「曲解」の正しい意味・読み方とは?例文・類語・英文を徹底解説

曲解の意味とは ビジネス用語

「曲解(きょっかい)」とは 物事や相手の言動などを素直に受け取らないで、わざとねじまげて解釈することという意味があります。

例えば、「好意を曲解されては困る」「言葉を曲解している」という使い方をします。

「曲解」は日常ではあまり使わないですが、ビジネスシーンやニュースでは多用される言葉です。

今回は、そんな「曲解」という言葉の正しい意味から、使い方から類語、間違えやすい「誤解」「歪曲」との違い、英文までを紹介していきます。

1.「曲解 」の意味

物事や相手の言動などを素直に受け取らないで、わざとねじ曲げて解釈すること

曲解

読み方:きょっかい

意味:物事や相手の言動などを素直に受け取らないで、わざとねじ曲げて解釈すること

「曲解」の「曲」は訓読みで、まげる・まがる・くせなどの意味があり、「解」は訓読みで「とく」と読み、わかる・さとるなどの意味があります。

  • 「曲」 = まげる、まがる、くせ
  • 「解」 = わかる、さとる

1文字ずつ見るとより分かりやすくなったと思いますが、わざとや故意に、という言葉が挟まれることを頭に入れておきましょう。

  • スポンサーリンク

  • 2.「曲解 」の使い方と例文

    「曲解」の使い方や例文は以下の通りです。

    • 事実を曲解しないように、説明するべきだ
    • マスコミは、事件を都合の良いように曲解して報道してはならない
    • どうやら彼は、こちらの意図を曲解して受け取っているようだ
    • 彼女にアドバイスをしたが、すべて曲解しており改善に余地が見られない

    使うポイントとしては、 ある事実をわざと捻じ曲げて受け取るため、相手に悪意があるということです。

    次は、「曲解」の類語・対義語について解説します。

    3.「曲解」の類語・対義語

    「曲解」の類語は数多く存在しておりますが、意味が微妙に異なる言葉も多いです。

    特に意味が似ているものや間違えやすい類語、対義語まで紹介します。

  • スポンサーリンク

  • 3‐1.「曲解」の類語

    類語は、 悪意がありわざと変更するといった意味となるもの上げています。

    1. 改竄(かいざん):内容を故意に変更させること
    2. 捏造(ねつぞう):実際になかったことを故意に仕立て上げること
    3. 曲筆(きょくひつ):事実を曲げて文章を書くこと
    4. 曲説(きょくせつ):事実を曲げて説明すること

    「改竄」には、文書などの字句を直すことを言い、特に悪用するために勝手に書き直すといった意味があります。

    「捏造」は、事実ではないものをゼロから創り上げ、さも事実であるように仕立て上げることです。

    「曲筆」は、事実を捻じ曲げて書くこと、「曲説」は事実を捻じ曲げて伝えることを意味しています。

    各類語の例文・使い方

    • 登記簿を改竄する
    • マスコミが事実を捏造したことが公になった
    • 英文を曲筆して訳す
    • 発言内容を曲説した記事が出る

    どれも、「曲解」とは 微妙に言葉の意味が違っているので、適切な場に応じて使い分けられるようにしましょう。

    3-2.「曲解」と「誤解」の違い

    次に、間違えられやすい類語について見ていきましょう。

    1. 曲解 = 物事や相手の言動をわざとねじ曲げて受け取ること
    2. 誤解 = 間違えて受け取ること、勘違いして受け取ること

    「曲解」と「誤解」の大きな違いは、 悪意があるか、ないかという点です。

    「誤解」は、悪意や故意はなく単純に間違って受け取ってしまう、勘違いをしてしまうという意味なので、悪い印象をあまり与えません。

    「誤解」の例文・使い方

    • 彼女の第一印象から誤解していたが、とても良い人だった
    • 彼は悪いやつだと思っていたが、誤解のようだった
    • なぜか彼女がカンカンに怒っているが、多分誤解しているのだろう
  • スポンサーリンク

  • 3-3.「曲解」と「歪曲」の違い

    「誤解」と同じく間違えやられやすいのは、「歪曲(わいきょく)」という言葉です。

    1. 曲解 = 物事や相手の言動をわざとねじ曲げて受け取ること
    2. 歪曲 = 物事や内容をわざとねじ曲げて伝える

    わざとねじ曲げるという点では同じですが、「曲解」と「歪曲」の大きな違いは、受け取るか、相手に伝えるかといった点です。

    細かい違いですが、使い方によって意味が異なってしまうので気をつけましょう。

    「歪曲」の例文・使い方

    • 彼が歪曲して彼女に仕事内容を伝えているのを聞いてしまった
    • そんなつもりはなかったのに、いつの間にか歪曲して伝わっていた
    • 彼の悪い癖は、都合が悪くなると事実を歪曲することだ

    3₋4.「曲解」の対義語

    類語の次は対義語について見ていきましょう。

    1. 受容(じゅよう):受け入れて認めること
    2. 接受(せつじゅ):受け取ること
    3. 鵜呑み(うのみ):疑わずにそのまま受け入れ理解すること

    素直に受け入れるという意味が反対語に当たります。

    対義語の例文・使い方

    • 現実をありのままに受容する
    • 外交文書を接受する
    • 先生の話を鵜吞みにする

    「受容」「接受」といった言葉はニュースなどでもよく耳にします。

    また、簡単に日常で使える言葉に置き換えるなら、受け入れるといった言葉も「曲解」の反対語になります。

  • スポンサーリンク

  • 4.「曲解 」の英語表記は?

    「曲解」は英語表記でdistortion」「 perversion」と表現します。

    <例文>

    • Please explain in detail so that there is no distortion.(曲解がないように詳しく説明してください)
    • This is an absolute perversion of the facts.(これは完全な事実の曲解だ)

    「曲解する」という述語は「twist」またはpervert」と訳します。

    「twist」は、曲げると訳すのでねじ曲げて理解するといった意味があります。

    <例文>

    • She twisted what I said.

    (彼女は私の言ったことを曲解した。)

    また、『distort』には「曲解して伝える」と言った意味があります。

    <例文>

    • The newspaper gave a distorted account of what had happened.

    (新聞は事件を曲解して伝えた。)

    まとめ

    最後にもう一度意味をおさらいすると、「曲解」は 故意に発言や行動を捻じ曲げて受け止めるといった意味になります。

    悪意をもって事実を捻じ曲げるという意味があり、「誤解」とは違った意味を持ちます。

    細かい違いですが、しっかり理解して使い分けられるようにしておくことで、社会常識がしっかりしていると思われるでしょう。

    この記事をご覧になった機会に、ぜひ使用してみてください。

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%