を探るといった思考方法をいいます。上記の一般社会における「懐疑的な見方」とはやや異なります。

    上の文章を、わかりやすい具体例で説明しましょう。

    例えば、会議などで意見が賛成に動いている時に、「ちょっと待てよ、本当に正しいの?」と待ったをかけられる考え方こそが、懐疑的思考の分かりやすい例ですね。

    研究開発などの分野では、こういった「懐疑的思考」が求められます。

    大方の人がそのままスルーすることに、疑いを持つことは発想としてとても重要です。

    用語解説の一覧表に戻る

  • スポンサーリンク

  • 4.「懐疑的」の同義語、類義語

    懐疑的の同義語、類義語

    「懐疑的」の同義語や類義語にはどんなものがあるでしょうか?

    • 疑い深い
    • 用心深い
    • 邪推深い
    • 猜疑的

    「疑い深い」は、「懐疑的」の意味にかなり近いですが、 疑いの気持ちが少し強いニュアンスです。

    例) 「君は疑い深い人だなあ。もう少し僕を信用してくれよ」

    「用心深い」は、意味合いとして ポジティブな意味で使われることが多い です。

    ある面だけではなく、多方面からの事象を想定をするイメージです。

    例) 「台風に備え、用心深く用意周到な準備ができていますね。」

    「邪推深い」「猜疑」は「懐疑的」よりもさらにネガティブなイメージが強くなります。

    「邪推深い」は 疑いをさらに通り越し、人や事実に対してネガティブな推測をしてしまうこと をいいます。

    例) 「大相撲で七勝七敗の力士が千秋楽での勝率が良いことは、何かあるのでは?と邪推してしまいます。」

    「猜疑」は単語として似ていますが、「懐疑的」よりもネガティブなイメージが強い言葉です。

    「懐疑的」はある事象が正しいことであると判断するために疑うポジティブイメージも持ちます。

    しかし「猜疑」は、 あらぬ疑いをかける、ある事象をネガティブに膨らませる といった意味合いが強くなります。

    例) 「そんなことまで疑うのですか?あなたは猜疑心のかたまりですね。」

    用語解説の一覧表に戻る

    5.「懐疑的」の反対語

    懐疑的の反対語

    では「懐疑的」の反対語は何でしょうか?

    「疑う」の反対語は「信じる」ですから、「信」の入った単語がならびます。

    たとえば、「盲信的」「妄信的」「確信的」などが「懐疑的」の反対語として あげられます。

    「盲信的」は、 自分の判断余地をはさまず、そのまま人や事象を信じてしまうこと です。

    例) 「君のこのスピーカーに対する思い入れは、はたから見れば盲信的といえるでしょう。」

    「妄信的」は 「盲信的」よりもさらにむやみに、また訳もわからず信じてしまう意味合いです。

    例) 「あの評論家のコメントを妄信することは、大変危険です。」

    「確信的」はかなりポジティブな意味を持ちます。

    ある事象に関して、これが正しいと自分に自信があり、揺るがないさま を表します。

    例) 「最終セットのあのゲームを取ったことで、ほぼ勝利を確信しました。」

    用語解説の一覧表に戻る

  • スポンサーリンク

  • 6.「懐疑的」を英語で表現すると?

    懐疑的の英語表現

    「懐疑的」を英語ではどのように表現するでしょうか?

    sceptical」「 skeptical」(おもに英国で)」という単語が「懐疑的な」にぴったり当てはまる形容詞です

    例)He is a sceptical person. 彼は懐疑的な人です。

    これらの語尾に「ly」をつければ、 sceptically 「懐疑的に」という副詞になります。

    「疑う」は「doubt」ですが、「懐疑的」のニュアンスを表現したければ、上記がよいでしょう。

    また「 take a dim view of」という言い方もあります。

    例) My mother takes a dim view of my girl friend. 母は僕のガールフレンドをよく思っていないのです。

    まとめ

    やや難しいイメージのある「懐疑的」という言葉ですが、状況に応じ、使いこなしましょう。

    レポートなどの文章作成をする場面、スピーチをする場面、プレゼンテーションをする場面、この言葉を使う機会は意外と出てくると思います。

    前後の文脈、表現、意味合いをしっかり把握し、適切なタイミングで使うことが肝心です

    あなたの表現能力の幅が広がり、相手も従来よりさらにイメージアップした印象を持つことは間違いありません。

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%