「おてすき」の意味と使い方を徹底解説!例文や類義表現もチェック

お手すきの意味とは ビジネス用語

「おてすき」は相手の都合や時間の余裕があるのかを問う際に用いられる表現です

相手の予定を聞いたり、都合の確認をする際に用いられるので、ビジネスシーンでは日常的に使われます。

ビジネスマンならしっかりと身につけておきたい言い回しの1つです。

そこで今回は「おてすき」を身につけ、使いこなす上で押さえておきたい使い方や類義表現をご紹介します。

1.「おてすき」の意味

「おてすき」はを指す言葉です。

通常は「てすき」に尊敬語の「お」を付けた形で用いられます。

「おてすきでしょうか?」などの形で使われ、相手に時間の余裕があるかを尋ねる際に用いられるのが一般的です。

2.「おてすき」の使い方と注意点

「おてすき」はビジネスシーンで頻繁に使われる表現です。

ビジネスマンならマストで見につけておきたいフレーズなので、使い方や注意点をしっかりと押さえて使いこなして行きましょう。

  • スポンサーリンク

  • 2‐1.「おてすき」の使い方

    「おてすき」の使い方は大きく以下の2つに分ける事が出来ます。

    • 急ぎでは無い内容を依頼する場合
    • 相手に時間があるかを確認する場合

    いずれも相手のスケジュールや状況に合わせる配慮をして依頼・確認をしているのが特徴です。

    この2つの使われ方を例文をもとにご紹介いたします。

    例:「おてすきの際に」

    急ぎでは無い内容を依頼する際に「おてすきの際に」という表現を使います。

    「おてすきの際にご確認下さい」や「おてすきの際にご連絡下さい」などの形で用いられるのが一般的です。

    資料の確認を依頼する際や折り返しの電話が欲しい際などに使うと良いでしょう。

    例:「おてすきでしょうか?」

    相手に時間があるかを確認する際に使うのが「おてすきでしょうか?」です。

    相手の状況を鑑みずに唐突に会話を始めるのはビジネスシーンでは失礼にあたります。

    「おてすきでしょうか?」は 話しかける相手への配慮をした丁寧な表現となるので、上司や先輩に相談をする際や取引先に電話をする際に活用するのが良いでしょう。

    2‐2.「おてすき」を使う際の注意点

    「おてすき」を使う際に注意をしたいのが、 急ぎの用件では使えないという点です。

    「おてすきの際にご確認お願いします」などの使い方をする場合、あくまでも時間的な余裕があれば確認をお願いしますと言うニュアンスの言い回しとなります

    期日が設けられている用件の場合、確認してもらえなかったことでトラブルになる可能性もあるので、注意が必要です。

    急ぎや期日が設けられている用件の場合には「明日までにご確認お願いします」など期日を設けた状態で依頼をする様にしましょう。

  • スポンサーリンク

  • 3.「おてすき」の正しい書き方

    「おてすき」は漢字の場合、「お手透き」あるいは「お手隙」と表記されるのが正しい表記です。

    しかし、「透」はすかすや突き抜ける、「隙」はすきまなどのネガティブな意味がある事から漢字表記で使われる事は稀と言えます。

    実際の使われ方としては 「おてすき」あるいは「お手すき」の形で用いられるのが一般的です。

    4.「おてすき」の類義表現

    「おてすき」は相手への配慮をした丁寧な言い回しではありますが、同様の意味を持つ類義表現がいくつかあります。

    類義表現には文脈によって使い分けるのに最適な表現や目上の人に使うには適さない表現などがあるので、是非とも覚えて頂きたいポイントです。

  • スポンサーリンク

  • 4‐1.「お時間よろしいでしょうか?」

    「おてすきでしょうか?」をよりストレートに表現した言い方です。

    「お時間よろしいでしょうか?」と言った場合でも十分に丁寧な表現となるので、どちらを使っても問題はありません。

    状況や文脈によって使い分ける様にしましょう。

    4‐2.「ご都合いかがでしょうか?」

    「ご都合いかがでしょうか?」は しばらく先の都合を問う場合によく使われます。

    「明後日の都合はいかがでしょうか?」と言った形で期日を明示して用いるのが一般的です。

    ただし、「今、ご都合いかがでしょうか」とはあまり言わないので、その場の都合を確認する場合には「おてすきでしょうか?」や「お時間よろしいでしょうか?」を用いるのが適切と言えます。

  • スポンサーリンク

  • 4‐3.「お暇な時に」

    「お暇な時にお願いします」などの形で「おてすき」を言いかえる事が出来ます。

    ただし、目上の人や取引先に対して「暇」と言う言葉を使うのは適切ではありません。

    「おてすき」の類義表現ではありますが、 基本的にはビジネスシーンで使うのは控えましょう。

    まとめ

    ご覧頂いた様に「おてすき」はビジネスマンなら必ず押さえておきたい表現です。

    使い方や類義表現も身につけて、TPOや文脈に合わせて使い分ける事が出来れば、周りからの評価や印象も変わる事でしょう。

    紹介した内容を実践し、身につけて頂ければ幸いです

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%
  • 自分に最適な転職サイトを探すなら

    新着記事