「お話ください」と「お話しください」の違いは?正しい敬語を解説

お話くださいの意味とは ビジネス用語

「お話ください」は、目上の方や上司に対して、話をしてくれるようにお願いするときの敬語表現です。

しかし、「お話ください」は間違いで、正しくは「お話しください」と書きます。

「送り仮名が違うと何が違うの?」「どちらを使えばいいの?」とわからなくなっているあなたのために、この記事では「お話ください」と「お話しください」の違いについて詳しく解説します。

さらに、「お話しください」の代わりに使える表現や、英語表現も紹介するので、場面にあわせて使えるようになってくださいね。

1.「お話ください」の意味:目上の人に発言を促す敬語表現。正しくは「お話しください」

お話ください

読み:おはなしください

意味:目上の人に発言を促す敬語。正しくは「お話しください」

「お話ください」は目上の人に対して、発言を促す尊敬表現です。

間違って使われることがありますが、 「お話しください」と「し」を入れるのが正しい書き方です。

「お話しください」が正しくて、「お話ください」は間違いだという理由を解説していきます。

2.「お話ください」は間違い!正しくは「お話しください」

「お話ください」は相手に発言を促す表現ですが、正しくは「お話しください」です。

違いは「お話」と「お話し」で送り仮名が違うところですよね。

名詞に送り仮名を振らないという決まりができたのは、昭和48年6月18日です。

(参考:「文部科学省の送り仮名の付け方」)

それ以前の国語教育では、「お話し」の方が正しいけれど、「お話」でも間違いではないとされていました。

つまり、昭和48年より前に教育を受けた人は、「お話ください」も「お話しください」も正しいと思っている可能性があります。

  • 昭和48年以前の人→名詞でも動詞でも、「お話」も「お話し」もどちらも正しい
  • 昭和48年以降の人→名詞の時は「お話」だけど、動詞の時は「お話し」

では、「お話ください」とお話しくださいの違いを詳しくみていきましょう。

  • スポンサーリンク

  • 2-1.お話(名詞)+ください

    「お話ください」の「お話」は「話」に接頭辞「お」をつけて丁寧に表した言葉です。

    接頭辞は、他の言葉の上について、その言葉とともに一語を形成するものです。語調を整えたり、意味を付け加える役割があります。

    それに「ください」という、頼みごとや、敬意を表す尊敬語・丁寧語をつけたのが、「お話ください」です。

    (尊敬の接頭辞)+(名詞)+ください(与える、くれるの尊敬語。英語ではplease)

    「お話」を「ください」という意味なので、 「お話」を物理的に要求していることになります。

    「お話」は物理的なものではないので、やや違和感のある表現ですね。

    今度は「お話し」の方を見てみましょう。

    2-2.お話し(動詞)+ください

    「お話しください」の「お話し」は、動詞「話す」の語尾が変化したものです。

    (尊敬の接頭辞)+話し(話すという動詞が変化)+ください(与える、くれるの尊敬語。英語ではplease)

    「お話ください」はお話を物理的に要求するニュアンスでしたが、「お話しください」は「お話し」を「してください」というお願いの要素が強くなります。

    そのため、お話しすることを相手に要求するなら、「お話しください」の方が自然です。

    結論としては、 「お話ください」は現在の送り仮名のルールでは間違いなので、「お話しください」を使った方がいいでしょう。

     

  • スポンサーリンク

  • 3.「お話しください」は尊敬表現だから目上の人に使える

    ここでは、「お話しください」がどの品詞から構成されているのか、二重敬語ではない理由などを見ていきます。

    1. お話しくださいはお話しくださるの命令形&尊敬表現
    2. 二重敬語ではなく敬語連結
    3. お話ししてくださいは間違い

    3-1.「お話しください」は「お話しくださる」の命令形&尊敬表現

    「お話しください」は「お話しくださる」の命令形です。

    命令をする表現は目上の人には使えないイメージがありますが、 「くださる」は「与える」の尊敬語なので、目上の人に使っても失礼ではありません。

  • スポンサーリンク

  • 3-2.「お話しください」は二重敬語ではなく敬語連結

    「お〜ください」だと二重敬語(同じ種類の敬語を重ねて使用した敬語)なので、敬語のルールとして間違いと思うかもしれませんが、正しい表現です。

    「お話しください」は「お話しになってください」の省略形です。

    以下のように分解できます。

    お話になる(お話しするの尊敬語)+て(連結)+ください(尊敬語)

    この 尊敬語同士を「て」で繋いでいるのは、「敬語連結(けいごれんけつ)」という形です。

    これは 二重敬語ではなく、正しい敬語として認められています。

    • 敬語連結:二つ以上の言葉を、それぞれ敬語にして接続助詞の「て」でつなげたもの
    • 二重敬語:同じ種類の敬語を重複して使用すること(尊敬語+尊敬語、謙譲語+謙譲語)

    敬語連結と二重敬語の例を見てみましょう。

    <例文1>

    • ◯(敬語連結):お話になっていらっしゃる
      お話になる(話すの尊敬語)+ て(連結)+いらっしゃる(いるの尊敬語)
    • ×(二重敬語):お話になられる
      お話になる(話すの尊敬語)+れる(尊敬語)

    <例文2>

    • ◯(敬語連結):お読みになっていらっしゃる
      お読みになる(読むの尊敬語)+ て(連結)+いらっしゃる(いるの尊敬語)
    • ×(二重敬語):お読みになられる
      お読みになる(読むの尊敬語)+れる(尊敬語)

    「お話しください」は「お話になってください」が元の言葉です。

    「て」で尊敬語同士が連結されているので、二重敬語ではなく敬語連結のため、正しい敬語として使えます。

    3-2.「お話ししてください」は間違い

    「お話しください」は正しいですが、「お話ししてください」は間違いです。

    「お話ししてください」だと、下記のように 動詞が2つ続いてしまうことになるからです。

    お話しする(動詞)+して(動詞するの活用形)+ください(尊敬語)

    たとえ「お(尊敬語の接頭辞)」を取り除いて、「話ししてください」にしても動詞が続いているので文法としておかしいですね。

    正しくは「お話ください」です。

    尊敬語の「ください」には「〜してほしい」という要求の気持ちが含まれているので、「お話しください」だけで相手に要求の気持ちは伝わります。

  • スポンサーリンク

  • 4.「お話ください」と似た表現:「お聞かせください」「おっしゃってください」「お申し付けください」

    以下のような表現でも、目上の方に話をするように促すことができます。

    それぞれの意味と、「お話しください」との違いを解説していきます。

    4-1.お聞かせください

    お聞かせください

    読み:おきかせください

    意味:「聞く」の謙譲表現。相手の意見を聞くときに使う

    「お聞かせください」は「 聞く」の謙譲語で、相手の意見を聞くときに使います。

    「お話しください」の場合は、お話しするのが相手なので、主語は相手になります。

    「お聞かせください」では「聞く」のは自分なので、主語は自分です。

    例えば以下のように使います。

    <例文>

    • みなさまのご意見をお聞かせください(お話しください)
    • ぜひ理由をお聞かせください(お話しください)

    ただし、「お聞かせください」の「 ください」は命令のような印象があるので、失礼だと感じる人もいます

    目上の人に対して聞かせてほしいことを伝えるならば、以下のような表現の方が丁寧な印象を与えることができます。

    • お聞かせ願えませんか?(お願いのニュアンス)
    • お聞かせいただけませんか?(いただくは謙譲表現)

    4-2.おっしゃってください

    おっしゃってください

    意味:「言ってください」の尊敬表現。相手に意見を求めるときに使う

    「おっしゃる」は「言う」の尊敬語で、言うのは相手なので主語は相手です。

    例えば「社長がおっしゃることには〜」と言う場合、「おっしゃる」のは社長なので主語は社長ですよね。

    「お話しください」はある程度まとまった話(ストーリー)を話してほしいというのに対して、「おっしゃってください」は一言の意見でも構いません

    おっしゃってくださいは「おっしゃる+て+ください」なので、「て」で繋がれている敬語連結なので正しい敬語として使えます。

    例えば以下のように使います。

    <例文>

    • お気づきの点がございましたら、お気軽におっしゃってください(お話しください)
    • お希望がございましたが、何でもおっしゃってください(お話しください)

    4-3.お申し付けください

    お申し付けください

    読み:おもうしつけください

    意味:「言いつけてください」の謙譲表現

    「お申し付けください」を分解すると、「お(尊敬の接頭辞)+申し付ける(言い付ける)+ください(尊敬語)」です。

    相手に対して「依頼や注文、希望や願い事を言いつけてください」と丁寧に要求するときに使います。

    「お話しください」と違い、命令を要求するニュアンスなので、相手の要求に応える気持ちがあるときに使う点ややが異なります。

    <例文>

    • お探しの商品が見つからないときは、案内までお申し付けください(お話しください)。
    • 必要事項がございましたら、何なりとお申し付けください(お話しください)。

    ただし、「 申す」は言うの謙譲語なので、相手に対して申すことを要求することになるので、失礼に感じる人もいます

    「申」すを使わずに表現するなら、「おっしゃってください」や「お話しください」を使うといいでしょう。

    5.「お話ください」の英語表現:「Could you please tell me〜?」「I was wondering if you could tell me〜?」

    お話くださいの英語表現
  • スポンサーリンク

  • 5-1.目上の人には「Could you please tell me〜?」

    英語で目上の人相手に「お話しください」とお願いをするときは 「Could you please tell me〜?」を使います。

    「Can you〜?(〜してくれますか?)」を丁寧にしたのが「Could you〜?」です。

    「can」を「could」という過去形にすることで、相手と少し距離を置くニュアンスになります。

    「Can you〜?」は親しい感じで、「Could you〜?」だと丁寧な感じになります。

    例えば以下のように使います。

    <例文>

    • Could you please tell me your thoughts?
      (あなたのお考えをお話しくださいませんか?)
    • Could you please tell me your schedule?
      (予定をお話しくださいませんか?)

    5-2.「Please tell me〜」は失礼

    「Please tell me〜」も相手に対して「話して」とお願いする英語ですが、 pleaseは命令文なので、人に頼み事をするときビジネスでは使わないほうがいいです。

    pleaseを使うと「〜して」と相手に対して指示しているニュアンスになるからです。

    pleaseは元の文を丁寧にする働きがありますが、命令文につけても命令文には変わりありません。

    ビジネスで依頼をするときには、軽めなお願いなら「Can you〜?」、かしこまってお願いしたいときは「Could you〜?」を使うようにしましょう。

    <例文>

    • ×:Please tell me the details about that
      (それについて詳しく話してください。)
    • ◯:Could you please tell me the details about that?
      (それについて詳しくお話しくださいませんか?)

    5-3.さらにフォーマルにお願いするなら「I was wondering if you could ~」

    さらに丁寧にお願いしたいなら、以下のように「I was wondering if you could ~」を使って表現する方法もあります。

    「I was wondering if you could ~」は「よろしければ~していただけますか?」という意味で、控えめに相手に依頼をしたいときに使うフレーズです。

    例えば以下のように使います。

    例文:I was wondering if you could tell me the details about that.
    (よろしければ、それについて詳しくお話しくださいませんか?)

    まとめ

    「お話ください」は、目上の方や上司に対して話をしてくれるようにお願いするときの敬語表現です。

    ただし、 「お話ください」は間違いで、正しくは「お話しください」です。

    「話」は名詞、「話し」は話すの動詞が変化したものなので、話すという動作を要求するときは「お話しください」が正解です。

    「お話」は名詞なので、「お話ください」だとお話を物理的に要求するおかしな表現になってしまいます。

    送り仮名の違いはややこしいですが、名詞には送り仮名はつかないという基本ルールを覚えて、正しい言葉遣いをできるようにしましょう。

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%