「マイノリティ」とは?意味や使い方を例文で徹底解説

マイノリティの意味とは ビジネス用語

「マイノリティ」は、 「少数派」「少数」「社会的少数派」といった意味があります。

一昔前よりも人々の多様性が高まり、この言葉を目にする機会もだいぶ多くなりましたね。

今後もネットやニュースで使われることが多くなるので、正しい意味や使い方を覚えておいた方がよいでしょう。

今回は、そんな「マイノリティ」の詳しい意味や類義語や対義語をわかりやすく解説していきます。

ぜひ参考にしてください。

1.「マイノリティ」の意味

「マイノリティ」には、 「少数派」「少数」「社会的少数派」といった意味があります。

また、日頃あまり見かけないような考えや思想を持っている方を指すこともあり、使われることも最近では多くなりました。

1- 1.「マイノリティ」には社会的弱者と言う意味も

「マイノリティ」には 「社会的弱者」という意味で使用されることもあります。

多数派の人の意見がどうしても優先されてしまうことで、社会的に弱い立場におかれてしまっている意味で「弱者」という言葉が使われています。

  • スポンサーリンク

  • 1- 2.「マイノリティ」を使用した例文

    「マイノリティ」という言葉は、日常会話で以下のように使われます。

    「この団体はマイノリティな方が多く所属します。」

    「彼の意見はマイノリティな考え方だ」

    「時にはマイノリティ的な考え方が必要だ」

    このように、 「少数派」な人々や考え方を言い表したい時に「マイノリティ」を使うことができます。

    ただし、「マイノリティ」を使った表現を嫌う方もいるので、会話の中で使用する際は注意しておかなければいけません。

    2.「マイノリティ」を使用した用語・文章

    「マイノリティ」という言葉が用いられた用語もいくつかあり、ネットやニュースで目にすることも多くなりました。

    例えば、以下のような言葉、一度は見かけたことがあるのではないでしょうか。

    これらの言葉も覚えておいた方がいいので、順番に解説して行きます。

    ①「マイノリティグループ」

    「マイノリティグループ」とは、 少数派集団のことを指します。

    代表的な例として、同性愛者や身体障害者といった全体的に少数の方たちを、マイノリティグループと呼ぶことが多いです。

    マイノリティの方の中にはマイノリティグループとして扱われることを嫌う方も存在するため、使い方には気をつけなければなりません。

    ②「セクシャルマイノリティ」

    上記で述べた同性愛者といった、 一般的ではない少数の性的嗜好の方たち全体を指す用語です。

    ひと昔前は障害者と同じような扱いを受けていましたが、現在では性的嗜好の一種として見直されてきています。

    しかし、こちらも差別的な意味で捉える方も存在するため、使用には気をつけなければなりません。

  • スポンサーリンク

  • 3.「マイノリティ」の類義語・対義語

    マイノリティの類語

    「マイノリティ」に似た意味・逆の意味をもつ用語を紹介します。

    マイノリティと合わせて知っておくと、ビジネスシーンやニュースを見る時に役立つので、覚えておくとよいでしょう。

    「マイノリティ」の類義語

    「マイノリティ」の類義語には以下の例があります。

    1.  「異端
    2. アウトサイダー
    3. 前衛的

    これらの類義語は、相手が個性的であることを失礼なく伝えるのに役立ちます。

    では、順番に確認していきましょう。

    ①「異端」

    「異端」には、 正統・多数から外れること…といった意味があります。

    また、その時代の規範・ルール・しきたりなどに違反する者といった意味もあり、そういった人たちを「異端者」と呼び差別されてきました。

    現代では「〜界の異端児」のように、業界の中で異彩を放っている人に使用することが多いです。

    ②「アウトサイダー」

    「アウトサイダー」には、 部外者・独自の考えや思想の持ち主…という意味があります。

    主に後者の意味で使用される場合があり、型破りな方や個性的な方に使用されるパターンが多いです。

    例文:「彼の発言はアウトサイダー的な発言だ」
    このように表現すれば、「彼の考えは型破りだ」のように解釈することができます。
     
    「アウトサイダー」より強い表現に「アウトロー」と言う用語もあります。
     
    ただし、「アウトロー」は無法者という意味もあるため使い方には注意してください。

    ③「前衛的」

    「前衛的」には、 時代に先駆けている・最先端をいく…と言う意味があります。

    これまでに無い新しい発想や概念などを生み出す方によく使用される表現であり、「天才」「理解ができない」といったニュアンスが含まれることが多いです。

    前衛的を使った例文は以下の通りです。

    「前衛的な作品」

    「前衛的な思想」

    のように使用することができ、「最先端の思想」や「理解ができない作品」と要約することが可能です。

  • スポンサーリンク

  • 「マイノリティ」の対義語

    「マイノリティ」の対義語には、以下の例があります。

    1. マジョリティ
    2. 一般的
    3. 主流

    こちらも合わせて覚えておきましょう。

    ①「マジョリティ」

    「マジョリティ」には、 「多数派」「社会的多数派」といった意味があります。

    「マイノリティ」の対義語になっていて、正反対の意味を持ちます。

    「マジョリティな考えを持つ」

    「マジョリティに受ける商品を開発する」

    とすれば、一般に広く受け入れられる考え・商品を開発するとようやくすることが可能です。

    ②「一般的」

    「一般的」には、 広く全体に知れ渡っている・常識になっている…という意味があります。

    「普通」「常識的」といったニュアンスも含まれることもあり、

    例文:「その考えは一般的なものだ」

    この例文は「その考えは普通すぎる」といった解釈が可能です。

    ③「主流」

    「主流」には、 「思想や考えの中心となる傾向」「組織の中の中心的な派閥」といった意味ああります。

    元々は「川の一番大きい流れ」という意味であり、そこから転じて今の意味で使用されています。

    「あの方たちはこの会社で主流のメンバーだ」

    「彼の思想が主流となっている」

    このように使用することが可能です。

    3.「マイノリティ」の英語表現

    マイノリティの英語表現

    「マイノリティ」は「マイナー」(minor)を名詞化した表現です。

    元々「マイノリティ」は外来語であり、英単語の「minority」から来ています。

    意味も同じく「少数」「少数派」という意味です。

    「miority」を使用した例文は以下の通りです。

    「He was visiting an ethnic minority village」(彼は少数民族の村を訪れた)

    minority of one」(孤立無援である)

  • スポンサーリンク

  • 4.「マイノリティ」な人の特徴

    「マイノリティ」と呼ばれる人たちには、以下のような特徴があります。

    • 常識にとらわれない
    • 持論を持っている

    それぞれ、順番に見て行きましょう。

    特徴1.常識にとらわれない

    マイノリティの特徴の一つが、 常識にとらわれないことです。

    一般の方では思いつかない発想が思い浮かんだり、物事を別の視点から捉えることが得意です。

    一方で、その個性は一般的には理解しがたい・受け入れられない者が多く、なかなか社会的に認められない人がいることも事実です。

  • スポンサーリンク

  • 特徴2.持論を持っている

    「人間はもっと自分のために生きるべきだ」や「私は物事を納得して生きていきたい」んど、 確固たる持論や信念を持っている方も多いです。

    例えば、「田舎で自給自足で生きる」といった新年を持っている人などは、現在だと「マイノリティ」な考えに近いですね。

    5.まとめ

    今回の内容で覚えて欲しいことは、以下の5つです。

    • 「マイノリティ」には、「少数派」や「社会的弱者」と言う意味がある
    • 同性愛者や障害者などの少数派の集まりを「マイノリティグループ」と呼ぶ
    • 「マイノリティ」の類語には、「異端」「アウトサイダー」「前衛的」などがある
    • 「マイノリティ」は元々は英単語の「minority」から来ている
    • マイノリティの方たちには、一般の方には無い個性や価値観などが存在し、それを受け入れてあげることが大切である

    「マイノリティ」に関しては、これらのことを覚えておいてください。