「光栄です」の意味や使い方は?ビジネスで使える英語表現まで解説!

光栄ですの意味とは ビジネス用語

「光栄です」の「光栄」は、 「褒められた時などに名誉を感じること・栄えること」という意味です。

そのため、「光栄です」は「名誉です、嬉しいです」といった感謝や喜びを表す言葉です。

ビジネスなどのフォーマルシーンでは、嬉しさを直接的に見せることなく上手に相手へ伝えることのできる表現なので、ぜひ覚えておきたいですね。

そこで、今回は「光栄です」の意味や正しい使い方、類語・対義語、さらに英語を使用したビジネスシーンやメールの文面まで詳しく解説していきます。

1.「光栄です」の意味とは

「光栄です」は、「光栄」に丁寧語の「です」が付いた形で、 「誇りに感じます・名誉に感じます」といった嬉しさや感謝の気持ちを表す表現です。

では、「光栄」の読み方と意味を紹介します。

光栄

読み:こうえい

  1. 褒められた際や大役を任されて名誉に感じること
  2. 栄えること

「光栄」の「光」「栄」にはそれぞれ以下の意味があります。

  • 【光】⇒ひかる・輝く
  • 【栄】⇒盛り上がる・繁栄する・名誉

このように、きらきらと光り輝いて盛り上がっているニュアンスがあります。

2.「光栄です」の使い方

「光栄です」は、名誉や誇りに感じた気持ちを目上の人や取引先の人などに対し、丁寧に伝える時に使います。

単純に「嬉しいです」「ありがとうございます」と言うよりも、 自分自身に対して誇りを感じているニュアンスです。

また、「光栄です」には「輝く」様子も感じられるため、「嬉しいです」に比べてより喜びを伝えることができます。

では、「光栄です」を用いた例文を以下で確認してみましょう。

  1. お目にかかれて光栄です
  2. この度は、(パーティや食事会など)にお招きいただき光栄です
  • スポンサーリンク

  • 2-1.「光栄です」の敬語表現(謙譲語・丁寧語)

    「光栄です」は丁寧な表現ですが、ビジネスシーンでは「光栄」を使った他の表現も覚えておくと便利です。

    よく使われるフレーズには、以下のものがあります。

    1. 光栄に思います(丁寧語)
    2. 光栄に存じます謙譲語
    3. 光栄の至りです(謙譲語の丁寧表現)

    意味は、「光栄です」と同じですが、それぞれの言葉には以下のような違いがあります。

      光栄です 光栄に思います 光栄に存じます 光栄の至りです
    表現 丁寧語 丁寧語 謙譲語 謙譲語の丁寧表現
    喜びの表現度 ☆☆ ☆☆ ☆☆ ☆☆☆

    「光栄です」「光栄に思います」は、丁寧語の表現なので目上の人やそこまで親しくない人など、幅広い範囲で使うフレースです。

    一方、「光栄に存じます」や「光栄の至りです」は、目上の人や位の高い人などに対して使います。

    これは、「存じる」「至る」という謙譲表現が含まれているため、自分をへりくだらせて相手を上げる役割があります。

    また、「光栄の至りです」は、「光栄です」などに比べると、より喜びを露わにできる表現です。

    信じられないくらいの名誉をもらった時や大役を任された時など、特別な場面で使うとよいでしょう。

    では、それぞれのフレーズを使った例文を以下に紹介します。

    1. お褒めの言葉をいただき光栄に思います
    2. このような素晴らしい賞をいただき大変光栄に存じます
    3. このような大役を任せていただき光栄の至りです

    3.「光栄です」の類語

    「光栄です」は、普段から親しく接している目上の人に対して使うと、少し大げさに聞こえる場合があります。

    その場合は「光栄です」を、もう少し親しみやすい以下の類語に言い換えてみましょう。

    1. 嬉しいです
    2. 恐縮(きょうしゅく)です

    ではそれぞれの言葉について詳しく説明していきます。

  • スポンサーリンク

  • 3-1.嬉しいです

    「嬉しいです」は、喜びを表す丁寧な表現です。

    喜びや感謝が伝わる「嬉しいです」ですが、「光栄です」とは以下の違いがあります。

      光栄です 嬉しいです
    ニュアンス 名誉や誇りを感じている 単純に喜びを感じている
    喜びの表現度 ☆☆☆ ☆☆

    このように、「嬉しい」には「名誉・誇り」といった感情は含まれていません。

    そのため、何か大きなことで大々的に褒められた時などは「光栄です」の方が、自分自身への誇りも同時に表すことができます。

    では、以下の例文で「光栄です」と「嬉しいです」のニュアンスの違いを見てみましょう。

    1. 数多くの中から私の案を採用していただき、光栄です
    2. 私の案が選ばれて嬉しいです

    3-2.恐縮(きょうしゅく)です

    「恐縮です」の意味は、 「身を低くして恐れ入っている様子」です。

    目上の人に対し自分をへりくだらせて感謝や謝罪の意を伝えるときに使います。

    「お褒めいただき恐縮です」という場合は、「身が小さくなるほどありがたく思います」という畏まった謙遜表現です。

    一方「このような迷惑をかけてしまい恐縮です」と言った場合には、「頭の上がらないほど反省しています」という謝罪の言葉です。

    また、「恐縮」に関しても「光栄」のように「名誉・誇り」といったニュアンスは含まれていませんので、シーンに合わせた使い分けができるとより適切な使い方になります。

    では、「恐縮です」の使い方を以下の例文で確認しましょう。

    1. お忙しい中ご参加いただきまして、恐縮です。[感謝の意]
    2. 文書にて恐縮ではありますが、ご報告させていただきます。[申し訳ないという謝罪の意]
  • スポンサーリンク

  • 4.「光栄です」の対義語

    「光栄です」の反対の意味を持つ言葉は、以下の用語があります。

    1. 不名誉(ふめいよ)…名誉を傷つけること、面目が立たないほど恥ずかしいこと
    2. 屈辱(くつじょく)…屈服させられて恥ずかしい思いをすること

    4-1.不名誉(ふめいよ)

    「不名誉」は、 「名誉を傷つけること・面目が立たないほど恥ずかしこと」という意味です。

    「不名誉な○○」「不名誉だ」といったフレーズで使うことが多く、自分の行動に対して使います。

    ネガティブなニュアンスで、相手に対して直接的に使うことはめったにありません。

    しかし、相手の行動によって自分の名誉に傷がついた場合には以下の例文②のように使うことがあります。

    1. その時のことは不名誉な過去だ。
    2. 息子が起こした事件は家族にとって非常に不名誉なことだ。
  • スポンサーリンク

  • 4-2.屈辱(くつじょく)

    「屈辱」は、 「屈服させられて面目を失う様・恥ずかしい様子」を表します。

    「屈辱的な」「屈辱だ」という使い方します。

    「不名誉」と比較すると、「屈辱」は単に「面目を失う」というだけではなく、どこどなく「怒り」のニュアンスも感じられます。

    では、以下で「屈辱」を使った例文を見ていきましょう。

    • 父から屈辱的な言葉を受けた。
    • こんなに屈辱的に感じることはない。

    5.ビジネスメールでも使える「光栄です」の英語表現

    「光栄です」と、、ビジネスシーンやメールなどでフォーマルに言い表したい時には、以下のフレーズが便利です。

    1. I’m honored to~(~をして光栄です)
    2. It’s an honor to~(~するのは名誉です)
    3. I am flattered to~(~できて光栄です)

    honor や flatter には、 「光栄」「名誉」という意味があり、以下のような例文として使えます。

    • I’m honored to be able to work with you.(あなたと一緒に仕事ができて光栄です。)
    • It’s an honor to meet you.(お会いできて光栄です。)
    • It’s an honor to be a help to you.(お役に立てて光栄です。)
    • I am flattered to see you again.(またお会いすることができて光栄です。)
  • スポンサーリンク

  • 5-1.カジュアルな「光栄です」の英語表現

    がちがちに畏まった席ではなくとも、 もう少しカジュアルに「光栄です」と言いたい場合は以下のフレーズを使いましょう。

    1. I’m delighted to~(~で嬉しいです)
    2. It’s a pleasure to~(~することに喜びを感じます)

    では以下で、それぞれのフレーズを使った例文を紹介します。

    • I’m delighted to have this award.(このような賞をいただけて光栄です。)
    • It’s a pleasure to work for this project with you.(あなたと一緒にプロジェクトを進められて光栄です。)

    まとめ

    「光栄です」は、 「褒められた際や大役を任されて名誉に感じること・栄えること」という意味の「光栄」に「です」が付いた形で、誇りや名誉、感謝や喜びを表す言葉です。

    「光栄です」の他にも「光栄の至り」など敬語も使いながら、ワンパターンな表現にならないようにしましょう。

    また、ビジネスメールなどで使用する英語も適切にマスターして、間違いのない文章で相手に思いを伝えましょう。

    用語を正しく使うように心がけていくことで、「君は言葉を正しく使うね」と褒められて「光栄です」と使う機会もでてくるかもしれませんね。

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%