【徹底解説】「プロパー」の意味とは?類語から英語表現まで紹介

プロパーの意味とは ビジネス用語

 会社の先輩が「プロパー社員」っていう言葉を使っていたけど、どういう意味なんだろう。

「プロパー」とは、「正規の」「本来の」という意味を表す言葉です。

多くの会社で使われる「プロパー」という言葉ですが、使う場面によってニュアンスが異なるため注意が必要です。

今回は、「プロパー」の意味や語源、使い方、例文、英語表現までを詳しく解説していきます。

この記事を読み終えたときには、「プロパー」という言葉の意味を正しく理解することができますので、ぜひ参考にしてください。

1.「プロパー」の意味:正規の、本来の

プロパー

意味:正規の、本来の

「プロパー」とは、「正規の」「本来の」「特有の」という意味の言葉です。

「プロパー」という言葉を単独で使う場合もありますが、 「プロパー社員」「プロパー職員」という具合に、他の言葉と組み合わせて使われます

また、医薬情報の担当者を「プロパー」と呼ぶ場合もあります。

1-1.「プロパー」の語源

「プロパー」の語源は、「正規の」「本来の」という意味である 英単語の「proper」からきています

医薬情報の担当者のことを意味する「プロパー」の語源は、「proper」ではなく、「宣伝」を意味する「propaganda (プロパガンダ)」に由来します。

  • スポンサーリンク

  • 2.「プロパー社員」とは

    「プロパー社員」は、直訳すると「正規の社員」という意味ですが、以下の3つの意味で使われます。

    職場によってその意味が異なりますので注意が必要です。

    • 「生え抜きの社員」
    • 「正社員」
    • 「自社社員」

    以下で、順番に解説します。

    2-1. 「生え抜きの社員」

    「生え抜き」とは、その土地に生まれ育ったことを意味しており、「最初からその会社や組織にいる」と表現できます。

    主に新卒で入社した社員を指し、中途社員や関連会社からの出向社員ではない社員です。

    <例文>

    我が社の社長は、他の会社から来たのではなく、新卒からの生え抜きの社員だ。

  • スポンサーリンク

  • 2-2. 「正社員」

    「正社員」とは、 企業との間で労働契約が結ばれ、その契約に則り業務を行う社員のことを指します。

    正規社員と呼ばれる場合もあります。

    <例文>

    あの大手アパレル会社は正社員しか雇っていないという話だ。

    2-3. 「自社社員」

    IT業界において、下請け会社や協力会社などの外部スタッフと区別するため、 自社で直接採用している社員のことを「自社社員」と呼びます。

    <例文>

    今回のプロジェクトの参加者の半数以上は、自社社員で構成されている。

  • スポンサーリンク

  • 3.「プロパー」の使い方と例文

    「プロパー」とは、正規の、本来の、という意味の言葉です。

     他の言葉と組み合わせて「プロパー◯◯」「◯◯プロパー」というように使われます

    1. プロパー融資(銀行が直接融資をすること)
    2. プロパーカード(国際ブランドのライセンスを持つ企業が発行するクレジットカード)
    3. プロパー商品(正規の店舗に並んでいる商品)
    4. 社会学プロパー(社会学を専攻している人、社会学特有の〜)

    それでは、順番に意味と例文をご紹介します。

    熟語1.プロパー融資

    プロパー融資とは、 銀行が直接、企業に対して融資を行う仕組みのことです。

    「正規の」という意味と銀行としてのそもそもの金融業務が組み合わさり、「プロパー融資」と呼ばれるようになりました。

    また、「プロパー融資」は「プロパーローン」とも呼ばれる場合もあります。

    <例文>

    今回のプロパー融資によって、5億円の資金が調達できそうだ。

  • スポンサーリンク

  • 熟語2.プロパーカード

    「プロパーカード」とは、 国際ブランドのライセンスを持つ企業が発行するクレジットカードのことです。

    「プロパーカード」の条件は、「ブランドライセンスを持っている」と「カードそのものを発行している」の2つを満たしている必要があります。

    現在、「プロパーカード」と呼ばれるクレジットカードは以下の3種類のみです。

    • 「アメリカン・エキスプレス」が発行するクレジットカード
    • 「ダイナースクラブ」が発行するクレジットカード
    • 「JCB」が発行するクレジットカード

    また、「VISAカード」や「MasterCard」は自社で直接クレジットカードを発行していないので、「プロパーカード」とは言えません。

    <例文>

    ダイナースクラブのプロパーカードを持つことは、社会人ステータスのひとつだ。

    熟語3.プロパー商品

    アパレルや家電メーカーなどの正規の店舗に並んでいる商品を「プロパー商品」と言います。

    俗に「プロパー商品」がおいてある店舗を「プロパー店」と呼びます。

    「プロパー店」では、発売直後の最新商品が手に入り、顧客にとって良いサービスを受けられるのが特徴です。

    <例文>

    銀座の一等地にある大手百貨店にプロパー商品を扱っている店舗が出店した。

  • スポンサーリンク

  • 熟語4.社会学プロパー

    「社会学プロパー」とは、 「社会学を専攻している人」「社会学本来の〜」という意味です。

    単語だけでは、意味が正確に分かりませんので文脈によって判断をする必要があります。

    <例文>

    • 社会学プロパーの学生に対してのお知らせがあった。(社会学を専攻している学生)
    • この案件は、社会学プロパーの課題だ。(社会学特有の)

    4.「プロパー」の類語:「専業」「正式」「本格的」

    英語が由来のカタカナ語である「プロパー」は、日本人にとっては耳慣れない言葉であり、使いこなす自信の無い方もいらっしゃるかもしれませんね。

    そのような時は、以下の類語を代用することができます。

    • 専業
    • 正式
    • 本格的

    では、順に解説してきます。

    類語1.専業

    専業

    読み方:せんぎょう

    意味:ある職業や事業を専門に行うこと、法律をもとに認められた独占事業。

    「専業」とは、 専門的にひとつの職業、事業を行うことを意味します。

    「専業」という言葉だけで、「独占事業」という意味を表す場合もあります。

    「専業」の対象が「人」であることに対し、「プロパー」は「人・物」に対しても用いられます。

    <例文>

    • 日本では、専業農家の割合が減少している。
    • 新しい事業計画の許可がでれば、専業となるだろう。

    類語2.正式

    正式

    読み方:せいしき

    意味:決められた正しいやり方、手続き。

    決められた通りの正しいやり方、簡略化しない手順のことを「正式」と言います。

    「プロパー」の意味である「正規」とは「規則に基づくこと」を表し、一方「正式」は「省略せずに決められた手続きを踏んでいること」を表す言葉です。

    <例文>

    弊社へご依頼をされる場合は、正式な文書でお申込みください。

    類語3.本格的

    本格的

    読み方:ほんかくてき

    意味:正当なやり方、本格であるさま

    「本格的」は、 本当に質の高いものや真に実力のあるものに対して使われる言葉です。

    「プロパー」との違いは、何か物事が始まるときに使われるということです。

    <例文>

    このプロジェクトは2020年から本格的に稼働する。

    5.「プロパー」の英語表現:「proper」

    「正規の」「本来の」を意味する「プロパー」は、英語で「proper」と表されます。 

    また、 「生え抜きの社員」「正社員」「自社社員」といった意味での「プロパー」は日本固有のものですので注意しましょう。

    <例文>

    The proper thing would be for president to make a little speech here.

    本来ならここで社長が一言ごあいさつをすべきなのですが。)

    まとめ

    「プロパー」とは、「 正規の」「本来の」という意味の言葉です。

    「プロパー」は、その言葉が使われる場所によって意味が異なります。

    例えば、一口に「プロパー社員」と言っても、「生え抜きの社員」「正社員」「自社社員」という3つの意味があります。

    「プロパー」という言葉をしっかり理解し、文脈からその意味を把握してくださいね。

  • 3分で分かる!転職サービス診断

    1. 希望の勤務地は?

    2. 現在の年収は?

    3. 転職サービス


    4. こだわり条件

    最適度0%