「可及的速やかに」の意味とは?マナー違反にならない使い方を紹介

可及的速やかにの意味とは ビジネス用語

「可及的速やかに」とは、『かきゅうてきすみやかに』と読み、『できるだけ速く』という意味があります。

例えば 『可及的速やかに仕事を終わらせます』という使い方をします。

契約書などで見かける言葉ですが、意味を知らないと「どうしたらいいのか?」「どこまで急げばいいのか?」と不安になります。

そこで今回は、「可及的速やかに」の詳しい意味や、使い方をわかりやすく解説します。

知らなくて恥をかかないよう、ぜひ参考にしてください。

1.「可及的速やかに」の本来の意味

「可及的速やかに」は、「可及的」と「速やかに」の2つの言葉が組み合わさり、 できるだけ早くという意味を持った言葉です

「可及的」=できるだけ、できる限り
「速やかに」=速く
「可及的速やかに」=できる限り早く

とても堅い文章なので、 使用される場所は医療現場や官公庁、法律関係の契約書などの格式ばった場面が多いです。

1-1. 「可及的速やかに」の可及的とは?

可及的とは 漢文表現「可レ及」から生まれた言葉です

「可レ及」は、訓読みすると、「及ぶ可く(およぶべく)」と読みます。

「及ぶ可く」とは、「力を及ぼし発揮することが可能である」という意味があります。

また「可及的」は単体でも辞書にのっていますが、「速やかに」と組み合わせて使う場合がほとんどです。

単体では利用されないので、「速やかに」とセットで覚えておきましょう。

  • スポンサーリンク

  • 1-2. どれくらい緊急性があるのか?

    「可及的速やかに」と言われたときは「 他の用事を差し置いて優先して取り掛かるべきもの」 として扱った方がよいでしょう

    なぜなら、「可及的に速やかに」には、普段は踏む手順を飛ばしても構わない」という意味もあるからです。

    ただし、どうしても他に優先するべきものがあった場合は考慮されることもあり、そういった場合は相手と連絡をとるなどで確認をしましょう。

    2.「可及的速やかに」の使い方と例文

    「可及的速やかに」は「可能な限り急いで」「他の用事を置いておいて、早めに」という意味があり、自分自身の行動に使われます。

    実際に使うならば、以下のようになるでしょう。

    • このクレームには可及的速やかに、対応してください。
    • この件に関しては、可及的速やかに結論を出します。
    • 納期に間に合うように、可及的速やかに取り掛かりましょう。
    • 問題があれば、可及的速やかに上司に報告しましょう。

    このときに 大事なポイントは、「自分」もしくは「自分側(会社、団体)」に使うということです。

    例えば、目上の人に「可及的速やかに対処してください」という風に急かすために使うことは、マナー違反になります。

    あくまで、「自分が誠意をもって急いでことを進める」という意味か「自分側の部下、同僚、スタッフへの要求」に使う言葉のため、他人や目上の人に利用することは避けましょう。

  • スポンサーリンク

  • 丁寧語、尊敬語について

    よく間違うところですが、「可及的速やかに」は非常に強い言い回しで威圧的な言葉なので、 目上の人に使用することはマナー違反になります

    丁寧語や尊敬語を使うような相手には、「急ぎの要求」をすることは不適切でしょう。

    この言葉は目上の人より、「自分側の人間」に使うようにしましょう。

    3.「可及的速やかに」の類義語・対義語

    「可及的速やかに」は硬い言葉なので、使う場面が限定されてしまいます。

    そのため、言い換え表現も知っておくと便利なので紹介します。

  • スポンサーリンク

  • 「可及的速やかに」の類義語

    その言葉に似た類義語は以下の通りです。

    • 大至急(だいしきゅう)又は至急(しきゅう):できるだけ急いで
    • 迅速に(じんそくに):急いで、非常に早く
    • 早急に(さっきゅう・そうきゅうに):とても早く
    • 直ちに(ただちに):すぐに

    「迅速に」「早急に」は、 「できる限り」といった意味はないですが、どちらも『非常に早い』という意味があります。

    「大至急」「至急」

    「大至急」や「至急」は、 相手にお願いをする場面でも使えます

    例えば、「大至急、対処をお願い致します。」といったように、相手に「急いで対処をしてほしい」という要求を伝えることができます。

    「可及的速やかに」を使うと、威圧的だと思われることが多いので、こちらの相手にお願いをするときは、「至急」「大至急」を使うようにしましょう。

    「迅速に」「早急に」

    「迅速に」や「早急に」は、 目上の人や丁寧な言葉にも使えます

    例えば、「ご迅速な対応、有難うございます。」「早急なご連絡感謝申し上げます。」と言ったように、相手にお礼を言うメールなどでよく見かけるでしょう。

    この場合、「相手の早い対応に感謝している」という意味の丁寧語なので、敬語に使っても問題はありません。

    「直ちに」

    「直ちに」は、 「可及的速やかに」よりも強い表現です

    そのため、「可及的速やかに」同様、尊敬語で使われることもありません。

    この言葉は、契約書で使われる場合が多く、「可及的速やかに」には罰則的な意味はありませんが、「直ちに」は罰則がつくことが多く、非常に強い命令的な言葉なのです。

    3₋2.「可及的速やかに」の対義語

    「可及的速やかに」の対義語は以下の通りです。

    • 不急(ふきゅう):急ぎではない
    • 不要不急(ふようふきゅう):急ぎではない、今すぐしなくてもよい

    また、 使い慣れた言葉ならば、「そのうち」「いつでも」「時間があれば」なども対義語になります。

    「時間があったときに取り掛かってくれたらいい」といった表現をすると、「可及的速やかに」とは逆の意味になります。

  • スポンサーリンク

  • 4.「可及的速やかに」の英語表記は?

    「可及的速やかに」を英語表記すると「 as soon as possibleとなります

    possible」は、自分が可能な限り」という意味があり、「as soon as」と組み合わせると「できるだけ早く」という意味になります。

    例文
    The Governor promised to take account of our petition, and to reconsider the plan as soon as possible.
    (知事は、私たちの陳情書の意図を組んで、可及的速やかにその計画を再考すると約束してくれた。)

    例文
    The card registrant can thereby acquire the use information of the card as soon as possible.(カードの利用情報を可及的速やかにカード登録者が入手できる。)

    まとめ

    「可及的速やかに」の意味や使い方を紹介しました。

    「可及的速やかに」には、『できる限り急いで』という意味があります。

    主に契約書などで見かけることも多い言葉なので、意味をよく知っておくと便利な言葉です。

    また、目上の人に頼むとマナー違反だと思われることも多いため、代替する言葉も覚えておくとよいでしょう。

  • 1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス

    4. 現在の年齢は?

    5. こだわり条件

    最適度0%