”lol”の意味は(笑)|正しい使い方とその他の省略英語を紹介!

ビジネス用語

You’ve been excited for weeks. lol

(ずっと楽しみにしていたのにね。

「外国の友達とチャットのやりとりをする際 lolという表現をみるけれど、どんな意味か分からない」と感じている人はいませんか?

「lol」は 「laugh out loud」の省略英語で「声に出して笑う」という意味です。

英語圏では若者を中心として非常に多用されています。

日本でも(笑)と表したり「www」という表現を「笑う」という意味で便利に使いますね。

今回は「lol」の意味、使い方、応用編、「笑う」を表す英語表現、そして「lol」以外の「笑う」を表す省略英語を解説します。

ぜひマスターして、やりとりを今どきの省略英語で自然にこなしてみましょう。

1.スラング「lol」の意味とは

意味は、声に出して笑う

lol

laugh out loudの省略

読み方:エルオーエル、ラフアウトラウド

声に出して笑う

「laugh」だけでは「笑う」ですが、 「out loud」を付けると「声に出して笑う、音を出して笑う」という意味になります。

自分だけでクスクスと笑うというよりも「ハハハ!」と声に出てしまうくらい面白い時の表現です。

標記の方法は「lol」の他にも以下の様に表されることがあります。

  • lol
  • LOL
  • Lol
  • スポンサーリンク

  • 「lol」のマイナーな意味

    「lol」は 基本的には「laugh out loud」の省略ですが、時に以下の意味で使われる場合もあります。

    1. lots of love(愛を込めて、愛を送ります)
    2. league of legends(リーグオブレジェンド)

    「lots of love」は「今日は大事なテストがあるんだ!」などと言われた時に「頑張ってきてね!愛をこめて○○より」のような使い方をします。

    相手に自分の心からの気持ちを伝える時に便利な表現です。

    「league of legends」はオンラインゲームの名前です。

    例えば「world of warcraft」を「wow」と呼ぶように、英語圏では頻繁にゲームのタイトルが短く省略されます。

    2.「lol」の使い方

    「lol」は 日本語の(笑)と同じく、親しい仲の人に手紙やメッセ―ジを書くときの表現です。

    また(笑)のように文章の終わりに付けることもあれば、「laugh out loud(声を出して笑う)」の動詞として文章の途中に使うこともあります。

    (笑)と同様、フォーマルな表現ではないので、ビジネス資料や目上の人への手紙、メールなどには用いません。

    「lol」をよく見るシーンは以下の通りです。

    1. 面白い時、笑った時
    2. 自虐で「ハハハ…」と表す時
    3. 相手のメールに何と答えたらいいか分からない時

    相手が真面目に相談などをしている時に「lol」を使うと、非常に失礼で気を悪くさせてしまいます。

    自分のことには自虐や悲しい事、辛い事にも「lol」を使えますが、相手に使う際には注意しましょう。

    それぞれのシーンで使われる「lol」の使い方を、以下の例文で見てみましょう。

    • I entered the classroom, then it was the totally different class. I was embarrassed. lol
      (クラスに入ったら全然違う教室で恥ずかしかったよ!
    • I was on diet since September. Now it’s December and I am fatter. Lol
      (9月からダイエットを始めて、今12月でしょ。9月より太ってるんだけど。
    • I saw you were with another girl today.-LOL
      (今日、違う女の子と歩いているのを見たんだけど。-
  • スポンサーリンク

  • 2-1.「lol」の応用編

    「lol」は以下の様に応用させて使われることがあります。

    1. loled⇒過去形として「笑った」
    2. lolz⇒複数形として「すごく笑った」「すごく面白い」
    3.  lollllll⇒「大爆笑」
    4. for the lols⇒「笑うために、楽しむために」

    「lol」が「laugh out loud」だからといって「loled」が「laugh out louded」の省略というわけではありません。

    これらの応用編は、 あくまでも雰囲気を伝えるためにアレンジされたものです。

    それぞれのフレーズは、の例文のように使われます。

    <例文>

    • I loled what my mom did today! She brought the TV controller instead the iPhone!
      (今日お母さんのこと笑っちゃったよ!iPhoneと間違えてリモコン持ってきちゃったんだ!)
    • She was thought she was a Jr. high school student twice.lolz
      (彼女、2回も中学生に間違われてたよ!
    • Hey, did you eat the plate on the counter? That was dog foods.lolll
      (ねぇ、キッチンに置いてたやつ食べた?あれ、ドッグフードだったんだけど。大爆笑
    • I went to see the comedy movie for the lols.
      笑おうと思ってコメディ映画を見に行ったよ。)

    次は「lol」以外で(笑)を表したい時に使える省略英語を紹介します。

    3.「lol」以外の「(笑)」を表す省略英語

    英語圏では「lol」の他にも、以下のようなスラングを(笑)の意味合いで用います。

    1. haha⇒「ハハ」
    2. LMAO⇒「ルマオ」
    3. ROFL⇒「ロフル」

    どれも友達や家族との会話で使われることが多いので、ぜひ確認してみましょう。

  • スポンサーリンク

  •  3-1.haha

    「haha」の意味は以下の通りです。

    【haha】

    「ハハ」と笑う表現

    文章が終わってから使う日本語の(笑)のような意味合いです。

    「lol」のように、 面白い時だけではなく皮肉や返答に困ったときなどにも使います

    ただし「lol」と比べると「笑い」の度合いが低めなので、声に出すほどの事ではないものに対しても頻繁に使います。

    「haha」以外にも「HAHA」「Haha」など標記方法があるので、例文を以下で見てみましょう。

    <例文>

    • I decided to lose weight, but ate the burger. HAHA
      (痩せようって決めたのに、バーガー食べちゃった。ハハ
    • If you come to my house, I have to prepare for tons of foods!haha
      (家に来るなら、大量のご飯を用意しとかなきゃだね!
    • The snack you bought at the foreign country made me have stomachache. – Haha. I’m sorry!
      (君が外国で買ってきたお菓子食べたらお腹痛くなったよ。-。ごめんごめん。)

     3-2.LMAO

    「LMAO」は以下の意味があります。

    【LMAO】⇒「laugh my ass off」の略

    おしりがもげるほど笑う、大爆笑

    日本では「おしりがもげるほど笑う」という表現はしませんが、お尻がもげるくらいの勢いで体を震わせて笑うという意味合いです。

    「LMAO」も「lmao」と小文字で標記する場合もあります。

    「lol」よりも、 もっと面白い事や笑いの止まらない事に対して以下の例文のように使います。

    <例文>

    • I forgot to wear the under pants.- LMAO!
      (パンツ履いてくるの忘れちゃった。-大爆笑!)
    • You know what, I brought my dad’s lunch box. He must be starving right now.lmao
      (お父さんのお弁当持ってきちゃったから、今頃お腹すかせてるはずだ。
  • スポンサーリンク

  •  3-3.ROFL

    「ROFL」は以下の意味があります。

    【ROFL】⇒「rolling on the floor laughing」の略

    転がり回るほど笑う、腹を抱えて笑う

    「ROFL」の場合も 「lol」より大爆笑の時に使う表現ですが、「LMAO」との使い分けは自分の好きな方を使う人が多いです。

    では「ROFL」を使った例文を以下で見てみましょう。

    <例文>

    • I told my dad I had a boyfriend. He was freaking out.-ROFL
      (お父さんに彼氏がいること言ったら、てんぱってた。-ウケる!)
    • The lady told me my girlfriend was cute, but she was just my sister!ROFL
      (女の人が彼女可愛いわねって言ってくれたんだけど、妹なんだ。大爆笑

    4.「笑う」の英語表現

    「lol」が使えない時には、以下の「笑う」という意味のある表現を使いましょう。

    1. laugh:笑う
    2. giggle:クスクス笑う
    3. die laughing:笑い死ぬ
  • スポンサーリンク

  • 4-1.laugh

    「laugh」は 「笑う」という意味で「laugh at~」の形で使います。

    「at」の後には笑った対象の物や人が入り、以下の例文のように表現します。

    <例文>

    • I laughed at my mom because she thought I was you.
      (お母さんが私をあなたと間違えたから笑っちゃったよ!)
    • She laughed at the comedy.
      (彼女はコメディに笑っていたよ。)

    4-2.giggle

    「giggle」は声を出して笑うというよりも 「クスクス」と控え目に笑う表現です。

    「giggle」を名詞として使うと「クスクス笑い」となり、「giggle at~」と表すと「~にクスクス笑う」という意味になります。

    では以下で「giggle」の使い方を紹介します。

    <例文>

    • The baby gave me a cute giggle.
      (赤ちゃんが可愛くクスクス笑った。)
    • He giggled at my face.
      (彼は私の顔を見てクスクスと笑った。)

    4-3.die laughing

    「die laughing」は 「笑い死ぬ」という意味で「大爆笑」のニュアンスで使われます。

    「laugh」や「lol」と比較しても、より面白い事や愉快な事に対して使います。

    「die laughing」は以下の例文のように使われます。

    <例文>

    • I almost died laughing.
      笑い死ぬかと思ったよ。)
    • You looked like you would die laughing.
      笑い死ぬかと思うくらい笑っていたね。)

    まとめ

    「lol」は 「laugh out loud」の省略英語で「声に出して笑う」という意味です。

    日本語での(笑)のように手紙やメールなどで多用されるスラングなので、フォーマルな文章などには使わないようにしましょう。

    また、より「大爆笑」の意味合いを出したいときには「LMAO」や「ROFL」といった省略英語も使われます。

    ネイティブの使うスラングをマスターし、自然な英語のやりとりができるようになると周りからも「お!」と感心されるでしょう。。

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%