「マッチポンプ」の意味とは?使い方や例文・マッチポンプの事例を解説

マッチポンプの意味とは ビジネス用語

「マッチポンプ」とは、 「自分が起こした問題を自ら解決することで、賞賛や利益を得ようとするさま」という意味です。

「マッチポンプ商法」や「マッチポンプ方式」という形で耳にすることが多いのではないでしょうか。

今回は、なかなか聞き慣れない「マッチポンプ」の意味やその由来、さらにはマッチポンプ商法の事例ついても紹介します。

1.マッチポンプの意味

「自分で起こした問題を自ら解決することで、賞賛や利益を得る」という意味

マッチポンプ

意味:自分で起こした問題を自ら解決することで、賞賛や利益を得る

「マッチポンプ」を一言でいいますと「自作自演の問題解決」です。

たとえば、よくある「オレオレ詐欺」もひとつのマッチポンプです。

オレオレ詐欺では「急にお金が必要になったんだけど…」とお年寄りを騙して、お金を要求するのが一般的な手口ですよね。

これも、自分で問題を作り上げ、解決法を提示してお金を集めようとする、マッチポンプの典型例といえます。

  • スポンサーリンク

  • 「マッチ」と「ポンプ」で意味を理解する

    自分の「マッチ」で火をつけておきながら、あたかも善良な人のふりをして「ポンプ」で火を消す。

    そうして何も知らない人々から賞賛や利益を得ようとすることを「マッチポンプ」と言います。

    批判や皮肉の意で使われますので、ネガティブな用語と言えるでしょう。

    「ポンプ」での火の消し方は、解決策を提示するケース以外にも、問題自体をもみ消したり、うやむやにするなどしてとにかく事態を収拾させる、というケースもあります。

    2.マッチポンプの言葉の由来

    「マッチポンプ」は外国語ではありません。

    実は1960年代の日本の国会で誕生した和製英語です

    当時、田中彰治国会議員が「マッチポンプ」式の罪を犯し、「政界のマッチポンプ」というあだ名がつけられるといった事件がありました。

    これが「マッチポンプ」という言葉ができた始まりと言われています。

    当時発生した事件の概要】

    【マッチ】
    ⇒田中議員が政財界の癒着問題を国会に提議

    【ポンプ】
    ⇒問題の当事者に金銭を要求し、金銭が手に入ると提議した問題を取り消す

    この事件は、「国民の味方、善良な国会議員である」と国会で振る舞いつつ、その裏で問題の当事者から金銭をせしめるという偽善的なものでした。

    こうした由来から、 自作の問題を自分で解決したり、もみ消したりして終わらせる様子や行動、中でも偽善的な事柄に対して「マッチポンプ」という言葉が使われるようになりました。

  • スポンサーリンク

  • 3.マッチポンプ商法とは?使われる場面の例

    「マッチポンプ商法」とは、「善良な人や会社のふりをして、その裏で悪いことをして利益を得る商法」のことです。

    世の中にどのような「マッチポンプ商法」があるのか、具体的に見ていきましょう。

    3-1.シロアリ駆除詐欺

    シロアリという害虫の駆除をする会社が実際に起こした詐欺事件のことを「マッチポンプ商法」の一例としてご紹介します。

    【マッチ】
    ⇒シロアリ駆除の会社が「シロアリの検査をさせてほしい」と言って軒下に入り、もともとはいなかったシロアリを放つ

    【ポンプ】
    ⇒「シロアリがいたので駆除しましょう」と言ってシロアリ駆除代金を家主に支払わせることで、儲けを得る

    善良な会社のふりをして、「マッチポンプ」を行い商売をしていることがわかります。

    もちろん、ほとんどの会社は善良な会社ですので「シロアリ駆除の会社」が、「マッチポンプ」をしているというわけではありません。

    ただ、中にはこうした会社、事件があったということです。

  • スポンサーリンク

  • 3-2.ステルスマーケティング

    「ステルスマーケティング」も、「マッチポンプ商法」の一つと言われています。

    特に、2012年の「有名人ブログにおけるオークションサイトのステルスマーケティング」では、休業に追い込まれた有名人が何人もいましたので、記憶にある方もいらっしゃるかもしれません。

    なお、「ステルスマーケティング」とは、消費者に宣伝であると気付かせずに宣伝活動を行うことを指します。

    【マッチ】
    ⇒企業が有名人に金銭を渡し、商品・サービスの宣伝広告であることを隠した上で、有名人のブログで商品・サービスを紹介してもらうよう依頼する

    【ポンプ】
    ⇒芸能人が本当にプライベートで利用していると信じた消費者に商品・サービスを購入してもらうことで、儲けを得る

    登場人物が「企業」「有名人」「消費者」と3人の関係となりますが、「企業」と「有名人」が善良であるふりをして「消費者」に対して「マッチポンプ」を行わっていることが分かります。

    3-3. 動物病院での診察・治療詐欺

    動物病院で獣医師による「マッチポンプ商法」というものが存在します

    【マッチ】
    ⇒獣医師が犬の診察をした際、健康であるにもかかわらず、不要、もしくは有害な治療を勧める

    【ポンプ】
    ⇒治療が必要であると信じた飼い主に多額の治療費を払わせることで儲けを得る

    善良なふりをして獣医師が飼い主を裏切り、利益を上げていたことに世の中は衝撃を受けました。

    もちろん、ごく一部の病院に限って起こった話ではありますが、命に携わる職業のひとたちがこのようなことをするとは恐ろしいですね。

  • スポンサーリンク

  • 4.マッチポンプの類語

    マッチポンプの類語
    冒頭で「マッチポンプ」を一言で「自作自演の問題解決」と表現しました。

    「マッチポンプ」の類語として「自作自演」「やらせ」という言葉があげられますので、一つずつ紹介していきます。

    4−1.自作自演

    「自作自演」とは、自分の利益のために作り事を計画し、実行までを行うことを指します

    例えば、ダイエットサプリメーカーの女性社員が一般人を装って「これを毎日使ったら1ヶ月で○キロ痩せました」とインスタグラムで宣伝をしたということが問題になり、ニュースになりました。

    そのニュースをあなたが見た時に、このように言うことができます。

    例文:「彼女が行った自作自演は、会社ぐるみで行われたものかもしれないね」

    なお、「自作自演」は、もともとは「自分で作った曲を自分で演奏する」、「自分で作った脚本を自分で演じる」というように悪い意味ではありませんでした。

    しかし、今ではネガティブな意味で使われることが多いです。

  • スポンサーリンク

  • 4-2.やらせ

    「やらせ」とは、「あらかじめネタを仕込むなど捏造をしたことを隠したまま、事実そのものであるかのように装うこと」です。

    例えば、普段はTシャツにジーンズで生活をしている原住民の方に、裸族を演じてもらうよう依頼し、それをカメラに収めて番組を作り上げることは「やらせ」です。

    そのテレビ番組をあなたが見た時に、このように言うことができます。

    例文:「この番組はやらせっぽいね。君もそう思わない?」

    残念ながら、メディアでは視聴率を取るために「やらせ」が行われることがあります。

    5.マッチポンプを英語表現

    マッチポンプの英語表現

    「match pump」は英語の辞書に載っていない

    マッチポンプは和製英語です。

    そのため、「match pump」は英語の辞書に載っておらず、「He is a match pump」では伝わりません。

    そのため、文脈や意味を捉えた上で英訳する必要があります。

    「彼はマッチポンプだ」

    →「彼は、その問題を解決することで信用を得ようとする類の人である」

    He’s a person who stirs up trouble in order to gain the credit for solving the problem.

    また、「マッチポンプ」を「自作自演」に置き換えますと、「自作自演」に該当する英語は存在します。

    「彼のやっていることはマッチポンプだ」

    →「すべては彼の自作自演(ワンマンショー)だ」

    He’s running a one man show

    また、「やらせ」に該当する英語は「setup」ですので、

    「結局マッチポンプでしょう」

    →「やらせだと思うよ」

    I think it’s a setup. 

    和製英語を英訳するのはなかなか骨が折れますので、一旦、類語の「自作自演」「やらせ」に置き換えてから訳するとスムーズです。

    6.まとめ

    「マッチポンプ」はビジネス用語の一つです。

    60年前に政界で生まれ、今でも様々な場所で使われますので覚えておいて損はありません。

    ネガティブな事柄を表す言葉ではありますが、ビジネスシーンで「まるでマッチポンプですね」とお若いあなたが言ったなら、きっと周囲の人のあなたを見る目が変わるでしょう。

    未来を担うビジネスマンのあなたには、言葉の由来を含めてぜひ知っておいて欲しい言葉です。