「お忙しいところ恐縮ですが」に続く言葉は?英語表現まで徹底解説

お忙しいところ恐縮ですがの意味とは ビジネス用語

取引先の会社の人へのビジネスメールに「お忙しいところ恐縮ですが」という表現を使うことがありますよね。

しかし、「続きの文言はどのように書けば良いのだろう…」と悩んでしまったことはありませんか?

「お忙しいところ恐縮ですが」とは、「忙しい中申し訳ないという気持ちを丁寧に言う言葉」です。

丁寧な言い方なので、取引先の人や目上の人に何かをお願いをしたいときによく使われる表現です。

今回は、この「お忙しいところ恐縮ですが」という言葉について徹底的に解説します。

1.「お忙しいところ恐縮ですが」の意味

忙しい中申し訳ないという気持ちを丁寧に言う言葉

お忙しいところ恐縮ですが

読み:おいそがしいところきょうしゅくですが

意味:忙しい中申し訳ないという気持ちを丁寧に言う言葉

「お忙しいところ」は、「相手が多忙であると想定して申し訳なく思う気持ちを強調するために使う言葉」です。

「恐縮」は、「相手からの厚意を受けた場合に申し訳なく感じる事、畏れ入ること」を意味します。

これらの言葉をあわせて「お忙しいところ恐縮ですが」と言うことで、 相手に何かをお願いするときにワンクッション置くことができます

  • スポンサーリンク

  • 2.「お忙しいところ恐縮ですが」の使い方・例文

    ここでは、「お忙しいところ恐縮ですが」という言葉は具体的にどのようなときに使われるのかを詳しく見ていきましょう。

    2-1.「お忙しいところ恐縮ですが」のよくある使い方

    「お忙しいところ恐縮ですが」という言葉のよくある使い方としては、以下の3つが挙げられます。

    • お忙しいところ恐縮ですが、ご対応のほど何卒よろしくお願い申し上げます
    • お忙しいところ恐縮ですが、ご検討いただければと存じます
    • お忙しいところ恐縮ですが、ご参加のほどお願い致します

    それでは、1つずつ詳しく解説していきます。

    お忙しいところ恐縮ですが、ご対応のほど何卒よろしくお願い申し上げます

    この表現は、 「相手に対して何かを依頼した際に、その対応をしてくれるよう丁寧にお願いする」ときに使われます。

    相手と面と向かって話しているときはもちろん、ビジネスメールでも多用される表現なので、この言い回しを丸ごと覚えておくととても便利です。

    お忙しいところ恐縮ですが、ご検討いただければと存じます

    この表現は、「相手に商品をすすめる際などに、ぜひ使ってほしいということを丁寧にお願いする」ときに使われます。

    相手と交渉しているときに会話の中やビジネスメールで使うことによって、相手との取引をスムーズに進めることができますよ。

    お忙しいところ恐縮ですが、ご参加のほどお願い致します

    この表現は、「パーティーなどへの参加をより丁寧にお誘いする」ときに使われます。

    特に、目上の人や取引先の人などに対してパーティーへの参加を促したいときに多く用いられる表現です。

  • スポンサーリンク

  • 2-2.ビジネスシーンで「お忙しいところ恐縮ですが」を使う

    次に、ビジネスシーンで「お忙しいところ恐縮ですが」を使う場面を確認していきましょう。

    場面1.相手にメールの返信を促すとき

    <例文>

    お忙しいところ恐縮ですが、ご返信いただければ幸いです

    相手からの返信が必要な内容のビジネスメールを送る際、その締めくくりの言葉として使うことができます。

    逆に、この言葉をメールの締めくくりに入れておかないと、返信が必要だということを相手に気づかれないこともあります。

    返信が必要なメールを送る際には、メールの末尾にこの表現を絶対に入れておきましょう

    場面2.相手にこちらの提案を検討してほしいとき

     

    お忙しいところ恐縮ですが、ぜひご検討ください。

    取引先の会社で自社の商品やサービスを提案する際によく用いられる表現です。

    この言い回しを使うことで、相手に不要なプレッシャーを感じさせず、好印象を与えることができます

    場面3.相手にパーティーへの参加を促すとき

     

    この会議の後に小宴をもうけておりますので、お忙しいところ恐縮ですが、ぜひご参加ください。

    相手との信頼を深めるためには、パーティーや飲み会は欠かせませんよね。

    特に、取引先の会社の人とのコミュニケーションは大切です。

    取引先の会社の人をより丁寧にお誘いする際には、「お忙しいところ恐縮ですが」という表現が役立ちます

    続いて、「お忙しいところ恐縮ですが」の類語・言い換え表現をご紹介します。

    3.「お忙しいところ恐縮ですが」の類語・言い換え表現

    「お忙しいところ恐縮ですが」の類語・言い換え表現は以下の3つです。

    1. ご多忙中、お手数をおかけしますが
    2. お忙しい中、失礼いたします
    3. ご多忙のところ恐れ入ります

    では、1つずつ見ていきましょう。

  • スポンサーリンク

  • 類語1.ご多忙中、お手数をおかけしますが

    ご多忙中、お手数をおかけしますが

    読み:ごたぼうちゅう、おてすうをおかけしますが

    意味:忙しい中手間をかけさせることを申し訳なく思う気持ちを丁寧に言う言葉。

    「ご多忙中、お手数をおかけしますが」は「お忙しいところ恐縮ですが」の言い換え表現として違和感なく使うことができます。

    ただ、「ご多忙中、お手数をおかけしますが」は、相手に手間をかけさせることを申し訳なく思う気持ちをより強く表現することができます

    相手に負担をかけるお願いをするときには「ご多忙中、お手数をおかけしますが」という表現を使った方が良いでしょう。

    <例文>

    ご多忙中、お手数をおかけしますが先日ご依頼した質問のご返答を何卒よろしくお願い申し上げます。

    類語2.お忙しい中、失礼いたします

    お忙しい中、失礼いたします

    読み:おいそがしいなか、しつれいいたします

    意味:忙しい中申し訳ないと思う気持ちを丁寧に言う言葉。

    「お忙しい中、失礼いたします」は、「お忙しいところ恐縮ですが」が締めくくりの言葉として多用されるのに対し、 冒頭の挨拶などでよく用いられる表現です

    取引先の会社の人に電話をしたりメールを打ったりする際、冒頭に「お忙しい中、失礼いたします」とワンクッション置きましょう。

    そうすれば、相手に対して丁寧な印象を与えることができます。

    <例文>

    お忙しい中、失礼いたしますご相談したことがあってお電話させていただきました。

  • スポンサーリンク

  • 類語3.ご多忙のところ恐れ入りますが

    ご多忙のところ恐れ入りますが

    読み:ごたぼうのところおそれいりますが

    意味:忙しい中申し訳ないと思う気持ちを丁寧に言う言葉。

    「ご多忙のところ恐れ入りますが」は「お忙しいところ恐縮ですが」の言い換え表現として違和感なく使うことができます。

    「恐れ入ります」という表現を使えば、「恐縮」よりも相手への敬意をより強く示すことができます

    目上の人に対しては「ご多忙のところ恐れ入りますが」を使った方がより丁寧な印象を与えることができるでしょう。

    <例文>

    ご多忙のところ恐れ入りますが、何卒宜しくお願い致します。

    4.「お忙しいところ恐縮ですが」の英語表現

    「お忙しいところ恐縮ですが」を英語で表現する際には、「I’m terribly sorry to bother you, but…」という言い回しが用いられます。

    「terribly」は、「非常に」という意味を持つ副詞であり、その後に続く言葉を強調します。

    それゆえ、「I’m terribly sorry」は「非常に申し訳ない」という気持ちを表すことができます。

    また、「bother」は「迷惑をかける」という意味の動詞です。

    I’m terribly sorry to bother you, but…」という言い回しは、直訳すると「ご迷惑をかけて非常に申し訳ないのだけれど…」という意味です。

    <例文>

    • I’m terribly sorry to bother you, but please give us your cooperation.
      お忙しいところ恐縮ですが、何卒よろしくお願い致します。)
    • I’m terribly sorry to bother you, but would you do me a favor?
      お忙しいところ恐縮ですが、1つお願いしてもよろしいですか。)
    • I’m terribly sorry to bother you, but can you tell me how to use the item?
      お忙しいところ恐縮ですが、この商品の使い方を教えていただけますか。)
  • スポンサーリンク

  • まとめ

    「お忙しいところ恐縮ですが」は、「忙しい中申し訳ないという気持ちを丁寧に言う言葉」です。

    相手に直接何かをお願いするときはもちろん、ビジネスメールの締めくくりの言葉としても多用されます。

    また、言い換え表現には「ご多忙中、お手数をおかけしますが」「お忙しい中、失礼いたします」「ご多忙のところ恐れ入りますが」などがあります。

    「お忙しいところ恐縮ですが」やその類義語、英語表現をマスターしてビジネスシーンで役立ててくださいね。

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%