「倣(なら)って」の意味は?類語や使い方、「習って」の違いも紹介

倣っての意味とは ビジネス用語

「倣(なら)って」は、「倣(なら)う」に助動詞がついたものです。

また倣うの意味は「ある対象を手本にして同様にすること」です。

日常会話ではあまり使用しない単語ですが、ビジネスでは指示書などで見ることがあります。

今回は「倣う」の意味や英語表現、類語、使い方や「習う」「準ずる」との違いを紹介します。

1.「倣って」の意味:ある対象を手本にして同様にすること

倣って

読み:ならって

ある対象を見本として、それに従う。まねる

「倣って」の正確な意味は、倣うの語尾が変化して、言葉をくっつける役割を持つ「て」という語がついた形です。

その意味は、ある対象を見本にして同様にすることを言います。

また、その他にも何度も繰り返し、それが習慣になっていることや、慣れ親しむという意味も持ちます。

2.「倣って」使い方と例文:あることを手本にして真似る

倣っての使い方

「倣って」は あることを手本にして真似る意味で使います。

また慣用句では、へりくだった表現をするときにも使います。

例を見ていきましょう。

  • スポンサーリンク

  • 例文1.「方法に倣って」

    ある対象の方法を手本にし、行動をするときに使います。

    その対象はお手本となるものですから、評価の高い方法であることが前提です。

    <例文>
    関連会社のマーケティング方法に倣って、我が社も販路拡大をしていこう

    例文2.「対象に倣って」

    対象のあり方を倣って、真似るという意味合いで使います。

    あり方を真似るので、より、倣う深さが変わってきます。

    <例文>
    営業部のAさんに倣って、私たちもお客との関係の築き方を見直していこう

  • スポンサーリンク

  • 例文3.「見本に倣って」

    例えば、同品質の製品を作る際などに使います。

    対象を真似て、そのもののコピーをするという意味です。

    <例文>
    作成した見本の商品に倣って、部品を組み立てろ」という指示書が届いた

    例文4.「顰(ひそみ)に倣って」

    こちらは慣用句で、正確な表現は「西施(せいし)の顰みに倣う」と言います。

    中国の故事が語源です。

    西施という美女が病気で顔をしかめたところ、容貌の醜い女が、自分も顔をしかめれば美しく見えるかと思い、まねをしたという内容です。

    そこから、善し悪しも考えずに、人のまねをして物笑いになると言う意味になりました。

    また、今では 他人に倣って何かをする事をへりくだって言う言葉としても使われています。

    「自分なんて美女のあなたには到底及びませんが、倣わせていただきました」といったニュアンスですね。

    <例文>
    社長の顰に倣っていきたいと思います

    続いては、「倣って」の類語と例文を解説します。

  • スポンサーリンク

  • 3.「倣って」の類語と例文:「習って」「準じて」「則って」

    倣っての類語

    「倣って」には類語がいくつかあります。

    ここでは、 普段使う類語の知識として、知っておいた方が良い3つの言葉を厳選して紹介していきます。

    では、順番に解説していきます。

    類語1.「習って(ならって)」

    習って

    読み:ならって

    教わったことを繰り返し練習して身につけること

    「倣って」と同様に、「習う」の語尾が変化して、言葉をつなげる役割を持つ「て」という言葉がついています。

    「習う」は、繰り返しやってみて(知識・技術を)覚え、身につけようとすることを意味します。

    真似をする、模倣する意味で「倣う」を使う事に対して、自らが身につけようとする意味で「習う」を使います。

    <例文>
    彼は、ビジネススキルを上げるために英会話を習っている

    類語2.「準じて(じゅんじて)」

    準じて

    読み:じゅんじて

    ある根拠に従う。のっとる

    「準じて」は、「準じる(準ずる)」の語尾が変化して、言葉をつなげる役割を持つ「て」という言葉が入っています。

    「準じる(準ずる)」の意味は、正規なものにならう。なぞらえるということです。

    ある対象を手本にして真似る「倣う」とほぼ同様の意味です。

    特に「準ずる」は、規則や法令などの根拠に基づく意味合いが強くあります。

    <例文>
    従業規則に準じて、有給休暇を取得した

    類語3.「則って(のっとって)」

    則って

    読み:のっとって

    手本とする。模範にすること

    「則って」は、「則る」の語尾が変化して、言葉をつなげる役割を持つ「て」という言葉がついています。

    「則る」の意味は、規準・規範として従うことを言います。

    広く対象を手本にして真似る「倣う」に対して、伝統や規範といったことに対して「則る」は使います。

    <例文>
    伝統に則って、結納の儀が滞りなく行われた

    4.「倣って」の対義語と例文:「反して」「逆らって」「背いて」

    倣っての対義語

    「倣って」の対義語には、どのようなものがあるでしょうか?

    「倣って」の対義語は、以下の3つです。

    対象を手本にせず、異なった意思を表明する意味で対となっています。

    では、順番に解説していきます。

    対義語1.「反して(はんして)」

    反して

    読み:はんして

    反対になる。裏腹になる

    「反して」は、「反す」という言葉に接続の役割を持つ「て」という言葉がくっついた形です。

    「反する」とは、 規則などに違反する。 命令や教えなどにそむくことを言います。

    ある規則や命令を手本にして真似する「倣う」とは反対の意味ですね。

    <例文>
    上司の指示に反して、彼は直行直帰をした

    対義語2.「逆らって(さからって)」

    逆らって

    読み:さからって

    人の意見や命令などに従わないこと

    「逆らって」は、「逆らう」という言葉に接続の役割を持つ「て」という言葉がくっついた形です。

    「逆らう」の意味は、人の意見や命令などに従わず、反抗することです。

    人の意見を手本にして真似る「倣う」とは反対の意味です。

    <例文>
    新人のAさんは、血気盛んで上司に逆らってばかりいる

    対義語3.「背いて(そむいて)」

    背いて

    読み:そむいて

    取り決めたことや目上の人の考え・命令などに従わずに反抗したり反対したりすること

    「背いて」は、「背く」という言葉に接続の役割を持つ「て」という言葉がくっついた形です。

    「背く」の意味は、取り決めたことや、目上の人の考え・命令などに従わずに歯向かうことを言います。

    反抗するという意味で、「逆らう」と似ている意味を持ちますが、「背く」は、意見を伝えるよりも行動で示す意味が強いです。

    <例文>
    上の取り決めに背き、会社を辞職して自ら起業した

  • スポンサーリンク

  • 5.「倣って」の英語表現

    倣っての英語表現

    「倣って」の英語表現を見てみましょう。

    英語表現では 「倣う」は、follow(従う)imitate(真似る)といった単語に置き換えることが可能です。

    以下の例文のように使います。

    <例文>

    • He followed in his father’s footsteps.
      (彼は父親の歩む道に倣っていった)
    • This is Chinese goods made in imitation of Japanese.
      (これは日本の商品に倣ってつくられた中国の品物だ

    まとめ

    倣うの意味は「あることを手本にして同様にすること」です。

    「習う」との違いは「手本となる対象を真似るか」という違いでした。

    まずは誰かを手本にして真似ることは、新しいアイデアを生み出すことに繋がります。

    ぜひ、見習いたい対象を見つけて、倣ってみてくださいね。

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%