「プロフェッショナル」の意味や類語を徹底解説!英語表現も紹介

プロフェッショナルの意味とは ビジネス用語

「プロフェッショナル」とは「専門家」を意味する言葉であり、「職業人として一流の仕事をこなしている人」を表しています。

普段何気なく使っている言葉ですが、意味を掘り下げて考えると、どこからが「プロフェッショナル」になるのかは分かりづらいですよね。

今回は「プロフェッショナル」の意味を、類義語や対義語との比較も含めて詳しく解説していきます。

しっかりと意味を理解して、「プロフェッショナル」な仕事ができるビジネスパーソンを目指しましょう。

1.「プロフェッショナル」の意味

1-1.意味は「一流の仕事をし、それを生計の手段とする人」

プロフェッショナル

読み方:ぷろふぇっしょなる

意味:専門家、一流の仕事をし生計の手段として行う人

「プロフェッショナル」とは 「一つの物事を専門的に行っている人」または「一流の仕事をし、それを生計の手段として行う人」を指す言葉です。

「プロフェッショナル」は、英語の「professional」を由来とするカタカナ語です。

「professional」は、元々神父、医師、弁護士など専門性が高く、社会的責任の大きい職業を表す言葉でした。

現在では、専門的に行うだけでなく、一流の仕事をし、業界の中で地位を築いている人物を指し「プロフェッショナル」と呼びます。

尚、「プロ」という言葉は「プロフェッショナル」を省略した呼び方です。

  • スポンサーリンク

  • 2.「プロフェッショナル」の使い方・例文

    ここでは、実際に会話や文章中での「プロフェッショナル」の使い方を見ていきましょう。

    「プロフェッショナル」は辞書的な解釈をすると、「お金をもらって仕事をしている人全員」が含まれます。

    しかしニュアンスとしては、 同じ業界や会社の中でも特に優秀な「一流の人」に使われることが多いです。

    また、「プロフェッショナル」は「お金を払うに値する人」という意味でもよく用いられます。

    以下に例文を挙げてみますので、ニュアンスをつかんでみてください。

    <例文>

    • 彼は同じ部署内でも腕利きのプロフェッショナルだ。
    • ケアレスミスばかりしていないで、早くプロフェッショナルになれ。
    • 我々素人では歯が立たないので、プロフェッショナルを呼ぶことにした。

    3.「プロフェッショナル」の類語・言い換え表現

    「プロフェッショナル」に似た意味を持つ類語を紹介します。

    • エキスパート
    • スペシャリスト
    • 玄人

    それでは、順に説明します。

  • スポンサーリンク

  • 類語1.エキスパート

    エキスパート

    読み方:えきすぱーと

    意味:専門家、熟練者、ある分野に広く精通した人

    「エキスパート」は「専門家」という意味では「プロフェッショナル」と同じですが、ニュアンスが異なります。

    「エキスパート」には「熟練者」という意味があり、「その分野で経験を積み、高度な知識と技術を持った人」というニュアンスです。

    また、「プロフェッショナル」は職業全体を指すこともありますが、「エキスパート」は個人に対して使われます。

    後述する「スペシャリスト」とも近いニュアンスですが、「エキスパート」の方がより広い分野の知識と技術を要求されます。

    <例文>

    • 幅広い建築知識を持つエキスパートとして、住宅のあらゆる悩みを解決する。
    • 1つのことにどれだけ特化しても、エキスパートにはなれない。

    類語2.スペシャリスト

    スペシャリスト

    意味:専門家、特定の分野に特化した人

    「スペシャリスト」とは、専門家の中でも「特定の作業や狭い分野に特化した人」のことを指します。

    「プロフェッショナル」との違いは、得意とする分野の広さと、自分で判断を行うかどうかという2点です。

    「プロフェッショナル」は仕事に対して広い知識を持ち、自分の判断とで仕事を動かし責任を負います。

    <例文>

    • 数少ない絵画修理のスペシャリストとして引っ張りだこだ。
    • あの人は車の整備に関してはスペシャリストだが、運転はからっきしだ。
  • スポンサーリンク

  • 類語3.玄人(くろうと)

    玄人

    読み方:くろうと

    意味:1つの職業や分野に熟練した人

    「玄人」は「1つの物事で経験を積み、高い技術を有している人」を指す言葉です。

    職業に限らず、武術や演芸の達人など特定の分野を長く続けて、熟練している人に対しても使われます。

    <例文>

    • この道40年の玄人である彼に依頼すれば、間違いなく成功するはずだ。
    • 彼は、魚をさばかせたら右に出るものはいない、玄人中の玄人だ。

    4.「プロフェッショナル」の対義語

    「プロフェッショナル」の反対の意味を持つ対義語を紹介します。

    • アマチュア
    • 素人

    それでは、順番に見ていきましょう。

  • スポンサーリンク

  • 対義語1.アマチュア

    アマチュア

    読み方:あまちゅあ

    意味:職業化していない人、愛好家

    「アマチュア」は「スポーツや芸術などを趣味として行っている人」に対して用いられる言葉です。

    「プロフェッショナル」の対義語として、「報酬の発生しない活動を行っている人」を表すのにも使われます。

    プロに匹敵するくらいの高い知識や技術を持っていても、それを職業として行っていない人は「アマチュア」に分類されます。

    例えば、アマチュアボクシングの世界でプロボクサーに匹敵する選手もいますが、ファイトマネーをもらっていないのでプロではありません。

    「アマチュア」は、あくまで「趣味として行っている人」つまり「プロではない人」を指して使いましょう。

    <例文>

    • アマチュアの下積み期間を経て、プロの世界に這い上がってきた。
    • プロに匹敵する技術を持っているが、あえてアマチュアとして活動している。

    対義語2.素人(しろうと)

    素人

    読み:しろうと

    意味:未熟で経験の少ない人、職業・専門として行わない人

    「素人」は「一つの物事に対して経験が少なく未熟な人」を表す言葉であり、「玄人」の対義語です。

    「その分野で生計を立てておらず、経験や知識も持ち合わせていない人」に対して使われます。

    逆に、お金をもらって仕事をしているのに技術水準が低い人を「素人のようだ」と言うこともあります。

    また、「何も出来ない人」という意味もあり、バカにしたようなニュアンスも含んでいますので使う時は気を付けましょう。

    <例文>

    • もう10年もこの仕事をやっているのに、素人みたいな仕事をするやつだ。
    • ピッチャーとしての才能は天才的だが、バッティングに関してはずぶの素人だ。
  • スポンサーリンク

  • 5.「プロフェッショナル」の英語表現

    5-1.「professional」を名詞として使う場合

    「professional」を名詞として使う場合は、「専門家」や「プロ」という意味で用いられます。

    複数形の「professionals」で、プロ集団や職業全体のことを表すのにも使われます。

    <例文>

    • The product has to be sold by a qualified professional.

    (この商品は資格のある専門家が販売しなくてはならない。)

    • You draw a picture like a professional.

    (あなたはプロのような絵を描きますね。)

    5-2.「professional」を形容詞として使う場合

    「professional」を形容詞として使う場合は「専門的なこと」や「職業上ふさわしい」という意味で用いられます。

    「職業上ふさわしい一流の仕事」つまり「すばらしい」というニュアンスも表現することもできる言葉です。

    また、修飾したい名詞の前に置くと、「プロの~」という表現が出来ます。

    <例文>

    • The report which you wrote is very professional.

    (君が書いた報告書は素晴らしい出来栄えだ。)

    • One of my friends is a professional musician.

    (私の友達はプロのミュージシャンです。)

    まとめ

    「プロフェッショナル」は、仕事人の中でも 一流の仕事をし、それを生計の手段として行う人」を指す言葉です。

    「プロフェッショナル」の対義語には「アマチュア」「素人」などがあります。

    プロに匹敵するくらいの高い知識や技術を持っていても、それを職業として行っていない場合は、「アマチュア」に分類されます。

    類語である「エキスパート」や「スペシャリスト」とのニュアンスの違いもしっかりと理解しておくと良いでしょう。

    正しい使い方をマスターし、「プロフェッショナル」な仕事人を目指しましょう。

  • 1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス

    4. 現在の年齢は?

    5. こだわり条件

    最適度0%