「怪我の功名」の意味・使い方とは?例文と一緒に類語・英語も紹介!

怪我の功名の意味とは ビジネス用語

「怪我の功名」は、「失敗や過ちなどが、意外にも良い結果をもたらすこと」を意味することわざです。

「功名(こうみょう)」という漢字は日常的に使わないため、「こうめい」と読み間違えている人もいるのではないでしょうか。

使い方が合っていても、読み間違いをした場合、恥ずかしい思いをすることになりますよ。

そこで今回は、「怪我の功名」の意味・使い方を説明し、例文と一緒に類語・英語表現も解説していきます。

「功名(こうみょう)」のよくある変換ミスも紹介しますので、最後までご確認ください。

1.「怪我の功名」の意味:失敗が思わぬ良い結果を生む

怪我の功名

読み:けがのこうみょう

意味:失敗や過ちなどが、意外にも良い結果をもたらすこと

「怪我の功名」は、「悪い物事が良い方向に進展した」時に使用されることわざです。

本来、悪い物事が起きた時には、怒られる・叱られるなどが予想されますが、結果として良い結果をもたらしている様子のため、「予想外である」といった意味も含みます。

1-1.「怪我の功名」の語源・由来は「高名(こうみょう)」

「怪我」と「功名」には、それぞれ以下の由来があります。

  1. 「怪我(けが)」は、「ふとした過ち」
  2. 「功名(こうみょう)」は、「手柄をたてること」

元々「怪我」は、「汚れる・誤る」の意味を持つ「穢(けが)れる」という言葉に由来し、後に当て字として「怪我」が使われています。

また、「功名」は、「手柄を立てる」という意味を持つ「高名(こうみょう)」という言葉に由来し、現代語に直されて「功名」とされているのです。

したがって、「怪我の功名」は、「ふとした過ちが手柄を立てること」を指します。

  • スポンサーリンク

  • 2.「怪我の功名」の使い方と例文

    「怪我の功名」は、 「一度失敗していること」が前提ですので、反省の気持ちを忘れて使用すると、相手を怒らせてしまう可能性があります。

    そのため、しっかり正しい使い方と場面を覚えなければなりません。

    以下からは、「怪我の功名」の例文を、2つのシーンに分けて説明していきます。

    1. 「失敗や過ちが幸運に変わった」場合
    2. 「予想外に説教が短い」場合

    それぞれの例文を紹介し、使い方を解説していきます。

    2-1.「失敗や過ちが幸運に変わった」場合

    「怪我の功名」は、「失敗が幸運に変わった」場合に使用できます。

    ただし、「偶然幸運に変わったこと」のたとえ話ですので、反省の意を忘れないようにしましょう。

    <例文>

    • 材料を間違えたのに、予定より良い作品出来上がった。まさに、怪我の功名だ。
    • 寝坊したおかげで、事故に巻き込まれずにすむなんて、怪我の功名と言わざるを得ない。
  • スポンサーリンク

  • 2-2.「予想外に説教が短い」場合

    「怪我の功名」は、「予想外に説教が短い」場合に使用できます。

    失敗や間違いがあった時は、怒られたり、叱られたりするのが一般的ですよね。

    上述で紹介した「失敗が幸運に変わった」場合では、本来怒られる所、「予想外に説教が短くなる」場合があるので、その場合にも「怪我の功名だった」と表現することができます。

    <例文>

    • 結果として怪我の功名だったため、あまりお叱りを受けずに済んだ。
    • 今回の問題は怪我の功名に終わったため、彼は教師に叱られるのではなく、皮肉を言われたそうだ。

    3.「怪我の功名」の誤用表現:「光明」「巧妙」

    「怪我の功名」に使われている「功名(こうみょう)」は、日常的に使用しないため、変換ミスをすることがあります。

    ことわざの漢字を間違えると、恥ずかしい思いをすることになるので、以下の点に注意しましょう。

    【誤用表現】

    1. 「怪我の光明
    2. 「怪我の巧妙

    「光明」と「巧妙」は、どちらも「こうみょう」と読むため、間違いが起きやすい漢字です。

    「怪我の功名」は、「幸運に変わること」の意味があるため、「光」のイメージから「光明」と使用する人がいます。

    また、「失敗から幸運に転じること」の意味があるため、「妙である」のイメージから「巧妙」を使用する人がいるのです。

    しかし、「光明」と「巧妙」はどちらも誤用表現であり、正しくは「功名」ですので、注意して使用してください。

  • スポンサーリンク

  • 4.「怪我の功名」の類語と例文

    「怪我の功名」は、文字通り「怪我」をたとえにしたことわざです。

    場面によっては、 「怪我」よりも大きい物事、小さい物事をたとえにしたことわざが必要な時もあります。

    そのため、他のたとえを題材にした「怪我の功名」の類語も覚えて適切に使えるようにしましょう。

    「怪我の功名」の類語は、以下の通りです。

    • 過ちの功名(あやまちのこうみょう)
    • 災い転じて福となす(わざわいてんじてふくとなす)
    • 怪我勝ち(けががち)
    • 偶然の産物(偶然のさんぶつ)
    • 棚から牡丹餅(たなからぼたもち)

    次に、上記のなかでもよく使われる「過ちの功名」と「災い転じて福となす」の意味と例文をご紹介しますので、参考にしてください。

    4-1.「過ちの功名(あやまちのこうみょう)」

    過ちの功名

    読み:あやまちのこうみょう

    意味:過ち・間違いなどが、予想外に良い結果をもたらすこと

    「過ちの功名」は、「過ち・間違いなどが、予想外に良い結果をもたらすこと」を意味する言葉です。

    「怪我の功名」は「物理的な傷」をイメージさせるので、「物事の失敗・間違い」を対象に取る時は「過ちの功名」を使用しましょう。

    <例文>

    間違って塩を多めに入れてしまったが、予想外に自分好みの味に仕上がった。まさに、過ちの功名だ。

  • スポンサーリンク

  • 4-2.「災い転じて福となす(わざわいてんじてふくとなす)」

    災い転じて福となす

    読み:わざわいてんじてふくとなす

    意味:身にふりかかった災難を、上手く活用し、利用すること

    「災い転じて福となす」は、「身にふりかかった災難を、上手く活用し、利用すること」を意味することわざです。

    「怪我の功名」とは、以下のように使い分けましょう。

    1. 「怪我の功名」は、「偶然・意外にも、幸運に変わる様子」
    2. 「災い転じて福となす」は、「意図的に活用して、幸運に変わる様子」

    <例文>

    災い転じて福となすと言えば、私はリストラをきっかけに、前よりも良い職場を見つけることができましたよ。

    5.「怪我の功名」の対義語と例文

    ことわざの対義語は、聞かれてもパッと思いつかないですよね。

    しかし、これから紹介することわざは、比較的有名なことわざですので、この機会にセットにして覚えましょう。

    悪化してしまうことや良い結果にはならないことを指す言葉が「怪我の功名」の対義語になります。

    「怪我の功名」の対義語は、次の2つです。

    1. 藪をつついて蛇をだす(やぶをつついてへびをだす)
    2. 不幸中の幸い(ふこうちゅうのさいわい)

    それぞれの対義語について、例文と一緒に意味を解説していきます。

  • スポンサーリンク

  • 5-1.「藪をつついて蛇をだす(やぶをつついてへびをだす)」

    藪をつついて蛇をだす

    読み:やぶをつついてへびをだす

    意味:いらぬことをして、よけいに物事をが悪い方向にすすんでしまうこと

    「藪をつついて蛇をだす」は、「いらぬことをして、よけいに物事をが悪い方向にすすんでしまうこと」を意味する言葉です。

    「藪から棒」ということわざと混同されやすいので、以下の違いを確認しておきましょう。

    1. 「藪をつついて蛇をだす」は、「いらぬことをして、よけいに物事をが悪い方向にすすんでしまうこと」
    2. 「藪から棒」は、「突然に物事を行うこと」

    <例文>

    つい最近彼女と別れた彼に、結婚の話を振るなんて、藪をつついて蛇をだすようなものだ。

    5-2.「不幸中の幸い(ふこうちゅうのさいわい)」

    不幸中の幸い

    読み:ふこうちゅうのさいわい

    意味:不幸の出来事があったが、最低限の救いがあること

    「不幸中の幸い」は、「不幸な出来事があったが、最低限の救いがあること」を意味することわざです。

    「最低限の救い」とは、「物事が良い方向に進んでいる」のではなく、「最悪をまぬがれることができた」という意味があり、「怪我の功名」とは異なります。

    <例文>

    大きな交通事故に巻き込まれたが、命があっただけでも不幸中の幸いだよ。

    6.「怪我の功名」の英語表現と例文

    「怪我の功名」ということわざを指す英単語はありません。

    そのため、日本語の意味に近い以下のような英語で言い表すことができます。

    1. Lucky break(思わぬ幸運)
    2. by a fluke(まぐれで、幸運にも)

    それぞれについて、例文と合わせて解説していきます。

    6-1.「Lucky break」

    「Lucky break」は、「思わぬ幸運」を意味する英語です。

    「break」は「壊れる」の他に、「突然~になる」という意味があるので、「Lucky break」は「思わぬ幸運」を表現することができます。

    <例文>

    That is what they call a lucky break.(棚から牡丹餅とはこのことだ。)

    上記のように、類語でもある「棚から牡丹餅=思わぬ幸運」と直訳できます。

    6-2.「by a fluke」

    「by a fluke」は、「まぐれで」「幸運にも」を意味する英語です。

    「怪我の功名」を英語表現する際は、例文のように「don’t expect(意図しない・期待しない)」などの英語と組み合わせると良いでしょう。

    <例文>

    I didn’t expect ,but I won a lottery by a fluke.(全然期待していなかったが、まぐれで宝くじに当たった。)

    まとめ

    「怪我の功名」は、「失敗や過ちなどが、意外にも良い結果をもたらすこと」を意味することわざです。

    「功名」は「こうみょう」と読むため、「光明」「巧妙」などの漢字と間違って使用することが多いので、注意しましょう。

    「怪我の功名」は、失敗や過ちが大前提になっているため、たとえ物事がよい方向に転がったとしても、反省した態度をこころがけてください。

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%