「傀儡」の読みは?意味や使い方、類語や英語例文付きで詳しく解説

傀儡の意味とは ビジネス用語

「傀儡」は「かいらい」もしくは「くぐつ」と読みます。

意味は「操り人形」「操られて言いなりになる人」です。

傀儡政権(かいらいせいけん)といった熟語は学校の授業で出たり、また、映画やゲームのタイトルなどにも「傀儡」は使われています。

この記事では、意味や読み方だけではなく、由来や語源、使い方、類語、英語表現など詳しく解説します。

ぜひ参考にしてみてください。

1.「傀儡」の意味

1-1.意味は「操り人形」「操られて言いなりになる人」

傀儡

読み:かいらい、くぐつ

  1. 操り人形
  2. 操られて言いなりになる人

「傀儡」の元々の意味は、「操り人形」です。

「操られて言いなりになる人」をたとえるのに「傀儡」が使われ、その比喩の意味ももつようになりました。

  • スポンサーリンク

  • 1-2.読み方は「かいらい」「くぐつ」

    「傀儡」の読みは、「かいらい」が一般的ですが、「くぐつ」という訓読みが使われるケースもあります。

    日本で「操り人形」のことを呼んでいた「くぐつ」が「傀儡」に当てられて、今でも「くぐつ」が傀儡の訓読みと位置づけられています。

    「傀」「儡」それぞれの漢字の意味をみてみましょう。

    • 「傀」:操り人形、木偶(でく)、大きな
    • 「儡」:操り人形、木偶(でく)、疲れる

    「傀儡」の「傀」には大きななどの意味が、また、「儡」には疲れるなどの意味がありますが、いずれの漢字もそれ自体で「操り人形」の意味があります。

    1-3.「傀儡」の由来・語源

    中国語では「傀儡」をクゥ(ェ)イ レェィなどと発音しますが、 もともと「傀儡」は中国語で「操り人形」のことを指していました。

    その「傀儡」という漢字が日本に伝わり、平安時代以降、木で作った人形(木偶(でく))を操つる芸人が存在しました。

    その芸人たちは、「傀儡回し(くぐつまわし)」「傀儡師(かいらいし、くぐつし)」と呼ばれ、彼らの旅とともに「傀儡」という言葉も一般化していきました。

  • スポンサーリンク

  • 2.「傀儡」の使い方と例文

    「傀儡」の使い方を、以下3つのケースごとに例文もつけて解説します。

    1. 操られて言いなりになる人
    2. 傀儡政権、傀儡国家
    3. 傀儡師(くぐつし、かいらいし)

    「操られて言いなりになる人」の意味での「傀儡」の使い方から順に解説します。

    2-1.操られて言いなりになる人

    元々「操り人形」の意味でしたが、 「操られて言いなりになる人」といった意味で「傀儡」は一般的に使われています。

    以下に、「操られて言いなりになる人」の意味での「傀儡」を使った例文をあげます。

    <例文>

    • 会長の社長時代の経営術を、私は踏襲しているのであり、会長の傀儡になっているわけではない
    • 組織の歯車となり、また、傀儡と化すことになるのであれば、その肩書きには就きたくない
  • スポンサーリンク

  • 2-2.傀儡政権、傀儡国家

    「傀儡政権」「傀儡国家」とは、「かいらいせいけん」「かいらいこっか」と読みます。

    表面上は独立した政権・国家の体をなしているものの、実際には、他国など他の勢力に操られ、その影響下にある政権・国家のことです。

    以下に、「傀儡政権」「傀儡国家」を使った例文をあげます。

    <例文>

    • 終戦後、占領軍はその地に傀儡国家を建国しようと試みたが、内外から反発され、失敗に終わった
    • 侵略や植民地化という事実を隠すための手段として、何の権力ももたない現地人による傀儡政権を樹立される

    2-3.傀儡師(くぐつし、かいらいし)

    日本の伝統芸能には、人形芝居や人形浄瑠璃 文楽など、操り人形を使ったものが現代も息づいています。

    人形浄瑠璃 文楽の成立ちは江戸時代初期のあやつり人形からですが、そのまた源流として、平安時代以降の傀儡師(くぐつし、かいらいし)が位置づけらています。

    傀儡子は、木で作った人形(木偶(でく))を操ったりなどして流浪する旅芸人で、「日本で初めての職業芸能人」といわれています。

  • スポンサーリンク

  • 3.「傀儡」の類語と言い換え表現

    「傀儡」の類語として、4つあげて、それぞれ解説します。

    1. 木偶(でく)
    2. 手先(てさき)
    3. 手下(てか)
    4. 唯々諾々(いいだくだく)

    類語を知ることで、意味を把握しやすくなり、語彙力の幅も広がりますよ。

    類語1.木偶(でく)

    木偶

    読み:でく

    1. 木彫りの人形、人形
    2. 操り人形、くぐつ
    3. 役に立たない人、木偶の坊(でくのぼう)

    「木偶」は、木彫りの人形、操り人形のことで、「傀儡」の同義語です。

    「くぐつ」と同じように、「木偶(でく)」を、中国から伝わった漢字「傀儡」に当てて、「でく」を訓読みとする場合もあります。

    (操り)人形の意味で「木偶」と「傀儡」は同じ意味で置き換えも可能です。

    ただし「傀儡」の「操られて言いなりになる人」の意味では、そのまま「木偶」に置き換えることには注意が必要です。

    役に立たない人のことを「木偶の坊(でくのぼう)」と呼ぶように、「木偶」には、そのような人を、ののしるときに使われます。

    <例文>

    • あの政治家は自分の言葉での発言もできず、木偶の坊でしかない
    • あいつは本当に役立たずな奴で、木偶の坊としか表現のしようがない
  • スポンサーリンク

  • 類語2.手先(てさき)

    手先

    読み:てさき

    意味:操られて言いなりになる人

    「手先」には、”手先が器用”といった指先の意味の他に、「操られて言いなりになる人」の意味があります。

    「操られて言いなりになる人」の意味において、「傀儡」と「手先」は同じ意味で、言い換えも可能です。

    ただし、「傀儡」がよく使われる「傀儡政権」「傀儡国家」といった熟語では、「手先」に置き換えることはできないので、注意が必要です。

    <例文>

    • オレオレ詐欺で逮捕されるのは使い走りの手先ばかりで、黒幕は捕まらない

    類語3.手下(てか)

    手下

    読み:てか、てした

    意味:操られて言いなりになる人

    「手下」は「てした、てか」と読み、「操られて言いなりになる人」の意味で「傀儡」と同じ意味をもちます。

    やはり、「傀儡政権」「傀儡国家」といった熟語においては、「傀儡」を「手下」に置き換えることはできないので、注意が必要です。

    <例文>

    • 手下の多さが、その暴力団の勢力を表している

    類語4.唯々諾々(いいだくだく)

    唯々諾々

    読み:いいだくだく

    意味:何事にもハイハイと従う、他人の言いなりになる

    「何事にもハイハイと従う」「他人の言いなりになる」といった、イエスマンのことを表すのに「唯々諾々」が使われます。

    「支配者の傀儡になる」は、「支配者に唯々諾々とする」といった言い回しに置き換えることができます。

    <例文>

    • 会長の社長時代の経営術を、私は踏襲しているのであり、会長の言葉に唯々諾々としている訳ではない

    続いては、「傀儡」の対義語を解説します。

    4.「傀儡」の対義語

    名詞である「傀儡」に、厳密な意味での対義語はありません。

    「傀儡」の「操られて言いなりになる」の反対の意味として、「イエスマンではない」「言いなりにはならない」の意味をあげることができます。

    以下3つが「傀儡」の対義語です。

    1. 公平無私(こうへいむし)
    2. 不承不承(ふしょうぶしょう)
    3. 是々非々(ぜぜひひ)

    それでは、1つずつ解説していきます。

    対義語1.公平無私(こうへいむし)

    公平無私

    読み:こうへいむし

    意味:感情や私的な利益に左右されず、物事を公平に進めようとする態度

    支配者や黒幕に操られ「傀儡になる」のとは違い、自らの判断で物事をすすめるにも、いくつかの判断基準のレベルが存在します。

    その 自らで進める判断基準のレベルの中で、「物事を公平に勧めようとする態度」を「公平無私」と表します。

    <例文>

    • オーナーの言いなりになるのではなく、私は店長として公正無私の判断で、お店をここまで成長させた

    対義語2.不承不承(ふしょうぶしょう)

    不承不承

    読み:ふしょうぶしょう

    意味:言いなりになるのではなく、気が進まないことを表し、いやいや承知すること

    「操られて言いなりになる」のではく、気が進まないことを表し、いやいや承知する」ことを、「不承不承」といいます。

    結果としては、言われたとおりのことをするにしても、「不承不承」は言いなりになっているのではなく、ささやかながらも反抗の気持ちを示しています。

    <例文>

    • 私の企画には自信をもっていたが、オーナーから提案があり、不承不承ながら賛同することにした

    対義語3.是々非々(ぜぜひひ)

    是々非々

    読み:ぜぜひひ

    意味:良いことは良い、悪いことは悪いと公平な立場で自ら判断すること

    昨今、国会答弁にも登場する「是々非々」を解説します。

    支配者や黒幕に操られ「傀儡になる」のとは違い、「良いことは良い、悪いことは悪いと公平な立場で自ら判断すること」を「是々非々」と表します。

    <例文>

    • 間違っていると判断したら、たとえ相手がオーナーであっても、意見をいえる彼女は、是々非々がはっきりしている

    5.「傀儡」の英語表現と例文

    「傀儡」の「操られて言いなりになる人」の意味に近い英語表現を紹介します。

    • puppet
    • be controlled by~
    • be one’s pet
    • be tied to ~

    英語1.「puppet」

    「操り人形」を表す英語には、パペット(puppet)やマリオネット(marionette)などがあります。

    そのうち、 傀儡政権(puppet government、puppet regime)といった使い方ができることも含め、「傀儡」の英訳としては、「puppet」がよく当てはまります。

    <例文>

    • They tried  to set up a puppet government there.

    (この地に傀儡政権を樹立しようとした)

    英語2.「be controlled by~」

    「操られて言いなりになる人」といった「傀儡」の意味に近いものとして、「be controlled by~」(~の制御される)をあげることができます。

    <例文>

    • He is a person who cannot be controlled by others.

    (彼は、誰の言うことも聞かない。皆、彼をもてあましている。)

    英語3.「be one’s pet」

    「be one’s pet」(〇〇さんのペットになる)も、「操られて言いなりになる人」といった「傀儡」の意味に近い英語です。

    ただし、あまり上品ではないので、使い方には注意が必要です。

    <例文>

    • He is a your pet. You pull the strings behind the scenes.

    (彼はあなたの傀儡だ。あなたが陰で糸を引いている。)

    英語4.「be tied to ~」

    「be tied to ~」(~に結び付けられている)の表現も、「操られて言いなりになる人」といった「傀儡」の意味に近い英語です。

    ただし、以下の例文にもみられるように、日本語訳として「傀儡になる」は当てはまらないことも多いので、訳すときには注意が必要です。

    <例文>

    • He is tied to his wife’s apron-strings.

    (彼はかみさんの尻に敷かれている)

    まとめ

    「傀儡」は「かいらい」「くぐつ」と読みます。

    意味は「操り人形」「操られて言いなりになる人」などあまりいい意味ではありません。

    日常ではあまり使わない言葉ですが、何かの機会に出てきたときに読み方や意味がわかると、物知りだと思ってもらえますよ。

    今回紹介した類語の「木偶」や「手先」などと合わせて覚えておくと忘れにくいですよ。

    「傀儡」を正しく使っていきましょう。

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%
  • 自分に最適な転職サイトを探すなら

    新着記事