「お越しいただき」は敬語として適切?類語・英語表現や例文も解説!

お越しいただきの意味とは ビジネス用語

「お越しいただき」は来て貰っての謙譲語で、 目上の方に使える正しい敬語表現です。

「お越しくださり」は「来てくれて」の尊敬語で、やはり上司などに使っても問題のない言葉として使われます。

本記事では「お越しいただき」の類語や英語表現から、お礼のメール等での使い方まで徹底解説していきます。

この記事を読むことで、もう「お越しいただき」の使い方に迷わなくなりますよ。

1.「お越しいただき」の意味とは

1-1.「お越しいただき」は「来て貰って」の謙譲語

お越しいただき

読み方:おこしいただき

意味:「来て貰って」のへりくだった表現(謙譲語)

「お越しいただき」は「来て貰って」をへりくだって言った言葉です。

来る」の尊敬語である「お越し」という言葉と「貰う」の謙譲語である「いただく」を組み合わせた言葉で、かなり丁寧な表現といえます。

ビジネス敬語の基本中の基本として、 ぜひ意味と正しい使い方をマスターしておいて欲しい言葉です。

ちなみに「お越し」は「来る」だけでなく「行く」の尊敬語としても使えますよ。

  • スポンサーリンク

  • 2.「お越しいただき」の使い方と例文

    2-1.「お越しいただき」の使い方

    「お越しいただき」は目上の相手にどこかから来て貰ったときに使える表現です。

    たとえば、 遠方の取引先の方に向こうから訪ねて貰ったときなどが使用に適した場面といえます。

    遠いところから出張してきた相手はすでに多少なりとも疲れていることでしょう。

    そんなときに、「お越しいただき」と使うことで、自然と丁寧な労いの言葉をかけられるようになります。

  • スポンサーリンク

  • 2-2.「お越しいただき」の例文

    どんな丁寧な言葉も、使いどころを間違えれば台無しになってしまいます。

    ここで、 お礼のメールなどでも使える「お越しいただき」の具体的な例文を確認しておきましょう。

    <例文>

    • たくさんの方にお越しいただけたこと、大変光栄でございます。
    • 今度また、私の家までお越しいただければ嬉しいです。
    • この度は遠いところからお越しいただき誠にありがとうございます
    • 本日はわざわざお越しいただき、ありがとうございました。

    例文にあるように、「お越しいただき」と一緒に使う機会が多いのが、「わざわざ」という言葉です。

    3.「わざわざお越しいただき」は目上に使っても良い?

  • スポンサーリンク

  • 3-1.「わざわざ」自体は失礼な表現ではない

    わざわざ
    読み方:わざわざ

    1. その事のためだけに
    2.  ことさらに・故意に・あえて

    「わざわざ」という言葉自体には、上で確認したように、 目上の相手に対して失礼な意味は含まれていません

    たとえば、次のような表現は決して失礼なものではないのです。

    <例文>

    わざわざお越しいただき、大変恐縮です。

    むしろ、「その事のためにだけに貴重なお時間を割いて頂き」というニュアンスが含まれて、より感謝の意を強めた表現ともいえます。

    3-2.必要ないなら無理に使わなくていい

    決して不適切な表現ではない「わざわざ」ですが、無理にビジネスの場面で使う必要はありません。

    何故なら、「わざわざ」には、 「(しなくてもいいことを)あえて」というニュアンスで用いられることもあるからです。

    次の例文を見てください。

    <例文>

    わざわざそんなことをしなくたってよかったのに。

    「どうして余計なことをするんだ」と責められているようなニュアンスさえ感じる、できれば使いたくない言葉ですね。

    「わざわざ」にはこのような使い方もされるので、場合によっては、意図せず相手を不快にさせてしまうこともあります。

    ですから、 「わざわざ」を使うときは誤解のない言い方を心掛けましょう

    「お越しいただき」は、すでに充分な敬意を含んだ表現です。

    そこにプラスして、あえてより強い感謝の気持ちを表したいときだけ「わざわざ」を使うようにしましょう。

  • スポンサーリンク

  • 4.「お越しいただき」の類語と例文

    「お越しいただき」には、似たような表現がいくつかあります。

    たとえば、次の3つのような言葉です。

    いずれも大きな意味の違いはありませんが、 細かいニュアンスの違いがあります。

    1つずつ、意味を確認していきましょう。

    類語1.お越しくださり

    お越しくださり

    読み方:おこしくださり

    意味:「来てくれて」を敬って言うもの

    「お越しいただき」も「お越しくださり」も相手に来てもらうという同じ意味を持ちます。

    厳密に言えば、「お越しいただき」は「(自分が)来て貰って」という意味で、 「お越しくださり」は「(相手が)来てくれて」という意味だという違いがあるのです。

    例文を見てみましょう。

    <例文>
    このたびは遠いところからお越しくださり、恐縮です。

    相手方からアポイントがあったときなどは、よく「お越しくださり」が使われます。

    反対に、こちらからお願いして相手に来て貰ったときは、「お越しいただき」を使う方が良いでしょう。

  • スポンサーリンク

  • 類語2.おいでいただき

    おいでいただき

    読み方:おいでいただき

    意味:「出る」「来る」「行く」「居る」などの尊敬語+「貰って」の謙譲語

    「おいでいただき」も「(相手に)来て貰うこと」を意味する言葉です。

    「おいで」には「居る」という状態を表す意味も含まれるので、そこが「お越しいただき」や「お越しくださり」とは異なります。

    使い方を例文で確認しましょう。

    <例文>

    本日は雨の中おいでいただきまして、大変恐縮です。

    「お越しいただき」とほとんど同じ感覚で使える言い換え表現といえますね。

    類語3.ご足労いただき

    ご足労いただき

    読み方:ごそくろういただき

    意味:「(相手が)来る・行く」を敬っていった語+「貰って」の謙譲語

    「ご足労」は、相手が「来る」こと、または「行く」ことを敬っていう言葉です。

    例文を確認しておきます。

    <例文>

    ご足労いただき申し訳ありません

    「労」の字がついていることから、 わかりやすく相手の労をねぎらうニュアンスが伝わる表現といえるでしょう。

    5.「お越しいただき」の英語表現と例文

    最後に「お越しいただき」の英語表現を確認しておきましょう。

    英語1.「all the way from」

    「お越しいただき」は、英語で次のように表現します。

    • all the way from(~からはるばる来てくれた)

    「way」は道や手段を意味する「way」です。

    そして、その「way」を「all the way from」として使うことで、「~からお越し頂いた」や「~からはるばる来てくれた」といった意味になるのです。

    例文で見てみましょう。

    <例文>

    • Thank you very much for coming all the way from Paris.

    (はるばるパリからお越し頂き、ありがとうございます。)

    • I traveled all the way from Chicago to New York.

    (私は、はるばるシカゴからニューヨークまで旅をした。)

    • She came here all the way from Okinawa.

    (彼女ははるばる沖縄からここまでやってきた。)

    ちなみに、「all the way from~」は、直訳すると 「~からやってきた手間や道のり、費用などあらゆる全てに感謝します」という意味です。

    ビジネス英語は意訳も多いので、直訳からパッと意訳できるように意識しておくとスマートに会話を進めることができますよ。

    まとめ

    「お越しいただき」は、「来る」の尊敬語の「お越し」と「貰う」の謙譲語の「いただく」を組み合わせた、 目上にも使える表現です。

    「わざわざお越しいただき」という表現も、目上に使って問題ない表現ですが、使いにくいなら無理に使う必要はありません。

    正しく「お越しいただき」を使って、お客にとって気持ち良い対応ができるようにしてくださいね。

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%