「ニアミス」の意味・英語とは?使い方や「ニアミスSIDS」も紹介

ニアミスの意味とは ビジネス用語

「ニアミス」は、「航空機同士が異常に接近すること」を意味する英語です。

「惜しい」の意味で使う人が多いですが、実は本来の使い方ではありません。

正しい意味を知らずに使用すると、意図せず間違った意味を相手に伝えてしまう可能性がありますよ。

そこで今回は、「ニアミス」の意味・英語を説明し、正しい使い方や「ニアミスSIDS」についても紹介していきます。

「ニアミスSIDS」は、子供の命にかかわる病名ですので、この機会に知識として身につけましょう。

1.「ニアミス」の意味

本来の意味は航空機同士が異常に接近すること

ニアミス

英語:near miss

  1. 航空機同士が異常に接近すること。
  2. 目標に接近したものの、惜しくも失敗すること。

「ニアミス」は、「航空機同士が異常に接近すること」「目標に接近したものの、惜しくも失敗すること」の2通りの意味がある言葉です。

本来は、「航空機同士が異常に接近すること」の意を持つ航空用語でした。

一方で、慣習的に「目標に接近したものの、惜しくも失敗すること」の意で使うこともできます。

  • スポンサーリンク

  • 「ニアミス」の英語は「near miss」

    「ニアミス」と「near miss」と表記され、それぞれの英語の意味は以下の通りです。

    1. 「near」は、「もうすこしで起こりそうな」「近い」「密接な」
    2. 「miss」は、「失敗する」「のがれる」

    上記の通り、「ニアミス(near miss)」は直訳で「もうすこしで起こりそうな失敗」を意味します。

    元々は航空用語ですので、「飛行機同士が接近してしまい、衝突しそうになるほど危険である」と言った、否定的な意味合いを含んでいるのです。

    「ニアミス」は慣習的に「惜しい」の意

    「ニアミス」は、慣習的に「目標に接近したものの、惜しくも失敗する」といった使い方をします。

    つまり、「もう少しで起こりそうな失敗」の意から転じて、「惜しくも失敗する」の意に変換されているのです。

    したがって、本来否定的な文脈でしか使用することはできないのですが、慣習的に肯定的・否定的な文脈どちらにも使用することができます。

  • スポンサーリンク

  • 2.「ニアミス」の使い方と例文

    「ニアミス」は肯定的・否定的な文脈どちらにも使われる言葉であり、 使う状況によって意味合いが変化します。

    曖昧にしたまま使っていると、予期せぬ失敗をもたらすことがあるので、正しい使い方を覚えましょう。

    「ニアミス」の使い方について、以下の3つの表現に分けて説明します。

    1. 事故や危険に直面しそうな時
    2. 人同士がすれ違う時
    3. 惜しいの意で使用する時

    それぞれの例文を紹介し、使い方を解説していきます。

    2-1.「事故や危険に直面しそうな時」

    「ニアミス」の使い方として最も正しいのは、「事故や危険に直面しそうな時」です。

    元々、航空機事故を想像させる言葉ですので、命にかかわる危険を対象に「ニアミス」が使われます。

    <例文>

    • 管制室のトラブルで、航空機同士がニアミスしてしまった。
    • 赤信号で車が横切り、歩行者とニアミスする現場を目撃した。
  • スポンサーリンク

  • 2-2.「人同士がすれ違う時」

    「ニアミス」は、飛行機同士の接近から転じて 「人同士がすれ違う時」に使用できます。

    「人同士がすれ違う時」に使用する場合は、肯定的・否定的どちらの文脈でも使用できますので、確認しておきましょう。

    1. 肯定的な「ニアミス」は、「運命の人とのすれ違い」の意。
    2. 否定的な「ニアミス」は、「会わせては駄目な人とのすれ違い」の意。

    <例文>

    1. 肯定的なニアミス

    ドラマの主人公とヒロインが、時間に間に合わずニアミスしてしまった。

    1. 否定的なニアミス

    共演NG扱いしている芸能人がニアミスし、現場は緊張に包まれた。

    2-3.「惜しいの意味で使用する時」

    「ニアミス」は、「惜しい」の意味で、生活全般の物事を対象にとることができます。

    例えば、時間・場所・課題・考え方などで、「近いけれど、間違っている場合」に「ニアミスだね」と表現します。

    <例文>

    • 寝坊してしまい、急いで駅に向かったけれど、ニアミスで電車が出発してしまった。
    • テストの解答がニアミスだったので、部分点だけもらうことができた。

    続いては、「ニアミスSIDS」について解説していきます。

  • スポンサーリンク

  • 3.「ニアミスSIDS」の意味

    乳幼児突然死症候群

    「ニアミス」には、「ニアミスSIDS」と呼ばれる医療用語があります。

    「ニアミスSIDS」は別名「乳幼児突然死症候群」と呼ばれ、「睡眠中に乳幼児が突然死してしまうこと」を指すのです。

    恐ろしいことに、「ニアミスSIDS」は乳幼児の健康状況に関係なく発症し、いまだに原因が解明されていません。

    そのため、以下のポイントに注意し、予防を心がけてください。

    1. うつ伏せ寝に注意。
    2. 衣類・布団の着せ過ぎに注意。

    一説によると、「乳幼児の体温バランスが崩れ、ウイルスが異常発生しまうこと」に原因があるとされています。

    育児中の方は、「うつぶせ寝」や「衣類・布団の着せすぎ」には細心の注意を払ってください。

  • スポンサーリンク

  • 4.「ニアミス」の類語と例文

    「ニアミス」は英語の略語ですので、TPOをしっかりわきまえて使わないと、 相手に不信感を与える可能性があります。

    日常・ビジネスシーンどちらでも使いやすい意味のため、しっかり類語を覚えて正しく意図を伝えましょう。

    「ニアミス」の類語は、以下の通りです。

    • ニアピン(near pin)
    • ケアレスミス(careless mistake)
    • 危機一髪(ききいっぱつ)
    • 九死に一生(きゅうしにいっしょう)
    • ぎりぎり
    • 入れ違い

    次に、よく使われる類語の意味と例文をご紹介しますので、参考にしてください。

    類語1.「ニアピン(near pin)」

    ニアピン

    英語:near pin

    意味:(ゴルフ用語)カップにボールを近づけること。

    「ニアピン」は「カップにボールを近づけること」を意味し、主にゴルフで使われる和製英語です。

    比喩表現として、「物や人が近い関係にある」場合に、「惜しい」の意で「ニアピンだね」と表現することができます。

    「ニアミス」と異なり、「ニアピン」は肯定的な意味合いを含んでいるので、しっかり使い分けましょう。

    <例文>

    時間を確認せずに家を出たけれど、予定時間とニアピンで到着できた。

    類語2.「ケアレスミス(careless mistake)」

    ケアレスミス

    英語:careless mistake

    意味:不注意による間違い。

    「ケアレスミス」は、「不注意による間違い」を意味し、日常生活でもよく使われる言葉です。

    「ケアレスミス」の背景には、「正しく理解しているのにも関わらず」といった意味合いを含みます。

    「ニアミス」と同様に、否定的な文脈で使用されることが多いです。

    <例文>

    大学受験で失敗しないためにも、日頃からケアレスミスをなくしていこう。

    続いては、「ニアミス」の対義語について紹介していきます。

    5.「ニアミス」の対義語と例文

    「ニアミス」は英語ですので、対義語と聞かれてもイメージするのは難しいですよね。

    しかし、 言葉は対義語と一緒に覚えると正確に使えるようになりますので、ぜひこの機会に確認しましょう。

    「ニアミス」の対義語は、以下の通りです。

    1. 衝突(しょうとつ)
    2. 遭遇(そうぐう)
    3. 蜂合わせ(はちあわせ)
    4. 邂逅(かいこう)

    それぞれの対義語について、例文と一緒に意味を解説していきます。

    対義語1.「衝突(しょうとつ)」

    衝突

    読み:しょうとつ

    1. ぶつかること。
    2. 相反する立場・利益が対立すること。

    「衝突」は、「ぶつかること」「相反する立場・利益が対立すること」の2通り意味があります。

    物理的にぶつかるだけでなく、考え方や意見などが対立することも「衝突」と表現することができるのです。

    <例文>

    携帯を見ながら歩いていたら、電柱に衝突して怪我をしてしまった。

    対義語2.「遭遇(そうぐう)」

    遭遇

    読み:そうぐう

    意味:偶然出会うこと。

    「遭遇」は、「偶然出会うこと」を意味し、「意図せず」「思いがけず」といった意味合いを含む言葉です。

    「ニアミス」には「すれ違い」の意があるので、「遭遇」は対義語として使用することができます。

    <例文>

    スーパーに買い物に行ったら、仲の悪いクラスメイトと遭遇してしまった。

    【補足】車・医療で使われる「ニアミス」:「ヒヤリハット」について

    「ニアミス」には、医療・自動車業界に似た意味を持つ「ヒヤリハット」があります。

    「ヒヤリハット」は「突発的な物事やミスに驚くこと」を指し、「ひやりとする」「はっとする」を組み合わせた造語です。

    主に医療・自動車業界で使用されますが、意味は以下の通りです。

    1. 医療業界では、「患者に不利益が生じなかったものの、本来医療行為が必要とされる」場合。
    2. 自動車業界では、「事故に至らなかったものの、必要な安全確認が欠けていた」場合。

    医療・自動車業界ともに、「人的エラー」に対する注意喚起として「ヒヤリハット」が使われています。

    医療事故・自動車事故は大きな問題に直結するので、日常的に気をつけましょう。

    まとめ

    「ニアミス」は、「航空機同士が異常に接近してしまうこと」を意味する英語です。

    日本語では「惜しい」の意で慣習的に使用されることが多く、本来の意味を忘れがちなので、この機会に覚えてください。

    「ニアミス」は、否定的なイメージを持つ言葉ですので、肯定的な文脈には使用しない方がよいでしょう。

  • 1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス

    4. 現在の年齢は?

    5. こだわり条件

    最適度0%