「生粋」の意味・読み方とは?「純粋」との違いや類語・対義語も解説

生粋の意味とは ビジネス用語

「生粋」は「きっすい」と読み、「まじりけがないこと」を指す言葉です。

「生粋の日本人」「生粋の職人」など、文章・会話表現のどちらでも使用することができます。

一方、類似語である「純粋」との使い分けが難しいので、しっかりその違いを確認しましょう。

そこで今回は、「生粋」の意味・読み方を説明し、「純粋」との違いや類語・対義語も解説していきます。

1.「生粋」の意味

まじりけがないこと

生粋

読み:きっすい

意味:まじりけがないこと。

「生粋」は「まじりけがないこと」を意味し、「生粋の日本人」「生粋の職人」などと使用される言葉です。

「生粋」は血筋・性格・出生地を説明する言葉なので、物ではなく人を対象にとります。

例文

生粋の日本人には、誠実な大和魂が宿っている。

  • スポンサーリンク

  • 「生粋」は元々「きすい」と読む

    「生粋」は現代読みで「きっすい」ですが、元々の読み方は「きすい」であり、後に音が変化した言葉です。

    そのため、「生粋」を「生っ粋」と表記しても間違いではありませんが、日常的には使用しません。

    また、「生粋」を訓読みで「なまいき」と読むのは間違いなので、必ず音読みの「きっすい」と読みましょう。

    2.「生粋」の使い方と例文

    「生粋」は血筋・性格・出生地を説明する言葉であり、ほとんど決まった使い方しかしません。

    そのため、どのような文脈で使用できるか確認しながら、例文と一緒に覚えていきましょう。

    「生粋」の使い方は、以下の通りです。

  • スポンサーリンク

  • 生粋の~

    「生粋」は「生粋の~」と使用され、後には血筋・性格・出生地を指す言葉が続くことが多いです。

    文章形成に使用する際は、「混じりけがないこと」の意から、後に続く言葉を強調する効果があります。

    また、「混じりけがないこと」から転じて、「それ以外は知らない」といった意味合いでも使用されるので注意してください。

    例文

    • 両親がどちらも政治家のため、彼には生粋の政治家の血が流れている。
    • 外国人が言う生粋の日本人とは、忍者と侍の末裔のことを言うらしい。
    • 塩と砂糖を間違えるなんて、生粋のバカとしか言いようがない。
    • 彼女は現金で買い物したことがなく、カードで全部済ますそうだ。生粋のお嬢とはこのことか。
    • 彼は生粋の日本人だと言って、英語を勉強しようとしない。

    3.「生粋」と「純粋」の違い

    「生粋」には、意味が似通っている「純粋(じゅんすい)」という言葉があります。

    厳密に使い方が異なる言葉なので、誤って使用してしまわないように、今のうちにチェックしておきましょう。

    「生粋」と「純粋」の違いは、以下の通りです。

    1. 「生粋」は、「まじりけがないこと」
    2. 「純粋」は、「まじりけがなく、自然で清らかなこと」

    「生粋」と「純粋」はどちらも、「まじりけがないこと」を説明する言葉です。

    ただし、「純粋」は「自然で清らかなこと」といった意味合いを含むので、肯定的な言葉として使用できます。

    また、「自然で清らかなこと」から、物を対象に「人工物ではない天然の」といった使い方もできるのです。

    「生粋」は人に関係するものしか対象にとることしかできず、「生粋のバカ」のように否定的な文脈でも使用されるので注意しましょう。

    例文

    • 彼は子供の頃と変わらない純粋な心を持ち続けている。
    • この味噌は原料にこだわって全て素材は純粋なものを使っている。
  • スポンサーリンク

  • 4.「生粋」の類語と例文

    生粋の類語

    「生粋」は「生粋の日本人」を代表とするフレーズで使われることが多いため、 あまり便利な言葉ではありません

    そのため、「混じりけがないこと」を説明する「生粋」の類語を覚え、文章力を上げましょう。

    「生粋」の類語は、以下の通りです。

    それぞれ類語について、例文を紹介してきます。

    類語1.無雑(むざつ)

    無雑

    読み:むざつ

    意味:混じりけがなく、嘘偽りがないこと。

    「無雑」は「混じりけがなく、嘘偽りがないこと」を意味し、「無雑な態度」「純一無雑(じゅんいつむざつ)」などと使用される言葉です。

    「生粋」は血筋・育った土地などを説明出来る一方、「無雑」は態度・考えなどを対象にとります。

    例文

    警察官の質問に対して、無雑な態度で応答した。

  • スポンサーリンク

  • 類語2.無垢(むく)

    無垢

    読み:むく

    意味:けがれがなく、潔白で純真なこと。

    無垢」は「けがれがなく、潔白で純真なこと」を意味し、「無垢な人」「無垢な服」「純真無垢(じゅんしんむく)」などと使用される言葉です。

    「生粋」と異なり、「無垢」は「汚れや煩悩がないさま」を表し、人だけでなく物も対象にとることができます。

    例文

    初めて付き合った彼は女性経験がなく、無垢な人物だった。

    5.「生粋」の対義語と例文

    生粋の対義語

    「生粋」は、「混じりけがないこと」から転じて、「本物の」といった意味合いがあります。

    それぞれの意味の対義語を確認し、柔軟なコミュニケーションができるようになりましょう。

    「生粋」の対義語は、以下の2つです。

    それぞれの対義語について、例文と一緒に意味を解説していきます。

  • スポンサーリンク

  • 対義語1.疑似(ぎじ) 

    疑似

    読み:ぎじ

    意味:本物ではないが、似ていて区別がつかないこと。

    「疑似」は「本物ではないが、似ていて区別がつかないこと」を意味し、「疑似的な」「疑似体験」などと使用される言葉です。

    「本物ではない」と言った意味合いから、「生粋」の対義語として使用することができます。

    例文

    VRテクノロジーが発達したことによって、疑似体験を簡単に行えるようになった。

    対義語2.不純(ふじゅん)

    不純

    読み:ふじゅん

    意味:まじりけがあり、不適切であること。

    「不純」は「まじりけがあり、不適切であること」を意味し、「不純な動機」「不純異性交遊」などと使用される言葉です。

    「不純」には「不適切であること」といった否定的な意味合いが含まれているため、相手を批判する際によく使用されます。

    例文

    彼は、彼女を作るという不純な目的でスポーツを始めた。

    6.「生粋」の英語表現と例文

    生粋の英語表現

    「生粋」はフレーズで意味を覚えているため、英語表現に直すのが難しく感じるかもしれません。

    しかし、「生粋」の英語表現は簡単に表現できるので、この機会に一緒に覚えてしまいましょう。

    「生粋」の英語は、以下の2つです。

    それぞれについて、例文と合わせて解説していきます。

    よく使用されるのは「native-born」

    「native-born」は「出生地の・自国の・本来の」を意味し、「生粋の日本人」は「native-born japanease 」と表現できます。

    「育った土地・血筋」を対象にとって、「まじりけがないこと」を説明する際に使用することができます。

    例文

    He has a face like native-born japanease.
    (彼は生粋の日本人のような顔立ちである。)

    「pure」は純粋の意で使用することができる

    「pure」は「純粋な・潔白の・生粋の」を意味し、人だけでなく物に対しても使用できる英語表現です。

    育った土地・血筋だけでなく、心・考え方・材質まで説明できる言葉なので、文脈に気を付けて使用してください。

    例文

    She had a pure heart
    (彼女は純粋な心を持っていた。)

    まとめ

    「生粋」は「きっすい」と読み、「まじりけがないこと」を指す言葉です。

    「生粋の日本人」「生粋の魂」など、人にまつわる事柄のみを対象にとるので注意しましょう。

    物に対して「まじりけがないこと」を説明する場合は、「純粋」を使用してください。

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%
  • 自分に最適な転職サイトを探すなら

    新着記事