「矜持(きょうじ)」の意味とは?使い方や類語も解説【例文あり】

矜持の意味とは ビジネス用語

「矜持」は「自信」や「誇り」という意味の言葉です。

例えばネットや本の中で「彼は新聞記者としての矜持を捨てなかった。」という形で使われます。

ただ、日常会話ではあまり使わないため、正しい意味や読み方が分からないままの人も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では「矜恃」の正しい意味や使い方を、例文で分かりやすく解説。合わせて、語源や類義語なども紹介していきます。

社会人になると使う場面も増える言葉なので、ぜひこの機会に、完璧に覚えてしまいましょう。

1.「矜持」の正しい意味

意味は「自信や誇りを持って、堂々と振る舞うこと」

矜持

読み:きょうじ

自信や誇りを持って、堂々と振る舞うこと。

「きんじ」と読まれることもありますが、この読み方は誤用が一般的に使われるようになった「慣用読み」になるので、本来の読み方ではありません。

ですので、ビジネスシーンで使う場合は「きょうじ」と読むようにしてください。

また、矜持は「矜」と「持」に分けることができます。それぞれの漢字と意味は以下の通りです。

  • 矜(きょう):矛の柄(矛の持つところ)
  • 持(じ):持つ

矛の柄は昔の武士や兵士がプライド・誇りのよりどころにしていたものです。

一方、「持」の右辺の寺にはじっと保つという意味があります。

これらの漢字を組み合わせることで、「自信や誇りを持って堂々と振る舞う」という意味になりました。

  • スポンサーリンク

  • 2. 「矜持」の使い方と例文

    重みのある表現で伝えたい時に使う

     

    「矜持」は改まった場面で 「職業・立場に基づいた誇り・プライド」を重みのある表現で伝えたい時に使われます
     
    たとえば、表彰式や結婚式などで、紹介したい人に敬意を表したい時によく使われます。

    似た言葉に「自尊心」や「プライド」などがありますが、「矜持」はこれらよりも重みのある表現です。

    それでは「矜持」を用いた例文を以下に紹介します。

    <例文>

    • 彼は大学教授としての矜持を守った。
    • 金銭や名誉に屈することなく私は医師としての矜持を貫いた。
    • 矜持を捨てないことにした。
  • スポンサーリンク

  • 3.「矜持」の類語

    矜持の類語

    自信や誇りを意味する「矜持」ですが、類語にはどんな言葉があるのでしょうか。

    ここでは、「矜持」の類語表現として、以下の3つを解説します。

    「矜持」の言い換え表現としても役立つので、ぜひ確認してください。

    類語1.自尊心

    自尊心

    読み:じそんしん

    自分を優秀だと思う気持ち。尊大に構える心。自分の品位を保とうとする心という意味になります。

    自尊心は矜持に比べれば日常的によく使う言葉です。

    しかし矜持のように「自身を抑制する」というニュアンスがありません。

    ビジネスシーンで使う場合、 「自尊心のある人」と紹介してしまうと尊大なだけの人という誤解を与えてしまうこともあります。

    改まった場面では「矜持」の方が誤解を与えません。

    <例文>

    • 私の母は自尊心の強そうな人が苦手だ。
    • 彼は自尊心を捨てて懇願した。
  • スポンサーリンク

  • 類語2.誇り

    誇り

    読み:ほこり

    誇ること、名誉に思うこと。

    誇りも「矜持」に比べると日常的によく使う言葉です。

    ただし 「誇り」単独ですと「矜持」の「自身を抑制しながら堂々と振舞う」というニュアンスが伝わらないことがあります。

    その代わり「誇り」は分かりやすいく多くの人が知っている言葉で「矜持」よりも伝わりやすいため、言い換えても良いでしょう。

    <例文>

    • 日本人としての誇りを捨てない。
    • 甲子園に出場できたことは我が校の誇りだ。

    類語3.自負

    自負

    読み:じふ

    自分の才能や仕事に自信をもち誇りに思うこと。

    自負は自分の才能や仕事に自信をもち誇りに思うことです。

    「矜持」にも「自分の才能や仕事に自信を持ち誇りに思うこと」という意味があります。

    しかし自負には、さらに 他の人からも目に見える「堂々とした態度」に加え「自身を抑制する」というニュアンスがありません

    自負だけでは伝えられないニュアンスを伝えたい時には「矜持」を使いましょう。

    <例文>

    • 私には長年、職人をしてきた自負がある。
    • キャプテンを続けてきた自負がある。
  • スポンサーリンク

  • 4. 「矜持」の対義語

    矜持の対義語

    「矜持」の類義語を紹介しましたが、対義語にはどんな言葉があるのでしょうか。

    「矜持」は自信に満ち溢れている状態を表している言葉なので、対義語としては自分に自信がない状態の言葉が使われます。

    具体的には以下2つが当てはまります。

    では、詳しく見ていきましょう。

    対義語1.忸怩たる思い

    忸怩たる思い

    読み:じくじたる思い

    自分の行いや言ったことにについて自分で恥ずかしく思うこと、深く恥じ入ること

    「忸怩たる思い」はビジネスシーンや改まった場で、深く恥じ入ることを意味します。

    改まった場で謝罪をする時に、謝罪の言葉と併せて使うことが多い表現です。

    <例文>

    • この度はプロジェクトを成功させることができず忸怩たる思いです。
    • このような不始末を起こしてしまい忸怩たる思いです。

    対義語2.卑屈

    卑屈

    読み:ひくつ

    必要以上に自分の評価を下げ、見下したりいじけたり様子

    必要以上に自分の評価を下げ、見下したりいじけたりする様子

    ネガティブな文脈で使われることが多く相手のことを考えずに自分の評価を下げる言葉です。

    <例文>

    • 彼の卑屈な態度を見ていると悲しくなる。
    • 卑屈にならずに自信を持って行動した方が良い。

    5.「矜持」の英語表現

  • スポンサーリンク

  • 「pride」「dignity」「self-esteem」

    矜持の英語表現

    「矜持」の英語表現は以下の通りです。

    • pride(自尊心、自負心)
    • dignity(威厳、尊厳、品位)
    • self-esteem(自尊心、自惚れ、自負心)

    「矜持」は通常「pride」と訳すことができますが、それ以外にも「dignity」や「self-confidence」といった表現が使えます。

    例文は以下の通りです。

    • I have pride in this work.(私は仕事に誇りを持っている。)
    • She has dignity.(彼女には品位がある。)
    • He has low self-confidence(彼の行動は私の尊厳を傷つけた。)

    6.【補足】「矜持」と「矜恃」の違い

    矜持」と似た言葉に「矜恃」という言葉があります。

    どちらも「自信を持って堂々と振舞う」という意味で使われますが、ニュアンスが少し異なるので、以下の表を見て違いを確認してください。

      矜持 矜恃
    意味 自信・誇りを持って堂々と振舞う 自信・誇りを持って堂々と振舞う
    ニュアンス 誇りを保ちながら自身を抑制する 見るからに誇りがあり堂々と振舞う
    語源の違い 「持」が保つの意味がある 「恃」が相手に伝えるの意味がある

    6−1.「矜持」は自信や誇りを持ちながらも自身を抑えるニュアンス

    「矜持」は自信を保ちながら自身を抑制するというニュアンスがあります。

    保ち抑制するというニュアンスは「持」から来ています。

    「持」の右辺の「寺」の「じっとしている」「保つ」という意味。

    「矜」は自信・誇りという意味ですので、自信をもってじっとしているという意味から自信を持ちながらも、じっと自分を抑えてじっとしているというニュアンスになります。

    6−2.「矜恃」は見るからに自尊心があり堂々と振舞うニュアンス

    「矜恃」は見るからに自尊心があり堂々と振舞うというニュアンスがあります。

    矜恃の「恃」は「頼む」という意味があり、「相手に伝える」「依頼する」といった意味も持ちます。

    そのため「矜」の自信・誇りに「恃」の相手に伝えるという意味が重なり自信を持ち堂々と振舞うというニュアンスになります。

    7. まとめ

    「矜持」の読み方は「きょうじ」です。

    「きんじ」は慣用読みで誤用が広まった読み方です。

    意味は「自信・誇り」ですが「自信を保ちながら自身を抑制する」というニュアンスもあります。

    「職業・立場に基づいた誇り・プライド」を重みのある表現で伝えたい時に使われることが多い表現です

    社会人として恥ずかしくない矜持を持って仕事に励みたいですね。

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%
  • 自分に最適な転職サイトを探すなら

    新着記事