丁寧なのに失礼?間違えやすい「謹啓」の使い方と例文を解説

謹啓の意味とは ビジネス用語

ビジネス文書で見かける「謹啓」という言葉。よく使われている「拝啓」との違いや、どのようなシーンで使う頭語なのか、わかりづらいですよね。

「謹啓」は目上の人に対して「謹んで申し上げます」という意味で使います。しかし使う場面を間違えると、逆に失礼になってしまうこともあるので注意が必要です。

今回は「謹啓」について、使い方や使うシーン、英語での表現方法までお伝えしていきます。

シーンによって頭語を使い分けられるようにしておきましょう。

1.「謹啓」の意味とは

「謹啓」は「きんけい」と読みます。
「謹んで申し上げます」という意味で、文頭に書くあいさつの言葉(頭語)です。

書簡(てがみ)が漢文で書かれていた頃の名残で、現在も使用されています。

「謹」という字は、言葉に注意してかしこまる、細かく気を配るという意味。
「啓」は、述べる、申し上げるという意味。

目上の人に対して、「申し上げますね」と伝えるために使われる言葉です。

2.「謹啓」の使い方

冒頭でもお話しした通り、謹啓は文頭に置くあいさつの言葉です。

では一体どのようなときに使うのでしょうか?

また、頭後(文頭のあいさつの言葉)と結語(締めのあいさつの言葉)とセットで使うのが決まりです。謹啓の結語にはどれを使うのかも合わせてみていきましょう。

  • スポンサーリンク

  • 2-1.「謹啓」を使うシーン

    謹啓を使うのは、フォーマルな場面です。目上の人やビジネスでの大切な手紙を送る際に使われます。

    • 社名変更のお知らせ
    • 会社幹部の就任・退任のお知らせ
    • 本社移転の案内
    • 会社設立の案内
    • 契約書などビジネスでの重要な書面を送るとき
    • パーティー等の招待状

    手紙でのみ使い、メールでは使わないのが一般的です。

    あまり関わりのない目上の方に使います。もし書類の送り先が相手企業の社長であっても、親しくしているのであれば使いません。

    むしろ、距離が近い相手に使うと失礼になることもあるので気を付けましょう。

    親しい相手への頭語は「拝啓」を使います。拝啓と謹啓の違いについては後述しますが、簡単にいうと相手への敬意の違いです。

    謹啓の書き方は以下の2つがポイント。

    • 本文の最初に書く
    • 1マス空けてから本文を書き始める

    この記事の最後に例文を載せています。参考にしてみてください。

    2-2.「謹啓」の結語

    謹啓の結語は「謹言」または「謹白」です。どちらも「謹んで申し上げました。」という意味。

    女性であれば「かしこ」も使えます。「かしこ」は、男性が使うのは間違いなので注意してください。

    結語は文書の最後ではなく、本文の最後に一行空けて記載します。

    ビジネス文書では本文のあとに詳細を箇条書きする「記書き」という習慣があります。結語は記書きよりも上に記載するので注意しましょう。ちなみに記書きは「以上」で締めます。

    謹啓の結語として「敬白」を使用することがありますが、敬白を使うのは、厳密にいうと間違いです。

    敬白を使うことが一般に広がっているので、良しとしているビジネスマナー本もあります。
    しかし人によっては間違いだと気にする人もいるので、使わない方が無難でしょう。

    結語の書き方は以下のポイントに注意です。

    • 結語は本文の後に1行空けてから書く
    • 結語は右寄せ、文字の間に1マス空けると見栄えが良い
    • 記書きがある場合は結語の後に1行空けてから書く
  • スポンサーリンク

  • 3.「謹啓」を使った例文

    謹啓を使った例文をご紹介します。

    謹啓を使う際は、以下の5つポイントに注意しましょう。

    • 本文の最初に書く
    • 1マス空けてから本文を書き始める
    • 結語は本文の後に1行空けてから書く
    • 結語は右寄せ、文字の間に1マス空けると見栄えが良い
    • 記書きがある場合は結語の後に1行空けてから書く

    本社移転の場合

    謹啓 貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます
    平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

    さて、このたび弊社は業務拡大に伴い、11月1日より本社を下記に移転することになりました。
    今度とも一層のご支援を賜りますようお願い申し上げます。

    まずは略儀ながら 書中をもちましてご挨拶申し上げます。

    謹 白
  • スポンサーリンク

  • 転勤のお知らせの場合

    謹啓 貴社益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。

    さて私○○は、このたび東京での勤務を命ぜられ着任致しました。福岡支店での在勤中は公私に渡り大変お世話になり厚くお礼申し上げます。

    新天地におきましても心を新たにして努力する覚悟でおりますので、今後とより一層のご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

    まずは略儀ながら寸書にてお礼かたがたご挨拶申し上げます。

    謹 言

    4.「謹啓」と他の頭語の使い分け

    謹啓とよく間違える頭語が「拝啓」と「前略」です。

    謹啓と2つの頭語がどう違うのか、それぞれ見ていきましょう。

  • スポンサーリンク

  • 4-1.「謹啓」と「拝啓」の使い分け

    「拝啓」は謹啓と同じ意味を持つ頭語です。しかし謹啓の方がより丁寧で、敬意が高い頭語とされています。

    一般的なビジネス文書は拝啓で問題ありません。よりあらたまった文書や初めての相手に送る文書は謹啓を使うといいでしょう。

    拝啓の結語は「敬具」または「敬白」です。

    4-2.「謹啓」と「前略」の使い分け

    前略は「前文(頭語の後に続く時候のあいさつ)を省略することをお許しください」という意味。

    急用、災害見舞、親しい人への文書で使うのが一般的です。目上の方への文書やビジネス文書ではあまり使いません。

    前略を使う時は、時候のあいさつを続けるのは間違いですが、謹啓を使う時は時候のあいさつが必須になります。忘れないようにしましょう。

    前略の結語は「草々」です。

  • スポンサーリンク

  • 5.「謹啓」の英語表現

    英語では、謹啓、謹白にあたる言葉はありません。

    英語で丁寧な手紙やメールを送る時は「Dear ○○」と宛名の前に「Dear」を入れることで丁寧な表現になります。

    文の最後では「Sincerely,自分の名前」とすることで、謹白に近いニュアンスを出します。

    まとめ

    頭語 結語
    謹啓 謹言/謹白/かしこ(女性のみ使用可)
    拝啓 敬具/敬白
    前略 草々

    謹啓は目上の人に対して「謹んで申し上げます」と伝えるときの頭語。謹言や謹白とセットで使います。

    目上の人であっても、距離感が近い相手に使うと逆に失礼になるので注意しましょう。

    シーンによって他の頭語と使い分けることができるとスマートですね。

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%