「お悔やみ申し上げます」の意味とは?失礼のない使い方・類語を解説

お悔やみ申し上げますの意味とは ビジネス用語
自分

「お悔やみ申し上げます」という言葉を使いたいけど、使い方がイマイチ分からない…

「お悔やみ申し上げます(おくやみもうしあげます)」は「故人の死を悲しく思います」「亡くなってしまい残念に思っています」という意味の表現です。

「お辛いですよね」といった直接的な表現を避け、悲しみにくれる遺族に寄り添うようなニュアンスを含みます。

よく耳にする言葉ですが、人が亡くなったときに使うので、使い方に慎重になりますよね。

この記事では「お悔やみ申し上げます」の使い方や類語、英語表現を解説します。

この記事を読み終わったころには「お悔やみ申し上げます」という言葉を使いこなせるようになっていますよ。

1.「お悔やみ申し上げます」の読み方と意味

お悔やみ申し上げます

読み方:おくやみもうしあげます

  1. 「故人の死を悲しく思います」という表現
  2. 「亡くなってしまい残念に思っています」という表現

故人と遺族の両者への思いを込めた表現です。

それでは「お悔やみ申し上げます」の成り立ちを見ていきましょう。

1-1.「お悔やみ申し上げます」の語源とは

「お悔やみ申し上げます」の 「お悔やみ」には人の死を悲しむ・弔うという意味があります。

「申し上げます」は言うの謙譲語「申し上げる」に丁寧語の「ます」を加えた形です。

そこで、「故人の死を悲しく思います」という意味をもつことになります。

  • スポンサーリンク

  • 2.「お悔やみ申し上げます」の使い方と文例

    基本的には、お通夜や葬儀の受付で「お悔やみ申し上げます」を使います。

    しかし、何らかの事情でお通夜や葬儀に出席できない場合などは手紙やメールで使用することも可能です。

    「お悔やみ申し上げます」

    口語で伝えるときは、声のトーンを下げて以下のように言います。

    この度はお悔やみ申し上げます

  • スポンサーリンク

  • 「心よりお悔やみ申し上げます」

    「お悔やみ申し上げます」は「心よりお悔やみ申し上げます」という使い方が一般的です。

    「心より」は深い悲しみを表現しています。

    「謹んで(つつしんで)お悔やみ申し上げます」

    「心より」以外では「謹んで」という言葉を使います。

    「謹んで」は「かしこまって」という意味があり、結婚式などのめでたい席でも使うことができる表現です。

    続いて、上司や友人にメールで伝えるときのマナーを紹介します。

  • スポンサーリンク

  • 3.上司や友人にメールで伝えるときのマナー

    お悔やみの正式マナーは口頭や手紙、電報ですが、親しい間柄であればメールやラインで「お悔み申し上げます」と使っても構いません

    しかし、メールで送る際も以下の2つポイントは押さえましょう。

    1. 件名に「お悔やみ申し上げます」と記載する
    2. 本文は簡潔にまとめる

    それぞれについて詳しく見ていきます。

    マナー1.件名は「お悔やみ申し上げます」

    「お悔み申し上げます」の他には「哀悼の意を表します」を使うこともできます。

    遺族はお通夜や葬儀の対応で忙しくしていることが予想されるので、メールを送る際はわかりやすく件名に「お悔やみ申し上げます」と記載するようにしましょう。

  • スポンサーリンク

  • マナー2.本文は簡潔に

    冒頭に「お世話になっております」や時候の挨拶などは不要です。

    例文は以下の通りです。

    このたびは大変驚いております。略式ではありますが、メールにて心よりお悔やみ申し上げるとともに、ご冥福をお祈り申し上げます。

    マナー3.繰り返しを連想させる言葉はNG

    繰り返しを連想させる言葉は縁起が悪いため使用してはいけません。

    たとえば、重ね言葉は以下があります。

    他には、以下のような表現も繰り返しを連想する言葉に該当します。

    知らず知らずのうちに使わないように、注意してください。

    • 追って
    • この先も
    • これからも
  • スポンサーリンク

  • 4.「お悔やみ申し上げます」の類語や言い換え

    「お悔やみ申し上げます」の類語や言い換えとしては以下があります。

    1. ご冥福をお祈りいたします
    2. ご愁傷さまです
    3. 心中お察しします
    4. お力落とされません様に

    それぞれ詳しく見ていきましょう。

    ご冥福をお祈りします

    「ご冥福をお祈りいたします」には「故人に対して死後でのお幸せをお祈りしております」という意味があります。

    「お悔やみ申し上げます」との違いは以下の通りです。

    • 「お悔やみ申し上げます」:主に遺族に対しての言葉
    • 「ご冥福をお祈りいたします」:故人に対しての言葉

    ご愁傷様です

    同情や慰めといった気持ちを表現しています。

    しかし、近年では失敗したときなどに茶化して「ご愁傷様」という言葉を使うようになりました。

    お通夜や葬儀のときは「ご愁傷様」ではなく「ご愁傷です」「ご愁傷様でした」と丁寧に使うようにしましょう。

    「お悔み申し上げます」より少し簡略的な言い方になります。

    例文:このたびはご愁傷様です

    心中お察しします

    「あなたの悲しさを理解しています」という意味があります。

    遺族は深い悲しみのなかにいるため、ご挨拶に伺った際につい言葉が詰まってしまうことがありますが、その際は、「心中お察しします」という言葉をかけましょう。

    「お悔み申し上げます」との違いは以下の通りです。

    • 「お悔み申し上げます」:故人の死を残念に思う
    • 「心中お察しします」:遺族の悲しみを理解する

    お力落とされません様に

    亡くなって間もないお通夜や葬儀のときに、悲しみに暮れている遺族に対して「元気を出して」という言葉をかけるのはふさわしくありません。

    そのため、「お力落とされません様に」という気遣いの言葉を使いましょう。

    「お悔み申し上げます」との違いは以下の通りです。

    • 「お悔み申し上げます」:故人の死を残念に思う
    • 「お力落とされません様に」:元気になさってください

    続いて「お悔やみ申し上げます」への返し方を紹介します。

    5.「お悔やみ申し上げます」への返し方

    「お悔やみ申し上げます」と言われたら、「お心遣いありがとうございます」という返事をするのが一般的です。

    他には、以下のような返事の仕方もあります。

    1. 恐縮です
    2. 痛み入ります

    目上の人には、「ありがとうございます」よりも「恐縮です」を使ったほうが丁寧な表現になります。

    「ありがとうございます。恐縮です」という形でも問題ありません。

    痛み入ります」は「迷惑をかけてすいません」という気持ちを表します。

    定型的な言い方なので、覚えておくといいですね。

    6.「お悔み申し上げます」の英語表現

    「お悔やみ申し上げます」は英語で「 Please accept my sincere condolences 」と言います。

    condolence」には、哀悼の言葉や悔やみといった意味があり、大切な人を亡くした遺族の悲しみに共感するニュアンス。

    他には、少しフランクな言い方で以下のような英文があります。

    • I’m sorry for your loss.

    (直訳:あなたの喪失を気の毒に思います。)

    • My deepest sympathies.

    (直訳:私の非常に深い同情。)

    まとめ

    「お悔やみ申し上げます」は「故人の死を悲しく思います」「亡くなってしまい残念に思っています」という意味の表現です。

    お通夜や葬儀の受付で遺族にかける言葉としてふさわしいでしょう。

    ただし、親しい間柄ならばメールやラインで使うこともできます。

    人が亡くなったときに使う言葉なので、誤って使わないように気を付けましょう。

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%
  • 自分に最適な転職サイトを探すなら

    新着記事