「お忙しいところ」の使い方をマスター!気にすべき注意点とは?

お忙しいところの正しい意味と使い方 ビジネス用語

クッション言葉の中でも、ビジネスシーンで頻繁に使われるのが「お忙しいところ」です。

クッション言葉とは、相手への配慮にかけてしまう場面で緩衝材の様な役割を果たしてくれる言葉であり、相手に依頼を行う際などに申し訳なさを伝えたり、配慮を伝えたりする事が出来ます。

「お忙しいところ」を使いこなせると相手が持つ印象も変わって来るので、しっかりとマスターしましょう。

1.「お忙しいところ」の使い方

「お忙しいところ」は大きく分けて2つの使い方があります。

  1. 依頼する
  2. 感謝を伝える

どちらの使い方もビジネスシーンでは頻繁に使われる表現です。

「依頼をする」「感謝を伝える」際に用いることで相手に対して丁寧な印象や謙虚な姿勢を伝える事が出来ます。

1-1.依頼をする際

「お忙しいところ」は相手に対して何かを 依頼する際に使うのに便利な言葉です。

依頼を行う前に用いることでクッション言葉としての役割を果たし、相手に対して丁寧な印象を与える事ができます。

お忙しいところ恐縮ですが、ご確認よろしくお願いします」の様な形で用いるのが一般的です。

  • スポンサーリンク

  • 1-2.感謝を伝える際

    「お忙しいところ」は相手に対して、 感謝を伝える際にも用いられる表現です。

    依頼をした内容に対応してもらった際やご足労(ごそくろう)頂いた際などに用いられる事が多い為、ビジネスシーンでは頻繁に用いられています。

    「本日はお忙しいところ、ご足労頂きましてありがとうございます」や「お忙しいところ、ご対応頂きありがとうございます」などの形で口頭、メール問わず用いられるのが一般的です。

    2.「お忙しいところ」を使った例文

    「お忙しいところ」を使った依頼や感謝を伝える際のバリエーションはいくつかあります。

    例文をもとに表現の幅を広げていき、状況や文脈に合わせて使い分けていきましょう。

    恐縮」や「恐れ入りますが」、「申し訳ございませんが」などを入れると丁寧な表現となります

    • 「お忙しいところ恐縮ですが、よろしくお願いします」
    • 「お忙しいところ申し訳ございませんが、ご対応をお願いします」
    • 「お忙しいところご対応頂き、ありがとうございます」
    • 「お忙しいとは存じますが、ご一読お願いします」
    • 「お忙しい中、恐れ入りますが、よろしくお願いします」
  • スポンサーリンク

  • 3.【ここだけは注意】「お忙しいところ」を失礼なく使うポイント

    「お忙しいところ」はクッション言葉として使うのに非常に便利な言葉です。

    その一方で、使い方によっては より丁寧に相手に伝える事も出来れば、相手を不快にさせてしまう事もあります。

    注意点をしっかりと押さえて気持ち良く依頼や感謝を伝える様にしましょう。

    ポイント1.後ろに続く文を丁寧にする

    依頼や感謝の意を伝える表現である「お忙しいところ」を使う際には 、語尾は丁寧な表現を使うのが好ましいと言えます。

    • 「お忙しいところ、恐縮ですがよろしくお願いします」
    • 「お忙しい中、お時間を頂ましてありがとうございます」

    このようにで、「お忙しいところ」に続く文を丁寧な表現にするのが大事になるので、意識するようにしましょう。

  • スポンサーリンク

  • ポイント2.細かな要求は避ける

    「お忙しいところ」という前置きをして依頼をする場合、 細かな要求をするのは好ましくありません。

    相手が忙しい状況である事を理解していながら、事細かな作業や仕事を依頼するのは相手に不快感を与えてしまいかねません。

    「メールをご一読ください」や「返信をお願いします」など簡単な依頼にとどめるようにしましょう。

    ポイント3.相手の状況を考えて使う

    「お忙しいところ」はクッション言葉であり、相手への配慮を暗に示す言葉でもあります。

    その為、 実際に相手がどれだけ忙しいかに関係無く使う事ができます。

    ただし、暇そうにしている相手に対して頻繁に「お忙しいところ恐縮ですが」などと使っていると嫌みに聞こえてしまう可能性もあるので注意しましょう。

  • スポンサーリンク

  • ポイント4. 繰り返し使うのは避ける

    「お忙しいところ〜」を同じ相手に何度も使うのは避けましょう。

    繰り返し「お忙しいところ」を使ってしますと、 相手から「忙しいのはわかっているなら1回で済ましてくれよ…」と思われてしまいます

    「お忙しいところ」を使う際は、初めの挨拶に使うくらいがちょうど良いでしょう。

    ポイント5.自分が忙しい場合は「立て込んでいる」を使う

    「お忙しいところ」は、 自分が忙しい時に使うことはできません

    自分が忙しい状態であることを相手に伝える場合は「只今立て込んでおりまして…」というような表現を使うようにしましょう。

  • スポンサーリンク

  • 4.「お忙しいところ」の類義表現

    「お忙しいところ」の類義表現としてビジネスシーンで使われるのは「ご多用」及び「ご多忙」の2つです。

    「慌ただしい」や「せわしい」なども類義語にはありますが、「ご多用」「ご多忙」を使う方がビジネスの場にはふさわしいと言えます。

    「ご多忙」とは

    「ご多忙」は、 目上の人がとても忙しくしている状態を表す言葉です

    相手が見るからに忙しそうにしている時は、「お忙しいところ」よりも「ご多忙」を使った方が状況に合った使い方だと言えるでしょう。

    • 「ご多忙中と存じますので、メールさせて頂きました」
    • ご多忙のところ、お時間をいただきましてありがとうございます。

    「ご多用」とは

    「ご多用」は、「ご多忙」と意味は変わらず、相手が忙しくしていることを指している言葉です。

    ただし、 「ご多忙」は仕事が忙しい状況だけを表す言葉であるのに対し、「ご多用」はプライベートも忙しいという意味でも使える言葉です

    ビジネスの場面で「ご多用」を使うのは問題ありません。

    ただ、相手がビジネス・プライベート共に充実している様子が見受けられるなら、「ご多用」を使うのがいいでしょう。

    例文:「ご多用中にも関わらず、ご出席頂きましてありがとうございました」

    まとめ

    ビジネスシーンで頻繁に用いられる「お忙しいところ」の使い方や注意点をご覧いただきました。

    「お忙しいところ」は使いこなす事が出来れば、相手に対して依頼をする際や感謝を伝える際に丁寧な印象を与える事が出来る便利な言葉です。

    しっかりとマスターしてワンランク上のビジネスマンを目指しましょう。

  • 1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス

    4. 現在の年齢は?

    5. こだわり条件

    最適度0%
  • 自分に最適な転職サイトを探すなら

    新着記事