「ありがとう」だけじゃない!ビジネスの場で使える「感謝の言葉」

感謝の言葉の例文 ビジネス用語

感謝の言葉といえば、やはり「ありがとう」ですよね。

社会人になって人に感謝の気持ちを伝える機会が増え、毎日のように「ありがとうございます」という言葉を口にするという人も少なくないでしょう。

しかし、感謝の言葉は「ありがとう」だけではありません。

今回はビジネスシーンでよく使われる感謝の言葉を一挙ご紹介します。

様々な感謝の言葉をマスターして、一人前の社会人になりましょう。

スポンサーリンク

1.話し言葉で使える感謝の言葉一覧

まずは話し言葉で使うことができる感謝の言葉を4つご紹介します。

  1. ありがとうございます
  2. お世話になりました
  3. おかげさまで助かりました
  4. これはこれはご丁寧に・・・

以下に挙げる言葉を覚えておけば、とっさに感謝の言葉を口に出さなければならない場面でも、難なく対応することができますよ。

1-1.「ありがとうございます」

ありがとうございます

感謝の気持ちを伝える「ありがとう」をより丁寧に言う表現。

「ありがとうございます」は、 「ありがとう」に「ある」の丁寧な言い方である「ございます」を付けて、より丁寧に感謝の気持ちを表す言葉です。

気兼ねなく付き合える同僚や部下には「ありがとう」と言えば十分ですが、 上司はもちろん、目上の人や取引先の方には「ありがとうございます」と丁寧に感謝の気持ちを伝えましょう。

「ありがとう」は「滅多にないこと」を意味する「有り難し」が語源の言葉であると考えられています。

メールの文面などで「有り難うございます」と漢字に変換する人もいますが、「ありがとう」は今ではひらがな表記をすることが一般的になっています。

スポンサーリンク

1-2.「お世話になりました」

お世話になりました

読み:おせわになりました

手助けを得たことについて感謝の気持ちを伝える「世話になった」をより丁寧に言う表現。

「お世話になりました」は、 「世話」すなわち手助けを得たことに対する感謝の気持ちをより丁寧に伝えるための表現です。

人事異動などでこれまでお世話になった上司と離れたり、今まで取引していた他の会社の担当の人が他の人に代わったりするときなどに用いられます。

1-3.「おかげさまで助かりました」

おかげさまで助かりました

読み:おかげさまでたすかりました

相手から支援を受けたり親切にされたりしたことによって、自分にとって良い結果を得られたということをより丁寧に伝えることができる表現。

「おかげさまで助かりました」は、 他人から受けた助力や親切に対して感謝の意を込めていう言葉である「おかげさま」に自分が「助かった」という結果の報告を付け加えて、より丁寧に感謝の気持ちを伝える表現です。

「おかげさま」は漢字では「お蔭様」や「お陰様」と書かれることが多いですが、「蔭」も「陰」も「神仏の影」を意味します。

メールの文面などで「お蔭様」や「お陰様」と表記する人もいますが、今ではひらがな表記が一般的になっているので、「おかげさま」と表記するのが無難です。

また、「おかげさまで」を省略して「助かりました」とだけ言う人もいますが、人によっては無礼であると捉えられてしまうかもしれません。

上司などの目上の人には、「おかげさまで」を省略せずに「おかげさまで助かりました」と言いましょう。

1-4.「これはこれはご丁寧に…」

これはこれはご丁寧に…

読み:これはこれはごていねいに…

真心を込めて自分に何かをしてくれた相手に対してより丁寧に感謝の気持ちを伝える表現。

「これはこれはご丁寧に…」は、 「これは」という感嘆詞を2つ重ねた上に、「ご丁寧に」と相手が自分に真心を尽くしてくれたことに対する感謝を表す言葉をつなげ、より丁寧に感謝の気持ちを伝える表現です。

一般的には、「これはこれはご丁寧に…」の後には「どうもありがとうございます」や「〇〇をしていただいて…」という感謝の言葉が続きます。

場合によっては、「これはこれはご丁寧に…」とだけ言って、残りの言葉を濁すこともあります。

スポンサーリンク

2.ビジネスシーンで多用される感謝の言葉一覧

  • 恐縮です
  • お気遣い痛み入ります
  • 感謝の言葉もございません
  • 拝謝申し上げます
  • お礼申し上げます
  • 何とお礼を言って良いのかわかりません
  • お気遣い嬉しく存じます

続いて、ビジネスシーンで多用される感謝の言葉を紹介します。

2-1.目上の人に使いたい感謝の言葉

ビジネスシーンに限らず、どのような場合でも相手に失礼の無い言葉を選びたいものですよね。

ここでは、目上の人に使いたい感謝の言葉をご紹介します。

「恐縮です」

恐縮です

読み:きょうしゅくです

身も縮むほど恐れ入っていることを伝え、相手への感謝の気持ちを表す。

「恐縮」とは、本来「恐れるあまり身がすくむこと」を意味する言葉です。

「恐縮です」は、 相手から褒められるなどして「恐縮」すなわち「身も縮むほど恐れ入った」という自分の状態を伝えることによって、相手への感謝の気持ちを丁寧に伝える表現です。

<例文>

  • お褒めの言葉をいただき、恐縮です

「お気遣い痛み入ります」

お気遣い痛み入ります

読み:おきづかいいたみいります

あれこれと気をつかってもらったことについて恐縮していることを伝え、相手に感謝の気持ちを伝える表現。

「お気遣い痛み入ります」は、 相手が自分のために何かと気を配ってくれたことについて、感謝のあまり身が縮こまるような思いをしていると伝えることで、相手への感謝の気持ちを丁寧に伝える表現です。

「恐縮」よりも更に丁寧な表現なので、心を込めて上司に感謝の気持ちを伝えたいときに使うと良いでしょう。

<例文>

  • いつもフォローをしてくださってありがとうございます。お気遣い痛み入ります

2-2.丁寧な表現として使われる感謝の言葉

ビジネスの場では、メールや手紙などの文書によって感謝の気持ちを伝えるということも多いですよね。

文書で感謝の気持ちを伝える場合、表情を相手に伝えることができないので、より丁寧に相手に感謝の気持ちを表すことができる言葉を使うことが求められます。

文書にも使うことができる、より丁寧な感謝の言葉には以下のようなものがあります。

「感謝の言葉もございません」

感謝の言葉もございません

読み:かんしゃのことばもございません

感謝の度合いが深すぎてうまく言い表せる言葉が見つからない、もしくは、感謝のあまりに言葉もないという最上級の感謝の表現。

「感謝の言葉もございません」は、 あまりにも深く感謝しているために、その気持ちをうまく表現できないと素直に伝えることによって、相手に最上級の感謝の気持ちを伝える表現です。

似たような表現としては、「感謝のあまり、言葉がございません」や「お礼の申し上げようもございません」といったものもあります。

<例文>

  • 飛行機の手配までしていただき、感謝の言葉もございません

「拝謝申し上げます」

拝謝申し上げます

読み:はいしゃもうしあげます

へりくだって感謝の言葉を伝える表現。

「拝謝申し上げます」は、 礼を言うことの謙譲表現である「拝謝」と言うことの謙譲表現である「申し上げる」を組み合わせることで、よりへりくだって相手への感謝の気持ちを伝える表現です。

取引先の会社などにメールや手紙で感謝の気持ちを伝える際によく用いられます。

<例文>

  • のご厚情に拝謝申し上げます

「お礼申し上げます」

お礼申し上げます

読み:おれいもうしあげます

「お礼を言う」の謙譲表現。

「お礼申し上げます」は、 「お礼を言う」をへりくだって言う表現です。

頭に「重ねて」を付けて「重ねてお礼申し上げます」と言ったり、接続詞の「を」付け足して「お礼を申し上げます」と言ったりすることもあります。

こちらもビジネス文書でよく用いられる表現です。

<例文>

  • 平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。

「何とお礼を言って良いのかわかりません」

何とお礼を言って良いのかわかりません

読み:なんとおれいをいってよいのかわかりません

感謝の度合いが深すぎてうまく言い表せる言葉が見つからない、もしくは、感謝のあまりに言葉もないという感謝の気持ちを伝える表現。

「何とお礼を言って良いのかわかりません」は、 感謝のあまり言葉に表すことができない、もしくは、うまく言葉が出てこないということを伝えることによって、深い感謝の気持ちを伝える表現です。

先に紹介した「感謝の言葉もございません」よりも少しやわらかい表現となっています。

<例文>

  • 私のために様々な拝領をしてくださいまして、何とお礼を言って良いのかわかりません

「お気遣い嬉しく存じます」

お気遣い嬉しく存じます

読み:おきづかいうれしくぞんじます

相手が自分に気をつかってくれたことを嬉しく思う気持ちを伝え、感謝の気持ちを伝える表現。

「お気遣い嬉しく存じます」は、 相手が自分のために色々と気を配ってくれたことについて嬉しく思っていることを素直に伝えることによって、丁寧に感謝の気持ちを伝える表現です。

「存じます」は「思っている」ということをへりくだって丁寧に伝えるための表現なので、相手への感謝の気持ちをより深く伝えることができますよ。

<例文>

  • お部屋までご用意してくださいまして、お気遣い嬉しく存じます

スポンサーリンク

3.ビジネスシーンで「感謝の言葉」を使う場面と例文

では、ビジネスシーンでは実際にどのような場面でどのような感謝の言葉を使うべきかを具体的に紹介していきます。

場面1.親切にしてもらったとき


お気遣いありがとうございますおかげさまで助かりました

ビジネスの場では、上司や取引先の方に親切にしてもらう機会も多いでしょう。

そのような場合にふさわしい感謝の言葉が自然に使えると良いですね。

例文のように 2つの感謝の言葉を重ねると、相手への感謝の気持ちをより深く伝えることができますよ。

場面2.心配してもらったとき


体調に問題はありません。お気遣い嬉しく存じます

浮かない顔をしていたら、周囲の人が心配して声をかけてくれたという経験をした人もいるでしょう。

そのようなときは、ニコッと微笑んで心配をしてくれた人に感謝の気持ちを伝えたいですね。

特に上司や取引先の会社の人などに心配されたときに、自分に問題は何もないことを伝えた上で「お気遣い嬉しく存じます」と言うことができたら完璧です。

スポンサーリンク

場面3.取引先の会社の人にお土産をもらったとき


これはこれはご丁寧にどうもありがとうございます

取引先の会社の人からお土産をもらうということは、よくあるシチュエーションです。

「これはこれはご丁寧に…」の後に「どうもありがとうございます」と付け加えれば、よりはっきりと相手に感謝の気持ちを伝えることができます

場面4.手紙やメールで感謝の気持ちを伝えたいとき


先日の件についてご承諾いただき、拝謝申し上げます

手紙やメールなどのビジネス文書では、「拝謝申し上げます」という表現が活躍してくれます。

「拝謝申し上げます」という言葉を使うことで、文書が引き締まった印象になるでしょう。

4.「感謝の言葉」の英語表現一覧

感謝の言葉と英語表現一覧

「感謝の言葉」の英語表現は多く、英語にも日本語と同じように定番の「感謝の言葉」と丁寧な「感謝の言葉」があります。

では、それぞれの表現を順に紹介していきます。

スポンサーリンク

4-1.【定番】「感謝の言葉」の英語表現

定番として使われる「感謝の言葉」の英語表現は、以下のようなものが挙げられます。

  • Thanks.

ありがとう。)

  • Thank you.

ありがとう。)

  • Thank you for

(…をしてくれてありがとう。)

  • Thank you very much.

本当にありがとうございます。)

  • Thank you so much.

本当にありがとうございます。)

4-2.丁寧な「感謝の言葉」の英語表現

ビジネスシーンでも役立つ丁寧な「感謝の言葉」の英語表現は、以下のようなものが挙げられます。

(あなたのサポートに感謝いたします。)

  • I am grateful for your kindness.

(あなたの優しさに感謝いたします。)

  • You’ve been very helpful.

とても助かりました。)

  • Thank you for your concern.

お気遣いに感謝いたします。)

  • Please accept my deepest thanks.

どうか私の深い感謝の気持ちを受け取ってください。)

  • I can’t thank you enough.

感謝の言葉もございません。)

「感謝の言葉」に関する様々な英語表現を覚えてビジネスシーンで役立てましょう。

まとめ

「ありがとうございます」以外にも「感謝の言葉」があります。

その場にふさわしい言い回しを使って、相手に感謝の気持ちを伝えられるようにれば、社会人として1人前と言えるでしょう。

話し言葉で使える「これはこれはご丁寧に…」といった表現から、上司に使いたい「恐縮です」や、より丁寧な「感謝の言葉もございません」といった表現。

更には英語表現まで、様々な「感謝の言葉」をマスターして、ビジネスの場で役立ててくださいね。

  • スポンサーリンク