「お力添え」の意味と使い方!「ご尽力」との違いは?【例文で解説】

お力添えの意味とは ビジネス用語

「お力添え」とは 助ける事を意味し、助けてほしい時や助けてもらった時に使用する事が多い言葉です

そして 「同僚や部下に対しては使えない」「自分の行いに対しては使えない」といった決まりがあります。

そこで本記事では、「お力添え」の詳しい意味や使い方について解説していきます。

1. 「お力添え」の意味

1-1.意味は「助けること・援助・助力 」の丁寧な言い回し

お力添え

よみ:おちからぞえ

意味:「助けること・援助・助力 」の丁寧言い回し

「お力添え」「力添え」と言う単語に 「お」をつけることで、丁寧な言い回しにした単語です。

「力を貸す」「協力する」よりもビジネス向けの言葉ですので、公的な場や上司への挨拶などでよく用いられています。

  • スポンサーリンク

  • 2.「お力添え」の使い方

    「お力添え」は主に、 相手の行いに対して感謝の気持ちを表す時によく使われます

    自分が行ったことに対して、「お力添えさせていただきます」というような使い方はできませんので、注意しください。

    それでは、実際に「お力添え」はどのように使えばいいのか、具体的な例文を見てみましょう。

    使い方1:「お力添えをいただき、ありがとうございます。」

    「お力添えをいただき」に感謝の気持ちをつけることで、「力を貸してくれてありがとう」を丁寧な言い回しとして使うことができます。

    使用例としては、相手の会社が協力を決断してくれた場合に使用する感じでしょうか。

    了承してくれた場合のお礼の言葉として使用してみてください。

    「お力添え」をさらに丁寧に使うために
    「この度は」、「誠に」などを付け加えると、より丁寧な表現ができます。
    挨拶状やお礼の手紙として使用するときに、ぜひ使って見てください。
    例:「この度はお力添えをいただき、誠にありがとうございます

  • スポンサーリンク

  • 使い方2:「お力添えのほどをいただきたいのですが、よろしいでしょうか?」

    「力を貸して欲しいんだけど、いいかな?」という言葉をビジネスライクな表現にしたものです。

    丁寧な言い回しにしている分、他会社や上司に協力をお願いする場合に使用することが多いでしょう。

    また、以下のような言い回しも可能ですので、参考にしてください。

    • 「お力添えいただけますでしょうか?」
    • 「ぜひお力添えのほど、よろしくお願いしたします。」

    使い方3:「皆様のお力添えを賜りたく存じます。」

    「お力添えを賜りたく」と伝えて、 複数の方へ協力をお願いするときに使うこともできます。

    目上の方へ使用する場合にも使用できますが、一般の方への協力のお願いをする場合にも使用可能です。

    例えば町内会長の挨拶や、校長が保護者の方へ協力を募る場合などがあります。

    少し表現が固すぎるると感じるならば、「皆のお力添えをお願いいたします。」と柔らかい表現に言い換えて使うと良いでしょう。

  • スポンサーリンク

  • 使い方4:「お力添えいただきたいです。」

    こちらの文もお願いする文章なのですが、 必ず協力してもらいたいという気持ちがより強調がされた使い方です。

    どうしても協力してもらわないと困る場合には強めに発言することも大切でしょう。

    ただし、相手側にもメリットを用意しておくことを忘れないでください。

    軽い気持ちで使うと、失礼に思われてしまうので、注意しましょう。

    タイミングが難しいですが、どうしても協力をお願いしたい時に使用してみてください。

    2-1.「お力添え」の具体的例文

    <例文>

    • この度はお力添えいただき本当にありがとうございました。
    • 今後ともお力添えいただけますよう、お願い申し上げます
    • あなたのお力添えに、感激いたしました。
    • お力添えいただき、痛み入ります
    • たくさんのお力添えをお借りする可能性がございますが、何とぞよろしくお願いいたします。

    丁寧な表現ですので、畏まった場面で使うのが良い言葉ですね。

  • スポンサーリンク

  • 3. 間違った「お力添え」の使い方

    「お力添え」の使い方を間違えると、不自然な文章になってしまうので、気をつけなければいけません。

    例えば、「お力添え」は以下2つのケースでは使えないので注意しておきましょう。

    1. 同僚や部下などに使えない
    2. 自分の行いに対しては使えない

    それでは順番にみていきましょう。

    間違った使い方① 同僚や部下などには使えない

    「お力添え」は上司やお客様など、目上の方にのみ使用することができます。

    同僚や部下に使用すると、不自然に思われてしまうので、注意するようにしましょう。

    同僚や部下に協力を求める時は、以下のように、「お力添え」よりも軽い言い回しを使うようにしてください。

    「お願いできるかな?」

    「協力してくれないかな」

    「お願いできませんか?」

  • スポンサーリンク

  • 間違った使い方② 自分の行いに対しては使えない

    「お力添え」は自分の行いに対して使うことはできません。

    例えば、「お力添えできず、申し訳ございません」といったように、力になれずに申し訳ないと言う意味を表現は、使い方としては間違っています。

    この場合、力になれなかったのは自分であるため、相手の協力に対して感謝の気持ちを表す「お力添え」は不自然に感じてしまいます。

    同じように、「お力添えさせていただきます」も使い方としてはよくないので、以下のように言い換えるようにしてください。

    「お力になれず、申し訳ございません。」

    「お手伝いさせていただきます。」

    4. 「お力添え」と「ご尽力」は違う?

    「お力添え」の同義語にご尽力と言う言葉があります。

    同じ意味で使っている人も多いですが、少しニュアンスが異なるので、使い分けの方法を確認しておきましょう。

    4-1. 「ご尽力」は「力を尽くす・努力をする」の丁寧に言う言葉

    「ご尽力」とは、目的を達成するために、力を尽くす・努力をするといった意味をもつ 「尽力」 「ご」をつけることで丁寧な言い回しにした単語です。

    「お力添え」との最大の違いは、 努力と言う意味が含まれていることです。

    「ご尽力」はどちらかと言えば努力や苦労をねぎらうような意味で使用されます。

    対して、「お力添え」には努力の意味は含まれておらず、相手に協力を求めたり、手助けをしてもらった時に使うようにしましょう。

    ◆ 一目でわかる「お力添え」と「ご尽力」の使い分け

    「お力添え」相手へ協力を求める時・支援をお願いする時

    「ご尽力」力を尽くしてもらった時・相手のために努力する時 

    5.「お力添え」のビジネスシーンでの使い方

    「お力添え」は、ビジネスにおいて様々なシーンで使われます。

    実際に使う時が来た際に、スムーズに使えるようにしておいた方がいいですよね。

    そこで、ここでは「お力添え」を使うことが予想されるシーンと、便利なフレーズを紹介して行きます。

    5−1.挨拶文や御礼状に使う

    御礼状を送る場合に「お力添え」を使用することができます。

    お力添えを使用することで、より丁寧な表現の文章の手紙を作成することが可能です。

    「貴社のお力添えに、深く感謝申し上げますといった使い方をするといいでしょう。

    手紙を送る相手によってお力添えを使わずに、「心から感謝申し上げます」や「感謝の意を表します」などを使用するのも良いですね。

    5-2.お礼や挨拶を言いに行く場合に使う

    実際にお礼を言う場合にも「お力添え」を使用することができます。

    ここで注意したいことは、 相手に聞き取りやすい内容でお礼を言うことです。

    例えば、丁寧な言い方をすると「貴社のお力添えに、深く感謝を申し上げます。」と表記することができますが、これをそのまま口にするのは少々堅苦しい感じがするので

    「この度はお力添えを頂き、誠にありがとうございます。」

    と言い換えて見るといいでしょう。

    5-3.プレゼンテーションで使う

    プレゼンテーションで使うことはあまり無いかもしれませんが、使うことは可能です。

    プレゼンを始める前の挨拶で、協力してくれた相手に対して使用すると良いでしょう。

    お礼を言う場合やプレゼンの場合でも、 話し言葉はテンポが大切になります。

    難しい表現を使用するよりも、

    「お力添えありがとうございます。」

    くらいの簡素さの方がテンポのある会話やプレゼンが行えるでしょう。

    まとめ

    「お力添え」は、手助けを行う際に使われる言葉です。

    普段何気なく使う言葉ですが、上司や顧客など、目上の人の手助けに対してしか使わないので、気をつけておきましょう。

    お力添えという言葉をスムーズに使えると、「デキるビジネスマン」の印象を与えることができるので、うまく活用してみてくださいね。

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%