「帰依(きえ)」の意味とは?「帰依する」の使い方と例文を紹介

帰依の意味とは ビジネス用語

日常会話や古文などで見かける「帰依(きえ)」という言葉。

仏教用語の一つであり、「神や仏など優れた者に服従し、すがること」の意味です。

一般的には「仏門に帰依する」や「帰依三宝」という四字熟語として使われることが多いです。

「帰依(きえ)」の読み方は、「きい」ではなく「きえ」なので正しい読み方と意味をマスターしましょう。

今回は、 「帰依(きえ)」の意味や正しい読み方、例文や英語表現について詳しくお伝えします。

1.「帰依(きえ)」の意味は「信仰」

帰依

読み:きえ

意味:神や仏など優れた者に服従し、すがること

「帰依(きえ)」は、 「神や仏など優れた者に服従し、すがること」の意味です。

仏教用語の一つであり、一般的には「仏道に帰依する」などのように使われます。

「帰依(きえ)」は、「帰属する」の「帰」に「依存」の「依」から成り立っている言葉であり、読み方は「きえ」です。

間違えて「きい」と読むことも多いので、正しい読み方を知っておきましょう。

1ー1.「帰依(きえ)」の由来

「帰依(きえ)」は仏教用語の一つであり、古代インドの言葉である 「サンスクリット語」の「namas(ナマス)」が由来です。

「namas(ナマス)」は「礼拝や敬礼」の意味があり、仏教語では「南無」と表すようになりました。

「南無」は、帰依と同様に「仏に帰依や敬意を表す言葉」です。

お経で聞かれる「南無阿弥陀仏」を簡単に訳すと、「私はお釈迦様に帰依をしまう」という意味になります。

  • スポンサーリンク

  • 2.「帰依(きえ)」の使い方

    帰依の使い方

    「帰依(きえ)」は仏教用語ですが、日常生活でも使われる言葉です。

    「帰依(きえ)」の正しい使い方について見ていきましょう。

    2ー1.「仏門に帰依する」

    一般的によく使われる「帰依(きえ)」を使った表現として、「仏門に帰依する」があります。

    「仏門に帰依する」は、 「仏教の教えに従って生きていく」という意味です。

    「仏門に帰依することを決意した」などと使う場合は、出家をする意味ではなく、ライフスタイルの選択という意味でも使われます。

    例文:「彼は仏門に帰依することに決めたらしい。」

  • スポンサーリンク

  • 3.「帰依(きえ)」を使った熟語と意味

    帰依を使った熟語

    「帰依(きえ)」は、単語だけでなく 熟語として使われることもあります。

    「帰依(きえ)」を使った熟語は、次のような言葉です。

    上記の2つの熟語の正しい意味について、詳しく紹介します。

    ①「帰依三宝(きえさんぽう)」は「仏教徒としての基本条件」を表す

    「帰依三宝(きえさんぽう)」は、 「仏教徒としての基本的条件」を表す言葉です。

    「三宝」は「仏・法・僧」のことであり、これらの3つの教えに従うことを表しています。


    • ⇒お釈迦様のことを敬い心の拠り所にする

    • ⇒お釈迦様が説いた仏法のこと

    • ⇒仏道修行をする僧の集団

    「帰依三宝(きえさんぽう)」は、上記の「3つの宝を受け入れて帰依者になる」ことの意味です。

    ②「帰依処(きえしょ)」は「本来の場所に戻る」

    「帰依処(きえしょ)」は、 「本来あるべき場所に戻る」という意味です。

    人が危険から逃げることができる意味である「避難所」として訳されることもあります。

    「帰依処(きえしょ)」は「帰依」の中心であり、究極の救いを表した言葉です。

    4.「帰依(きえ)」の類語

    帰依の類語

    「帰依(きえ)」と同様の意味を持つ言葉には、次のようなものがあります。

    それぞれの言葉の正しい意味と使い方、 「帰依(きえ)」とのニュアンスの違いについて見ていきましょう。

    ①「信仰(しんこう)」

    信仰

    読み:しんこう

    意味:神や仏を信じること

    「信仰(しんこう)」は、 「神や仏などを、心の迷いなどを救う究極の拠り所として理屈を超えて信じること」の意味です。

    「信仰」は、「宗教活動の意識的側面」のことを表しています。

    一般的には、「信仰心」や「信仰を捨てる」などのように使われることが多いでしょう。

    例文:「彼は信仰心がないやつだ。」

    ②「崇拝(すうはい)」

    崇拝

    読み:すうはい

    意味:あがめること・敬うこと

    「崇拝(すうはい)」は、 「あがめうやまうこと」の意味です。

    「宗教的な対象を敬い、これに帰依する心的態度と外的な表現を表す総称」として使われます。

    日常会話などでは、「英雄を崇拝している」や「神を崇拝している」などのように表現されることが多いでしょう。

    例文:「彼女は神を崇拝している。」

    ③「帰命(きみょう)」

    帰命

    読み:きみょう

    意味:身命を信仰の対象に捧げること

    「帰命(きみょう)」は、 「身命を信仰の対象に捧げること」という意味です。

    「帰依(きえ)」と同様に仏教用語の一つであり、「南無帰命」と表すこともあります。

  • スポンサーリンク

  • 5.「帰依(きえ)」の直接的な反対語はない

    「帰依(きえ)」の 直接的な反対語はありません。

    仏教用語であり、特定の宗教を信仰しないという意味であれば「無宗教」が反対語として当てはまるでしょう。

    「信仰」の反対語は「棄教」、「崇拝」の反対語は「軽侮(けいぶ)」になります。

    次は、「帰依(きえ)」の英語表現と例文について紹介します。

    6.「帰依(きえ)」の英語表現

    帰依の英語表現

    「帰依(きえ)」を表す英単語は「devotion」です。

    「devotion」には、「信仰、忠実、献身」などの意味があります。

    「帰依する」と英語で表現する時は、 「Taking Refuge in」を使うのが伝わりやすいです。

    「Refuge」には「避難する」という意味があり、「帰依」の拠所を表現する意味になります。

    例文:「I take refuge in Buddha.」
    (私は仏を拠り所として生きています。)

  • スポンサーリンク

  • まとめ

    「帰依(きえ)」は、 「神や仏など優れた者に服従し、すがること」という意味です。

    仏教用語の一つであり、「信仰」のことを表す言葉として使われます。

    読み方は「きえ」であり、「依存」などのように「依」を「い」とは読まないので注意しましょう。

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%