「傾聴」の意味は?や使い方や「傾聴」に関する仕事も解説

傾聴の意味とは ビジネス用語

「傾聴」とは 「耳を傾けて熱心に聞くこと」を意味し、「けいちょう」と読みます。

「傾聴力」を高めることで、相手の話を理解したり、相手の信頼を得ることができるので、ビジネスでも役立ちます。

そこで本記事では「傾聴」の意味や使い方、例文、類語などについて解説します。

この記事を読んでいただければ、「傾聴」を使いこなすだけでなく、「傾聴力」を高めることもできるでしょう。

ぜひ、最後までご覧ください。

1.「傾聴」の意味:耳を傾け熱心に聞くこと

傾聴

読み:けいちょう

相手の話に耳を傾け熱心に聞くこと。

「傾聴」とは 「相手の話に耳を傾け、熱心に聞くこと」を意味し、「けいちょう」と読みます。

「傾聴」は「傾聴力」という言葉としても使われ、ビジネスでも重要なスキルだとされています。

相手の話を熱心に聞くことで、相手の話をよく理解したり、相手の信頼を得ることにつながるからです。

2.「傾聴」の使い方と例文

「傾聴」は「する」をつけて「傾聴する」という言い回しで使われます。

例えば以下のような使い方をします。

<例文>

  • 私は口を閉じ、黙ったまま彼の話を傾聴した。
  • 彼女は僕のたわいのない話を、まるで大事な話であるかのように傾聴した。
  • たしかに傾聴したとは言えないが、聞いていたことは間違いない。
  • スポンサーリンク

  • 3.「傾聴力」を高めるための3つのポイント

    傾聴力の高め方

    「傾聴力」を高めるには以下の3つのポイントがあります。

    それぞれ見ていきましょう。

    3-1.相手への興味を高める

    相手への興味を高めるには、相手のことをよく観察するといいでしょう。

    例えば相手の表情や服装、仕草を見て、自分と共通しているところ見つけたり、「なぜこのような服装をしているのか?」などと想像を巡らせると、相手への興味が高まります。

    相手に興味を持てなければ、傾聴することはできません。

    興味がないのに傾聴しているふりをしたとしても、そのような態度は相手に見抜かれてしまいます。

    もし相手に「この人は傾聴しているふりをしているだけなのだ」と見抜かれてしまったら、相手からの信頼を失ってしまうことになります。

    そのため、傾聴をするにあたって、相手がどのような人なのかを想像して、相手への興味を高めることが大切です。

    3-2.思考からネガティブな要素を取り除く

    傾聴をするときは、思考からネガティブな要素を取り除くようにしましょう。

    ネガティブな要素とは、悩みや不安、怒り、苛つき、悲しみといった感情や思いのことです。

    このような感情や思いを持っていると、そちらに気を取られてしまい、相手の話を傾聴することはできません。

    ネガティブな要素を取り除くには、散歩をして気分転換みたり、他人に愚痴を吐き出したり、趣味に打ち込んだりすることがおすすめです。

    自分の思考の中のネガティブな要素は、話をしている相手にも伝わってしまいます。

    すると話している相手も「自分の話はつまらないのだろうか?」「自分の話に興味がないのだろうか」と不安になります。

    ネガティブな感情を取り除けば、相手の話に集中することができますよ。

    3-3.相手の感情から距離を置く

    傾聴をするときは、相手の感情から距離を置くことが大切です。

    話している相手は喜びや怒り、悲しみ、といった様々な感情を表現します。

    傾聴していると、相手のそういう感情が伝わってくるので、聞いているこちらも影響を受けてしまいます。

    しかし、相手の感情に影響を受けると、それに気を取られてしまい、話を聞くことに集中できなくなります。

    相手の話を理解するには、相手の感情に引きずられないように、意識的に冷静になるようにしましょう。

    4.「傾聴」に関する資格や仕事

    傾聴に関する仕事

    傾聴力が高いなら、その力を仕事でも発揮したいですよね。

    そんな方におすすめな仕事や資格を4つ紹介します。

    それぞれ見ていきましょう。

    4-1.傾聴療法士

    「傾聴療法士」とは 「NPO法人 日本精神療法学会」が認定する民間資格です。

    傾聴療法士の仕事内容は、 いじめや不登校、引きこもり、ノイローゼといった様々な心の悩みを聞いて精神療法を行うことです。

    傾聴療法士になるには、日本精神療法学会が開いている傾聴療法士養成講座に参加することです。

    傾聴療法士養成講座で、全部で9回から12回の講座に参加し、課題レポートを提出し、実習を受けると資格を取得できます。

    4-2.傾聴セラピスト

    「傾聴セラピスト」とは 「一般社団法人 日本ヒューマンスキル教育推進協会」が認定する民間資格です。

    傾聴セラピストの仕事内容は、 相手の話を上手に聞き、相手の心を癒すことです。

    活動分野は様々ですが、資格取得者は医療や介護、教育の分野の仕事で活躍している人が多いです。

    傾聴セラピストになるには、日本ヒューマンスキル教育推進協会が開いている傾聴セラピスト養成講座に参加し、検定に合格することが条件です。

    4-3.傾聴ボランティア

    「傾聴ボランティア」とは、 高齢者や被災者の話を聞くボランティアのことです。

    傾聴ボランティアとは、 特定の団体が認定する資格ではなく、傾聴を行うボランティアの一般的な名称です。

    傾聴ボランティアになるには、社会福祉法人などが募集している傾聴ボランティアに応募するという方法があります。

    また、介護や労働などを事業目的としている公益法人が、傾聴ボランティアのスキルアップ講座を開いています。

    4-4.看護の「傾聴」

    看護における「傾聴」とは、「積極的傾聴」とも呼ばれ、「 批判や反論をすることなく、自分を失わず、相手の立場に立ってじっくり聞くこと」を意味しています。

    看護の分野では、「傾聴」は患者さんの心のケアを目的に行われるものです。

    心のケアといえば、心理カウンセラーなどの心理学系の仕事の専門分野だと思われるかもしれません。

    しかし、災害や犯罪被害者などの、うつやPTSDを早期に発見し、心のケアをすることは医学的な知識も必要です。

    そのため、医学知識を持たないカウンセラーだけでなく、看護の分野でも「傾聴」が行われています。

  • スポンサーリンク

  • 5.「傾聴」の英語表現: listen attentively to

    傾聴の英語表現

    「傾聴」は英語で「 listen attentively to」と表現します。

    「listen to」が「聞く」という意味で、「attentively」が「よく注意して」という意味です。

    例えば以下のように使われます。

    <例文>

    • His speech was listened attentively to with great interest.(彼の演説は多大な興味を持って傾聴された。)
    • They listen attentively to his teachings with profound reverence.(みんな彼の話を恭しく傾聴している。)
    • They listened attentively so as not to miss a single word.(彼らは一語も聞きもらすまいと傾聴した)

    まとめ

    「傾聴」とは「相手の話を熱心に聞くこと」を意味し、「けいちょう」と読みます。

    「傾聴」することで相手の話をよく理解し、相手からの信頼を得ることにもつながります。

    そのためビジネスシーンでも「傾聴」は重要なスキルです。

    ぜひ相「傾聴力」を高めることでビジネスシーンにも活かしてみてください。

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%