「目処(めど)」と「目途」は同じ意味?正しい意味や使い方を紹介

目処の意味とは ビジネス用語

「来年○月△日完成を目処とする」…一見正しいように感じますが、「来年○月△日完成を目途とする」と指摘されたら、混乱しますよね。

「目処(めど)」とは 「物事の見通し」や「目当て、目標」の2つの言葉の意味があります。

「目処」の正しい意味や使い方を知ることで「目途」の意味も理解し、微妙な使い分けもできるのです。

そこで本記事では「目処」の正しい意味や使い方、比較されやすい「目途」との違いや類語、英語表現も紹介します。

スケジューリング構築や問題解決の見通しなど、各種予想を周囲に伝えやすくなりますよ。

是非、参考にしてみてくださいね。

1.「目処(めど)」の意味は?

1-1.「物事の見通し」または「目当て、目標」という意味

最初に「目処(めど)」の読み方や意味を紹介します。

目処

読み:めど

  1. 物事の見通し
  2. 目当て、目標

「目処(めど)」とは「物事の見通し」や「目当て、目標」の2つの意味がある言葉です。

その意味を示すかのように、以下の例文通りに ビジネスや日常生活構わず幅広く使われる言葉でもあり、無意識でも使っている人も多い言葉のひとつです。

例文

  • バグフィックスの目処が立ったので、次の更新までのアップは間に合いそうだ
  • 今度のGW出発を目処に女子会旅の計画を立てる

さらに漢字を分けて意味を確認します。

  • 」:(様々な意味がある中)目印とし、内容を示すもの
  • 」:(様々な意味がある中)収める、充てる、置く場所

この2つの漢字を繋げると「目印とし内容を示すものを収める」、となり転じて「物事の見通し」と現在は解釈されています。

  • スポンサーリンク

  • 1-2.「目処」の言語由来

    また「目処」は、「メドハギ」という名前の植物が由来ともされています。

    この「メドハギ」とは易占いで使用する竹棒の材料とされており、「メド」という別名でも呼ばれています。

    将来に向けての方向性を示す「易占い」であることからも「メド」は「目当て、目標、見当」意味する、といわれているのです。

    2.「目処」の正しい使い方

    次に「目処」の正しい使い方を紹介します。

    「目処」の意味に「目標」や「目的」も含まれていますが、 主に「物事の見通し」の意味で使われ、特に以下の3つの「目処」の使い方が多いでしょう。

    1. 目処が立つ
    2. 目処がつく
    3. 目処をつける

    それぞれ説明します。

  • スポンサーリンク

  • 2-1.「目処」が立つ

    目処が立つ

    読み:めどがたつ

    1. ものごとの見通しが立つ
    2. (計画遂行などの)終わりが見えてくる

    長期スパンの開発プロジェクトや、サービス展開の場合、得てして先が見えないものです。

    状況を見ながらの「終わり」を決めるやり方なら、尚更不透明感はぬぐえません。

    そのような状況の中、 開発プロジェクトが終了する時期が見える、またはサービス展開が満了するタイミングが解ってくる時に「目処が立つ」は用いられます。

    例文

    1. お陰様で、辛うじて何とか目処が立ちそうな状況です。
    2. 新規店舗を何とかオープンさせたが、スタッフ増員への目処が立つ動きが全くない。

    2-2.「目処」がつく

    目処がつく

    読み:めどがつく

    • 実現・解決などの見通しがつく

    様々な問題やトラブルが立て込み、しばらく 詰んでいた状態からの脱却や解決の見込みが付きそうなときに「目処」がつくが用いられます。

    時間的な区切りよりは「解決手段が決まった」意味合いが強い「目処」の使い方です。

    例文

    1. 解決の目処がつかない限り、モチベーションがいつまでも維持できるはずがない。
    2. 書類完成の目処がついたから、少し休憩したいと先輩にいうと「とりあえず仕上げろ!」と突っ込まれた。
  • スポンサーリンク

  • 2-3.「目処」をつける

    目処をつける

    読み:めどをつける

    1. 見当をつける
    2. 見通しを立てる

    「目処がつく」が「解決手段が決まった」意味合いに対し、 「目処をつける」は「解決手段を決める」を意味します。

    また、時間的な区切りにも用いられます。

    例文

    1. 今建築中の病院完成の、おおよその目処をつけたらしい。
    2. このままではスケジュールの埒が明かないから、先に締め切りの目処をつける

    2-4.「目処」を使った例文

    以下は「目処」を使った様々な例文の一例です。

    1. 本日16:00を目処に、第2工場へ出荷準備の連絡をしていただけますか?
    2. B部長が企画会議に参加する時間を目処に、先方の担当者に連絡した方が無難でしょう。
    3. 帰社時刻を目処に業務日誌の提出をお願いします。
    4. 各種会議資料は「まとめ」を目処にした上で、一旦A部長に仮提出をお願いします。

    期限を切る、特定時間を設定するなど、 時間に絡んだ「目処」の使い方が特徴的です。

  • スポンサーリンク

  • 3.「目処」と「目途」の違い

    次に「目処」とよく比較される「目途」を紹介します。

    3-1.「目途(めど)」の意味:目標

    目途

    読み:めど/もくと

    1. 目標
    2. 目当て、目的

    「目途(めど)」は 「目標」や「目当て、目的」等の意味を持つ言葉です。

    「目処」と似たような使い方ができますが、主に「目標」の意味で多く使われます。

    また「目途」は、「目処」を元にしたいわゆる「和製漢語」とされており、「目途」の「途」は当て字です。

    つまり「目途」は「目処」より新しい言葉になります。

    さらに「もくと」が正しい読み方であり「めど」は後から読まれるようになった読み方です。

    ちなみに「和製漢語」とは、日本国内で 日本人によって作られた「漢語」のことを言います。

  • スポンサーリンク

  • 3-2.「目処」と「目途」の違いまとめ

    「目処」と「目途」の違いをまとめました。

     

    目処

    目途

    読み方

    めど

    もくと/めど

    主な意味

    物事の見通し、目標

    目標

    漢語?和語?

    和語

    和製漢語

    主な用途

    ビジネス・日常

    公的文書・マスコミ

    共通の意味や読み方がありながらも、 別の読み方や意味がある上に言語由来も異なり、用途も異なる点が特徴的です。

    4.「目処」の類語表現と例文

    次に「目処」の5個の類語や言い換え表現と例文を紹介します。

    • 展望(てんぼう)
      ⇒ プロジェクトの動きや計画が進む先を見渡す
    • 見当がつく(けんとうがつく)
      ⇒ 大体において妥当と思われる予想や見込みが可能
    • 見通しが立つ(みとおしがたつ)
      ⇒ 今後の予測ができることを提示する
    • 目算が立つ(もくさんがたつ)
      ⇒ 状況予測や、それに基づいた計画
    • 目鼻がつく(めはながつく)
      ⇒ 物事の大体の見通しが立つ

    それぞれの類語を使った例文は以下の通りです。

    <「展望」を使った例文>

    • 具体的に組まれた会社の展望に基づきながら、今日も仕事に取り組む。
    • 3年後のプロジェクト展望を見据える。

    <「見当がつく」を使った例文>

    • 担当のその表情から先が明るいと見当がつく
    • 先方との交渉がきっかけで解決の見当がつき、やっと予算が認められた。

    <「見通しが立つ」を使った例文>

    • 主任の連日の交渉とスタッフの頑張りで、締日までの見通しが何とか立つ
    • 何とかスタッフがアサインできたから、やっとプロジェクトの立ち上げの見通しが立った。

    <「目算が立つ」を使った例文>

    • これだけのスタッフと予算と時間があれば、余裕で目算が立つ
    • 同じようなプロジェクトなら充分目算が立つのに、なぜ予定が狂うのだ?

    <「目鼻がつく」を使った例文>

    • 3か月前はまだ影も形もなかった企画なのに、目鼻がついてから変貌した。
    • 拙い提案だったけどおかげさまで目鼻がつき、今や主力案件となっている。

    いずれの類語や言い換え表現も 「目処」の意味と非常に近く、「目処」に置き換えても全く問題が無い点が特徴的です。

    5.「目処」の英語表現

    最後に「目処」の2個の英語表現を紹介します。

    1. Goal 
      ⇒目標、目的
    2. Prospect
      ⇒将来の見通し

    それぞれ説明します。

    5-1.「Goal」

    「Goal」には「目的、目論見」以外にも以下のような意味を含む英単語です。

    • 目当て
    • 目的地
    • 行く

    目的、目論見」や「目標」等の意味が「目処」の意味に該当し、転じて「目処」と解釈されます

    堅い表現として「The goal」と使う場合もあります。

    例文

    1. Whatever you think the goal is to settle for this term
      ⇒どう考えても今期決算までが目処
    2. Half a year from today it may be the goal of its development
      ⇒本日から半年間が、その開発の目処かもしれない

    5-2.「Prospect」

    「Prospect」には「将来の見通し」以外にも以下のような意味を含む英単語です。

    1. 見込み
    2. 展望
    3. 予想

    「将来の見通し」や「展望」等の意味が「目処」の意味に該当し、転じて「目処」と解釈されます。

    例文

    1. The prospect of this development project will be March
      ⇒この開発プロジェクトの目処は来年3月
    2. I want at least a prospect the summer of events
      ⇒せめて夏のイベントを目処としたい

    5-3.「I can see the light at the end of the tunnel.」

    ちなみに、次のような表現方法も存在します。

    I can see the light at the end of the tunnel.
    ⇒ トンネルの先に光が見えます

    長いトンネルでも、先があるならそこに到達できる時間を予測できる」の意味があり、転じて「目処」と解釈できるのです。

    例文
    I can finally see the light at the end of the tunnel called this software development.
    ⇒このソフト開発というトンネルの先にもやっと光が見えます。

    まとめ

    「目処(めど)」とは 「物事の見通し」や「目当て、目標」の2つの意味がある言葉です。

    「目途」の意味や使い方を知ることで、「目途」や「目度」などの同じ読み方でほぼ同じ意味の類語もあり、改めて目標や目的などタイムテーブル的な表現は繊細であることを学びました。

    だからこそ、社会人であるなら正しく使いこなし、計画目標やスケジュール等正確に伝えたいものですね。

  • 1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス

    4. 現在の年齢は?

    5. こだわり条件

    最適度0%