「お願い致します」は間違い!正しい使い方と例文を解説

お願いしますの正しい使い方 ビジネス用語

丁寧な表現をしているつもりでも、実は間違った表現方法を使っているケースは多く見受けられます。

特に「お願い致します」はビジネスシーンでの使用頻度が高いフレーズでありながら、誤った使われ方をする事が多いフレーズの1つです。

たとえば、当たり前の様に使っている「お願い致します」は、実は間違いなのです。

本来、「致します」ではなく、ひらがなで「いたします」と使うのが正解です。

今回は「お願い致します」にフォーカスを当てて、正しい使い方やより丁寧な表現などをご紹介いたします。

新入社員の方やビジネスマナーに自身が無い方は参考にしていただければ幸いです

1. 「お願いいたします」はどんな時に使う?

依頼事があるときに使われることが多い

実際の利用シーンとしては、 相手に対して何かしらの依頼や懇願をする際やリアクションを求める際などに利用されます

また、電話やメールの際の締めの言葉として、無意識に反射的に使っている方も少なくありません。

使う対象としては取引先はもちろん、上司や先輩など目上の人とコミュニケーションを取る際に多く使われます。

  • スポンサーリンク

  • 2. 「お願いいたします」は正しい使い方

    日常的によく使われる「お願いします」ですが、実は間違った使い方をしている人も少なくありません。

    例えば メールなどの文面で、お願い「致します」と表記するのは、不自然に思われてしまう可能性があります

    2-1. 「お願い致します」それとも「お願いいたします」どちらが正しい?

    「お願い致します」を利用する際に気をつけたいのが、「お願い致します」と「お願いいたします」の違いです。

    一見、漢字と平仮名だけの違いであり、意味合いに違いなど無いと感じるかも知れませんが、それは間違った認識と言えます。

    一般的なビジネスシーンの用法で用いる場合は「お願いいたします」を使うのが正しい使い方です

    品詞の違いに注意

    ここで注目をしたいのが品詞の違いとなります

    漢字表記の「致す」は動詞であり、平仮名表記の「いたす」は「する」の謙譲語で補助動詞です。

    つまり、「致す」と表記してしまうと謙譲語では無くなり、丁寧な表現では無くなってしまいます。

    口頭でのコミュニケーションであれば気にならないところですが、メールなどの文面で「お願い」をする際には気をつけたいポイントです。

    メールや文面での表現は平仮名表記の「お願いいたします」が良いと覚えておいてください。

  • スポンサーリンク

  • 2-2. お願いしますはNG?お願いいたしますとどちらを使うべき?

    結論から言うと 「お願いします」も「お願いいたします」もどちらも丁寧な表現の為、どちらを使っても問題ありません

    いずれも「願う」の謙譲後であり、丁寧な表現です。

    ただし、「お願いします」よりも「お願いいたします」の方が一段階、丁寧な表現となります。

    その為、ビジネスシーンにおいては「お願いいたします」を使っておいた方が賢明です。

    3. 「何卒」や「どうぞ」「よろしく」などの副詞はつけるべき?

     

    「お願いいたします」はここまで解説してきた様に十分に丁寧な表現と言えます。

    さらに、「お願いいたします」をより丁寧な表現にしてくれるのが「何卒」「どうぞ」「よろしく」です。

    これらの副詞は動詞や形容詞を修飾する役割を持ち、 相手へお願いする気持ちを、より強めてくれる効果があります

    ただし、常に「何卒」などをつけるとメリハリがつきません。

    ビジネスシーンにおいてはここぞと言うタイミングで使ったり、念を押したい際に使ったりするのが効果的です。

    あるいは敬意を特に払う必要がある相手とのやりとりの際に用いるのがスマートな使い方と言えます。

  • スポンサーリンク

  • 4. 「お願いいたします」の類語・言い換え表現

    「お願いいたします」には似た言い換え表現があります。

    以下が「お願いいたします」の言い換えとして、誰かに依頼をする際に用いられる代表的な例です。

    1. お願い申し上げます
    2. ご査収ください
    3. 〇〇して頂ければ幸いです

    では、それぞれ詳しくみていきましょう。

    お願い申し上げます

    お願い申し上げます」は「お願いいたします」をより丁寧にした表現です

    若干、かしこまった表現となる為、利用シーンは選んで使いたい表現といえます。

    また、厳密には「お願い申し上げます」は言うの謙譲語である申すを丁寧にした表現となる為、相手に依頼をすると言う意味合いはお願い致しますと比べて、薄いと言えます。

    どちらを使っても問題は無いものの、フォーマルな場での使用の際には「お願いいたします」を使った方が賢明です。

  • スポンサーリンク

  • ご査収ください

    ご査収ください」は何かの確認をしてもらいたい際に使う表現であり、社内外で使う表現です

    具体的にはメールや書類を送付した際に用いられます。

    「お願いいたします」よりも限定的ですが、丁寧な表現なので覚えておきたいフレーズです。

    〇〇して頂ければ幸いです

    「〇〇して頂ければ幸いです」は〇〇に連絡や確認、調整など様々な単語を埋める事が出来る為、汎用性の高い言い回しと言えます。

    ただし、「○○して頂ければ幸いです」は曖昧な表現となる為、 確実に何かをしてもらいたい際や期日が差し迫っている様な状況には適しません

    柔らかい表現であり、便利な表現ではありますが、注意が必要です。

  • スポンサーリンク

  • 【補足】他にも多い!ビジネスシーンでよくある誤用フレーズを紹介

    「お願い致します」と「お願いいたします」の間違いは、一例に過ぎません。

    ビジネスシーンでは、同様に誤用されるフレーズが多くあります。

    中には、 間違いが原因で相手を不愉快な気持ちにさせるケースもあるので注意したいところです

    ここでは、誤用される頻度の高い3つのフレーズを紹介します。

    • 「お世話様です」
    • 「よろしかったでしょうか」
    • 「ご質問があります」

    それぞれ、間違っているポイントを見ていきましょう。

    誤用1. 「お世話様です」

    ◆ 正しくはお世話になっております

    「お世話様です」は一般的に使われている為、問題ない様に見えますが、ビジネスシーンには適しません。

    ビジネスシーンでは「お世話になっております」が丁寧な表現です。

    「お世話様です」はフランク過ぎる表現と言えるので、相手によっては不快感を示すケースもあります

    親しき中にも礼儀ありの気持ちを忘れない事が大切です。

    誤用2.「よろしかったでしょうか」

    ◆ 正しくは「よろしいでしょうか

    「よろしかったでしょうか」は確認を求めているにも関わらず、 過去形で確認を求めている点が誤りです

    正しくは過去系の部分を削除したよろしいでしょうかとなります。

    誤用3. 「ご質問があります」

    ◆ 正しくは「質問があります

    尊敬表現として用いられる「ご」や「お」は相手の行為に対して用いられます。

    その為、 自身が質問をする側である「ご質問があります」は誤りであり、正しくは「質問があります」となるのです。

    まとめ

    「お願いいたします」はビジネスシーンにおいて、社内外問わず使用頻度が高いフレーズです。

    ご覧いただいた正しい使い方や使い分けをしっかりと押さえて、スマートに使いこなして行って下さい。

  • 1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス

    4. 現在の年齢は?

    5. こだわり条件

    最適度0%
  • 自分に最適な転職サイトを探すなら

    新着記事