1秒でわかる「糾弾」の意味!類語・対義語・英語まで徹底解説

糾弾の意味とは ビジネス用語

「糾弾」は、「 罪や悪事を起こした対象に対し責任を問いただして責めること」といった意味となります

テレビのニュースで、政治家や組織の代表者を「糾弾する」といった使われ方がされます。

本記事では「糾弾」の詳しい意味や正しい使い方、また「非難」などの類語との違い、英語について解説します。

日常生活において活用する機会はないかもしれませんが、この機会に理解を深めて適切な場面において活用してください。

「糾弾(きゅうだん)」
一覧表

忙しい人のために「糾弾」の一覧表を用意しました。

▼各項目をクリックすると詳しい解説を読むことができます。

意味 罪や悪事を起こした対象に対し責任を問いただして責めること
使い方 会社を糾弾することにした
類語 ・非難(ひなん)
・批判(ひはん)
・弾劾(だんがい) など
対義語 ・論賛(ろんさん)
・三嘆(さんたん)
・讃美(さんび) など
英語表現 blame など

1.「糾弾」の意味

1-1.罪や悪事を起こした対象に対し責任を問いただして責めること

糾弾

読み方:きゅうだん

意味:罪や悪事を起こした対象に対し責任を問いただして責めること

「糾弾」の意味は「 罪や悪事を起こした対象に対し責任を問いただして責めること」となり、読み方は「きゅうだん」と読みます。

罪を起こした対象に責任を問いただして責めると言った構図は、一対一ではなく、多数の人から罪を犯した人・組織などに向けられます。

  • スポンサーリンク

  • 1-2.「糾弾」の語源は「糺弾」

    当初は「糺弾」という漢字が当てられていましたが、「糺」という字が「糾」に書き換えられ「糾弾」という形になりました。

    • 「糾」 = 問いただす
    • 「弾」 = 罪をあばいて、責める

    上記のように、「糾弾」の「糾」には「 問いただす」という意味が含まれ、「弾」には「 罪をあばいて、責める」といった意味が含まれます。

    この2つの漢字を合わせることで、「糾弾」という言葉ができ、「罪や悪事を起こした人に問いただして責める」といった意味となるのです。

    よく似た漢字で「叫」という漢字がありますが、読み方も意味も異なるので間違えないように注意しましょう。

    用語解説の一覧表に戻る

    2.「糾弾」の使い方・例文

    意味が分かったところで、使い方に移ります。

    「糾弾」を使うシーンでは、どのようなシーンがあるのか参考にしてみてください。

    それでは、例文を見てみましょう。

    • 残業代未払いが発覚し、会社を糾弾することにした
    • 実験データの改ざんによる不正行為で糾弾された
    • 糾弾されてもおかしくない事を彼は犯してしまった

    罪を犯したことによって一人が大勢から責められるという図を思い浮かべながら例文を読むと分かりやすくなると思います。

    用語解説の一覧表に戻る

  • スポンサーリンク

  • 3.「糾弾」の類義語

    糾弾の類語

    「糾弾」と似たような類義語の使い分けについて見ていきましょう。

    3-1.「糾弾」の類義語

    • 糾弾・・・罪や悪事を起こした対象に対し責任を問いただして責めること
    • 非難(ひなん)・・・人の欠点や過ちなどを一方的に責めること
    • 批判(ひはん)・・・物事の欠点や誤りなどを指摘し、判定・評価すること
    • 弾劾(だんがい)・・・人の罪や不正、誤りなどを調べ上げ責任を問うこと
    • 論難(ろんなん)・・・人の欠点や誤りなどを論じたて責めること
    • 指弾(しだん)・・・つまはじきにしたり、おしのけしりぞけること
    • 問責(もんせき)・・・責任を問いただすこと
  • スポンサーリンク

  • 3-2.「糾弾」と類義語の違い

    一般的に混同しがちな「非難」ですが、一方的に責めるだけなのか、罪や悪事などの責任を問いただした上で責めるのかの違いになります。

    「弾劾」は「糾弾」の意味に最も近しい言葉ですが、責任を問うレベルの重さが異なり、 「弾劾」の方では事を公にするなど重くなるので注意しましょう。

    その他、文字の通り「批判」では、評価や判定をすることが加わったり、「論難」では、論じることが加わったりと意味が微妙に異なります。

    各言葉の例文を見てみましょう。

    • 一回のミスで激しく非難されることは納得がいかない
    • 皆でしっかりと商品を調べた結果、批判的な意見が集中した
    • 政治家の汚職事件は必ず弾劾される運命にある
    • 彼の認識不足によって問題が発生したことについて論難することになった
    • 彼はいつも突拍子もない発言で周りを驚かせるため指弾されてしまった
    • 製品に不具合が見つかったため、担当者を問責した

    次は対義語について説明します。

    用語解説の一覧表に戻る

    4.「糾弾」の対義語

    糾弾の対義語

    「糾弾」の対義語は以下のようなものがあります。

    • 論賛(ろんさん)・・・人の業績や徳の高い行いを論じたたえること
    • 三嘆(さんたん)・・・心の底から感心し、何度もほめること
    • 讃美(さんび)・・・ほめたたえること

    罪や不正など悪いことを問いただされ責める」⇔「 業績をあげたことなどに対し褒めたたえる」といった形になることから上記のような言葉が当たります。

    例文も見てみましょう。

    • 彼が発明した製品は公に論賛された
    • 彼の仕事に対する取り組みは三嘆に値するものだ
    • 部長は偉大な事業を立ち上げ賛美された

    用語解説の一覧表に戻る

  • スポンサーリンク

  • 5.「糾弾」を英語で使うなら

    糾弾の英語表現

    「糾弾」は英語で、「 blame」となりますが、「非難」といった意味で使われることもあります。

    その他、厳しい批判とされる「denounce」や「弾劾」の意味となる「impeachment」が「糾弾」の意味を指す使い回しをされることがあります。

    「blame」を使った例文をいくつか見てみましょう。

    • he blame an illegal act(彼は違法行為を糾弾する)
    • we blame politician with one voice(私達はいっせいに政治家を糾弾する)

    用語解説の一覧表に戻る

    まとめ

    「糾弾」の意味や使い方、類語、反対語、英語まで解説してきました。

    最後にまとめてみたので振り返ってみましょう。

    • 「糾弾」の意味は、罪や悪事を起こした対象に対し責任を問いただして責めることである
    • 「糾弾」は一対一ではなく、多数の人から罪を起こした人・組織などに向けられる場合に使われる
    • 「糾弾」には似た類語が多数あるけれど、「非難」を始めとしてそれぞれ微妙にニュアンスが異なる
    • 「糾弾」の対義語には「論賛」、英語では「blame」を主に使う

    あまり日常生活において使うことはないかもしれませんが、「非難」を始めとして類語との微妙なニュアンスの違いを知った今、正しく使うことが可能だと思います。

    テレビのニュースや新聞などで、糾弾という文字を目にした時は、誰かにお話する際にでも活用してみてください。

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%