「面目ない」は謝罪ではない!ビジネスシーンでは使えない?

面目ないの意味とは ビジネス用語

初歩的なミスで迷惑をかけてしまって、面目ないです…。

「面目(めんぼく・めんもく)ない」は、「合わせる顔がない、恥ずかしくて顔向けができない」という意味です。

ビジネスなどのフォーマルシーンで「面目ない」というフレーズを聞くことがありますが、これを「申し訳ない」という意味で理解している人はいないでしょうか?

「面目ない」には謝罪の意味は込められていないため、謝罪シーンで使うと相手に違和感を与えてしまう可能性があります。

今回は「面目ない」の意味や正しい使い方、類義語、英語表現など順を追って解説していきます。

1.「面目ない」の意味は?

まずは、「面目ない」の読み方と意味を以下で紹介します。

面目ない

読み:めんぼくない・めんもくない

合わせる顔がない・恥ずかしくて顔向けができない

この「面目ない」は、 「面目」が「ない」状態を示す慣用句です。

では、「面目」の意味を確認してみましょう。

【面目】⇒外からの評価・世間体・世間から見た立場

つまり、このような世間体が「ない・崩れた」様子から、「合わせる顔がない」という意味なのです。

1-1.「面目ない」の由来

「面目ない」の「面目」は、仏教用語の「めんもく(面目)」という言葉が由来です。

この「面目」は、 「人間が生きているそのものの姿、意識や活動、生活といったもの以前の、本来の命の有り様」という意味です。

仏教用語では、「本来の面目(めんもく)」といった言葉として用いられ、「本来の真の姿」を指します。

これを「めんぼく」と読むと、「真の姿」といった意味が「合わせる顔・立場・名誉」という意味になります。

「面目ない」として使う際は「めんぼく」「めんもく」どちらでも大丈夫ですが、正確なニュアンスに従うと「めんぼくない」が正しい使い方です。

  • スポンサーリンク

  • 2.「面目ない」の使い方

    「面目ない」は、 自分のおかした失敗やミスに対して恥ずかしい感情をもっている時に使います。

    また、「恥ずかしい!」といった感情はなくとも、簡単なミスや誰でもできるようなことを失敗してしまったような状況でも使われます。

    目上の人などに使う際は「面目ないです」ではなく、「面目ありません」「面目次第もありません」というフレーズに変えると、より丁寧に聞こえます。

    では、以下の例文で「面目ない」の使い方を見てみましょう。

    • 自分のミスでこのようなことになって、面目ない
    • ご指示をしていただいたのに、面目ありません
    • 私の不注意で初歩的なミスをしてしまいました。面目次第もありません

    2-1.「面目ない」は「申し訳ない」ではない!

    「面目ない」は失敗をした時によく聞く言葉ですが、 「申し訳ない」という謝罪の意は含んでいません

    そのため、相手に迷惑をかけた際や、謝罪を必要とする場面では「面目ない」は適切な表現ではありません。

    以下の表で「面目ない」と「申し訳ない」の違いをしっかり理解しておきましょう。

      面目ない 申し訳ない
    意味 恥ずかしくて顔向けができない 弁解のしようがなく反省している
    ニュアンス 恥ずかしい 謝罪・反省

    このように「面目ない」は、あくまでも「恥ずかしい・合わせる顔がない」というニュアンスです。

    迷惑をかけたのに「面目ありません」というと、相手は「恥ずかしいのは分かっている!反省の意はないのか?」と不快になります。

    ビジネスシーンでも使う機会はたくさんありますが、迷惑をかけた時には、以下のように一緒に謝罪のフレーズを入れましょう。

  • スポンサーリンク

  • 2-2.「面目ない」と「かたじけない」の違い

    「かたじけない」の意味は以下の通りです。

    かたじけない⇒恐れ多い・ありがたい

    「かたじけない」は、相手に何かをしてもらった時や褒めてもらった時に 「自分にそんな厚意は恐れ多いです。ありがとうございます」というニュアンスで用います。

    では、「面目ない」と「かたじけない」の違いについて確認してみましょう。

      面目ない かたじけない
    意味 恥ずかしくて顔向けができない 恐れ多い・ありがたい
    ニュアンス 恥ずかしい 感謝

    相手に対して身を低くしている姿勢は同じですが、意味を理解すると全く違うニュアンスだということが分かりますね。

    「面目ない」と「かたじけない」のニュアンスの違いは、以下の例文で確認してみてください。

    • 自分のミスで迷惑をかけてしまって面目ないです。申し訳ありません。
    • 迷惑をかけたのに、優しい言葉をかけていただいて、本当にかたじけないです。

    3.「面目無い」類語表現

    「面目ない」の類語表現には、以下の言葉があります。

    1. 言い訳のしようがない
    2. 穴があったら入りたい

    それではそれぞれの言葉を以下で詳しく見ていきましょう。

  • スポンサーリンク

  • 3-1.言い訳のしようがない

    「言い訳のしよがない」とは、 「弁解する余地もない、説明する手立てがない」という意味です。

    何か失敗をしてしまった時、原因となった事情を説明することがありますが「事情を説明する余地もなく、自分の責任です」といった意味で使われます。

    相手に使う際は、「理由は何であれ、君の責任だ。君が起こしたことだ」と、相手を強く責める意味になります。

    そのため相手に丁寧な言葉を使いたいビジネスシーンでは、「言い訳のしようがない」は使わないようにしましょう。

    「言い訳」には「責任転嫁」のようなネガティブなニュアンスがあり、印象が良くありません。

    では、「言い訳のしようがない」を使った例文を以下で見てみましょう。

    • 昨日は具合が悪くて遅刻したといっていたけど、今日は言い訳のしようがないよね。
    • 今回の失敗については、何も言い訳のしようがない

    3-2.穴があったら入りたい

    「穴があったら入りたい」は、 「恥ずかしさのあまりこの場から姿を隠したい、消え入りたい」という意味があります。

    穴に入って隠れることで人目を避けるという動作が、失態や失敗を恥じていることを表しています。

    「穴があったら入りたい」は「面目ない」に比べると、失敗を恥ずかしがる度合いはやや弱く、日常的なおかしい失敗などに用いられることが多いです。

    では、以下で例文を紹介します。

    • 知ったかぶって知識を披露したけど、彼の方が詳しかった。穴があったら入りたかったよ。
    • 彼女のことを「母さん」って呼んだときは、穴があったら入りたい気分だったね。
  • スポンサーリンク

  • 4.「面目無い」の英語表現

    「面目ない」を英語で表現したい時には、以下のフレーズを使いましょう。

    1. ashamed(恥の、恥ずかしい)
    2. embarrassed(恥ずかしい)

    ①の ashamed と②の embarrassed は、同じ「恥ずかしい」という単語ですが、 ashamed の方が「恥ずべき・恥になる」といった強いニュアンスが含まれています。

    笑えないほどの失敗をしてしまった時は ashamed を使うのが良いです。

    では、以下でそれぞれの単語を用いた例文を確認してみましょう。

    • I am ashamed of myself to make such a huge mistake.
      (こんなに大失態をおかしてしまって面目ない。)
    • I was ashamed that my pants fall down.
      (ズボンがずり落ちちゃって恥ずかしかった。)
    • Your attitude embarrassed me because it was childish.
      (幼稚な態度をとるから、私が恥ずかしかったわ。)
    • I was embarrassed of my dog pooping in front of everyone.
      (愛犬が大勢の前でトイレをしてしまって恥ずかしかったよ。)

    まとめ

    「面目(めんぼく・めんもく)ない」は、「 合わせる顔がない・恥ずかしくて顔向けができない」という意味です。

    何か失敗をおかしてしまい、「恥ずかしい」という心境を表す時に使います。

    しかし、相手に迷惑がかかって謝罪が必要な場面では、反省の意がうかがえず失礼な表現となりますので、必ず謝罪のフレーズを一緒に使いましょう。

    「面目ない」を正しく使用して、大事な場面で社会人としての「面目」が失われないように心がけましょう。

  • 1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス

    4. 現在の年齢は?

    5. こだわり条件

    最適度0%