「クラスタ」の意味と使い方は?例文や「クラスター分析」も解説!

クラスタの意味とは ビジネス用語

近年よく耳にするようになった「クラスタ」という言葉についてお悩みですね。

「クラスタ」は「集団」や「群れ」を表す意味があり、 同じ考え方を持つ人の集まりを指して使われます

本記事では、「クラスタ」の意味や使い方、類語などを詳しく解説していきます。

そして、マーケティングでは欠かせない「クラスター分析」についても解説しますので、「クラスタ」の意味を正しく理解しながら、役立つスキルを身につけてくださいね。

1.「クラスタ」の意味

意味は、集団や群れ

クラスタ

読み方:くらすた

意味:集団、群れ

「クラスタ」は英語の「cluster」が語源で、英語と同じく「集団」「群れ」という意味で使用されています。

  • スポンサーリンク

  • 2.「クラスタ」の2つの使い方と例文

    「クラスタ」には次の2つの意味があります。

    1. 趣向や考え方が同じ集団
    2. IT用語の意味

    それぞれの使い方や例文について解説していきます。

    使い方1.趣向や考え方が同じ集団

    「クラスタ」は集団を表しますが、現代では特に趣向や考え方が同じ仲間のことを「クラスタ」と呼んでいます。

    この場合「〇〇クラスタ」と表現し、 「ファン」や「仲間」という意味で使用します

    <例文>

    • 今日は文学クラスタとのオフ会だ。
    • ワンピースクラスタとの話はいつも盛り上がる。
  • スポンサーリンク

  • 使い方2.IT用語

    集団という意味から、 複数のコンピュータを連携させて1つのシステムに統合することを「クラスター」と呼び、主にIT用語として業界で使用されています。

    また、コンピュータのでディスク装置の記憶領域の単位としても使用されています。

    そのため、IT用語としての「クラスタ」は分の前後から適切な意味を読み取ることが必要です。

    <例文>

    • クラスターあたりの容量を増やしておく。
    • クラスターを整備して、仕事を効率化させよう。

    3.「クラスター分析」を知ろう!

    マーケティングの分析方法の1つに「クラスター分析」という方法があります。

    そこで、ここでは「クラスター分析」について解説していきます。

  • スポンサーリンク

  • 3-1.マーケティングの分析方法の1つ

    「クラスター分析」とは、 意見や感想などから共通したものを集めて分析するという方法です。

    この分析をすることによって、年代や性別など、テーマごとに意見や感想をまとめることができるため、それぞれのテーマに合ったニーズを読み取れるのです。

    そのため、今後の商品開発や広告に活かせるとマーケティング分析では非常に重要な手法として考えられています。

    また、クラスター分析には「階層式」と「非階層式」の2種類があります。

    それぞれどのような分析方法なのかを解説していきますね。

    3-2.階層クラスター分析は「樹形図」を用いた分析方法

    「階層クラスター分析」は、樹形図を作り事柄ごとにどれだけ親しい距離にあるのかを分析する方法です。

    低階層で結びつくほど近い関係にあり、後悔層で結びつくほど関係が遠いことを表しています。

    つまり、低階層で結びついた事柄を重視することで、それぞれのクラスターに合ったプロモーションを考える手助けになる分析方法です。

  • スポンサーリンク

  • 3-3.非階層クラスター分析は「アンケート回答結果」を分ける分析方法

    「非階層クラスター分析」は、 アンケートの回答結果などを答えの傾向ごとにクラスター分けして分析する方法です。

    「階層式」とは異なり、回答者一人ずつの傾向や感想の傾向を比較できるろいうメリットがあります。

    例えば、(1)でAの回答をした人は(2)でCの回答をする傾向が高いなど、詳細なクラスター分けができるのです。

    そのため、全体の傾向だけでなく細かい傾向の変化を見ることができるため、より細かいマーケティングや印象づくりに役立ちますよ。

    4.「クラスタ」の類語

    「クラスタ」の類語には次の2つの言葉が当てはまります。

    1. 「固まり」
    2. 「集団」

    それぞれの意味や使い方を例文と合わせて解説していきますね。

  • スポンサーリンク

  • 類語1.「固まり」

    群れや集団を表す「固まり」は「クラスタ」の類語の1つです。

    「固まり」には 集まっていることだけでなく、似たものの密な集まりを表します

    そのため、「クラスタ」と近い意味を持つ類語として使用できますよ。

    <例文>

    • あの固まりはいつも仲が良い。
    • 固まりごとに好きなものが変わっている。

    類語2.「集団」

    「クラスタ」の意味でもある「集団」も類語として使用できます。

    ただし、「集団」には共通した事項がなく、人が集まっているさまを表すこともあります。

    的確に状況や意味を伝えるためには、 補足する情報を追記しておくことが良いでしょう。

    <例文>

    • ゲームを好きな人が集まった集団です。
    • サッカー好きの集団が試合終了後に居酒屋へ行く

    「クラスタ」は最近目にするようになった言葉です。

    よって、相手に意味が伝わらない可能性があります。

    そんなときは、上記で紹介した類語に言い換えてみてくださいね。

    5.「クラスタ」の英語表現

    「クラスタ」を英語で表す場合、 そのまま「cluster」を使用します

    また、同じく集団を表す「group」を使って表現することもできます。

    どちらも意味は同じなのですが、「group」を使うことが多いため「cluster」を使うよりも意味が通じやすいです。

    <例文>

    • It is a dance group.「ダンス同好会です」
    • I am member of Chorus cluster.「合唱好きが集まるのメンバーの一人です。」

    まとめ

    「クラスタ」は「集団」を意味する言葉で、同じ趣向や考え方を持つ人の集まりを表します。

    つまり、ただの集まりという意味よりも、さらに 一歩踏み込んだ集団のことを指しています。

    そのため、正しい意味を理解して適切に「クラスタ」を使いこなしてくださいね。

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%